FC2ブログ

日々の便り

 

オジロトウネンを撮る(2)

では次に、昨日撮影したオジロトウネンの写真の中から、その表情を捉えた写真を何枚かご紹介したいと思います。まず一枚目は、小石を咥えたオジロトウネン。別に飲み込んではいませんでしたので、一体どういう意味があったのかは定かでないのですが、良く見ると嘴の先に小石を咥えています。石の上に居るオジロトウネンを撮影したところ、偶然捉える事が出来ました。

小石を咥えて
小石を咥えて posted by (C)circias

次は、首を伸ばしたオジロトウネンの様子です。彼等は普段、見慣れた鳩サブレ体型なのですが、実は結構長い首を持っているようです。恐らくは物陰や遠くを見ようとしてでしょう、たまにこうして首を伸ばす事があります。真上に首を伸ばすのはそう頻繁にはしない仕草なので、撮影出来たのは幸運でした。それにしてもこの写真、首もさることながら、胸板が凄いですね。

首を伸ばして
首を伸ばして posted by (C)circias

次の写真は、逆に目一杯首をすぼめたオジロトウネンの様子。このとき、どうやらこの個体は私を警戒していたようです。数分間この格好で固まったまま、じっとこちらを見詰めていました。私としては別にこれといって変わった動きをした覚えはないのですが、何かがお気に召さなかったようですね。

警戒中
警戒中 posted by (C)circias

こういう場合、こちらにできるのは知らん振りして動かずに居る事だけ。あまりじっと見詰めると逃げ出すので、チラ見程度に抑えて、基本はそっぽを向いています。要するに、狩りをする時に猫がやるあれですね。人間からみると馬鹿げた誤摩化しにしか見えないのですが、どうやら鳥に対しては確かに効果があるようです。次の写真は、ようやく警戒を解いて動き始めたオジロトウネンの様子。約5分ほど固まっていました。

警戒解除
警戒解除 posted by (C)circias

最後は、この日のとっておき。ブルブルっと頭を振って、水を跳ね飛ばすオジロトウネンの様子です。彼等は大胆に水に頭を突っ込みますが、何度もやっているとさすがに水が沁みて来るようですね。しばし水の中を突き回した後、こんな風に頭を振って水を飛ばしている様子を目にしました。ちょっと分かりにくいかも知れませんが、写真には飛び散る水滴も写っています。

ブルブルッ
ブルブルッ posted by (C)circias

この辺りで見掛けるオジロトウネンはこれ一羽のみなので、恐らくたった一匹をずっとつけ回していたことになるでしょう。しかし、一度近付き過ぎて警戒されたほかは、特に気にされる事もなく撮影を続ける事が出来ました。こうしてずっと観察してみると、色々な表情を見る事ができますし、生き生きとした表情を捉える事が出来るので楽しいですね。

ただこれをやるためには、「人が居ない」という条件が満たされていなければなりません。実は今日も同じ場所に行ってみたのですけれど、今日は天気が良く温かい一日だったので、中州にまで侵入する犬や子供に追い立てられてしまい、野鳥は全然観察出来ませんでした。こうなってしまうと彼等は人を酷く警戒するので、近付く事さえ容易ではありません。こんなにも接写出来た昨日が、まるで嘘のようです。

昨日は酷く寒くて風の強い日でしたけれど、人間が居ないという意味では、逆に恵まれた環境だったわけですね。水辺の鳥を撮るのなら、そういう日が逆に狙い目なのかも知れません。

オジロトウネンを撮る(1)

先週、野川での野鳥撮影を終えて、帰ろうとした時のことです。一旦河原から上がった瞬間、これまで聞いたことの無い鳴き声が聞こえて来たのでした。声につられてそちらへ行ってみると、見た事もない小さな灰色の鳥が、河原をちょこまかと歩き回っています。帰って調べてみたところ、それは「オジロトウネン」という鳥である事が分かりました。次の写真が、そのオジロトウネンです。

左から
左から posted by (C)circias

ぱっと見海鳥のような外見なので、こうしてアップで写真にするとまるで大きな水鳥のようにも見えますが、実際はとても小さな鳥です。サイズはおおよそセキレイくらいでしょうか、ハクセキレイと比べるとむしろ小さいくらいです。次の写真は、オジロトウネンが偶然ハクセキレイと交錯した瞬間を捉えたものですが、こうしてみるとサイズ比が良く分かりますね。後方のハクセキレイの方が、むしろ大きく見えます。

大きさの比較
大きさの比較 posted by (C)circias

今日はこのオジロトウネンをメインに写真を撮りに行って来たのですが、上の二枚を含めてオジロトウネンだけでも数百枚の写真を撮影してしまいました。あまりに量が多くてまだ整理し切れていないのですが、とりあえず選別が終わった写真から、まずはオジロトウネンの特徴をご紹介したいと思います。

餌探し
餌探し posted by (C)circias

オジロトウネンは、秋頃に日本にやってくる渡り鳥で、シギの仲間です。主に水中の昆虫などを食べるため、上の写真や次の写真のように、水際で水中を覗き込んでいるところをよく見掛けます。動物食で、昆虫や蟹などを好むのだそうで。体長は約14cmといいますから、スズメ並みなのですね。

餌探し2
餌探し2 posted by (C)circias

彼等は水際でエサを探す外、浅い水中にも進出します。次の写真は、浅瀬に入ったオジロトウネンの様子。セキレイと比べるとやや足が長いので、こういう場所に出て行く事ができるようです。餌取りの場所はセキレイと競合しているので、ときおりハクセキレイに追い立てられているところを目にします。

浅瀬のオジロトウネン
浅瀬のオジロトウネン posted by (C)circias

オジロトウネンは水中に餌を見付けると、深さがある場合でも大胆に頭部を水中に突き入れて補食します。次の写真は、ちょうど頭を水中に突き入れているところ。蟹でも見付けたのでしょうか。普段は専ら浅いところで嘴の先っぽのみを使っているのですが、時折こうして頭を水に突き入れていました。

水に頭を突き入れる
水に頭を突き入れる posted by (C)circias

ちなみにオジロトウネンは頭を水中に突っ込む時、目を閉じるようですね。次の写真は上の写真の直後の様子ですが、良く見ると目を閉じているのがお分かり頂けるのではないかと思います。頭を全部水中に入れる場合以外でも、深めに嘴を突き込む場合は、目を閉じている様子を観察出来ました。

目は閉じているらしい
目は閉じているらしい posted by (C)circias

オジロトウネンはそこそこ警戒心の強い鳥ですが、セグロセキレイほどではありません。ハクセキレイよりは少し警戒心が強いくらい、とでも言いましょうか。慎重に近付けば、長い間側で撮影を続けることができますし、時には向こうから近付いて来てくれる事もあります。御陰で今日はオジロトウネンの様々な表情を写真に収めることができたのですが・・・長くなりましたので、続きは後程。

プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  LP レコード 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 17mm 小説 野川 DIY シティロースト TU-8150 アートブレイキー MU-61 紅葉 青梅 次大夫堀公園 開花情報 ブレンド 御岳渓谷 接写リング 小仏城山 神代植物公園 CD 写真 御岳山 実写テスト 東京 300mm トンボ 景信山 ライトノベル 古民家 開花状況 カートリッジ クラシック JAZZ/FUSION 神代植物園 ロック シモバシラ センテッドゼラニウム 森見登美彦 TU-877 マイケル・サンデル 哲学 多摩川 e-onkyo ハイレゾ音源 故障 3結 バラフェスタ コロンビア 6号路 骨董市 ラリー・カールトン 鳩ノ巣渓谷  深大寺  江戸東京たてもの園 上野 もみじ台 奥高尾 小仏峠 岡本公園民家園 OPA2134PA 野川公園 エリック・クラプトン 東宝撮影所 JPOP 東日本大震災 TU-H82 つくる市 ニカラグア 修理 ニューイヤーコンサート 調布 2015 ハクセキレイ リー・モーガン 布多天神社 これからの正義の話をしよう 仙川 大蔵住宅  レコード洗浄 水生植物園 フレンチロースト 東京国立博物館 ミツバチ ハイロースト 東照宮 砧公園 HDD Eagles ジフィーポット オーディオテクニカ SDカード コミスジ 速度比較 布多天神 イチモンジセセリ ZO-3 アブラゼミ ツクツクボウシ ミンミンゼミ Class10 90MB/s かき氷 冲方丁 スミナガシ クロヒカゲ 井の頭自然文化園 天地明察 ダイミョウセセリ Transcend 工事 根津美術館 表参道 UHS-I 浜離宮 コゲラ ストームグラス ジョウビタキ 中仕切り SHURE テンポドロップ 2017 KT88 GoldLion バド・パウエル 正月特別開園 大雪 M97xE ツマグロヒョウモン TempoDrop 武蔵野公園 調布飛行場 アゲハ BUMP WD10EADS アニメ ウェザーリポート 蘆花恒春園 FUSION 彼岸花 低速病 回転数不良 DENON NF-15X/2 A'pis FF15XmkII 植物多様性センター オジロトウネン 白丸ダム 一丁平 iPhone 縦走路 整備工事 モズ 細田屋 カワウ 発芽実験 カワセミ LM4562NA Apple 水耕栽培 クイナ アオジ アボカド 高浜虚子 電子工作 放鷹術 パナマ グアテマラ OSX アカスジカメムシ OPAMP 台風18号 MUSES02 AT-MONO3/LP MUSES8820D MUSES8920D アキアカネ ヒカゲチョウ 6V6S キアゲハ コムラサキ アカボシゴマダラ 豆知識 LME49720NA レーベル MCON-P01 タフソーラー マクロコンバータ 電池切れ NT-500M オリンパス CTL1025 AWG-100BR-1AJF G-SHOCK CASIO 霜除け 親族トラブル 魚道 ハービー・ハンコック 秦基博 RD-BZ800 ヘッドホンアンプ ケース REGZA 榊一郎 地雷 皆既月食 Weekender TIMEX クロマチックハーモニカ ジャコ・パストリアス NAGAOKA 吉祥寺 5極管接続 Focusrite イタリアンロースト ZIPPO ハンディウォーマー コルディリネ 鈴木三重吉 Scarlett ウラナミアカシジミ シジミチョウ レコードスタビライザ 植物 書簡集 小箱とたん ハクキンカイロ 日原鍾乳洞 野草 奥多摩 フルシティロースト 和屋東京店 森山良子 iBooks エディ・ヒギンス ケニヤ 紙の博物館 セセリ 人道主義 平和ボケ 鍍金 竜ノ湖太郎 UL接続 スズメバチ オーディオインターフェース ニイニイゼミ ヒメアカタテハ モンキアゲハ 幼虫 NJM4580D 世田谷ボロ市 通り名報道 羽化 ER-4S 茶谷産業 JET 鬼灯市 ラジオメーター Solo 村井秀清 バルトーク ヒグラシ 震災 葦原大介 ドラゴンフルーツ OP275GP Trigger 天体 夕陽 アサギマダラ 挿し木 花火 土地 ついんくる 富士山 3号路 充電中 自然現象 セグロセキレイ うみまち鉄道運行記 古橋秀之 iOS8.3 再起動 不具合 軍畑大橋 軍畑 草市 30MB/s TOSHIBA DL-103 瀬那和章  デクスター・ゴードン 95MB/s SanDisk 越谷オサム 地上げ 建築基準法 亀屋樹 階段途中のビッグ・ノイズ 不動産屋 AU-305 伊佐良紫築 戸部淑 フレディ・ハーバード ペルー PIONEER キタテハ 平和フレイズ J-POP 星野源 真空断熱食器 レコードプレーヤ 志田用太朗 城山 ヒオドシチョウ 大沢 稲荷山 青藍病治療マニュアル 三月 似鳥鶏 アオモンイトトンボ 甘酒 オオスズメバチ コーヒー バッハ iPhone4s ヤマガラ KeG 鷹見一幸 ゴールドベルク変奏曲 グレン・グールド カワラヒワ スズメ 城山茶屋 幼鳥 ゴイサギ タシギ マンデリン シチズン Q&Q クルトガ ツグミ シジュウカラ シャープペン 天災 V6 Dyson 被害 オジロビタキ デルガード ペンケース ベルグソン 絶滅危惧種 3.11 RAW 文房具 デジタルテレコンバータ 世田谷 インドネシア フラックス ElectroHarmonix MERCURY 初詣 ミニバケツ 発泡PPシート ペン立て 白鳥士郎 大森藤ノ アレニウス・スヴァンテ 橙乃ままれ ログ・ホライズン 翻訳 フレディ・ハバード ハンディクリーナー ダイソン テングチョウ 改造 ピアノの森 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー アカシジミ 栄西 キタキチョウ 上野公園 スジグロチャバネセセリ イチモンジチョウ 取木 キアシドクガ 桜の蛾 腕時計 ヤマカガシ リキュール 電気ブラン カクテル KENKO 電源回路 OSX10.9 東宝 WD20EZRZ hiFace M2Tech JJ 12AU7 蟲師 大沢グランド 先生と僕 香日ゆら タンザニア 注油 モーター 寝落ち 回転数 スナップショットフォーカス 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 05