FC2ブログ

日々の便り

 

アオジの観察

薮に潜む鳥という事で昨日はクイナをご紹介しましたが、アオジもまた薮に潜む鳥の中のひとつです。アオジはクイナとは異なり昼行生なので、はるかに撮影し易いのですが、薮の側の日陰から出て来ようとはしないところは良く似ていますね。そういう性質も相まって、野鳥を撮り始めた頃には随分と手を焼いたアオジですが、近頃はどういうわけか、苦もなく撮影出来るようになりました。

次の写真は、アオジのオスです。アオジは雄と雌で若干色合いが異なっているので、雌雄の見分けが割と容易な鳥ですね。オスの特徴はまず、嘴と目の間にある黒っぽい部分。ここが黒かったら、オスだと思って間違いないでしょう。また、オスは顔も全体的に暗い灰色に近い色をしています。

アオジ(オス)
アオジ(オス) posted by (C)circias

これに対して、メスの顔はもう少し明るい色をしています。次の写真は、アオジのメス。嘴と目の間が黒くないだけでなく、オスよりも明るい茶褐色の顔である事がお分かり頂けるのではないかと。

アオジ(メス)
アオジ(メス) posted by (C)circias

アオジは地面に落ちた草の実や、昆虫を食べるということです。先日は地面を掘り返しているところを撮影していましたが、今度は草の実らしきものを咥えているところを撮影出来ました。次の写真は、地面をつついていたアオジのメスをアップで撮影したもの。嘴を良く見ると、なにか小さい丸っこいものを咥えているのが分かります。これは恐らく、草の実でしょう。

アオジ(メス)
アオジ(メス) posted by (C)circias

アオジは基本的に、日陰で生活している鳥です。野川の場合、遊歩道脇の植え込みの下か、岸辺の枯れ草の下に籠っていることが多いようですね。周囲に人気がない時は隠れ家を出てエサを探すのですが、その場合も決して日向に出ようとはしません。河原に落ちている植え込みの影で活動している個体は、影の縁まで来ると、すぐに引き返してしまうのです。その様子は、まるでそこに壁でもあるかのようでした。

そんな彼等でも、稀に日向に出て来る事があります。それは、薮から薮へ、物陰から物陰への移動をしなければならない時。ほんの一時ですが、日向でアオジを見る事ができる場合もあります。次の写真は、偶然撮る事が出来た日向のアオジ。薮から薮への移動の途中で数秒間だけ停まり、周囲を警戒しているところです。

アオジ(メス)
アオジ(メス) posted by (C)circias

日陰で見るのとはだいぶ印象が違うので、最初は別の種かとも思いました。しかし鳴き声はアオジのものでしたし、胸と腹の色や模様、嘴の上だけ黒い事、足の色などからしても、これはアオジで間違いないと思います。恐らく、明るいところでは顔のラインがより強調されて見えるので、印象が変わるのでしょうね。

アオジはその性質上、ある程度岸辺の影が伸びてからの方が撮影し易い種です。この時期なら、14時くらいからが狙い目といったところでしょう。こちらから近付くと逃げるので、まず声で居場所を探して、その近くで明後日の方を向いてじっと待機します。すると、だんだん声が近付いて来るのですね。そこでそっと振り向いてカメラを構えれば、あとはこちらが大きく動かない限り撮り放題。シャッター音も気にしないようでした。

彼等は時折スズメの群れに紛れていたりしますが、意外な事に、スズメの方が神経質にこちらを警戒してきます。スズメが一斉に飛び去った後も、アオジだけはそのまま残っている事が多い程。普段はコソコソと隠れていますが、実は割と大らかな性格なのかも知れませんね。メスは見た目も可愛いですし、仕草も多様で飽きません。しかも近付き易い上に声で居場所を特定出来るとあって、観察するには良い種だと思います。

アオジを撮る

今日の東京は風が強く、寒い一日になりました。先週は睡眠時間が8H/Wという非人道的な暮らしだったので、この連休はとうとうそのダメージから回復出来ず、今日も結局大寝坊。まぁ寝坊出来る休日があるだけまだマシなのかも知れませんが、この連休もまた山へ行こうと意気込んでいただけに、残念です。とはいえ折角の晴天ですから、家に籠っている手はありません。というわけで、今日もカメラを提げて、野川へ行って来ました。

風が強いせいか、鳥達は少し数が少ないようです。特にメジロやシジュウカラのような小鳥は全然見掛けず、居るのは主にムクドリ大以上の鳥と、あとは薮に隠れているアオジくらい。とはいえ、寒いせいか人間も少なかったので、今日は非常にシャッターチャンスの多い日でした。成果は色々と上がったのですが、その中からまずはアオジをご紹介したいと思います。

見返りアオジ
見返りアオジ posted by (C)circias

上の写真が「アオジ」。目と嘴の間が黒いので、恐らくオスではないかと思います。サイズは14-16cmとスズメ大の鳥で、普段は藪の中に隠れていて、移動も専ら薮から薮へ。表に出ても人などが近付くとすぐに逃げ戻ってしまう、警戒心の強い鳥です。そのため、こんなにアップで撮る機会はそうないだろうと思っていたのですが・・・よもや、こんなにも早くその機会が訪れようとは。

枯れ草を咥えて
枯れ草を咥えて posted by (C)circias

アオジは枯れ草の下や浅い土中の虫を好んで食べるため、時折こうして薮から出ては、土手の土を穿り返しています。上の写真は、ちょうどアオジが枯れ草を咥えてどかそうとしているところ。こうして咥えた枯れ草は、ポイッと勢い良く放り投げてしまいます。次の写真は、アオジがまさに土を放り投げる瞬間。偶然撮影出来た、本日のベストショットです。

投擲!
投擲! posted by (C)circias

アオジは嘴で腐葉土の大きな塊を咥えていますが、良く見ると、彼の頭上に跳ね飛ばされた草の破片が写っています。こんな感じでかなり勢い良く土をまき散らすので、彼等の頭は常にぶんぶん振り回されており、連写で撮ったにも関わらず、頭だけ写っていない写真がほとんどになってしまいました。

とはいえ、こんなにもアオジに近付けたのは嬉しい偶然でした。たまたまセキレイにカメラを向けていて、背後でアオジの声がしたので、そっと振り返ってみたら、そこにアオジが。少し距離があったのですが、こちらをあまり警戒していないようだったので、昆虫相手に鍛えた「にじり寄り」スキルを使ってみたところ、これが大正解。ここまでアップで撮影する事が出来たというわけです。

後でカワセミにも「にじり寄り」を試してみたところ、カワセミにも通用する事が判明しました。一カ所に留まってくれるタイプの野鳥には、こちらから寄って行く事も可能のようですね。但し、あちらが神経質になっていない場合に限り、ですが。

このアオジはしばらく餌探しに熱中していたのですが、突然ひと声ないて飛び去ってしまいました。あまりに慌てて逃げるので何事かと思いきや、犬が走って参りまして・・・まぁ河原なので仕方ないと言えば仕方ないのですが、なんともはや。飼い主のマナーを問いたくなりますね。


プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 野川 小説 17mm シティロースト TU-8150 アートブレイキー MU-61 紅葉 次大夫堀公園 修理 青梅 小仏城山 接写リング 御岳渓谷 開花情報 ブレンド PB-400 AriaPro 御岳山 神代植物公園 写真 CD トンボ 300mm 実写テスト 東京 景信山 ライトノベル 古民家 カートリッジ JAZZ/FUSION 開花状況 神代植物園 ロック クラシック センテッドゼラニウム 森見登美彦 TU-877 シモバシラ 多摩川 哲学 マイケル・サンデル コロンビア  深大寺 バラフェスタ 3結 6号路 骨董市 ラリー・カールトン 鳩ノ巣渓谷 ハイレゾ音源 故障 e-onkyo 江戸東京たてもの園 岡本公園民家園 小仏峠 奥高尾 東宝撮影所  エリック・クラプトン もみじ台 上野 TU-H82 野川公園 OPA2134PA JPOP 東日本大震災 ハクセキレイ 2015 東照宮 砧公園 フレンチロースト 水生植物園 東京国立博物館 仙川 布多天神社 調布 ニューイヤーコンサート  ミツバチ ハイロースト つくる市 これからの正義の話をしよう レコード洗浄 ニカラグア 大蔵住宅 リー・モーガン HDD NF-15X/2 FF15XmkII 発芽実験 オジロトウネン アオジ A'pis 速度比較 SDカード 水耕栽培 カワセミ アボカド 細田屋 ダイミョウセセリ 回転数不良 カワウ 整備工事 縦走路 井の頭自然文化園 一丁平 植物多様性センター DENON 中仕切り KT88 コゲラ ペグ 磨き GoldLion 90MB/s ピックガード 根津美術館 iPhone 調布飛行場 メッキ 分解 蘆花恒春園 オーディオテクニカ バド・パウエル LM4562NA 白丸ダム Class10 武蔵野公園 ボリューム UHS-I 国産 ジョウビタキ Apple TempoDrop 布多天神 クロヒカゲ BUMP スミナガシ かき氷 ジフィーポット 彼岸花 アゲハ アブラゼミ 2017 浜離宮 イチモンジセセリ テンポドロップ Transcend Eagles ストームグラス ZO-3 FUSION ミンミンゼミ M97xE 低速病 コミスジ 大雪 アニメ 冲方丁 SHURE ツクツクボウシ クイナ WD10EADS ウェザーリポート モズ ツマグロヒョウモン 表参道 正月特別開園 工事 天地明察 RAW インドネシア アレニウス・スヴァンテ オジロビタキ 被害 初詣 シジュウカラ フラックス 白鳥士郎 大森藤ノ 天災 デジタルテレコンバータ ツグミ 橙乃ままれ ElectroHarmonix フレディ・ハバード 翻訳 ログ・ホライズン 幼虫 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ コルディリネ 小箱とたん ケニヤ エディ・ヒギンス ウラナミアカシジミ シジミチョウ ドラゴンフルーツ ヒグラシ バルトーク 村井秀清 鬼灯市 JET セセリ 森山良子 OPAMP ヘッドホンアンプ 電子工作 ケース NT-500M NAGAOKA 竜ノ湖太郎 ER-4S フルシティロースト 和屋東京店 iBooks イタリアンロースト 震災 葦原大介 羽化 スズメバチ 榊一郎 レーベル 吉祥寺 AT-MONO3/LP グアテマラ パナマ 地雷 ジャコ・パストリアス マクロコンバータ MCON-P01 オリンパス ハービー・ハンコック クロマチックハーモニカ 秦基博 OSX キアゲハ 世田谷ボロ市 モンキアゲハ 通り名報道 ヒメアカタテハ 鍍金 ニイニイゼミ 3.11 高浜虚子 豆知識 アカボシゴマダラ ヒカゲチョウ アキアカネ アカスジカメムシ コムラサキ 霜除け 桜の蛾 ハンディクリーナー MERCURY ミニバケツ ペン立て ダイソン Trigger クルトガ シャープペン Dyson V6 発泡PPシート スナップショットフォーカス タフソーラー 電池切れ TIMEX Weekender CTL1025 AWG-100BR-1AJF 植物 CASIO G-SHOCK デルガード 文房具 土地 建築基準法 地上げ 不動産屋 富士山 夕陽 不具合 再起動 充電中 アサギマダラ  ヤマカガシ 12AU7 JJ 改造 ペンケース WD20EZRZ キタキチョウ イチモンジチョウ アカシジミ スジグロチャバネセセリ 茶谷産業 ラジオメーター ピアノの森 組立て 指板 塗装 親族トラブル 魚道 放鷹術 REGZA RD-BZ800 皆既月食 ラッカー 防錆 工作材 ピックアップ コントロール サドル調整 木栓 ミニカッティングソウ プロクソン PROXXON No.28151 台風18号 6V6S 野草 日原鍾乳洞 奥多摩 Focusrite 紙の博物館 ハクキンカイロ 平和ボケ 人道主義 ZIPPO ハンディウォーマー Scarlett Solo LME49720NA MUSES8920D MUSES8820D MUSES02 OP275GP NJM4580D オーディオインターフェース UL接続 5極管接続 iOS8.3 iPhone4s シチズン デクスター・ゴードン 瀬那和章 DL-103 Q&Q 腕時計 カクテル リキュール キアシドクガ 仕上げ 草市 30MB/s 亀屋樹 越谷オサム 軍畑 軍畑大橋 階段途中のビッグ・ノイズ AU-305 TOSHIBA 95MB/s SanDisk 電気ブラン 取木 蟲師 大沢グランド 寝落ち 回転数 東宝 OSX10.9 絶滅危惧種 テングチョウ M2Tech hiFace モーター 注油 上野公園 栄西 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー KENKO 電源回路 先生と僕 香日ゆら タンザニア ついんくる 花火 ペルー PIONEER レコードプレーヤ 志田用太朗 フレディ・ハーバード キタテハ J-POP 星野源 真空断熱食器 平和フレイズ 三月 似鳥鶏 世田谷 アオモンイトトンボ マンデリン オオスズメバチ 大沢 ヒオドシチョウ 青藍病治療マニュアル 稲荷山 城山 甘酒 城山茶屋 うみまち鉄道運行記 伊佐良紫築 戸部淑 KeG セグロセキレイ 自然現象 挿し木 天体 3号路 古橋秀之 鷹見一幸 ヤマガラ ゴイサギ 幼鳥 カワラヒワ スズメ タシギ グレン・グールド コーヒー バッハ ゴールドベルク変奏曲 ベルグソン 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08