FC2ブログ

日々の便り

 

調整と仕上げ

今日も今日とて東京は雨、というかゲリラ豪雨ですね。昨日に引き続き、晴れたかと思うと俄かに掻き曇り、視界が白くなるほどの豪雨がやってくるのの繰り返し。特に用がなければ外出はしたくないお天気です。なにしろ雨の降り方の激しいことと言ったら、地面からの跳ね返りで膝まで濡れるくらいでして。そして残念ながらお盆休みは今日が最終日。結局今年も、雨に祟られて終わってしまうのですね。

とはいえ、今年のお盆は多少なり成果のあるお休みになりました。台風9、10号による悪天候で家に閉じ込められた結果、整理整頓やら掃除やらが捗ること。始終働いているので「休み」の定義に疑問を感じることを除けば、なかなか有意義な時間を過ごせました。なによりはっきり成果と主張できるのは、ベースの修理が完了したことでしょうか。というわけで、今回はそのお話を。

残っていた作業はペグの取り付けと、各種調整のみ。ペグの取り付けについては、防錆油に漬け込んでいた(笑)ペグをメモの通りの順番で戻していくだけですので、特にこれといって問題もなく完了。ついで、調整用に買っていたサウンドハウスさんの安い弦(PLAYTECH)を張りました。

2019-08-15
2019-08-15 posted by (C)circias

プレテクの弦は値段なりの音ではありますけれど、長期保存や整備調整、普段の基礎練習程度の用途であれば充分に使えます。なにしろ普通の弦が¥1500くらいするのに対して¥520ですからね。とても助かってます。なお、ゲージは45-105を使用してみました。で、ここで嬉しい誤算が。なんと、弦を張ってもネックがほとんどたわみません。

なんか凄いですねこのネック。ぶっとくてゴツいのは伊達ではないということでしょうか。こういうの、好きですねぇ。質実剛健、いいじゃないですか。トラスロッド頼りのペラペラネックは好きじゃないので、頑丈なのは嬉しい限りです。それにしても、いちいち私の好みに刺さるのは、プレベだからなのか、この楽器だからなのか。

ネック調整を省略できたので、お次はサドル調整です。サドル調整というと弦高調整のことと勘違いしている人もいるようですが、それではなく。サドルの高さを指板のRに合わせて調整する作業のことです。レスポール系やフロイドローズ系のブリッジでは不要というかできないので、知ってる人が少ないのかもしれません。

サドル調整には、Rゲージという工具を使用します。次の写真の工具がそれ。ギターやベースの代表的な指板のRがテンプレートで揃っていますので、FENDERやGIBSONおよびそのコピー系の楽器であれば、だいたいこれで対応できるはずです。

2019-08-15
2019-08-15 posted by (C)circias

どうしてこんなマニアックな工具があるのかと言いますと、一頃サドルやナットの自作にはまっていたことがありまして・・・まぁ普通は持ってませんよね、こんな工具。でもその場合、以下の手順で専用のRゲージを自作できます。

1)指板のブリッジ側の端と同じ幅の厚紙を3枚以上用意
2)厚紙を木工ボンドではり合わせる
3)ボンドが生のうちに、厚紙を指板のブリッジ端に乗せる
4)幅広のリボン等で厚紙を指板にきつく押し当てて縛る
5)ボンドが乾くまで放置

既製品のRゲージを使う場合は、だいたい見当をつけて見繕ったゲージを指板に当てて、どのRを使うべきなのかを確認しなければなりません。次の写真のようにぴったりとハマればOK。どうやらこのベースは300Rのようですね。

2019-08-15
2019-08-15 posted by (C)circias

Rを確認したらまず4弦の弦高を調整し、そこを基準にサドルを下げていきます。サドルの高さ調整が終わったら、今度はオクターブ調整。音を低くするにはサドルをブリッジ側に、高くするにはネック側に。一通りの調整が終わると、ブリッジの状態は次の写真のようになりました。

2019-08-15
2019-08-15 posted by (C)circias

パーツに残っている傷跡とは全然違う位置と高さになりましたね。弦によってオクターブ調整の結果は異なるのですが、こうまでも変わることはないでしょう。要するに、前オーナーはサドル調整はもちろんオクターブ調整すらせずに、適当に使っていたということになります。

安物の楽器の多くは、このあたりの調整が行われていません。本来は楽器屋さんがやるべきところなのでしょうけれど、それも店主ないし店員次第で、実際には適当に売ってるだけというお店も多いようです。その結果、安物楽器に手を出す初心者ほど、必要な調整が行われていない、弾きづらい楽器で練習することになってしまうわけで。安くて弾きやすい楽器を手に入れるには、専門知識と技術が必要という、この矛盾。皮肉なものですね。

ともあれ、一通りの調整が終わりましたので、最後にブリッジカバーを取り付けます。で、ここで新たに判明した事実がひとつ。本体のネジ穴跡が、なんというか、ブリッジに対して直角平行になっていません。もしかしてこれ、ユーザが任意で取り付けるオプションだったりしたのでしょうか。ならば、ネジ穴の適当な処置も説明がつきますね。

2019-08-15
2019-08-15 posted by (C)circias

そんなわけでカバーの位置も再調整し、最後にノブをつけて完成。ボリュームノブはオリジナルのものが欠品していたので、仕方なく新品を用意しました。まぁプラパーツなのであっても劣化しきっていたでしょうけれど。上の写真は、完成後の状態。屋外で写真を撮るわけにはいかないので、仕方なく床に寝かせて撮りました。ベースは大きいので、背景に困るのですよね。

思った以上に綺麗に仕上がりましたね。本体のくたびれ具合に一部パーツのピカピカ具合がちょっと合ってませんが、これでも一応、ピックガードとノブ以外は全部オリジナルパーツでのレストアなんです。安物の国産パーツにオリジナルであることの価値などないのですが、なんといいますか、そこはレストア趣味の人間にしか理解できないロマンがありましてですね。

確か6月頃から始めたので、中抜けを考慮すると大体二ヶ月の作業。少しずつコツコツと進めていたので、特に苦労したという感じはしませんでしたが、なかなかに時間がかかりました。しかし、のんびり丁寧に進めたお陰で、結果は上々。特に、トーンとボリュームのポットをオーバーホールしたのは、良い経験になったと思います。

「鳴らない」「部品取り用」とされたジャンク品だったので、本体価格は当時¥3000くらいでしたね。なにしろ汚かったし、指板の塗装欠けをはじめ、重症と思しき欠損もありましたし。それがここまで立ち直るのですから、たいしたものではないでしょうか。もっとも、修理に投入した資材や工具を一から揃えたら、普通にFENDER純正品が買えてしまうのはご愛嬌、あるいは気にしたら負け。これはそうロマン、ロマンのお値段なのです。プライスレス。

ところで、肝心の音色の方ですが・・・うーん、生音がやたら活きがいい割に、アンプを通すとなんだか単純な音になりますね(笑

しかしまぁそれも想定内のこと。ARIAのピックアップは、だいたい微妙というか、のっぺりした単純な音になってしまうのはギターの修理で知っていました。エフェクトで固めるには、これはこれで扱いやすいのかもしれませんけれども。とりあえずしばらくはこれで鳴らしてみて、そのうち改造しようかなと思っています。その場合は、コントロールをまるごと新造する方向で。折角直したオリジナルパーツですから、これはこれで残したいですしね。記念品的な意味で。


コントロールの組付け

ふと気がつくと、もう8月も半ばなんですね。毎度言っている気がしますが、時間の経つのの早いことといったら。ちなみに、7月末から今まで何をしていたかと言いますと、休日は専ら山に登ってました。晴れたら山に行く、これはやめられません。山や森に出かけることに比べたら、他の趣味の重さなど羽毛のごとく軽くなるのです。

それはともかく。今日はお盆休みなのですが、台風10号の影響とやらで天気の方はあいにくの雨。思えばここ数年、お盆休みはほとんど雨だった記憶しかないのですが・・・まぁそれはいいでしょう。そんなわけで、久々に腰を据えて室内作業に勤しむことにしました。となれば、ベースの修理の続きをするしかありませんね。半月ほったらかしておいてなんですけれども。

電装系パーツのオーバーホールは7月中に一通り完了していますので、今回実施するのはその組み付けです。とはいっても、いきなりはんだ付けしてはい完成、というわけにはいきません。なぜかと言うと、FENDERのレイアウトと古い国産のコピーモデルとでは、キャビティのレイアウトが微妙に異なっているからです。

そのため、まずはパーツをピックガードに組み付けて、回路は組まずに、パーツがキャビティに収まってくれるかどうかを確認しました。幸い、パーツはギリギリでキャビティに収まってくれるようです。ただ、CTSポットより一回り小さいオリジナルのポットでこの有様ですと、ポット交換をしたらどうなるかちょっと微妙ですね。

2019-08-14
2019-08-14 posted by (C)circias

パーツの位置確認が終わったら、今度は回路のはんだ付けを行うのですが・・・古くてサビがちなオリジナルパーツにうまく半田が乗るかどうか不安です。それに、ピックガードってどれくらい耐熱性があるのか分かりませんよね。さすがに本番パーツで試す気にはなれなかったので、ボール紙でダミーのピックガードを作り、そこにパーツを組み付けてはんだ付けを行うことにしました。

2019-08-14
2019-08-14 posted by (C)circias

そうしてコントロールを組み終わり、さぁ取り付けるぞという段階でひとつ、問題が発覚。どういうわけか、アース線がキャビティからブリッジへ通りません。妙だと思って調べてみたところ、なんとブリッジカバーのネジ穴を塞いだ木栓が、アースの穴を塞いでることが分かったのです。

元オーナーはカバーのネジを紛失した挙句、木ねじではなく長い「ビス」をここにブチこんでごまかしていたのですが・・・おそらくその時、ネジ穴を繋げてしまったのでしょう。次の写真は、ビス穴をドリルでさらい直し、ビス穴とキャビティが繋がっていることを確認しているところです。いい加減なことをするオーナーだとは思っていましたが、さすがにこれほどまでとは。

2019-08-14
2019-08-14 posted by (C)circias

そんなトラブルも乗り越え、ようやく回路の設置まで進めることができたところが次の写真。ピックガードから外した状態でピックアップのラインをはんだ付けしたら、そのままアンプに繋げて、音叉で回路のテストをします。ボリューム、トーンにガリ等の異常がないことを確認できました。

2019-08-14
2019-08-14 posted by (C)circias

回路に問題がないことを確認したら、まずブリッジを取り付けます。ついでコントロールをピックガードに取り付け、仮組みしたところが次の写真。だんだん完成が近づいてきました。

2019-08-14
2019-08-14 posted by (C)circias

なお、写真ではピックガードを止めてしまっていますが、これは手順としては失敗です。本来は、この時点ではピックガードをねじ止めしてはいけません。なぜかと言うと、この後弦を張って、ネック調整をしなければならないからです。

ネックの根元には窪みが切られていて、ネックを取り外さずにトラスロッドにアクセスできるようになってはいるのですが、ピックガードはその窪みを塞いでしまうため、ここでは仮止めに留めるべきでした。

さて、ここまでくればあと少し。残っている作業はペグの取り付け、ネック調整、サドル調整、オクターブ調整のみです。いよいよこの個体も、楽器として復活する時が近づいてきました。

ピックアップを修理する

本日の東京は曇り。山に行こうかとも思ったのですけれど、昨日まであの雨ですからね。どうせ行っても泥沼を行進して山道を痛めるだけなので、今回は自重しておくことにしました。それにまぁ、やるべきことが幾つもありましたし。

予定外だったのは、急に入った時計の修理です。機械式のオーバーホールならジャンクで何度かやった事があるのですが、クォーツ式は今回が初めてで。しかももうブランクが10年以上あるもので、さすがに緊張しました。で、午前中はこれで消費。無事に動くようになりましたが、こうブランクがあると、やっぱり手際よくとはいきませんね。

午後からは園芸関連の雑用を片付け、ようやく趣味の時間が取れたのは夕方になってからでした。というわけで今週はちょっと内容が少ないですが、ピックアップの修復と組み付けのみを行いました。

2019-07-21
2019-07-21 posted by (C)circias

上の写真は、PB-400のピックアップの状態。まず、劣化して硬くなったリードが半田付けしたところで千切れてしまっているのが分かります。この他に酷い汚れや錆などもあったのですが、そちらは前もって落とした上で、防錆油を塗りつけてあります。なおその際、次の写真のように紙テープでコイルを保護しておきました。こうしておくと、汚れや飛び散った半田、物理的な衝突などでコイルが損傷する事がないので、安心なのです。

2019-07-21
2019-07-21 posted by (C)circias

さて、肝心の修復作業の方ですが、コイルそのものの導通は問題がないことを確認した上で、一旦全てのリードを外し、これをBELDEN 8503に置き換えました。また、配線の向きもコイルの台紙に沿うように変更し、リードの末端付近をホットボンドで台紙に固定して、強度を確保しています。このようにすることで、多少リードを引っ張られたくらいでは、半田付けした箇所に力がかからないようになりました。

ちなみに、ピックアップの端子部分には、コイルから伸びた髪の毛より細い導線が接続されています。半田をとったり載せ直したりする際、これを傷つけてしまえば一巻の終わり。なので、作業は慎重かつ素早く行う必要があります。手順は次の通り。

1)新しいリードを半田メッキする
2)端子に適量の半田を盛る
3)リードを端子に押し付けるようにしながら双方の半田を溶かす

時間をかけすぎるとコイルの線はもとより、コイルを保護しているロウにも影響が出ます。ですから、作業は素早さが命。ワット数の低い半田ごてでグリグリ・・・なんてもってのほかです。私は60Wのこてで、一瞬で作業を終えるようにしました。

2019-07-21
2019-07-21 posted by (C)circias

なお、ピックアップの下に敷くスポンジは、ホームセンターで入手できるNRスポンジという素材です。質感や弾力からして、恐らくもともとついていたのもこれなのではないかと。楽器用のを買うと700円以上かかったりしますが、厚さ1cmのNRスポンジなら100円で買えます。もちろん、自分で切り出さなければならないので、手間はかかりますが。

それから、ピックアップを二つ繋いだ段階で、導通の確認をしています。次の写真はその証拠写真。二つ直列で、約10kオームくらいのようですね。それほどターン数は多くないようで・・・しかし・・・うーん、最初は15kくらいあった気がするんですけれど。記憶違いだったかなぁ。片方ずつ測ってみると、両方とも約5kなので、合わせて9.9kなのは不自然ではありません。やはり記憶違いでしょうか。

2019-07-21
2019-07-21 posted by (C)circias

さて、ピックアップの修理が終わったら、今度はピックガードを合わせて、本体へのネジ止めを行います。と、ここまできて気がついたのですけど、この作業はピックガードの位置決めを兼ねていますね。先にピックガードの位置決めをしてしまうと少し無理が出たりするので、順番はこちらを先にするべきでした。が、後悔先に立たず。

2019-07-21
2019-07-21 posted by (C)circias

とはいえ、若干手順に難があったものの、無事にピックアップを取り付ける事ができました。新しいネジ穴の位置は、やはり古いそれよりも3mmほどブリッジ寄りになっていました。これだけ動いてしまうと音にも影響がありそうですが、まぁミリの範囲なら許容範囲ではないかと。



ピックガードの位置決め

今日も今日とて東京は雨のち曇りのち雨。昼頃は少し明るくなったので、そのまま晴れてくれないかと思ったのですが、ダメですね。あまりに雨が続くせいで、育てていたトマトにうどん粉病が発生してしまいました。一昨日まではそんな気配もなかったというのに、急に粉を吹いてびっくり。早速薬剤を散布しましたが、すぐに雨が降ってしまうので正直効果があるかどうか。

センテッドゼラニウムも、とうとう葉が黄色くなってきました。いくら梅雨だからといって、さすがにこれは降りすぎというか、日照時間が少なすぎですね。昨年は確か空梅雨で、逆に夏の日照がなかったと記憶していますが、果たして今年はどうなるやら。

まぁそんなわけで、本日も私は部屋の整理とベースの修理をして過ごしました。本日の作業は、ピックガードの位置決めと、ネジ穴開けです。まずはボディとネックを連結して、その上でピックガードをボディ上に置き、位置を決めます。次の写真は、ボディとピックガードを合わせたところ。ピックガードのデザインはオリジナルとは程遠くなりましたが、しかし、むしろ良い感じですね。

2019-07-15
2019-07-15 posted by (C)circias

ピックガードとボディのシルエットを比較すると分かるように、どうもアリアプロ2製のコピーモデルのやぼったさは、全体的に横方向に太くなったり、突起部のエッジがより丸くなったりしていることから来るようです。本当に微妙な違いなのですが、ちょうど中年男性が、どこにといわずうっすらと脂肪を蓄えたせいで、なんとなくだらしなく見えてくるのと同じような感じですね。

しかし、Fenderオリジナルにほぼ忠実な昨今の互換部品をこうしてつけると、もとより雰囲気が引き締まるようです。これはあれですね、まるで中年男でも背広を着ればそれなりに見えてしまうような・・・。

ところで、ピックガードを外してネジ穴の様子を確認すると、案の定オリジナルの位置からだいぶずれていました。次の写真は、キャビティ付近のネジ穴の様子です。木栓で塞いだもとのネジ穴の左下、元のネジ穴の縁にかかるような位置に新しいネジ穴が作られているのが分かりますね。

2019-07-15
2019-07-15 posted by (C)circias

これは全体的な傾向で、ほぼ全てのネジ穴において、同様の移動が確認されました。以前修理したストラトでもこんな感じでしたから、このころのアリアの楽器は多分、意図的にそう設計されていたのでしょうね。これがあるので、ネジ穴埋めなどという面倒な作業をしなければならないのです。しかし、ネジ穴埋めでは回避できない問題もありまして・・・それがこちら。

2019-07-15
2019-07-15 posted by (C)circias

木ネジがキャビティに飛び出してしまった跡です。予想はしていましたが、実際なるとがくっときますね。アリアのボディはキャビティの位置もちょっとズレているため、キャビティ周りのネジはこうなるリスクを抱えています。これもまた、以前直したストラトでも起きた現象でした。できれば材を継いで修理したいところですが、ここはボリュームの位置関係もあるので、うかつには手を出せません。直すとしたら、電装系を積んだ後になるでしょう。

さて、これで本日の作業は一段落・・・と思ったのですが、ここで大事なことを忘れているのに気がつきました。そう、ピックアップの取り付けネジの穴の位置です。色々とズレたわけですから、当然ソレもズレていますよね。

というわけで調べたところ、ピックアップが全体的にブリッジ側に数ミリズレたことを確認できました。というわけで再び工作材で木栓を作り、穴埋めを。これは今晩中に片付けてしまいましょう。これが終われば、次はピックアップを含む電装系の修復です。




ピックガードをルータで削る

ブリッジカバーの穴埋めはサクっと終わり、続いて始めたのはピックガードの修正です。まずは、新旧ピックガードを比較してみましょう。次の写真は、左がオリジナル、右が今回購入したピックガードです。古いものをそのまま使うのが理想なのですが、オリジナルはもう縮みきってしまっていてネジ穴どころかキャビティ穴も合わないので、新調するしかありませんでした。

2019-07-15
2019-07-15 posted by (C)circias

それにしても、このびっみょーに偽物くさい鼈甲柄を探すのにはちょっと苦労しました。オリジナルのピックガードは鼈甲というより黒字に赤のカモフラージュっぽい感じですよね。これでも鼈甲のつもりらしいのですが、こんな柄の鼈甲はありません。しかも全体の色合いがかなり黒に寄っているので、黄色の多い明るい鼈甲柄や赤鼈甲では、雰囲気が変わりすぎてしまうのです。そこでいろいろ探してようやく見つけたのが、こちら。



この微妙な安物感が良い感じ。安っぽさでは定評のある、安心の中国製です。お世辞にも高級感があるとは言えない安物の国産品には、こういうちょっと安っぽい感じのパーツの方がよく馴染むのですよ。なにしろ塗装だって、なんだかおもちゃ感のある分厚いウレタンですしね。あんまり高級感の漂うピックガードをつけると、これが浮くのなんのって・・・何故そんなことがわかるのかというと、二回も失敗したからです・・・orz

本体購入価格よりも、そろそろ修理費用の方が高くなってしまっているのがちょっと気になりますが、気にしない。そこは気にしたら負け。趣味ですから。そこらの楽器屋じゃこういう怪しいパーツはないもので、通販サイトの画像頼りなのが難しいところですよね。

それはともかくこのピックガード、安物なので工作精度はあまりよくありません。しかも本体のピックアップも、Fenderオリジナルより一回り大きいので、次の写真のように、ピックアップ用の切り抜きに、ピックアップカバーが引っかかってしまいます。

2019-07-15
2019-07-15 posted by (C)circias

低音側は写真の通り、耳がかかるだけで済んでいるのですが、そこは安定の中華クオリティ。高音側はそもそもカバーが穴を通りません。なんというか大雑把ですね。ダンカンあたりにリプレースすれば問題ないのですが、一度はオリジナルの音を聞いてみたいので、ここは頑張ってピックガードを削りました。

切削にはハイス鋼のエンドミルを使いました。適当に削ると不恰好になりそうで怖かったので、テープを貼って下書きしてからゴリゴリ削ります。ルータによる荒削りが終わったら、仕上げは紙やすりで。2時間ほどかかって、ようやく両方のピックアップが穴に通るようになりました。

2019-07-15
2019-07-15 posted by (C)circias

ピックアップカバーがセットできるようになったら、今度はピックガードの位置合わせとネジ穴開けを行います。なぜピックアップカバーが必要なのかと言いますと、場合によってはキャビティに合わない可能性すらあったからでして・・・。まぁ穴の位置でおおよそは分かるので大丈夫だとは思いますが、削って広げる前提でしたので、念のためです。

ネジ穴を開けてしまってから、実はピックアップカバーがちょっぴりキャビティに当たってます、なんてことになったらシャレになりませんからね。別に急いでいるわけではないので、ここは一工程ずつ慎重に。


プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 野川 小説 17mm シティロースト TU-8150 アートブレイキー MU-61 紅葉 次大夫堀公園 修理 青梅 小仏城山 接写リング 御岳渓谷 開花情報 ブレンド PB-400 AriaPro 御岳山 神代植物公園 写真 CD トンボ 300mm 実写テスト 東京 景信山 ライトノベル 古民家 カートリッジ JAZZ/FUSION 開花状況 神代植物園 ロック クラシック センテッドゼラニウム 森見登美彦 TU-877 シモバシラ 多摩川 哲学 マイケル・サンデル コロンビア  深大寺 バラフェスタ 3結 6号路 骨董市 ラリー・カールトン 鳩ノ巣渓谷 ハイレゾ音源 故障 e-onkyo 江戸東京たてもの園 岡本公園民家園 小仏峠 奥高尾 東宝撮影所  エリック・クラプトン もみじ台 上野 TU-H82 野川公園 OPA2134PA JPOP 東日本大震災 ハクセキレイ 2015 東照宮 砧公園 フレンチロースト 水生植物園 東京国立博物館 仙川 布多天神社 調布 ニューイヤーコンサート  ミツバチ ハイロースト つくる市 これからの正義の話をしよう レコード洗浄 ニカラグア 大蔵住宅 リー・モーガン HDD NF-15X/2 FF15XmkII 発芽実験 オジロトウネン アオジ A'pis 速度比較 SDカード 水耕栽培 カワセミ アボカド 細田屋 ダイミョウセセリ 回転数不良 カワウ 整備工事 縦走路 井の頭自然文化園 一丁平 植物多様性センター DENON 中仕切り KT88 コゲラ ペグ 磨き GoldLion 90MB/s ピックガード 根津美術館 iPhone 調布飛行場 メッキ 分解 蘆花恒春園 オーディオテクニカ バド・パウエル LM4562NA 白丸ダム Class10 武蔵野公園 ボリューム UHS-I 国産 ジョウビタキ Apple TempoDrop 布多天神 クロヒカゲ BUMP スミナガシ かき氷 ジフィーポット 彼岸花 アゲハ アブラゼミ 2017 浜離宮 イチモンジセセリ テンポドロップ Transcend Eagles ストームグラス ZO-3 FUSION ミンミンゼミ M97xE 低速病 コミスジ 大雪 アニメ 冲方丁 SHURE ツクツクボウシ クイナ WD10EADS ウェザーリポート モズ ツマグロヒョウモン 表参道 正月特別開園 工事 天地明察 RAW インドネシア アレニウス・スヴァンテ オジロビタキ 被害 初詣 シジュウカラ フラックス 白鳥士郎 大森藤ノ 天災 デジタルテレコンバータ ツグミ 橙乃ままれ ElectroHarmonix フレディ・ハバード 翻訳 ログ・ホライズン 幼虫 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ コルディリネ 小箱とたん ケニヤ エディ・ヒギンス ウラナミアカシジミ シジミチョウ ドラゴンフルーツ ヒグラシ バルトーク 村井秀清 鬼灯市 JET セセリ 森山良子 OPAMP ヘッドホンアンプ 電子工作 ケース NT-500M NAGAOKA 竜ノ湖太郎 ER-4S フルシティロースト 和屋東京店 iBooks イタリアンロースト 震災 葦原大介 羽化 スズメバチ 榊一郎 レーベル 吉祥寺 AT-MONO3/LP グアテマラ パナマ 地雷 ジャコ・パストリアス マクロコンバータ MCON-P01 オリンパス ハービー・ハンコック クロマチックハーモニカ 秦基博 OSX キアゲハ 世田谷ボロ市 モンキアゲハ 通り名報道 ヒメアカタテハ 鍍金 ニイニイゼミ 3.11 高浜虚子 豆知識 アカボシゴマダラ ヒカゲチョウ アキアカネ アカスジカメムシ コムラサキ 霜除け 桜の蛾 ハンディクリーナー MERCURY ミニバケツ ペン立て ダイソン Trigger クルトガ シャープペン Dyson V6 発泡PPシート スナップショットフォーカス タフソーラー 電池切れ TIMEX Weekender CTL1025 AWG-100BR-1AJF 植物 CASIO G-SHOCK デルガード 文房具 土地 建築基準法 地上げ 不動産屋 富士山 夕陽 不具合 再起動 充電中 アサギマダラ  ヤマカガシ 12AU7 JJ 改造 ペンケース WD20EZRZ キタキチョウ イチモンジチョウ アカシジミ スジグロチャバネセセリ 茶谷産業 ラジオメーター ピアノの森 組立て 指板 塗装 親族トラブル 魚道 放鷹術 REGZA RD-BZ800 皆既月食 ラッカー 防錆 工作材 ピックアップ コントロール サドル調整 木栓 ミニカッティングソウ プロクソン PROXXON No.28151 台風18号 6V6S 野草 日原鍾乳洞 奥多摩 Focusrite 紙の博物館 ハクキンカイロ 平和ボケ 人道主義 ZIPPO ハンディウォーマー Scarlett Solo LME49720NA MUSES8920D MUSES8820D MUSES02 OP275GP NJM4580D オーディオインターフェース UL接続 5極管接続 iOS8.3 iPhone4s シチズン デクスター・ゴードン 瀬那和章 DL-103 Q&Q 腕時計 カクテル リキュール キアシドクガ 仕上げ 草市 30MB/s 亀屋樹 越谷オサム 軍畑 軍畑大橋 階段途中のビッグ・ノイズ AU-305 TOSHIBA 95MB/s SanDisk 電気ブラン 取木 蟲師 大沢グランド 寝落ち 回転数 東宝 OSX10.9 絶滅危惧種 テングチョウ M2Tech hiFace モーター 注油 上野公園 栄西 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー KENKO 電源回路 先生と僕 香日ゆら タンザニア ついんくる 花火 ペルー PIONEER レコードプレーヤ 志田用太朗 フレディ・ハーバード キタテハ J-POP 星野源 真空断熱食器 平和フレイズ 三月 似鳥鶏 世田谷 アオモンイトトンボ マンデリン オオスズメバチ 大沢 ヒオドシチョウ 青藍病治療マニュアル 稲荷山 城山 甘酒 城山茶屋 うみまち鉄道運行記 伊佐良紫築 戸部淑 KeG セグロセキレイ 自然現象 挿し木 天体 3号路 古橋秀之 鷹見一幸 ヤマガラ ゴイサギ 幼鳥 カワラヒワ スズメ タシギ グレン・グールド コーヒー バッハ ゴールドベルク変奏曲 ベルグソン 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08