FC2ブログ

日々の便り

 

No Reason to Cry

やれやれ、とりあえず年末の面倒事がひとつ片付きました。あとは明日を乗り切って、歯医者に行って、親戚に配るお節を作って・・・って、私はどうやら年が明けるまでのんびり出来そうにありませんね。
とはいえ、期限が押し迫った仕事をひとつ片付けたというのは開放感があります。このところ御陰で晩も落ち着かない気分でしたが、今日は久々に夕食後の時間をゆっくり過ごすことができました。

というわけで、今日は久しぶりにレコードのお話でも。

LINK
タイトル  :No Reason to Cry
アーティスト:Eric Clapton

なんでも、隠れた名盤と呼ばれることもあるらしい一枚。全体を通して感じるのは、若干ブルースまじりのロックンロールという、Eric Claptonらしさが余すところ無く現れたアルバムだな、という印象です。

一曲目の"Beautiful Thing"は三拍子のバラード。曲調としては明るめなのですが、少しくたびれた物憂い雰囲気がアメリカの田舎町のさびれた景色を思わせます。うにょーんとたるんだ感じのエレキギターの音色がなんとも気だるくて、強い日差しと砂まじりの風と、やや赤茶けた田舎町の風景が似合いそうですね。続く"Carnival"は転じて非常に勢いの良い一曲。タイトル通りのお祭り気分です。

"Sign Language"は再びのったりとした雰囲気で、歌声も怠そう。音程も、恐らくわざと外しているのでしょう。適当にカウボーイが口ずさんでいるようで、なんだかとても西部劇的な印象を受けます。続く"County Jail Blues"はタイトル通りブルース色が強くなるため、よりいっそう西部劇的に。進むにつれ、なんだか頭の中の風景が西部一色になってきました。とはいってもガンマンの活躍する西部ではなく、牛の放牧風景のそれですけれどね。

B面一曲目の"Hello Old Friend"はメロディラインこそポップですが、伴奏が醸し出す雰囲気は相変わらず。タイトルからも想像出来る通り、老人同士が高く手を掲げて楽しげに挨拶を交わし、歩みよってハグするシーンのような、楽しさの中にどこか枯れた感じのある作品です。明るくて楽しい曲なのですが、不思議と枯れていて、溌剌とはしていないのですよね。

"Double Trouble"はブルースですね。でもブルースというにはグッタリ感が少なくて、ちょっとパワフルなブルースです。"Innocent Times"はなぜか女性ボーカルの一曲。歌い出しが"I was the child..."のようですから、恐らく子供時代の思い出を歌ったものなのでしょう。曲調も懐かしき日々って感じです。続く"Hungry"でも女性ボーカルがかなり入っていますね。個人的には女性ボーカルは余計なのですが、もしかすると華やぐ感じでメリハリを付けたかったのかも知れません。

最後の"Black Summer Rain"はなんだか「思い出の・・・」とタイトルを付けたくなるような、ちょっと黄昏れた感じの一曲。といっても悲しげなのではなくて、曲自体は明るいのですが、ちょっぴりセピア調なのです。古いラジオからこの曲が流れてきたら、さぞかし雰囲気が出ることでしょう。ラストのエレキギターの音色が妙に耳に残って、思わずもう一度再生したくなってしまいます。

曲調はブルース的なものもあり、ロックンロールっぽいものもあり。全体を通して女性ボーカルや女性のコーラスを多用していたのは、これまで聴いてきた彼のアルバムとはちょっと印象の異なる部分です。
曲から連想させられる世界はどこか牧歌的で、どこか物憂く気怠くて。きっと、アメリカ南部の農場の風景なのではないかと勝手に想像しているのですが、どうでしょう。

中でも特に印象に残ったのは、やはり最後の"Black Summer Rain"、次点でB面一曲目の"Hello Old Friend"でしょうか。クラプトンの作品はどれも人間臭いのですけれど、このアルバムの作品はそれがより強調されているようで、中でもこの二曲から感じる老人的な温かさは特に心地良いのです。

イントロでハッとさせられるようなキャッチーな曲は無いかわりに、聴き終えてみるとなぜかまた聴きたくなっている、不思議な魅力のあるアルバムでした。なるほど、確かに隠れた名盤かも知れません。

BEHIND THE SUN

風邪惹きもこれで四日目になりますが、まだ本調子ではないようです。今日は加湿器導入のために昼から部屋掃除をはじめたのですが、僅か二時間程度の労働ですっかりバテてしまい、その後は夕方遅くまでずっと寝ているしかありませんでした。

その後は来客もあったので、ほとんど何も出来ない一日だったのですけど、昨日のレコード洗浄の続きだけは、しっかりと。なにしろ盤面に残留物を残したままでは寝覚めが悪いですしね。アルコールが届くのを待って、まずは自作の洗浄液を作成します。

レシピを検索してこのブログに辿り着く方も多いので、ここに書いておきましょう。レシピは以下の通りです。

アルコール:200ml
精製水  :800ml
界面活性剤:10ml

要するにアルコールと精製水を4:1で混ぜ、ドライウェルを10ml添加しただけのものです。ドライウェルはもう少し減らしても良いかも知れませんが、このレシピで特に問題は発生していないので、今のところこれで。

昨日「水の激落ち君」で洗った盤を自作洗浄液で洗い直してみたところ、チリノイズはほぼ無くなりました。やはり、あの洗剤は扱いが難しいですね。そして、気をつけないと残留物が盤面に残るので、逆効果になります。

ちなみに今回実験に使ったのは、こちらのレコードでした。ついでと言ってはなんですが、折角聴いているので感想も書いておきましょうか。

LINK
タイトル  :BEHIND THE SUN
アーティスト:Eric Clapton

Eric Claptonというと古風なロックンロールやブルースのイメージが強い歌手ですが、このアルバムはどちらかというとPOP的な内容です。そもそも、楽曲の造りが聞き慣れたEric Claptonではないのですね。シンセがてんこ盛りでアコースティック感が乏しく、メロディもポップ的なキャッチーさを追求しているように思えます。

アルバムタイトルやジャケットアートからして明るいイメージですが、それに違わず明るい楽曲が続きます。パワフルな"She's Waiting"から始まって、A面は全体的に明るい日差しの似合いそうな曲ばかりですが、特に最後の"Something's Happening"は印象的でしたね。テンポはどちらかといえばスローですが、主旋律がずっとコーラスになっているので、さんさんと降り注ぐ夏の日差しを仰いで歩くような印象の一曲です。

しかし、B面一曲目にはEric Claptonらしさが現れます。"Forever Man"は、彼らしい熱っぽいメロディラインの一曲。そうそう、こういうのが聴きたかった・・・と思う方も多いのでは。ただ、イントロのシンセのフレーズは、GenesisやSurvivorを彷彿とさせる感じでしたが。

二曲目の"It All Depends"は転じてやや大人しめの、午後の暖かな日差しを思わせるようなトーンの一曲。全体的に光量高めの印象だったA面とは好対照ですね。続く"Tangled Love"は再びSurvivorっぽいというか、いかにも80'sという感じのシンセサウンドです。もちろんギターも入っているのですが、シンセ的な音作りになっているので、一体感がある代りにあまり存在感がありません。

B面は熱量多めの曲と、穏やかな曲が交互に入っているようです。そして締めは表題曲の"Behind The Sun"。短い一曲ですが、遠く沈み往く太陽を見送るような穏やかで黄昏れた雰囲気がとても良い感じでした。やはり、A面は午前中、B面は午後をイメージしているのかも知れませんね。

聴き易い曲がとても多い割に、特に印象に残る曲があまりないこのアルバム。シンセ主体になった事も含めて、文句を言うファンが居るのもまぁ無理からぬ事かもしれません。私の場合、各面の最後の一曲ずつくらいしか印象に残りませんでした。間違いなくどの曲も聴き易いのですけれど、その割にこれといって浮かんでくるビジョンがないものですから。

このアルバムについては、どうやらだいぶ否定的な方もいらっしゃるようですね。個人的には、まぁこれはこれで聴き易くて良いアルバムだと思うのですけれど、いかにも80'sだなぁという音作りは、確かに多くのファンがEric Claptonに求めているものではないのかも知れません。

一言で纏めてしまうならば、Eric Clapton流の80'sサウンド。そんな感じの一枚でした。

MONEY AND CIGARETTES

今日は少しばかり暑さが戻ったようですね。さすがに30度はありませんが、現在28度。立派に熱帯夜です。久々に、アイスコーヒーでも飲みたい気分ですね。
昨晩は涼しさのせいか早寝してしまった私ですが、今夜は今夜で暑さのあまり寝てしまいそうです。要するに気温など関係なく、単に疲れているのでしょう。

しかし、まだ寝る訳にはいかないのです。今朝も書きました通り、新しいレコードを是非とも聴いてからでなければ!

LINK
タイトル  :MONEY AND CIGARETTES
アーティスト:ERIC CLAPTON

というわけで、上のLPがそれ。ERIC CLAPTONのMONEY AND CIGARETTESです。Unpluggedがあまりに素晴らしかったので、今月のお給料が出るや否や注文してしまったのでした。

LPは基本的に英国や米国からの船便や空輸になりますので、注文してから届くまでにかなり時間がかかります。まぁ、この待ち時間もまた一興ですね。たっぷり待った分、針を落とす時の期待感も高まるというもの。もっとも、期待が外れた場合のダメージも、その分大きいのですが。

ではこのアルバムはどうだったかと言いますと、概ね満足です。まず音質ですが、これはもう、すこぶる良いですね。ここ数年のレコードだからといって高音質が無条件で保証される訳ではないようですが、このレーベルのレコードは信用してもよさそうです。

一曲目は「EVERYBODY OUGHTA MAKE A CHANGE」、トラディショナルなロックンロールテイストに、若干近代風の音を合わせたような構成の曲です。メロディはキャッチーで乗りも良いですし、音の広がりも心地良く、とても好印象です。

二曲目の「THE SHAPE YOU'RE IN」はよりトラディショナルな感じですが、それでいてテンポはだいぶ速め。曲の雰囲気の割に随分走っているような気がしたのですが、二度目に聴いてみると、それほどでもありませんね。慣れてくるとこちらの方が良いのかもしれません。三曲目以降も、ロックンロールを少し近代的に直したような印象の曲が続きます。

B面はのっけっからロックンロールテイスト全開ですが、これがまたなかなか良い感じで。一曲目の「PRETTY GIRL」は特に好きです。それと、四曲目の「SLOW DOWN LINDA」、いいですね、この曲はメロディといいリズムといいコーラスといい、私の好みど真ん中でした。A面の一曲目と合わせて、この三曲が個人的ベスト3です。

Unpluggedから入ったクチなので、実はアコースティックな曲も期待していたのですけど、このアルバムは全てエレキ、つまりストラトのサウンドでした。
しかしストラトはストラトで、なかなか良いものです。トラディショナルなロックンロールスタイルなので、あまりギターをギュンギュン言わせたりはしないのですが、それでも燻し銀の演奏は充分聞き応えがありました。

音質は全く申し分ありませんし、こうして改めて聴いてみると、「ロックンロール」も良いものですね。これがなかなかどうして、日本の往年の流行曲を聴く時のような、垢抜けない古臭さを感じないのですよ。もちろん、垢抜けている訳でもないのですが。

ひとつの確立されたスタイルとして、なにより心地良い音楽として、これはアリなのではないでしょうか。ロック全盛期が過ぎ去って久しい今日、なおクラプトンが支持され続けている理由が、少し分かった気がします。

Unplugged

昨日と一昨日で土日のダメージを回復出来たので、今晩は少し元気です。というわけで、今日は先週末に届いた、もう一枚のレコードのお話を。
購入したのはこちら、エリック・クラプトンのUnplugged。定番中の定番ですが、私の世代になると、実際に聞いたことがある人は少ないと思います。ロックブームなど、物心つく前に終わっていますからね。

LINK

というわけで、ドキドキしつつ封を切り、レコードを取り出したのですが・・・またしても紙ジャケ、またしても紙屑まみれ。「アナログレコードって、ゴミとか駄目なんじゃないの?」と、思わず頭を抱えてしまいます。大雑把ですねぇ、海外のものって。
しかも盤面が物凄い静電気を帯びていて、さながら埃吸着器。仕方が無いので、自前の洗浄液で一回拭きました。

埃が集まらなくなったところで、気を取り直して再生。一曲目はインストのようですね。まず観客の歓声と拍手が入るのですが、その時点でもう仰天してしまいました。
何が凄いって、音質が凄いのです。部屋の中にコンサートホールが広がる感じ。素晴らしく空間が広く、奥行きがあって、それでいて鮮明なのですね。
小さめのボリュームで、これほど鮮明に空間を描写してくるとは思いませんでした。これはCDでは出来ない表現でしょう。

録音レベルは高め、にも関わらずノイズは皆無。曲が始まると、弾けるようなパーカッションとクラプトン独特のちょっと詰まったような短いギターの音色が生々しく再生され、なんともいえない爽やかな雰囲気を作ります。一曲目のインストは、ちょうど初夏の午前中のような雰囲気ですね。

二曲目からはボーカル入りになりますが、このクラプトンの声がまた滑らかで質量感があって、とにかくリアル。録音の良さが光ります。これと比べてしまうと、同じLPでもJETのそれは数段落ちる感じですねぇ。
たいして高級でもない機材とエントリークラスのカートリッジで、ここまでの音質を得られるだなんて、ちょっとにわかには信じられません。

三曲目は、よくギターで弾いている「hey hey」。知っている曲の筈なのですけど、こうして本物を聞いてみると、やはりカッコイイですね。ギター教本のお手本など比べ物になりません。ある程度までは教本通りで良いのでしょうけど、慣れたらやっぱり本物を勉強して、ちゃんとそちらのニュアンスを汲んで弾かなければ駄目だなと、反省しきりでした。

そして四曲目、「tears in heaven」。名曲と名高いこの曲ですが、なるほど、改めて聴いてみて本当に名曲だと思います。冒頭から、なんというか揺さぶられるのですよ。これは一度聴いたら忘れられない一曲だと思います。

レコードは二枚組で、まだ1枚目のサイドAを聞き終えたばかりなのですけど、思わずもう一度最初から再生中。それくらいに曲も音質も鮮烈で、リピートせずにはいられないようなアルバムでした。

ところで、クラプトンのギターの音色はちょっと独特で、なんというか、息が詰まったような感じの面白い音がするのですよね。ディケイが短い感じで。
TVなどでこの音を聞いた時には、正直どちらかといえば嫌な音を出すなぁと思っていたのですけど、こうしてきちんとレコードを聴いてみると、印象が変わるから不思議なものです。
クラプトンの曲には、この音がとても良く合うのですね。というか、彼の歌には、かな。

専らギターと歌を中心に、他の楽器も交えつつ。ときに格好良く、時に熱く、それでいて時に甘く。様々な表情を見せる歌とギターが夢中にさせてくれます。
もしロックがお好きなら、このアルバムは必聴でしょう。そしてもし可能であれば、LP盤をお勧めしたいところです。音の生々しさが、本当に違いますから。

プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ 堀口珈琲 JAZZ ELEKIT 小説 野川 17mm シティロースト アートブレイキー TU-8150 紅葉 MU-61 青梅 修理 次大夫堀公園 御岳渓谷 小仏城山 接写リング AriaPro ブレンド 開花情報 PB-400 写真 CD 御岳山 神代植物公園 300mm 東京 実写テスト トンボ 景信山 古民家 ライトノベル カートリッジ JAZZ/FUSION 神代植物園 クラシック 開花状況 ロック 森見登美彦 シモバシラ マイケル・サンデル TU-877 哲学 多摩川 センテッドゼラニウム e-onkyo バラフェスタ 鳩ノ巣渓谷 ハイレゾ音源 コロンビア  骨董市 ラリー・カールトン 3結 深大寺 故障 6号路 JPOP TU-H82 江戸東京たてもの園 岡本公園民家園 エリック・クラプトン もみじ台 奥高尾 OPA2134PA 東宝撮影所  野川公園 小仏峠 東日本大震災 上野  リー・モーガン 水生植物園 ミツバチ 東京国立博物館 HDD ハクセキレイ 調布 布多天神社 ニカラグア ハイロースト レコード洗浄 砧公園 仙川 ニューイヤーコンサート 2015 つくる市 フレンチロースト 東照宮 大蔵住宅 これからの正義の話をしよう メッキ ウェザーリポート ツマグロヒョウモン M97xE DENON クイナ SHURE モズ UHS-I 蘆花恒春園 FUSION iPhone 90MB/s バド・パウエル Transcend GoldLion アオジ カワセミ オジロトウネン 一丁平 縦走路 ペグ 磨き カワウ 速度比較 Class10 KT88 整備工事 ピックガード 細田屋 SDカード スミナガシ 正月特別開園 天地明察 2017 テンポドロップ TempoDrop ストームグラス 調布飛行場 ダイミョウセセリ オーディオテクニカ 回転数不良 ジョウビタキ 白丸ダム 表参道 根津美術館 冲方丁 工事 植物多様性センター アニメ FF15XmkII LM4562NA A'pis NF-15X/2 Apple 発芽実験 武蔵野公園 BUMP 井の頭自然文化園 アボカド 水耕栽培 Eagles コゲラ かき氷 クロヒカゲ 大雪 中仕切り アブラゼミ イチモンジセセリ ボリューム 浜離宮 ジフィーポット 彼岸花 アゲハ 分解 布多天神 ツクツクボウシ ZO-3 WD10EADS 低速病 コミスジ ミンミンゼミ 国産 ベルグソン アレニウス・スヴァンテ ツグミ RAW ログ・ホライズン フレディ・ハバード 橙乃ままれ インドネシア 翻訳 大森藤ノ シジュウカラ オジロビタキ 3.11 被害 フラックス 白鳥士郎 初詣 天災 デジタルテレコンバータ ElectroHarmonix 高浜虚子 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ コルディリネ 小箱とたん ケニヤ エディ・ヒギンス ウラナミアカシジミ シジミチョウ ドラゴンフルーツ ヒグラシ バルトーク 村井秀清 鬼灯市 JET セセリ 森山良子 OPAMP ヘッドホンアンプ 電子工作 ケース NT-500M NAGAOKA 竜ノ湖太郎 ER-4S フルシティロースト 和屋東京店 iBooks イタリアンロースト 震災 葦原大介 羽化 スズメバチ 榊一郎 レーベル 吉祥寺 AT-MONO3/LP グアテマラ パナマ 地雷 ジャコ・パストリアス マクロコンバータ MCON-P01 オリンパス ハービー・ハンコック クロマチックハーモニカ 秦基博 OSX キアゲハ 世田谷ボロ市 モンキアゲハ 通り名報道 ヒメアカタテハ 鍍金 ニイニイゼミ 幼虫 絶滅危惧種 豆知識 アカボシゴマダラ ヒカゲチョウ アキアカネ アカスジカメムシ コムラサキ 霜除け シチズン 発泡PPシート スナップショットフォーカス 植物 CASIO ペン立て ミニバケツ Trigger ダイソン ハンディクリーナー MERCURY G-SHOCK AWG-100BR-1AJF ラジオメーター 平和ボケ 人道主義 ZIPPO 茶谷産業 Weekender CTL1025 タフソーラー 電池切れ TIMEX V6 Dyson  ヤマカガシ イチモンジチョウ アカシジミ 不動産屋 地上げ 夕陽 富士山 土地 建築基準法 スジグロチャバネセセリ キタキチョウ 文房具 デルガード クルトガ シャープペン ペンケース 改造 WD20EZRZ 12AU7 JJ ハンディウォーマー ハクキンカイロ 防錆 プロクソン PROXXON No.28151 ラッカー 塗装 親族トラブル ピアノの森 組立て 指板 ミニカッティングソウ 木栓 Steinberger Spirit GT-PRO イケベ楽器 ST-550 仕上げ 工作材 ピックアップ コントロール サドル調整 魚道 皆既月食 Solo オーディオインターフェース UL接続 5極管接続 Scarlett Focusrite 紙の博物館 野草 日原鍾乳洞 奥多摩 NJM4580D OP275GP 台風18号 放鷹術 REGZA RD-BZ800 6V6S MUSES02 LME49720NA MUSES8920D MUSES8820D アサギマダラ 充電中 瀬那和章 DL-103 草市 30MB/s デクスター・ゴードン リボレ秋葉原店 キアシドクガ 桜の蛾 腕時計 Q&Q TOSHIBA 95MB/s 軍畑大橋 ついんくる 花火 挿し木 軍畑 越谷オサム SanDisk AU-305 階段途中のビッグ・ノイズ 亀屋樹 リキュール カクテル 寝落ち 回転数 モーター 注油 大沢グランド 蟲師 M2Tech hiFace OSX10.9 東宝 先生と僕 香日ゆら 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー 取木 電気ブラン 栄西 上野公園 タンザニア 電源回路 KENKO 天体 3号路 志田用太朗 三月 似鳥鶏 青藍病治療マニュアル レコードプレーヤ PIONEER 平和フレイズ キタテハ フレディ・ハーバード ペルー 稲荷山 城山 iPhone4s iOS8.3 不具合 再起動 オオスズメバチ マンデリン ヒオドシチョウ 大沢 世田谷 アオモンイトトンボ 真空断熱食器 星野源 KeG 鷹見一幸 ヤマガラ コーヒー 戸部淑 伊佐良紫築 古橋秀之 自然現象 セグロセキレイ うみまち鉄道運行記 バッハ ゴールドベルク変奏曲 スズメ 城山茶屋 甘酒 J-POP カワラヒワ 幼鳥 グレン・グールド タシギ ゴイサギ テングチョウ 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12