FC2ブログ

日々の便り

 

白丸ダム(2)

魚道入り口の建物に入ると、左手に管理事務所がありますが、特に入場手続きなどはないので、そのまま正面の階段へと進むことができます。なお、建物内には川魚の遡上調査の統計などの資料が張り出されていますので、興味がある方は一通りみてみると良いでしょう。魚道が意外と生態系に貢献していることがわかると思います。

次の写真は、魚道へと降りる階段を上から見下ろした様子です。魚道はダム下流の水面からダム湖の水面近くまでを繋ぐスロープですから、当然その位置はこの入り口よりも遥か下方になるわけでして・・・それにしても、すごい高さの螺旋階段ですね。しっかりとした作りではありますが、そこはかとなく怖さを感じます。

魚道入り口から
魚道入り口から posted by (C)circias

階段は、見ての通り少し急勾配なのですが、それでも一番下まで降りるには時間がかかります。体感では1分以上、もしかすると2分くらいはかかったのではないでしょうか。一番下まで降りると、蛍光灯に照らされた薄暗い地下空間に出ます。見上げれば、頭上に入り口の灯りが見えました。

入り口を見上げて
入り口を見上げて posted by (C)circias

この魚道が作られたのは2001年のことらしいですが、施設には目立った劣化は見られません。がっしりとしたコンクリート造りの、比較的きれいな地下空間です。階段は、魚道の地下区間のちょうど中央あたりにあります。なので、そのまま出口に向かってしまうと、後半のトンネル魚道区間しか見ることができません。

一般的な形式の魚道の地下区間を見るには、向かって右手方向へ進みます。次の写真は、右手の角を曲がって、地上区間への出口方向を写したものです。魚道の中央に並んでいるコンクリートのブロックは、遡る魚のための待避所です。魚道はとても流れが速いため、一気に遡ることはできません。そこで、こうして作られた人工的な岩陰で休みながら、一段ずつ遡っていくことになるわけです。

魚道地下区間
魚道地下区間 posted by (C)circias

戻って階段正面の区間は、トンネル魚道です。こちらは水深が深く、外から中を確認することはできません。途中に、中を確認するためと思しき覗き窓がある区間もあったのですが、水中は真っ暗ですので、何も見えませんでした。

トンネル魚道
トンネル魚道 posted by (C)circias

魚道の地下区間は、あまり長くありません。全体を見学しても、せいぜい5分から10分程度といったところでしょう。トンネル魚道区間の終わりには登り階段があり、それを登れば再び地上に戻ります。次の写真は、魚道出口階段からトンネル魚道を振り返って撮影したものです。こうしてみると、なんともいえない迫力がありますね。

出口からトンネル魚道を見下ろす
出口からトンネル魚道を見下ろす posted by (C)circias

階段を上りきると、コンクリート製の小さな建屋の中に出ます。右手には、おそらく魚道の水門と思われる金属製の構造物が設置されていました。特に説明はありませんでしたが、この水門で魚道の水量を調整しているのでしょう。万一の場合は施設が水没しないように、閉鎖することもあるのでしょうね。でないと、魚道が放水路になってしまいますから。

魚道出口の水門
魚道出口の水門 posted by (C)circias

建屋から出ると、目の前にはダム湖が広がっていました。次の写真は、出口の先にある階段を登り、その途中から出口方向を振り返って写したものです。階段を登りきって進める方へ道なりに進むと、行きに登った魚道への階段の途中、ベンチのあった広場に出ました。

魚道出口階段から
魚道出口階段から posted by (C)circias

少々あっけないですが、魚道見学はこれにて終了。思いの外時間が余りましたし、体力的にもまだ余裕がありましたので、次はダム湖の湖岸を歩いてみることにしました。



白丸ダム(1)

本日の東京は、朝から晴れたり雨がぱらついたりと、はっきりしないお天気です。せめて曇りで安定していてくれれば、山へ行くこともできたのですが、これではちょっと難しそうですね。まぁ、ブログの更新をするには良い機会です。

本当は平日の晩にコツコツと更新するのが理想なのですけれど、体力的にも時間的にもそれは難しく。昨晩など、帰ってスーツを脱ぐなりそのまま寝てしまいまして・・・気がついたら朝の7時でした。

というわけで更新が遅くなりましたが、今回は白丸ダムのお話を。遊歩道はダムの堤体の上を通っておりまして、特に手続きもなく普通にダムの上を歩くことができます。ダムから下流方向を見下ろすと、長い長い魚道が目に入りました。これが、日本最大級という白丸ダムの魚道です。

ダムの上から見た魚道
ダムの上から見た魚道 posted by (C)circias

魚道はダムのすぐ下流から川と平行に伸び、その先で地下に入ります。地下区間は水深の浅い通常の魚道と水深の深いトンネル魚道の二つの区間からなりますが、この地下区間を見学できるというのが、このダムの売りです。ちなみに、写真左手に魚道へと降りる階段が写っていますが、残念ながらここは閉鎖されていて通ることはできません。

ダムの上を対岸まで渡りきると、正面に次の写真の案内板があります。指示に従って進むと階段があり、それを一番上まで登らなければならないのですが・・・途中、幾つか分岐があるため、初めてだとちょっと不安になるかもしれません。ちなみに私は、建物に釣られて途中の発電所に行ってしまったりしました。

案内板
案内板 posted by (C)circias

次の写真は、階段の最後の区間を下から見上げて写したもの。結構急で長い階段なので、頑張って登りましょう。相変わらず湿気がすごいので、汗だくになることは請け合いです。なお、中間地点にはベンチ等の設置された広場もあるので、少し休むのも良いかもしれません。

魚道への登り階段
魚道への登り階段 posted by (C)circias

階段を登りきると、少し開けた場所に出ます。正面には、次の写真のように建物や駐車場が見えるのですが・・・不親切なことに、案内板がありません。実は写真の建物が魚道の入り口兼管理事務所なのですが、これは分かりにくいですよね。建物はダムから離れているので、初見でこれを魚道入り口と気付くのは難しいと思います。せめて看板くらいかけろよと思うのは、私だけでしょうか。

階段出口から
階段出口から posted by (C)circias

ここはダムよりもだいぶ高い位置なので、反対側を振り返ると、白丸ダムを一望することができます。次の写真は、魚道入り口を探してウロウロしながら撮った一枚。なかなかいい眺めですね。白丸ダムは、ダムとしては小さい方だと思うのですが、それでも建物としては充分に巨大です。なんともいえない迫力には、確かにダムならではの魅力があるような気がしました。

白丸ダムを見下ろして
白丸ダムを見下ろして posted by (C)circias

しばし階段周辺をウロウロした私でしたが、周囲にはそれらしいものは勿論、案内すら何もないので、物は試しと建物の方へ行ってみることにしました。そこで次の写真の表札を見つけて、ほっと一安心。農家のガレージみたいな建物ですが、これが魚道の入り口でした。トラクターとか入っていても違和感のない佇まいですが・・・。

魚道入り口
魚道入り口 posted by (C)circias

なお、建物前には駐車場と公衆トイレが設置されていました。どうやらこの施設は、主に自動車での来訪を想定して設計されているようです。しかし、駐車場に車はなく。周囲には何組か観光客がいましたが、皆徒歩で白丸渓谷を歩いてきた方々のようです。

ここに限ったことではなく、奥多摩の観光案内はどこもピントぼけといいますか、ズレているんですよねぇ。もうちょっとこう、案内を工夫するだけでも、訪れる人は増えると思うのですけれど・・・まぁこのズレた感じと独特のサビレ感が魅力といえば魅力ではあるのですが。

さて、次はいよいよ魚道に入ります。

鳩ノ巣渓谷(3)

鳩ノ巣小橋を渡った先の道もまた、下流方向へは伸びていません。道は上流方向のみに続いています。橋を渡ってすぐ右手は写真のようになっており、階段を下って川沿いのコースを進みます。

P8160613
P8160613 posted by (C)circias

御岳渓谷と異なっているのは、コースと川とが遠いということ。川が見える距離ではありますが、川に近づくことはできません。もっとも、そもそも川が大岩に囲まれた深い渓谷になっているため、仮に近付くことができたとしても、水に触れることなどできそうにないのですが。

森の中を歩いたり、見上げるほどの大岩をぐるりと回り込んだりしながらしばし歩くと、コース終盤になって道は川沿いの岩の上に出ます。次の写真は、岩の上に出る階段から見下ろしたところ。この日は足元が乾いていたので良かったのですが、ツルツルした岩の上を歩くことになるので、雨上がりなどはちょっと危ないですね。

P8160616
P8160616 posted by (C)circias

万一足を滑らそうものなら、この流れにドボン、です。深くて流れが早い上に、周囲に浅瀬がないので見ていて怖い感じがしました。滑りやすい岩を登る区間もあるため、このあたりは特に注意が必要です。また、岩はどれも切り立っていて、水面までそこそこ距離があるため、落ちたらコースまで這い上がるのは難しそうでした。

P8160617
P8160617 posted by (C)circias

幸い、スリリングな岩の上の道はあまり長くは続きません。少し歩くと再び金属製の階段が現れ、それを登ると道は再び森の中へと入っていきます。次の写真は、金属製の階段を登りきったその先の様子。しばらくは森の中の斜面を登る、急な石の階段が続きます。

P8160619
P8160619 posted by (C)circias

階段を登りきった先は、休憩用の東屋やベンチを設けた、森の中の広場になっていました。木陰で涼しそうな空間ではあるのですけれど、渓谷が近いためでしょうか、とにかくひどくジメジメとしていて、ちっとも涼しくありません。汗が全く乾かないため、まるで全力疾走をした後のようにポタポタと滴ってくるほどでした。

P8160620
P8160620 posted by (C)circias

広場を画面奥方向に抜けると、森の中の道を経て白丸ダムに至ります。広場からの距離はほとんどなく、5分もかからないでしょう。次の写真は、進行方向右手に見えてきた、白丸ダムの堤体です。大きなダムではないのですが、こうして森の木々を通してみると、なんだかとても雰囲気がありますね。

P8160623
P8160623 posted by (C)circias

鳩ノ巣渓谷は、ここが終点。遊歩道はここで、ダムの上を抜ける道とダム湖沿いに進む道の二つに分かれます。そこで、まずは目的の魚道を見学するため、ダムの堤体の上を通る道へと進んでみました。というわけで、ここからは白丸ダムの見学になります。

鳩ノ巣渓谷(2)

まずは吊橋の上から、上流と下流の様子を見て見ましょう。次の写真は、鳩ノ巣小橋の上から見た鳩ノ巣渓谷上流側の様子です。大きな岩がゴロゴロとしており、水深が深いことを示すエメラルドグリーンの水もあいまって、とても川辺に近づくことはできそうにない様子でした。

P8160600
P8160600 posted by (C)circias

これに対して下流側はと言いますと、この通り。橋の近辺にはやや浅い場所もあるようですが、すぐその先は深いようです。しかも流れが速く、うっかり落ちようものなら夕方のニュースの話題になりそうな、かなり危険な雰囲気を感じました。写真左手には、川に向かう階段が見えていますが、それもあくまで川辺の岩の上までのようです。

P8160597
P8160597 posted by (C)circias

川の様子を確認したら、一旦「ぽっぽ」前まで戻って、「ぽっぽ」横の細道を下流側に進みました。すると前方に聳え立つ大岩と、左手には滝が現れます。次の写真は、左手の滝の様子。駅前の案内図によると確か、これは「水神の滝」という名前だったような気がします。

P8160603
P8160603 posted by (C)circias

周辺に神社関連の施設が建ってはいるのですが、なんといいますか、ヨレて外れかけたカーテンとか、最近開かれた形跡のない扉とか、いかにも手入れされていない感じの小汚さが、なんとも不気味な雰囲気を漂わせていました。まぁ、ガラス窓が割れていないところからして、完全に管理を放棄されているわけではなさそうですね。あるいは、年に一度くらいは利用されているのかもしれません。

ここは鳩ノ巣の名前の由来になった場所でもあるそうです。滝の反対側に聳え立つ大岩の上には祠が祀られており、そこへと登る道には鳥居が建てられていました。次の写真は、水神様の祠が建つ大岩の上へと登る道の入り口です。

P8160606
P8160606 posted by (C)circias

この周囲にはかつての施設跡と思しきコンクリートの構造物がいくつか残されており、下流側へと伸びる道の跡もありました。しかし、道はすぐに途切れてしまい、これより下流側へと進むことはできません。また、水神宮の大岩の麓には川へ向かうコンクリートの階段がありました。これがまた、半端に整備されたというか崩れかけたといいますか、なんとも危ない感じの階段でして。

うっかり蹴つまずいたら眼下の急流へ頭からダイブしてしまいそうな、そんな危なっかしい階段を降りると、川辺の大岩の上に出ます。次の写真は、その岩の上から鳩ノ巣小橋方向を写したもの。画面右手に見えている建物は喫茶店「ぽっぽ」です。

P8160607
P8160607 posted by (C)circias

そして、対岸方向に目を向けてみると・・・なにやら滑り台のような形をした、奇妙な巨岩が鎮座していました。次の写真がその岩です。写真にしてしまうと、迫力も何もないただの板状の岩になってしまいますが、実物はかなり巨大ですので、一種異様な雰囲気があります。しかも岩の上は湧き水でテラテラと光っており、その岩の根元にはそこだけ砂状に砕けた石が堆積していたりと、何やら謎の多そうな、印象的な風景でした。

P8160612
P8160612 posted by (C)circias

さて、下流方向へ進む道を求めて周辺を探索したのですが、残念ながらこれ以上下流方向へ進むことのできる道はないようです。仕方がないので、再び鳩ノ巣小橋まで戻って、今度はダムを目指します。

鳩ノ巣渓谷(1)

ふと気がつくと、前回の更新からもう5ヶ月も経っているのですね。どうしてこんなに間が空いてしまったかと言いますと、主にPhoto蔵がずうぅっと緊急メンテナンスしてくれていたためです。一応メンテしていない期間もあることにはあるのですけれど、結局のところ不具合が残っているので、全く使い物にならなかったという。

あんまり状態がひどいので、3月の時点でもうアクセス自体を諦めてしまいまして、以後放置状態だったのですが、久しぶりにアクセスしてみたところ、ようやく写真のアップロードが不安定ながら可能になったようなので、久しぶりに記事でも書こうと思い立ちました。

まぁアップロードできるといっても、アップロード結果が反映されるまでに1時間以上かかるので、相変わらずお話にならない酷いクオリティのサービスなのですけれどね。それでも、以前ならそのまま処理が落ちて写真が破壊されていたところ、今回は1時間後とはいえ破壊されていない写真がアップロードできただけ、まともになったと言うべきか。

それはともかく。もう一週間前の話になってしまいますが、今年のお盆休みは久しぶりに奥多摩方面に出掛けました。いつもなら御岳に行くのですけれど、今回の目的地はそのさらに上流、「鳩ノ巣渓谷」というところです。きっかけは、うちでとっている新聞に載った紹介記事でした。なんでも、鳩ノ巣の上流に白丸ダムというダムがあり、そこに日本一長い魚道があるのだとか。というわけで、その魚道とダムを見るのが今回の主目的です。

P8160588
P8160588 posted by (C)circias

上の写真は、鳩ノ巣駅のホームから写した改札方面です。奥多摩湖駅の駅舎と感じが似ていますね。ただし、周囲のさびれっぷりは比較になりません。この何もない感じ、好きなのですよね。いかにも田舎に探検しにきたぞ、という感じがして。まぁもっとも、そうは言っても東京。駅舎はきれいなものでした。

無人の改札を抜けると、駅前のロータリーに出るのですが、正面には案内板のひとつもありません。Googleマップがなかったら迷子になりかねないですね、これは。振り返ると駅舎の前に一応案内板があるのですが・・・それが、こちら。

P8160589
P8160589 posted by (C)circias

雰囲気は良いのですけど、不正確で分かりにくい。しかも、当座どちらに進めば良いのかが書いていないので、きちんとした地図を持っていないと途方にくれることになりそうです。で、正解はと言いますと、「はとのす荘」の方向に進むのが正しい道順のようです。つまり、駅から出て右手方向、案内板に向かってなら左手方向ということになります。

駅から出て右手方向に道なりに進んでいくと、すぐに突き当たりになります。その右手には踏切、左手側は青梅街道へと下る道になります。次の写真は、その下り坂の上から見下ろした風景。画面奥のトンネルが鳩ノ巣トンネルですから、トンネルのすぐ手前にある左手方向に伸びている道が道順になります。

P8160590
P8160590 posted by (C)circias

なお、先ほどの地図によればこのすぐ左手に双龍の滝という滝があるはずなのですが・・・写真奥左手方向に進むと滝の音が聞こえてくるものの、滝に降りることのできる道がありません。かつては、次の写真の喫茶店横の階段から降りることができたらしいのですが、封鎖されて立ち入り禁止になっていました。まぁおそらく、がけ崩れか土石流で破損でもしたのでしょうね。

P8160592
P8160592 posted by (C)circias

奥多摩の観光地は、だいたいどこでも水害の跡が見られます。橋が流された跡とか、崩れて通れなくなった道とか。鳩ノ巣渓谷もその例に漏れず、あちこちに、かつての施設跡と思しき構造物や、何の目的かわからない中途半端な道が残されています。

古さから言って、それが活用されていたのは多分、バブル期くらいなのではないでしょうか。いまとなってはすっかり寂れて、ほとんど廃墟となっています。ちゃんと整備してやれば、もっと明るくて雰囲気の良い場所になると思うのですけれど、現状は何か出そうな雰囲気の廃墟ばかり。まぁ、この荒廃感がこれはこれで面白いところではあるのですが。ともあれ、喫茶店の前を道なりに進むと、案内板が現れます。それがこちら。

P8160593
P8160593 posted by (C)circias

案内板に従って、鳩ノ巣観光トイレの方へ坂道を下りていきます。その途中、左手方向に注意していると、次の写真の脇道が現れます。非常に分かりにくいのですが、実はこれが鳩ノ巣渓谷の遊歩道への入り口でした。

P8160594
P8160594 posted by (C)circias

いや・・・これは・・・分かりませんて。「ぽっぽ」の看板以前に、まずは「鳩ノ巣渓谷遊歩道」って大きな看板を出すべきだと思うのは、私だけなのでしょうか。御岳渓谷の遊歩道もそうでしたけれど、こういうところがなんとも残念なのですよねぇ。もう少しちゃんと案内をすれば、訪れる人も増えそうなものですけれど。

ともあれ、この細道の奥まで進めば、もうそこは鳩ノ巣渓谷。遊歩道は一本道なので、道に沿って川へと下っていきます。しばし進むと、前方に吊り橋が姿を現しました。次の写真が、その吊橋のたもとの様子。これが、鳩ノ巣小橋です。

P8160595
P8160595 posted by (C)circias

遊歩道を散策するには、写真奥の鳩ノ巣小橋を渡って道なりに進みます。写真左手には喫茶店の「ぽっぽ」がありますが、この日は閉まっていました。また、「ぽっぽ」の横の細道を抜けてさらに左手方向に進むと、鳩ノ巣発祥の地と水神様の神社に行くことができます。とはいえこれがまた、暗い、細い、分かりにくい。おそらく、「ぽっぽ」の横を抜けようと思う人はほとんどいないのではないでしょうか。もうちょっと案内の仕方というものがあると思うのですけれど、ねぇ。

といったところで、長くなりましたので、続きはまた次の記事にて。





プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  LP レコード 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  マクロレンズ 堀口珈琲 JAZZ ELEKIT 17mm 野川 小説 DIY シティロースト アートブレイキー TU-8150 紅葉 MU-61 青梅 次大夫堀公園 小仏城山 御岳渓谷 開花情報 ブレンド 接写リング 神代植物公園 写真 御岳山 実写テスト トンボ CD 300mm 東京 ライトノベル 古民家 景信山 開花状況 カートリッジ 神代植物園 ロック JAZZ/FUSION シモバシラ 多摩川 TU-877 センテッドゼラニウム 森見登美彦 哲学 マイケル・サンデル クラシック ハイレゾ音源 鳩ノ巣渓谷 3結 6号路 e-onkyo 故障 骨董市  ラリー・カールトン 深大寺 コロンビア バラフェスタ 奥高尾 もみじ台 東宝撮影所 JPOP 小仏峠 東日本大震災 岡本公園民家園 江戸東京たてもの園  エリック・クラプトン 野川公園 上野 OPA2134PA TU-H82 布多天神社 つくる市 リー・モーガン 調布 これからの正義の話をしよう ニカラグア 仙川 2015 修理  ミツバチ HDD 東照宮 砧公園 東京国立博物館 大蔵住宅 ハクセキレイ ハイロースト フレンチロースト 水生植物園 レコード洗浄 コゲラ 植物多様性センター 蘆花恒春園 FF15XmkII 武蔵野公園 NF-15X/2 大雪 Apple 白丸ダム KT88 GoldLion BUMP 発芽実験 調布飛行場 回転数不良 速度比較 LM4562NA ニューイヤーコンサート Class10 90MB/s UHS-I SDカード DENON 正月特別開園 A'pis iPhone 布多天神 ジフィーポット Transcend テンポドロップ コミスジ Eagles ミンミンゼミ ツクツクボウシ イチモンジセセリ アブラゼミ オーディオテクニカ 根津美術館 天地明察 冲方丁 ダイミョウセセリ アボカド 表参道 井の頭自然文化園 ZO-3 浜離宮 SHURE M97xE 水耕栽培 TempoDrop ストームグラス バド・パウエル ツマグロヒョウモン ウェザーリポート 工事 アゲハ 彼岸花 FUSION 中仕切り 2017 ジョウビタキ 一丁平 縦走路 オジロトウネン カワセミ WD10EADS アオジ 整備工事 細田屋 スミナガシ かき氷 クロヒカゲ モズ クイナ 低速病 カワウ PIONEER ペルー レコードプレーヤ ドラゴンフルーツ 村井秀清 バルトーク ヒグラシ 改造 鍍金 ニイニイゼミ キタテハ スズメバチ 羽化 フレディ・ハーバード JET ZIPPO 書簡集 三月 鈴木三重吉 野草 奥多摩 日原鍾乳洞 レコードスタビライザ ウラナミアカシジミ ハンディウォーマー 鬼灯市 志田用太朗 ハクキンカイロ シジミチョウ 紙の博物館 平和フレイズ ヒメアカタテハ カワラヒワ OSX スズメ キアゲハ 豆知識 アカボシゴマダラ グアテマラ パナマ 幼鳥 レーベル 人道主義 榊一郎 AT-MONO3/LP 吉祥寺 城山茶屋 ヒカゲチョウ 幼虫 星野源 モンキアゲハ 真空断熱食器 通り名報道 世田谷ボロ市 高浜虚子 アカスジカメムシ 軍畑大橋 甘酒 アキアカネ コムラサキ J-POP 似鳥鶏 青藍病治療マニュアル OP275GP 夕陽 ヘッドホンアンプ OPAMP 富士山 電子工作 NJM4580D 5極管接続 震災 葦原大介 ER-4S 花火 竜ノ湖太郎 UL接続 LME49720NA MUSES8920D RD-BZ800 REGZA NAGAOKA NT-500M 地上げ 皆既月食 放鷹術 建築基準法 MUSES02 MUSES8820D 6V6S 台風18号 ケース 土地 JJ ついんくる 世田谷 大沢 森山良子  マンデリン アオモンイトトンボ セセリ ヒオドシチョウ 小箱とたん コルディリネ 稲荷山 エディ・ヒギンス 城山 ケニヤ オオスズメバチ iPhone4s イタリアンロースト Solo 再起動 オーディオインターフェース アサギマダラ 充電中 Scarlett iBooks Focusrite iOS8.3 和屋東京店 フルシティロースト 不具合 地雷 平和ボケ 香日ゆら タンザニア 先生と僕 注油 回転数 モーター うみまち鉄道運行記 電源回路 亀屋樹 栄西 上野公園 シャープペン セグロセキレイ KENKO 寝落ち 伊佐良紫築 hiFace OSX10.9 M2Tech V6 Trigger ヤマガラ 東宝 鷹見一幸 戸部淑 大沢グランド Dyson 蟲師 KeG アニメ 魚道 階段途中のビッグ・ノイズ DL-103 草市 古橋秀之 瀬那和章 文房具 デクスター・ゴードン スジグロチャバネセセリ キタキチョウ WD20EZRZ TOSHIBA SanDisk 30MB/s 3号路 12AU7 シチズン Q&Q 取木 自然現象 クルトガ AU-305 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー 電気ブラン カクテル 桜の蛾 腕時計 キアシドクガ デルガード リキュール ダイソン テングチョウ 電池切れ コーヒー TIMEX Weekender 軍畑 霜除け ペンケース タフソーラー CTL1025 白鳥士郎 ElectroHarmonix フラックス 天体 初詣 バッハ ゴールドベルク変奏曲 ゴイサギ 秦基博 茶谷産業 クロマチックハーモニカ ラジオメーター ジャコ・パストリアス ハービー・ハンコック 挿し木 タシギ グレン・グールド MCON-P01 マクロコンバータ オリンパス ヤマカガシ 大森藤ノ AWG-100BR-1AJF オジロビタキ ペン立て シジュウカラ 不動産屋 ツグミ アカシジミ ミニバケツ デジタルテレコンバータ ベルグソン 絶滅危惧種 ハンディクリーナー 3.11 RAW MERCURY 発泡PPシート 越谷オサム 橙乃ままれ ログ・ホライズン アレニウス・スヴァンテ 翻訳 G-SHOCK フレディ・ハバード インドネシア CASIO 被害 天災 イチモンジチョウ スナップショットフォーカス 植物 95MB/s 


123456789101112131415161718192021222324252627282930 09