FC2ブログ

日々の便り

 

Heavy Weather

台風は各地で猛威を振るっているようですが、今日の東京は朝方こそ荒れたものの、午後からは時折晴れ間さえ覗くほどで、不思議な静けさでした。
これは所謂、嵐の前の静けさという奴でしょうか。風は穏やかなのですが、ねっとりと肌に絡み付く猛烈な湿度が、空気に妙な質量感を与えています。

遠くで低く轟いているのは果たして風の音か、あるいは高速道路の騒音でしょうか。こう長い事なり続けているところを見ると、あるいは後者かも知れませんね。そういえば、雨の前には遠くの音が聞こえるものだともいいますし。

こんな天気ですので、今日は一日中、家の中で過ごしてしまいました。やっていた事と言えば、専ら整理整頓・・・あとは、これでもかと言わんばかりに音楽をかけまくっていました。今日ほどオーディオが活躍した日も、なかなかないでしょう。というわけで、今晩もまた少し、音楽の話を。

LINK
タイトル  :Heavy Weather
アーティスト:Weather Report

先日は私の苦手なWeather Reportを紹介してしまったので、今度は私の大好きなWeather Reportを。ちなみに、なぜこんなタイトルなのかは謎です。別にそういう名前の曲が含まれているわけではありませんし、嵐を彷彿とさせるようなコンセプトのアルバムでもないのですよね。

このアルバムを私に紹介してくれたのは、いわばベースの先輩とも言える方。その頃の私はギターではなく、ベースを弾いていたのです。スタイルはツーフィンガーで、中古で購入したベースを毎日のように弾いていました。あの頃は父も失業していませんでしたし、祖母の認知症もまだ軽かったので、私にも自由時間があったのですよね。

このアルバムを紹介された理由はもちろん、ジャコ・パストリアスのベース。とにかく凄いからというので聴いてみた訳ですが、なるほど、実際凄まじい技術です。お手本にするにはさすがにちょっと遠過ぎる存在でしたね。
しかしそれ以上に感銘を受けたのは、このアルバムの・・・こういう大袈裟な言い方はあまり好まないのですが・・・所謂、音楽性という奴で。

まず一曲目のBirdland、イントロの印象的な低音フレーズの繰り返しから管楽器が加わるところまでで、ころりとやられました。キャッチーで印象的で、それでいてPOPのような短期決戦型の音楽ではないのです。ゆっくりと展開して、独特の世界を描くのですね。

特にJPOPの世界では、キャッチーであるという事は即ち、一種の短い繰り返しの形式に縛り付けられたパターンの音楽である事を意味します。一例を挙げるならばA-B-サビの形式ですね。種類は色々あるのですが、いずれにしてもキャッチーである事と自由である事は両立しない。それが、POPSの世界です。

ところが、この音楽は違う。キャッチーでありながらこれほど自由で、しかもバリエーションの豊富なフレーズを投入して、あれこれ手を替え品を替え再提示を行って、それでもなお流れは途切れず停滞せず。それはまるで、シナリオのない劇を面白く見せるかのような。

これと比べると、言って見ればJPOPは四コマ漫画のようなものです。四コマの世界に居た人間が突然こんなに広い世界を見たのですから、その衝撃はご想像頂けるのではないかと。
このアルバムですっかりWeather Reportにはまってしまった私は、アルバムを何枚も買ったものでした。

お勧めなのはやはり一曲目の"Birdland"、これは是非どなたにも一度は聴いて頂きたい名曲です。二曲目の"A Remark You Made"もメロディアスで聴き易い一曲ですね。
一方、意外性があって面白いのは"Rumba Mama"。たった2分の短い曲ですが、これは多分民族音楽ですよね。これを聴いて脳裏に浮かぶのはアボリジニなのですが、少なくともその種の民族音楽のテイストを取り入れたか、それそのものではないかと思います。

他の曲はいかにもフュージョン然としたものが多いですが、全体的にメロディがハッキリしていますし、長過ぎる曲もなく、フュージョンの初心者でも聴き易いのではないでしょうか。Weather Reportを初めて聴くなら、私もまずこのアルバムをお勧めしたいですね。
そして、もし機会があったら、是非ともSweetnighterとの聴き比べもやってみて頂きたいところです。きっと、明確なノリの違いに気付かれるでしょう。

この楽曲の躍動感の違いを生み出す主要な要素が、ベースラインなのだろうと思います。やはり私はジャコのベースが好きですね。これほど圧倒的なまでに動き回るのに、それでいて決して不自然ではない。それどころか、すっと染み込むように馴染むのです。

日本には、彼は技術をひけらかし過ぎだとか煩いなんていう人も多いのですが、そうではありません。確かに主張はしていますが、彼のベースは確かに曲を支え、そして作っています。このベースでなければ、この演奏は有り得ないのです。

まぁ確かにかなり奔放なベースですので、四コマ劇場の枠内には納められそうもありませんけれどね。これを四コマの世界で理解しようというのなら、無理もありましょう。でも、だからこそです。たまには枠から飛び出してみるのも良いのではないでしょうか。
決して縛られず、それでいて破綻しないこの自由さ。これもまた紛れもない音楽の魅力なのでは、と。私はそう信じて疑わないのです。

Sweetnighter

一度嫌ったものは頑として受け入れず、頭ごなしに全否定する人は多いですね。人の好き嫌いは第一印象が全てだなどと、しばしば言われているほどです。
一方で、「嫌い」を克服する人も居ます。私はどうやら後者のようで、食べ物にしても音楽にしても、苦手だったはずのものがある日突然大丈夫になる、ということは珍しくありません。

例えば牡蠣とか、ゴーヤとか。牛乳だけは相変わらず克服出来ないのですけど。あと、女性ボーカルが苦手なのも相変わらずですねぇ。

ところで、なぜそんな話をしているのかと言いますと・・・先日ご紹介した"LIKE SOMEONE IN LOVE"を改めて聴いたら、なんだか「悪くない」から「良い」に評価が上がっておりまして。慣れたのでしょうか。慣れたというよりはむしろ、聴き方に気がついたという事なのではないかと思うのですけど。

あるいは、ウェイン・ショーターの作品というのは、じわじわと魅力が沁みて来るタイプの作品なのかも知れません。何度か聴いてはじめて良さが分かるものもありますよね。
でも、それならばです。もしかすると、苦手としていたWEATHER REPORTのアルバムも、今ならば聴けるのではないでしょうか。

というわけで、以前は途中で放り出してしまったこのアルバムを、再び聴いてみる事にしたのです。

LINK
タイトル  :Sweetnighter
アーティスト:WEATHER REPORT

ウェザーリポートの初期の頃の作品。ベースが初代メンバーのミロスラフ・ヴィトウスなので、1974以前の録音である事は間違いありません。シンセを多用したサウンドは、ジャズと言うよりはフュージョンと言った方が良いのではないでしょうか。CDのジャンル分けは、ジャズになっていましたけれど。

サウンドの傾向はジャコ加入後とあまり変わりないと思うのですが、リズムの取り方が随分規則的というか、遊びが少ないように思えます。とはいっても劇的な変化やノリの良い崩しがないというだけで、実は結構細かい変化に富んでいるのですよね。

一曲目は"Boogie Woogie Waltz"ですが、3拍子でありながらワルツらしい加速感がなく、どちらかというと時計の拍動を聴いているかのような気分になる、不思議な曲です。
初心者にはこれがいきなり、ハードルが高いのですよね。なにしろ13分もある曲で、しかもPOPSのような構成ではないので、節回しの起承転結を全然掴めません。

各パートが少しずつ変化して行く様に気がつかないと、これは本当に退屈な曲です。しかし、互いに調和のとれた仕方で変化して行く各パートの隅々にまで気を配って聞くと、実は単調どころが実に情報量の多い曲なのです。
以前はこの曲でいきなり躓いたものですが、大丈夫、今なら抵抗なく聴けますね。

一方で、この種の音楽に慣れていなくても心地良く聴けそうなのは、まず三曲目の"Adios"でしょう。長さも3分と丁度良いですし、清冽で幻想的な曲調は、なかなか心地良いものです。冒頭のイメージは、まるで雪解けのような、とでもいいましょうか。
曲が進むにつれて、闇夜と蛍のような幻想的な風景が浮かんできます。私は、ディズニーの「ファンタジア」で、禿げ山の一夜の後に登場した、あの灯火の行列を少し思い出しました。

五曲目の"Will"は、森の静寂、というイメージ。木々の奥の深い闇に一筋の木漏れ日が射しているかのような、静けさと厳かさと、同時に暖かさを兼ね備えた曲です。
六曲目は打って変わってSF的に。序盤はちょっと奇妙な雰囲気ですが、次第に変化して、聴き易いメロディが登場するようになってきます。まるで、奇妙な夢の世界から現実へと引き戻されていくかのような感じですね。

全体を通して聴いてみましたが、どうやら今なら普通に聴けるようです。ただ、特にこの曲をもう一度聴きたいというような作品はありませんでした。

聴き方次第ではほとんど自己主張のない曲が多いので、読書のBGMや作業用BGMにするにも良いでしょう。極端な刺激がないので、気を散らされる事がありません。それでいて、ふと注意を向けてみると、実は結構凝っているのですよね。

絵に喩えるなら、JPOPのようなコテコテのメロディラインで聴かせる曲は線画ないし漫画、それに対してこれは線を用いない油絵や点描、といった感じでしょうか。
パッと見で分かる情報は少ないのに、実はかなりの情報量を含んでいて、全体で一つのものを描き出すようなところが似ていると思うのです。

もしキャッチーなメロディに疲れたなら、たまにはこういう音楽を聴いてみるのも良いかも知れません。良い気分転換になるでしょうし、なにより違う世界を見る事で、良い勉強にもなると思います。

プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ ELEKIT 堀口珈琲 JAZZ 小説 17mm 野川 シティロースト TU-8150 アートブレイキー 紅葉 MU-61 次大夫堀公園 修理 青梅 接写リング AriaPro 御岳渓谷 ブレンド 小仏城山 開花情報 PB-400 CD 御岳山 写真 神代植物公園 実写テスト 東京 トンボ 300mm ライトノベル 古民家 景信山 ロック JAZZ/FUSION 開花状況 カートリッジ 神代植物園 クラシック TU-877 シモバシラ マイケル・サンデル 森見登美彦 多摩川 哲学 センテッドゼラニウム ハイレゾ音源 e-onkyo 故障 3結 6号路 深大寺 鳩ノ巣渓谷 バラフェスタ  ラリー・カールトン 骨董市 コロンビア もみじ台 東宝撮影所 エリック・クラプトン JPOP  東日本大震災 岡本公園民家園 江戸東京たてもの園 OPA2134PA 野川公園 TU-H82 小仏峠 奥高尾 上野 フレンチロースト これからの正義の話をしよう ミツバチ ニューイヤーコンサート 東照宮 水生植物園 HDD 東京国立博物館  大蔵住宅 仙川 砧公園 つくる市 調布 ニカラグア ハクセキレイ 2015 布多天神社 レコード洗浄 ハイロースト リー・モーガン 速度比較 Class10 UHS-I 植物多様性センター カワセミ SDカード 一丁平 オジロトウネン 90MB/s 整備工事 BUMP カワウ Apple 縦走路 細田屋 Transcend アオジ FF15XmkII アニメ バド・パウエル ツクツクボウシ アブラゼミ ミンミンゼミ KT88 NF-15X/2 コミスジ GoldLion イチモンジセセリ ZO-3 FUSION 彼岸花 浜離宮 ウェザーリポート ツマグロヒョウモン SHURE M97xE Eagles オーディオテクニカ 回転数不良 調布飛行場 武蔵野公園 ダイミョウセセリ 天地明察 布多天神 冲方丁 アゲハ A'pis コゲラ 根津美術館 大雪 ジョウビタキ iPhone 蘆花恒春園 表参道 ジフィーポット DENON ボリューム 国産 井の頭自然文化園 アボカド 分解 中仕切り ピックガード ペグ 磨き 白丸ダム 低速病 発芽実験 MUSES02 LM4562NA かき氷 スミナガシ WD10EADS 水耕栽培 クロヒカゲ 工事 メッキ テンポドロップ ストームグラス 2017 正月特別開園 クイナ モズ TempoDrop 人道主義 TIMEX モンキアゲハ 電池切れ 通り名報道 世田谷ボロ市 Weekender 幼虫 ジャコ・パストリアス アカスジカメムシ クロマチックハーモニカ 高浜虚子 霜除け ヒメアカタテハ Focusrite オーディオインターフェース CTL1025 ヒグラシ UL接続 NJM4580D 5極管接続 羽化 Solo ニイニイゼミ タフソーラー 鍍金 Scarlett スズメバチ 秦基博 ZIPPO OSX グアテマラ 紙の博物館 ハービー・ハンコック 野草 ラジオメーター パナマ AT-MONO3/LP ハンディウォーマー レーベル ハクキンカイロ 榊一郎 吉祥寺 ドラゴンフルーツ キアゲハ 奥多摩 MCON-P01 平和ボケ アキアカネ コムラサキ マクロコンバータ 茶谷産業 アカボシゴマダラ オリンパス 豆知識 日原鍾乳洞 ヒカゲチョウ 地雷 MUSES8920D コントロール ピックアップ 竜ノ湖太郎 サドル調整 仕上げ OPAMP ヘッドホンアンプ 工作材 ER-4S No.28151 PROXXON プロクソン ミニカッティングソウ 木栓 震災 葦原大介 電子工作 ST-550 GoldenBlack AMCY-104/630 TU-HP03 NAGAOKA NT-500M C203 C103 上海 ケース GT-PRO Spirit Steinberger イケベ楽器 リボレ秋葉原店 芥川龍之介 NHK 防錆 イタリアンロースト 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ 6V6S 台風18号 REGZA 放鷹術 ウラナミアカシジミ シジミチョウ OP275GP JET 村井秀清 鬼灯市 LME49720NA MUSES8820D AWG-100BR-1AJF RD-BZ800 コルディリネ 塗装 指板 組立て ラッカー 和屋東京店 iBooks フルシティロースト 森山良子 ピアノの森 エディ・ヒギンス 皆既月食 小箱とたん ケニヤ 魚道 親族トラブル セセリ バルトーク CASIO iOS8.3 iPhone4s 軍畑 越谷オサム 亀屋樹 不具合 AU-305 階段途中のビッグ・ノイズ 軍畑大橋 オオスズメバチ 天体 アオモンイトトンボ 世田谷 挿し木 花火 ついんくる マンデリン SanDisk 95MB/s シチズン 夕陽 デクスター・ゴードン Q&Q 腕時計 富士山 キアシドクガ 桜の蛾 瀬那和章 コンデンサ 充電中 再起動 TOSHIBA 30MB/s アサギマダラ DL-103 草市 大沢 ヒオドシチョウ バッハ ゴールドベルク変奏曲 グレン・グールド 真空断熱食器 コーヒー フレディ・ハーバード キタテハ 平和フレイズ タシギ 星野源 スズメ 城山茶屋 甘酒 カワラヒワ 幼鳥 J-POP ゴイサギ ペルー ヤマガラ 三月 古橋秀之 自然現象 似鳥鶏 青藍病治療マニュアル 城山 3号路 稲荷山 志田用太朗 レコードプレーヤ 戸部淑 KeG 鷹見一幸 伊佐良紫築 うみまち鉄道運行記 PIONEER セグロセキレイ リキュール カクテル シジュウカラ オジロビタキ Dyson V6 Trigger ハンディクリーナー ダイソン ツグミ シャープペン デジタルテレコンバータ ベルグソン 絶滅危惧種 テングチョウ デルガード 3.11 RAW クルトガ 天災 被害 植物 スナップショットフォーカス フレディ・ハバード 大森藤ノ 白鳥士郎 初詣 フラックス ElectroHarmonix 翻訳 アレニウス・スヴァンテ ペン立て ミニバケツ MERCURY 発泡PPシート インドネシア 橙乃ままれ ログ・ホライズン 文房具 ペンケース 上野公園 ヤマカガシ 栄西 イチモンジチョウ KENKO スジグロチャバネセセリ 電源回路 アカシジミ  不動産屋 取木 土地 電気ブラン 建築基準法 地上げ 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー タンザニア 香日ゆら 東宝 JJ 12AU7 OSX10.9 hiFace 改造 M2Tech WD20EZRZ 蟲師 モーター 注油 先生と僕 回転数 寝落ち 大沢グランド キタキチョウ G-SHOCK 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 03