FC2ブログ

日々の便り

 

ピアノの森

なんかNHKで音楽アニメをやっていますね。「ピアノの森」とかいう作品で、方々から絶賛されているんですけれど・・・あれって、何が面白いんでしょう?
少女漫画的なテンプレ音楽もので、これ絶対作者はオバハンだろと思っていたのですが、これが大正解。うん、昭和のテンプレですものねぇ。あとこの作者、楽器演奏できないんじゃないかな。

のだめカンタービレは、同じくオケ経験のある人間であれば、「そうそう、それな!」と共感できるシーンのオンパレードでした。これは作者が音楽経験のある人間だったからこそなのでしょう。天才の苦悩とか誰でも書けるようなテンプレ要素より、本当に音楽をやっているからこそ分かる難しさが随所に現れていて、故にセリフの一つ一つが重く、説得力があったのです。

一方で、ピアノの森はスッカスカなんですよね。音楽をわかっていない人間が知ったかぶりで描いている匂いがプンプンします。ハッキリ言ってうざったい、気持ち悪い。台詞に説得力が皆無なんですよ。例えば今日のセリフ。「ピアノって、誰が弾いても同じように音が出るだろ」・・・出るかよ、阿呆。本当にピアノを知っていれば、絶対に出てくるはずのない一言です。

「究極、猫が鍵盤を踏んでも同じ音が出る」とは大したものですね。なるほど、作中のお歴々の演奏能力は猫と同等であると。まぁそういうファンタジー世界なら致し方ありませんが、現実世界ならそんな評価ができるのは幼稚園のお遊戯ピアノまでなのですよ。

吐き気がしますね、こういう知ったかぶりの音楽論。ピアノはものすごく繊細な楽器です。タッチ一つで音が変わるのは言うまでもなく、それ以前に鍵盤の深さや重さの調整でもガラっとキャラクターが変わる楽器なんです。単音を正確に出すなら確かに等速等圧で鍵盤を叩けば良い。でも、それでは音が濁るんですよ。

下手くそなDTMの打ち込みピアノの音が汚いのは、各音のベロシティ調整が適切にできていないから。各音の強弱を少しずつ適切に調整するだけでも、同じフレーズが別物のように綺麗に響くのです。ピアノが弾けない打ち込み屋でも知っている程度の初歩の知識すら知らない無知な人間が、聞きかじった知識で知ったような口をきくのが、なんとも鼻もちなりません。でも、こういうのの方が流行るんですよねぇ、なんでかな。

いや、分かっているんですよ。「のだめ」のようなリアルな音楽ものの評価がそこそこなのは、本当に音楽をやったことのある人間が少ないから。あのリアルな、格好良くない音楽の世界に共感できる人間は少ないから。一方で、「ピアノの森」のようなお耽美系テンプレ青春音楽ストーリーが絶賛されるのは、音楽経験のない圧倒的大多数の人間が誰しも想像する「ぼくのかんがえたすごいえんそうかのせかい」だからです。

そもそも、本当にピアノが好きな人間が森の中にピアノを置くものですか。それがたとえ抽象的な意味の幻想としてであっても、です。オタ作品にありがちな、波打ち際でバイオリンを弾くヒロインみたいなものですね。なんですかその自爆芸。実は出落ちなんですかね? もしかしてそれ、笑うとこ?

少なくともこの作者は、森のことも楽器のことも、何一つ分かっていない。そうでなければ、真面目な音楽ものを自称しておいてそんなシーンなど書けるはずがありません。タイトルの時点で虫酸が走るのですよ。のだめは毎回「おおっ」と思わされましたが、「ピアノの森」はセリフが聞こえて来る度に「うげぇっ」と思わされます。二番煎じに昭和のテンプレを添加したコテコテのまがい物の、いったい何が良いのでしょう。本当にイライラしますね、こういうの。

これの評価が高いという時点で、あぁ、やっぱり日本人って、音楽的に低レベルなんだなぁと思い知らされます。音楽教育自体は結構手厚いのに、どうしてなんでしょうねぇ。

New Year's Concert 2019

些かならず遅刻しましたが、今年もよろしくお願いします。本来ならば年明け早々に何か書こうと思ってはいたのですが、正月明けからいきなり体調を崩しまして。風邪から気管支炎になり、そのままずるずると一ヶ月引きずって今日まで。いまだオカリナの演奏すらまともにできない有様で、そろそろ登山欠乏症の禁断症状が出そうな今日この頃。そんな鬱々とした年明けの一ヶ月でしたが、そんな私に丁度良いものが届きました。



今年もリアルタイムで楽しませていただきましたが、いやいや毎年ながら素晴らしい演奏でしたね。2017年のニューイヤーほどのインパクトはありませんでしたが、堅実さと新鮮さがほどよくバランスのとれた、実に飽きのこない素晴らしいコンサートでした。どのくらい気に入ったかといいますと、その勢いでティーレマンのベートーベン全集をポチったくらいでして・・・。そちらについては、また次の機会にでも。

さて、そんな素晴らしいニューイヤーコンサートのCD、わくわくしつつ一曲目を再生してまず思うのは、「音が良くなったなぁ」ということです。かつてはSONY + クラシックって最低最悪の取り合わせで、あの頃の音を一言で言うなら「お風呂場クラシック」とでも言いましょうか。DTM作品ばりにメタメタに音を加工してしまうため、演奏が台無しになってしまっていたのですけれど・・・ここ数年のSONYのCDからは、かつての悪癖がほとんど感じられません。

当然音は加工しているのですけれども、その加工がかなりナチュラルな印象になっているのですね。録音の時点で自然な音なんてあり得ない上に、再生環境がさらに音を歪めるわけで、オーディオで自然な音なんてものはあり得ないのですけれど、それでも「自然っぽく」聞かせてくれるこの編集技術には、目を見張るものがあります。

部屋にふわっと広がる軽やかな木管の高音、体を打つような力強い金管の中音、引き締まった打楽器、そしてウィーンフィルならではのつやっつやの弦楽器。一曲目の「シェーンフェルト行進曲」から、その素晴らしい音を堪能させてくれます。本当、嘘みたいにクリアですね。ボリームを目いっぱい上げているのに音がダマにならない。故に、この一曲目のわくわく感がダイレクトに伝わります。

躍動的で鮮烈な若々しさを魅せた2017年、一転してコテコテの保守だった2018年ときて、今年の演奏はその中間という印象。勢いが良すぎてぶっ飛んでしまうようなこともなく、あくまでバランスの良さは維持した上で、やや若々しい印象にまとまっていると言いますか。

一曲目は厚みと迫力をを感じる冒頭からふわっと軽やかなマーチへ。スピードやパワーではなく、ぐっと入った力をふっと抜くタイミングと加減の妙が、曲に心地よい躍動感を与えているように感じます。これはこの指揮者の特徴なのでしょう、いわゆる「お馴染みの曲」でも、アクセントを入れる位置や加減が独特なので、だいぶ印象が違って聞こえるのです。まぁ、これは評価の分かれるところなのでしょうけれど、少なくとも私は好きですね。

曲順と選曲もまた秀逸。これも近年の特徴ですが、ひと頃の指揮者のように似たようなポルカを連打して退屈させるようなことは、決してありません。そしてやはり注目せざるを得ないのは、今年が初の曲たちです。曲としてはそんなに好みではないのですが、4曲めの特急ポルカは良い選択だったと思います。

ポルカとワルツはニューイヤーの花形であり定番ですから外せません。しかし一方で、あまりに定番化しすぎてマンネリ感があるのもまた事実。そんなポルカの枠に、定番と同じ特徴を残しつつ新しさをも同時に感じさせるこの曲を入れてきたのは、上手いなぁと思いました。

個人的なお気に入りは、まずは第二部一曲め、トラック7の喜歌劇「ジプシー男爵」序曲です。毎年、前半後半の一曲めはつかみの一曲ということもあり、印象深い曲になることが多いのですよね。この曲は曲自体が好きであることに加え、今年の起伏に富んだ、それでいて実に滑らかで上品にまとまった演奏に惚れ込みました。フォルテよりピアノにゾクゾクするタイプの演奏ですね、これは。

今年初登場シリーズのひとつ、「エヴァ・ワルツ」もオススメの一曲。騎士物語の歌劇のための曲のようで、冒頭はなんとも勇壮で壮大な印象です。よもやここから憂いを帯びた美しいワルツへと繋がるなど、誰が予想できましょう。新鮮な驚きとともに、艶やかなワルツを楽しむことができます。

もうひとつの初登場曲、「幕間のワルツ」は、これまた独特なキャラクターを持つ作品。私は「目次」または「表紙」という印象を受けました。特にBGMっぽい印象の曲とでも言いましょうか。曲と一緒に何かの解説の動画でも流したら合いそうな気が。なるほど「幕間」というテーマに実によく合致した作品だと思います。

最後に、毎年指揮者の違いがもっとも現れる、結びの二曲について。まずドナウですが、美しさが際立つ演奏だったような気がします。保守的な指揮者がよくやるスロースタートですが、それでいて嫌らしいしつこさは感じさせず、リズムに乗ってからはティーレマンならではのアクセントの妙で軽やかに。テンポを結構大きく揺らすタイプの演奏なのに、こんなにも全体の印象は軽やかでスムーズになるものなのだなと感心させられました。

そして締めのラデツキー、ティーレマンは聴衆を細かく指揮するタイプのようですね。手拍子が入る部分はだいぶ少なめに抑えられていますが、それでいてアクセントとして丁度良い塩梅にうまくコントロールされています。全体的に「お祭り騒ぎ」的な楽しさはありませんが、逆に聴衆との一体感を感じさせる、楽しい演奏でした。

一言でまとめると、つまりクリスティアン・ティーレマンとは、「巧い」指揮者なのだなと。楽しいのに上品という、なかなか見られないバランスのニューイヤーコンサートでした。これは2017年のとはまた違った意味で、何度でも聴けそうなアルバムです。

まさか

何か問題が起きた時、たとえば交通事故や災害に巻き込まれた時、大抵の人がこう思うのではないでしょうか、「まさか」と。テレビなどでそういう発言をしている人を見ながら、「呑気だなぁ」とか「平和ボケだなぁ」なんて笑っていた私ですが、なるほど当事者になると思うものなのですね、「まさか」って。

親族のことなのであまり詳しいことは書けないのですが、なにやら非常に物騒なことになってきていますので・・・「まさかのまさか」があった時のために、色々ぼかして書いておこうと思います。

ことの始まりは数年前、とある親戚の老人が親戚との養子縁組を破棄して、我が家に後見人になって欲しいといってきたのです。もともとうちの人間を養子にしようとしていたのを断ったので、別の親族を養子にしていたのですが、どうやら馬が合わなかったようで、結局破綻してうちに頼ってきた格好ですね。

他の親族は皆その人の要請を断っていましたので、仕方なく老人ホームに入るためのあれこれから、家に溜まったゴミの処分やら、定期的な訪問と外出の付き添いやらと、ただでさえ別の親族の介護で忙しい我が家は、さらにてんてこまいすることになりました。

しかし、ここへきてようやく片付けも一段落し、少し落ち着いたかと思いきや、新たに問題が持ち上がったのです。なんと、その老人の後見人を断ったある親族が、その老人の財産を分与しろと我が家に迫ってきたのです。・・・意味がわからないでしょう? でも、これ、本当のことなんですよ。

彼がまずやったのは、親族の老人への直談判でした。老人ホームに突撃した彼は、当人になにやら訳のわからないことを延々と話したのだそうで、要約すると「金をくれ」ということだったのだそうです。色よい返事を得られなかった彼は、今度は養子縁組を切られた親族のところへ行き、感情的に詰ったのだそうです。「お前がしっかりしていないから、あいつらに財産を持って行かれたのだ。」と。

しかしです。金を無心している彼は親族ではあっても、親子でも兄弟でもないのだから相続権は持っていませんし、そもそも後見人を断ったクチ。法的にも道義的にも、彼に流れるべき財産などもともとびた一文ないのです。持って行かれたもなにも、ねぇ。それに、まだご当人はご健在なのですから、財産の分配も何もないでしょう。

だいたい、後見人というのは、あくまで後見人ですので、後見する相手の財産を好きにすることなどできません。むしろ、その老人の財産が尽きてホームへの支払いが滞ったりした場合、支払い義務を負うのが我が家です。現時点では、我が家に勝手に処分できる財産などないのですよ。・・・と思ったら、彼が言っているのはそういう事ではなかったのですね。

曰く、預かったものは好きなように横領できるだろう、と。臆面もなくそんなことを言ってくるのだから驚きました。「お前たちはその老人の財産を使っていい思いをしているに決まっているのだから、俺にも分け前をよこせ」と。それだけでも驚きですが、彼の奇行はそれだけではありませんでした。

後見している老人とその元養子のお二人から事情を聞いていたので、妙なことになっているなとは思っていたのですが、突然我が家に電話してきたと思ったら、怒鳴り散らしたのです。お前たちは不当だ、お前たちが得ている利益は俺のものだと。なにやらありもしない過去まで捏造して、それはもう口汚く罵ったのだとか。

あまりに興奮していて電話では埒が明かないので、とりあえず会って話すかということになり、本日我が家に来る・・・はずだった彼。ところが、どうしたわけか本人は何の連絡もよこさず、顔も出さず。意味不明にもほどがあります。結局、何がしたいんでしょう?

我が家は貧乏ですので、こういう遺産がどうとか財産がどうとかいう争いとは無縁だと思っていましたし、顔を真っ赤にして大暴れしているらしい彼も、昔はこんな事をするような人ではなかったのですけれどね。そもそも彼は家だって持ってますし、高級車やハーレーを乗り回したりしてますし、到底お金に困っているようには見えないのですが、何をそんなに必死になっているのでしょう。

あまりに不自然な変貌ぶりに、不快に思うより疑問の方が先に立つくらいです。どう考えても、尋常な状態ではありませんよね。なんというか、不気味ですよね。ちょっとしたホラーよりゾっとします。

そもそもお金をせびりたいならうまく取り入れば良いのですし、泣き落としだって有効でしょう。それを、「俺の財産を奪うな」なんていって八方喧嘩を売って歩いたって、誰も味方などしてくれる筈もなく。目的が金銭だったとしても、やり方があまりに不自然なのです。あるいは、誰か焚き付けている人でもいるのでしょうか。

口を開けばありもしない他人の瑕疵を感情的に批難する有様も、どう考えても正気の沙汰ではないですし、親しかった親族の財産を、まだ相手が健在なのに奪い取ろうとするその姿勢も普通ではありません。常識的に、考えるまでもなく無茶を言っている筈なのですが、どうやら彼の中ではあくまで自分は不正をされた被害者で、相手は悪党なのだから謝罪と補償をするべきだ、という意識が確立されてしまっているようなのです。

・・・あ、ソレどこかで見たな、と思ったあなた。違います、我が家は戦国時代から続く日本人の家系ですから。

ともかくもそういうわけで、我が家は只今、まさかの親族トラブルの真っ最中。相手の支離滅裂っぷりと、意味不明な行動の数々に戦々恐々としております。まさかとは思いますが、まさか、ねぇ。家族で話し合って出た結論は、「戸締りはちゃんとしようね」でした。それこそまさかですが、あの狂乱ぶりですと、まさかのまさかも無いとは言えず。

本当に、まさかですよねぇ。意味不明かつ身勝手な自己完結をした親族に、突然危害を加えられる類のニュースは度々目にしてきましたが、まさか当家がその一歩手前の状態にまで追い込まれるとは。人生、何が起きるか分からないものです。


白丸ダム(2)

魚道入り口の建物に入ると、左手に管理事務所がありますが、特に入場手続きなどはないので、そのまま正面の階段へと進むことができます。なお、建物内には川魚の遡上調査の統計などの資料が張り出されていますので、興味がある方は一通りみてみると良いでしょう。魚道が意外と生態系に貢献していることがわかると思います。

次の写真は、魚道へと降りる階段を上から見下ろした様子です。魚道はダム下流の水面からダム湖の水面近くまでを繋ぐスロープですから、当然その位置はこの入り口よりも遥か下方になるわけでして・・・それにしても、すごい高さの螺旋階段ですね。しっかりとした作りではありますが、そこはかとなく怖さを感じます。

魚道入り口から
魚道入り口から posted by (C)circias

階段は、見ての通り少し急勾配なのですが、それでも一番下まで降りるには時間がかかります。体感では1分以上、もしかすると2分くらいはかかったのではないでしょうか。一番下まで降りると、蛍光灯に照らされた薄暗い地下空間に出ます。見上げれば、頭上に入り口の灯りが見えました。

入り口を見上げて
入り口を見上げて posted by (C)circias

この魚道が作られたのは2001年のことらしいですが、施設には目立った劣化は見られません。がっしりとしたコンクリート造りの、比較的きれいな地下空間です。階段は、魚道の地下区間のちょうど中央あたりにあります。なので、そのまま出口に向かってしまうと、後半のトンネル魚道区間しか見ることができません。

一般的な形式の魚道の地下区間を見るには、向かって右手方向へ進みます。次の写真は、右手の角を曲がって、地上区間への出口方向を写したものです。魚道の中央に並んでいるコンクリートのブロックは、遡る魚のための待避所です。魚道はとても流れが速いため、一気に遡ることはできません。そこで、こうして作られた人工的な岩陰で休みながら、一段ずつ遡っていくことになるわけです。

魚道地下区間
魚道地下区間 posted by (C)circias

戻って階段正面の区間は、トンネル魚道です。こちらは水深が深く、外から中を確認することはできません。途中に、中を確認するためと思しき覗き窓がある区間もあったのですが、水中は真っ暗ですので、何も見えませんでした。

トンネル魚道
トンネル魚道 posted by (C)circias

魚道の地下区間は、あまり長くありません。全体を見学しても、せいぜい5分から10分程度といったところでしょう。トンネル魚道区間の終わりには登り階段があり、それを登れば再び地上に戻ります。次の写真は、魚道出口階段からトンネル魚道を振り返って撮影したものです。こうしてみると、なんともいえない迫力がありますね。

出口からトンネル魚道を見下ろす
出口からトンネル魚道を見下ろす posted by (C)circias

階段を上りきると、コンクリート製の小さな建屋の中に出ます。右手には、おそらく魚道の水門と思われる金属製の構造物が設置されていました。特に説明はありませんでしたが、この水門で魚道の水量を調整しているのでしょう。万一の場合は施設が水没しないように、閉鎖することもあるのでしょうね。でないと、魚道が放水路になってしまいますから。

魚道出口の水門
魚道出口の水門 posted by (C)circias

建屋から出ると、目の前にはダム湖が広がっていました。次の写真は、出口の先にある階段を登り、その途中から出口方向を振り返って写したものです。階段を登りきって進める方へ道なりに進むと、行きに登った魚道への階段の途中、ベンチのあった広場に出ました。

魚道出口階段から
魚道出口階段から posted by (C)circias

少々あっけないですが、魚道見学はこれにて終了。思いの外時間が余りましたし、体力的にもまだ余裕がありましたので、次はダム湖の湖岸を歩いてみることにしました。



白丸ダム(1)

本日の東京は、朝から晴れたり雨がぱらついたりと、はっきりしないお天気です。せめて曇りで安定していてくれれば、山へ行くこともできたのですが、これではちょっと難しそうですね。まぁ、ブログの更新をするには良い機会です。

本当は平日の晩にコツコツと更新するのが理想なのですけれど、体力的にも時間的にもそれは難しく。昨晩など、帰ってスーツを脱ぐなりそのまま寝てしまいまして・・・気がついたら朝の7時でした。

というわけで更新が遅くなりましたが、今回は白丸ダムのお話を。遊歩道はダムの堤体の上を通っておりまして、特に手続きもなく普通にダムの上を歩くことができます。ダムから下流方向を見下ろすと、長い長い魚道が目に入りました。これが、日本最大級という白丸ダムの魚道です。

ダムの上から見た魚道
ダムの上から見た魚道 posted by (C)circias

魚道はダムのすぐ下流から川と平行に伸び、その先で地下に入ります。地下区間は水深の浅い通常の魚道と水深の深いトンネル魚道の二つの区間からなりますが、この地下区間を見学できるというのが、このダムの売りです。ちなみに、写真左手に魚道へと降りる階段が写っていますが、残念ながらここは閉鎖されていて通ることはできません。

ダムの上を対岸まで渡りきると、正面に次の写真の案内板があります。指示に従って進むと階段があり、それを一番上まで登らなければならないのですが・・・途中、幾つか分岐があるため、初めてだとちょっと不安になるかもしれません。ちなみに私は、建物に釣られて途中の発電所に行ってしまったりしました。

案内板
案内板 posted by (C)circias

次の写真は、階段の最後の区間を下から見上げて写したもの。結構急で長い階段なので、頑張って登りましょう。相変わらず湿気がすごいので、汗だくになることは請け合いです。なお、中間地点にはベンチ等の設置された広場もあるので、少し休むのも良いかもしれません。

魚道への登り階段
魚道への登り階段 posted by (C)circias

階段を登りきると、少し開けた場所に出ます。正面には、次の写真のように建物や駐車場が見えるのですが・・・不親切なことに、案内板がありません。実は写真の建物が魚道の入り口兼管理事務所なのですが、これは分かりにくいですよね。建物はダムから離れているので、初見でこれを魚道入り口と気付くのは難しいと思います。せめて看板くらいかけろよと思うのは、私だけでしょうか。

階段出口から
階段出口から posted by (C)circias

ここはダムよりもだいぶ高い位置なので、反対側を振り返ると、白丸ダムを一望することができます。次の写真は、魚道入り口を探してウロウロしながら撮った一枚。なかなかいい眺めですね。白丸ダムは、ダムとしては小さい方だと思うのですが、それでも建物としては充分に巨大です。なんともいえない迫力には、確かにダムならではの魅力があるような気がしました。

白丸ダムを見下ろして
白丸ダムを見下ろして posted by (C)circias

しばし階段周辺をウロウロした私でしたが、周囲にはそれらしいものは勿論、案内すら何もないので、物は試しと建物の方へ行ってみることにしました。そこで次の写真の表札を見つけて、ほっと一安心。農家のガレージみたいな建物ですが、これが魚道の入り口でした。トラクターとか入っていても違和感のない佇まいですが・・・。

魚道入り口
魚道入り口 posted by (C)circias

なお、建物前には駐車場と公衆トイレが設置されていました。どうやらこの施設は、主に自動車での来訪を想定して設計されているようです。しかし、駐車場に車はなく。周囲には何組か観光客がいましたが、皆徒歩で白丸渓谷を歩いてきた方々のようです。

ここに限ったことではなく、奥多摩の観光案内はどこもピントぼけといいますか、ズレているんですよねぇ。もうちょっとこう、案内を工夫するだけでも、訪れる人は増えると思うのですけれど・・・まぁこのズレた感じと独特のサビレ感が魅力といえば魅力ではあるのですが。

さて、次はいよいよ魚道に入ります。
プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  LP レコード 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 17mm 小説 野川 DIY シティロースト TU-8150 アートブレイキー MU-61 紅葉 青梅 次大夫堀公園 開花情報 ブレンド 御岳渓谷 接写リング 小仏城山 神代植物公園 CD 写真 御岳山 実写テスト 東京 300mm トンボ 景信山 ライトノベル 古民家 開花状況 カートリッジ クラシック JAZZ/FUSION 神代植物園 ロック シモバシラ センテッドゼラニウム 森見登美彦 TU-877 マイケル・サンデル 哲学 多摩川 e-onkyo ハイレゾ音源 故障 3結 バラフェスタ コロンビア 6号路 骨董市 ラリー・カールトン 鳩ノ巣渓谷  深大寺  江戸東京たてもの園 上野 もみじ台 奥高尾 小仏峠 岡本公園民家園 OPA2134PA 野川公園 エリック・クラプトン 東宝撮影所 JPOP 東日本大震災 TU-H82 つくる市 ニカラグア 修理 ニューイヤーコンサート 調布 2015 ハクセキレイ リー・モーガン 布多天神社 これからの正義の話をしよう 仙川 大蔵住宅  レコード洗浄 水生植物園 フレンチロースト 東京国立博物館 ミツバチ ハイロースト 東照宮 砧公園 HDD Eagles ジフィーポット オーディオテクニカ SDカード コミスジ 速度比較 布多天神 イチモンジセセリ ZO-3 アブラゼミ ツクツクボウシ ミンミンゼミ Class10 90MB/s かき氷 冲方丁 スミナガシ クロヒカゲ 井の頭自然文化園 天地明察 ダイミョウセセリ Transcend 工事 根津美術館 表参道 UHS-I 浜離宮 コゲラ ストームグラス ジョウビタキ 中仕切り SHURE テンポドロップ 2017 KT88 GoldLion バド・パウエル 正月特別開園 大雪 M97xE ツマグロヒョウモン TempoDrop 武蔵野公園 調布飛行場 アゲハ BUMP WD10EADS アニメ ウェザーリポート 蘆花恒春園 FUSION 彼岸花 低速病 回転数不良 DENON NF-15X/2 A'pis FF15XmkII 植物多様性センター オジロトウネン 白丸ダム 一丁平 iPhone 縦走路 整備工事 モズ 細田屋 カワウ 発芽実験 カワセミ LM4562NA Apple 水耕栽培 クイナ アオジ アボカド 高浜虚子 電子工作 放鷹術 パナマ グアテマラ OSX アカスジカメムシ OPAMP 台風18号 MUSES02 AT-MONO3/LP MUSES8820D MUSES8920D アキアカネ ヒカゲチョウ 6V6S キアゲハ コムラサキ アカボシゴマダラ 豆知識 LME49720NA レーベル MCON-P01 タフソーラー マクロコンバータ 電池切れ NT-500M オリンパス CTL1025 AWG-100BR-1AJF G-SHOCK CASIO 霜除け 親族トラブル 魚道 ハービー・ハンコック 秦基博 RD-BZ800 ヘッドホンアンプ ケース REGZA 榊一郎 地雷 皆既月食 Weekender TIMEX クロマチックハーモニカ ジャコ・パストリアス NAGAOKA 吉祥寺 5極管接続 Focusrite イタリアンロースト ZIPPO ハンディウォーマー コルディリネ 鈴木三重吉 Scarlett ウラナミアカシジミ シジミチョウ レコードスタビライザ 植物 書簡集 小箱とたん ハクキンカイロ 日原鍾乳洞 野草 奥多摩 フルシティロースト 和屋東京店 森山良子 iBooks エディ・ヒギンス ケニヤ 紙の博物館 セセリ 人道主義 平和ボケ 鍍金 竜ノ湖太郎 UL接続 スズメバチ オーディオインターフェース ニイニイゼミ ヒメアカタテハ モンキアゲハ 幼虫 NJM4580D 世田谷ボロ市 通り名報道 羽化 ER-4S 茶谷産業 JET 鬼灯市 ラジオメーター Solo 村井秀清 バルトーク ヒグラシ 震災 葦原大介 ドラゴンフルーツ OP275GP Trigger 天体 夕陽 アサギマダラ 挿し木 花火 土地 ついんくる 富士山 3号路 充電中 自然現象 セグロセキレイ うみまち鉄道運行記 古橋秀之 iOS8.3 再起動 不具合 軍畑大橋 軍畑 草市 30MB/s TOSHIBA DL-103 瀬那和章  デクスター・ゴードン 95MB/s SanDisk 越谷オサム 地上げ 建築基準法 亀屋樹 階段途中のビッグ・ノイズ 不動産屋 AU-305 伊佐良紫築 戸部淑 フレディ・ハーバード ペルー PIONEER キタテハ 平和フレイズ J-POP 星野源 真空断熱食器 レコードプレーヤ 志田用太朗 城山 ヒオドシチョウ 大沢 稲荷山 青藍病治療マニュアル 三月 似鳥鶏 アオモンイトトンボ 甘酒 オオスズメバチ コーヒー バッハ iPhone4s ヤマガラ KeG 鷹見一幸 ゴールドベルク変奏曲 グレン・グールド カワラヒワ スズメ 城山茶屋 幼鳥 ゴイサギ タシギ マンデリン シチズン Q&Q クルトガ ツグミ シジュウカラ シャープペン 天災 V6 Dyson 被害 オジロビタキ デルガード ペンケース ベルグソン 絶滅危惧種 3.11 RAW 文房具 デジタルテレコンバータ 世田谷 インドネシア フラックス ElectroHarmonix MERCURY 初詣 ミニバケツ 発泡PPシート ペン立て 白鳥士郎 大森藤ノ アレニウス・スヴァンテ 橙乃ままれ ログ・ホライズン 翻訳 フレディ・ハバード ハンディクリーナー ダイソン テングチョウ 改造 ピアノの森 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー アカシジミ 栄西 キタキチョウ 上野公園 スジグロチャバネセセリ イチモンジチョウ 取木 キアシドクガ 桜の蛾 腕時計 ヤマカガシ リキュール 電気ブラン カクテル KENKO 電源回路 OSX10.9 東宝 WD20EZRZ hiFace M2Tech JJ 12AU7 蟲師 大沢グランド 先生と僕 香日ゆら タンザニア 注油 モーター 寝落ち 回転数 スナップショットフォーカス 


123456789101112131415161718192021222324252627282930 04