FC2ブログ

日々の便り

 

うみまち鉄道運行記

昨晩はうっかり寒い部屋で寝落ちをやらかしてしまいまして、御陰で今日は少し風邪気味です。一応1時間くらい寝たところで、あまりの寒さに目が覚めたのですが、時既に遅し。酷い腹痛に苛まれ、仕方なく熱いシャワーを浴び、部屋を暖めてから寝直したのですが、今度は寝坊して大ピンチに。しかし今朝は電車が定時運行だった御陰で、なんとか社バスに間に合う事ができました。

思い返してみると、年が明けてからこちら、ギリギリになるパターンが多過ぎますね。このところ早朝のダイヤがあまり乱れていないので助かっていますが、それだっていつまで続くかはあてになりません。時期によっては毎朝理由もなしに遅れてくることもあり、正直なところダイヤはあまりあてにならないのです。特に春頃は毎年酷いのですよね。

そういう恨みつらみが十数年分蓄積しているせいか、私は鉄道があまり好きではありません。更に言うと、実は鉄道ネタもあまり好きではないのですよ、なぜなら鉄道マニアって話が鬱陶しいので。これは軍事マニアもそうですね。好きな物について語りたくなるのは普通ですが、ものには限度というものがあります。彼等は文章の筋やテンポを乱してまで、本筋に絡まない蘊蓄を書いてしまう傾向が強いので、そこが鼻につくのですよ。

そんな訳で鉄道ネタ軍事ネタは忌避する傾向が強い私ですが、久しぶりに好きだと思える作品に出会いました。それがこちらの作品です。

○うみまち鉄道運行記 サンミア市のやさしい鉄道員たち
うみまち鉄道運行記 サンミア市のやさしい鉄道員たち (富士見L文庫)
著者:伊佐良紫築
表紙:戸部淑

表紙にかわいいイラストが掲げられているので、ラノベのような挿絵や口絵を期待される方もいらっしゃるかも知れませんが、作品中には一切イラストが登場しませんので悪しからず。まぁしかし、イラストレーターに戸部淑さんを起用されたのは大正解だと思いますね。仮に本文中にイラストがあったとしても、戸部先生の絵ならば作品を壊す事はないでしょうから。つまりは、そういう上品な雰囲気の作品であるということです。

舞台は、アメリカと良く似た社会構造および文化を持つ、架空の国。技術水準や文化水準は、第一次世界大戦後くらいでしょうか。主人公の少女二人はとある港湾都市に敷設された鉄道の運転士と車掌のコンビで、物語の大半の部分は鉄道の車両の上での出来事です。十代の少女がなんでそんな仕事をしているのか、という突っ込みはとりあえず措くとして、その内容をざっとご紹介しましょう。

第一話は「お芝居特急」。劇場行きの路線を担当する運転士のメグには、あるポリシーがありました。それは「お客さんを舞台の開演に遅刻させない事」。つまりは、多少無理してでもダイヤを守るということです。ところがある日、無賃乗車の少年が彼女達の電車に紛れ込んだ事で、大幅な遅延を余儀なくされます。それでも電車を遅らせたくないメグは、かつてその路線の名物だった特急の運転を再現することにしたのですが・・・。

このお話の良いところは、それそのものが完成された物語になっていると同時に、その後の物語への布石にもなっているというところですね。登場するあらゆるエピソードは全て伏線と考えて良いでしょう。といっても、別に謎掛けがあるわけではないので、肩に力を入れて読む必要はないのですが。

第二話は「復興型電車」。主人公のメグとシャーリー、そしてその親代わりのような存在であるマルコとの出会いのお話です。舞台はメグがまだ幼かった頃、舞台であるサンミア市が震災に襲われた直後の事。この物語でメグが鉄道に、もっと言うならばリトル・フェアリーに拘る理由が明かされます。

私がとりわけ気に入ったのは、話の冒頭に登場するボロ電車の「ロケットマン」。ちょい役の舞台装置とみせかけて、実はこの車両も運命的な存在であると同時に、この先の物語でも活躍するのですね。さりげなく登場させた脇役が地味に活躍してくれるのは、上手い物書きに共通する特徴でもあります。もっともそれに気付くのは以降のお話を読んでからなのですが、御陰でこの物語が一層好きになりました。

第三話は「御召し列車」。時間は短いですが、言ってしまえばローマの休日的な。主人公は第二話で登場したメグとシャーリーの兄貴分、レオンです。カーニバルの日、「ネーム・レス」の運転士を務めていたレオンは、昼食を買いに出た街の雑踏で、少し変わった雰囲気の少女に道を尋ねられます。電車に戻った彼は、少女と再会するのですが、彼女はとても焦った様子。なんでも大事な用事に遅れそうだ、というのですが・・・。

テンプレートなロマンスかと思いきや、結論はある程度常識的な範囲で、むしろ劇中の列車の運転ほどには無茶をしません。そもそも二人はそれほど深い知り合いでもないので、距離感としてもこれは妥当な結論でしょうね。しかしその控えめな結論込みで、この事件に関わった人達の魅力が余すところなく描かれています。例によって暴走列車ネタなのでスピード感も充分。よくあるロマンスの退屈感もなく、温かくて楽しいお話でした。

第四話は「現金輸送列車」。つまりギャングに襲われる話なのですが、これはちょっと蛇足だったかなという感じが否めません。マルコの経歴などなど、後付け感が否めないのですよね。それと、銃の扱いやら警備員のことやら、色々と無理なところが多いのです。あえて良かったところをひとつ挙げるなら、序盤でちょっと意地悪に描かれたライバル社の「ストラト・ライナー」が実は正義のヒーローだったこと、くらいでしょうか。

結びの「普通電車」は各話の後日談をまとめて。とりたてて事件のない日の主人公達を描きつつ、全てのお話の後日談をさらりと一本にまとめた手腕はさすがです。とはいえ、第一話のあの子がもう入社しているって、どうなんでしょうね。鉄道会社ってそんなに簡単に職員になれたものなんでしょうか、あの当時は。これはさすがに無理し過ぎではと思うのですけれど。

雰囲気は、ライトノベルというよりは児童文学といったところ。文章は読み易く、登場する人物はそれぞれにちゃんと個性があって、しかも魅力的です。その「人物」には車両まで含まれているところが、この作者さんの上手いところですね。電車にはマイナスイメージしかない私でさえ、「フェアリー」や「ロケットマン」、名無しの権兵衛あらため「ロイヤル・コーチ」など、各車両に愛着を感じてしまったのには驚きました。

よくあるラノベ的な無理なキャラ付けや変な話し方は一切ありませんし、主人公達が美少女だったりすることもありません。そういうありがちな付加価値ではなく、きちんと人物を描く事で読み手を惹き付けるこの文章力はさすがだと思います。そういう意味では、文芸にかなり近いライトノベルだと言えるでしょう。上品で暖かくて心意気で、読後感がとても心地良い、素敵な作品だったと思います。できれば続編が読みたいですね。

プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 野川 17mm 小説 シティロースト TU-8150 アートブレイキー MU-61 紅葉 青梅 次大夫堀公園 修理 接写リング AriaPro ブレンド 小仏城山 開花情報 御岳渓谷 PB-400 CD 写真 神代植物公園 御岳山 実写テスト 東京 300mm トンボ ライトノベル 景信山 古民家 JAZZ/FUSION ロック 開花状況 神代植物園 クラシック カートリッジ 多摩川 マイケル・サンデル TU-877 センテッドゼラニウム 森見登美彦 哲学 シモバシラ 故障 バラフェスタ e-onkyo コロンビア  ラリー・カールトン 深大寺 骨董市 鳩ノ巣渓谷 ハイレゾ音源 6号路 3結 岡本公園民家園 TU-H82 東宝撮影所 野川公園 OPA2134PA  奥高尾 上野 JPOP エリック・クラプトン 小仏峠 もみじ台 東日本大震災 江戸東京たてもの園 ハイロースト  調布 つくる市 ニューイヤーコンサート 仙川 水生植物園 ハクセキレイ リー・モーガン 布多天神社 レコード洗浄 ニカラグア ミツバチ 砧公園 フレンチロースト HDD 2015 これからの正義の話をしよう 東照宮 大蔵住宅 東京国立博物館 90MB/s SHURE メッキ ツマグロヒョウモン SDカード 速度比較 Class10 M97xE UHS-I アオジ KT88 細田屋 武蔵野公園 カワウ 整備工事 縦走路 オジロトウネン GoldLion 一丁平 ピックガード カワセミ モズ アニメ 磨き iPhone ペグ 調布飛行場 バド・パウエル 蘆花恒春園 クイナ Transcend コゲラ ストームグラス テンポドロップ TempoDrop 根津美術館 表参道 2017 正月特別開園 Eagles FF15XmkII 植物多様性センター オーディオテクニカ 白丸ダム 工事 Apple 天地明察 発芽実験 冲方丁 BUMP LM4562NA 水耕栽培 アボカド MUSES02 ダイミョウセセリ 回転数不良 井の頭自然文化園 布多天神 国産 A'pis 彼岸花 NF-15X/2 アゲハ 分解 かき氷 スミナガシ FUSION DENON 大雪 クロヒカゲ ウェザーリポート 浜離宮 ツクツクボウシ ジフィーポット ミンミンゼミ コミスジ ボリューム アブラゼミ 中仕切り 低速病 WD10EADS ジョウビタキ イチモンジセセリ ZO-3 大森藤ノ 白鳥士郎 被害 デジタルテレコンバータ オジロビタキ シジュウカラ RAW 3.11 絶滅危惧種 ベルグソン テングチョウ ツグミ 天災 翻訳 フレディ・ハバード M2Tech アレニウス・スヴァンテ 橙乃ままれ インドネシア ログ・ホライズン hiFace アキアカネ 書簡集 レコードスタビライザ ウラナミアカシジミ 鈴木三重吉 コルディリネ エディ・ヒギンス 小箱とたん シジミチョウ 鬼灯市 ヒグラシ 羽化 ドラゴンフルーツ バルトーク JET 村井秀清 ケニヤ セセリ OPAMP ヘッドホンアンプ 竜ノ湖太郎 電子工作 ケース NT-500M NAGAOKA ER-4S 震災 和屋東京店 森山良子 フルシティロースト iBooks 葦原大介 イタリアンロースト スズメバチ 鍍金 地雷 ジャコ・パストリアス クロマチックハーモニカ レーベル 榊一郎 AT-MONO3/LP 吉祥寺 秦基博 ハービー・ハンコック 初詣 フラックス 霜除け MCON-P01 オリンパス マクロコンバータ パナマ グアテマラ モンキアゲハ 幼虫 高浜虚子 世田谷ボロ市 通り名報道 ニイニイゼミ ヒメアカタテハ アカスジカメムシ コムラサキ キアゲハ OSX アカボシゴマダラ 豆知識 OSX10.9 ヒカゲチョウ ElectroHarmonix 草市 Weekender TIMEX 茶谷産業 ラジオメーター 平和ボケ 電池切れ タフソーラー CASIO G-SHOCK AWG-100BR-1AJF CTL1025 人道主義 ZIPPO Focusrite Scarlett Solo オーディオインターフェース 奥多摩 日原鍾乳洞 ハンディウォーマー ハクキンカイロ 紙の博物館 野草 植物 スナップショットフォーカス JJ 改造 ペンケース 文房具 12AU7 WD20EZRZ イチモンジチョウ アカシジミ スジグロチャバネセセリ キタキチョウ デルガード クルトガ MERCURY ミニバケツ ペン立て 発泡PPシート ハンディクリーナー ダイソン シャープペン Dyson V6 Trigger UL接続 5極管接続 Spirit Steinberger GT-PRO イケベ楽器 リボレ秋葉原店 ST-550 仕上げ 工作材 ピックアップ コントロール サドル調整 NHK 芥川龍之介 コンデンサ 小池 都知事 コロナ C203 C103 上海 TU-HP03 AMCY-104/630 GoldenBlack 木栓 ミニカッティングソウ 台風18号 放鷹術 REGZA RD-BZ800 6V6S MUSES8820D NJM4580D OP275GP LME49720NA MUSES8920D 皆既月食 魚道 防錆 プロクソン PROXXON No.28151 ラッカー 塗装 親族トラブル ピアノの森 組立て 指板 ヤマカガシ  SanDisk 95MB/s AU-305 階段途中のビッグ・ノイズ 亀屋樹 TOSHIBA 30MB/s デクスター・ゴードン 瀬那和章 DL-103 アベノマスク 越谷オサム 軍畑 古橋秀之 自然現象 セグロセキレイ うみまち鉄道運行記 3号路 天体 軍畑大橋 ついんくる 花火 挿し木 シチズン Q&Q 先生と僕 香日ゆら タンザニア 電源回路 注油 モーター 蟲師 大沢グランド 寝落ち 回転数 KENKO 上野公園 リキュール キアシドクガ 桜の蛾 腕時計 カクテル 電気ブラン 栄西 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー 取木 伊佐良紫築 戸部淑 世田谷 大沢 アオモンイトトンボ マンデリン オオスズメバチ ヒオドシチョウ 城山 三月 似鳥鶏 青藍病治療マニュアル 稲荷山 iPhone4s iOS8.3 土地 建築基準法 地上げ 不動産屋 富士山 夕陽 不具合 再起動 充電中 アサギマダラ 志田用太朗 レコードプレーヤ グレン・グールド タシギ ゴイサギ 幼鳥 ゴールドベルク変奏曲 バッハ KeG 鷹見一幸 ヤマガラ コーヒー カワラヒワ スズメ キタテハ フレディ・ハーバード ペルー PIONEER 平和フレイズ 真空断熱食器 城山茶屋 甘酒 J-POP 星野源 東宝 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07