FC2ブログ

日々の便り

 

DL-103を試す

予報は晴れるという事だったので楽しみにしていたのですが、今日の東京はどんよりと重い曇り空でした。当初は河原に写真を撮りに行く予定だったのですけれど、これではまともに撮影出来ません。仕方が無いので行き先を吉祥寺に変更し、かねてから実行しようと思っていた、DL-103の針交換をしてきました。

次の写真は、交換して新しくなったDL-103。パッケージを含めて、昔から本当に何も変わっていないのですね。しかも驚いた事に、個々の針に手書きの特性測定結果がついてくるようです。ここまで手間ひまかけて作られているのに、針交換で約2万5000円弱とは驚きの安さでした。

P7060104
P7060104 posted by (C)circias

早速手持ちのシェルに取り付けて、レコードを聴いてみます。今回はオーディオテクニカのAT-LT13aを使用しました。本当はもっと良いシェルを使った方が良いのかも知れませんが、とりあえず手持ちの新品シェルがこれしかなかったもので。次の写真は、実際にレコードを再生している様子です。

P7060128
P7060128 posted by (C)circias

シェルに取り付ける段階で、まずひとつ問題が発生しました。それは、DL-103の端子が細すぎるという事。シェル付属のリードは端子が太すぎるようなのです。仕方が無いので、ここはシェルリードの端子をラジオペンチで少しかしめてから差し込む事で解決しました。

次にアームに取り付けてみて気がついたのは、このカートリッジの重さです。ゼロバランスをとる時に、アームのバランスウェイトがかなり後ろの方まで行ってしまうのですよね。SHUREのM97xEをはじめ、近代的なカートリッジとは大違いです。まぁどちらかというとローコンプライアンスな我が家のトーンアームには、これくらい重いカートリッジの方が合っているかも知れません。

針をレコードに落とすと、ちょっと重心の低い「ボッ」という音がします。M97xEでは「プッ」という高域寄りの音でしたが、DL-103はかなり重心が低いですね。レコードのプチノイズを拾った時の音も同様で、M97xEならばパチパチ言っていたところでも、それほど気にならない低めのノイズを出すようです。

このことからも分かるように、音域はだいぶ中域寄りでした。低域も引き締まったパワフルな音を出してくれます。高域はM97xEと比べると弱いのですが、不思議な事に籠った音にはなりません。それどころか、M97xEよりもずっと実体感のある、クッキリハッキリとした音を出すのですね。高域が弱い筈なのに、空気感や繊細さでもM97xEを上回っています。これがMMとMCの間にある、超えられない壁という奴なのでしょうか。

試聴したレコードは、次の通りです。

1)ニューイヤーコンサート2014
2)アランフェス交響曲/ある貴紳のための幻想曲
3)Like Someone In Love(アートブレイキー)
4)Sleep Walk (ラリーカールトン)

一通り聴いてみてまず感じたのは、音の密度の違いです。M97xEだと音が薄くなるところで、DL-103はしっかりと腰のある音を聴かせてくれます。それは音が大きいという事ではなくて、音の密度感なのですよね。そのため、M97xEではフヌケた演奏になってしまっていたLike Someone In Loveが、このカートリッジだととても良い演奏になるのです。

また、ある貴紳のための幻想曲の、高域の木管楽器にも大きな違いを感じます。M97xEではややヒステリックな甲高い音になる部分で、下品さが出ないのですね。もちろん音の強弱をはじめとするディティールはDL-103のほうが細かく聴かせてくれますので、単純に音が大きくなったとか、ある音域が強調されただけとか、そういう事ではないと思います。

ニューイヤーコンサートでは、まず音源位置に違いを感じました。M97xEだと音源が遠く、奥に引っ込んだような少しヴェールのかかった演奏になってしまうのですが、DL-103だとそれがありません。何より違いを感じるのは拍手でしょう、DL-103だと拍手が自分の周囲で鳴っているように感じるのです。このクッキリとした臨場感は、まるでハイレゾ音源のようですね。

ラリーカールトンのSleep Walkを再生してみると、キックドラムやベースのパワーの違いをはっきりと感じます。密度が上がると同時に音量もやや増して、なんというかパンチ力が大幅に上昇していますね。それでいて高域もきれいにバランスよく再生するので、籠った感じには全然なりません。むしろ音の実体感が大きく増したような感じがします。

アナログファンにとってはド定番と言われるこのカートリッジですが、長い歴史を経てなお支持され続けている理由が分かった気がしました。バランスが良く、密度が高く、表現力があって何にでも対応出来る。DL-103は、クラシックからジャズ・フュージョンに至るまで、どんなジャンルでも卒なくこなす優等生ですね。

M97xEの二倍以上の値段を考えれば当たり前かもしれませんが、M97xEでは全く対抗出来ないレベルの、ハイクオリティなカートリッジでした。しかし価格差と性能差を考えると、実売1万前後のM97xEがあそこまでの再生能力を誇るというのも、ある意味驚きです。コストパフォーマンスという意味では、M97xEは素晴らしい製品だと言えるでしょう。

しかし、絶対的な評価ではDL-103が圧倒していると思います。安く良い音を手に入れたいならM97xEをお勧めしますが、MCカートリッジを使える環境ならば、ちょっと無理をしてでもDL-103を買う方が良いでしょう。少なくとも私は、これからはこのDL-103をメインで使っていくことになると思います。

コンデンサ交換

今日も一日、実によい天気でしたね。絶好のお出かけ日和ではあったのですが、今日は用事を片付ける方に一日を費やしてしまいました。別にその用事は明日でも明後日でもよかったのですけど、先に片付けておいて後顧の憂いなく遊びたかったのです。

ところが。用事を片付けて帰宅した私は、自分がとんでもないミスを犯した事に気がついたのでした。なんと、明日は平日だというではありませんか。何を当たり前のことをと思われるかも知れませんが、うちの会社は明日は休みなのです。てっきり明日は暦の上でも休日だとばかり思っていました。

それで何が困るかと言いますと、植物園にせよ民家園にせよ、文科系の施設というのは基本的に月曜が休みなのです。つまり、植物園に行きたくて仕方ないのをひたすら我慢して、責任を先に果たしたり家族に付き合ったりでここ二日を無駄にした私は、単なる大馬鹿者だったと。月曜日があるから我慢我慢と、ずっと自分に言い聞かせていたのに。

教訓。正直者は馬鹿を見る。もういっそ自棄酒でも飲んで寝てしまおうかとも思ったのですけれど、連休の価値が消滅して無意義になった腹いせに無意義な事をするというのも、なんだか空しいですよね。というわけで部屋を見回したところ、分解したままになっているレコードプレーヤが目に留まったのでした。

成功する保証はありませんが、これの修理が上手くいったら気も晴れるでしょう。いずれにしても自棄酒よりはマシだろうと、早速作業を開始したのでした。制御回路のパターンの読み取りは、さすがに怠いので省略。交換用のケミコンは既に購入済みなので、いきなり交換から入ります。

PIONEER MU-61に使用されているケミコンは、以下の通りです。

○電源回路
35V 1000μF x1
35V 33μF x1
25V 100μF x1

○制御回路
50V 0.47μF x4
50V 2.2μF x1
50V 1μF x1
25V 47μF x1
25V 3.3μF x1
25V 4.7μF x1
16V 100μF x1

まぁ大した個数でもありませんので、割と気楽なものですね。ただ一点注意しなければならないのは、プリント基板の方もだいぶくたびれているので、不用意にコテをあてたり力をかけたりすると、パターンがあっさり剥がれてしまう事。実は最初の一個でちょっとやらかしまして、さすがに焦りました。

用心して電源部のアースから始めたので、余ったコンデンサの足で簡単に補修出来ましたけれども、あれが制御回路だったら一巻の終わりだったかも知れません。

安全に部品を取り外すには、まずハンダ吸い取り器できっちりハンダを吸った後、コンデンサに手を添えて軽く力をかけつつ、コテを部品の足に当てて加熱する事が必要です。見た目上ハンダが無くなっても、まだ微妙に残っていたりしますので、足に熱を加えつつ動かしてやることで、完全に部品を剥がしてやるわけですね。

部品が基盤から完全に浮いたのを確認したらラジオペンチで足を伸ばし、基盤に負担をかけないように注意して引き抜きます。このとき無理にこじったりすると、それでパターンが剥がれてしまう事もあるので、絶対に無理な力はかけないように注意しなければなりません。次の写真は、交換を終えた制御回路です。

交換完了
交換完了 posted by (C)circias

コンデンサ周りにだいぶ余裕ができたのが分かるでしょうか。使用したのは千石電商で売っている一番安い東信のケミコン。決して小型品ではないのですが、それでも同耐圧で同容量なら、一回り以上小さくなっているのですね。まぁもともとの部品は1970年代前半のものですから、違いがあるのは当然と言えば当然です。しかし、これほど進歩していようとは。

さて、次の写真は外した部品です。あらためて一つずつ見てみましたが、やはり見た目で分かるような異常はありませんでした。特に膨れてもいませんし、奇麗なものです。とはいえ、さすがに40年以上前のケミコンですから、普通に寿命と考えるべきですよね。

外した部品
外した部品 posted by (C)circias

部品の交換が完了したので、とりあえず仮組をして先程からずっとレコードをかけているのですけど、今のところ調子は良いようです。交換前のように、再生していていきなり回転がダレてくるような事はありません。回転の立ち上がりも、心なしか速くなった気もしますし、やはりケミコンの交換は効果があったようです。あと何枚かレコードを聴いてみて、それでも大丈夫なら修理は成功と考えて良いでしょう。

それにしても、久しぶりにレコードを聴いてみてつくづく思ったのですが・・・やっぱり、レコードって良いですね。なにより、良い音楽のある日常というのはこんなに豊かなものかと。気がついたら、暗澹たる気分もどこかへ吹き飛んでいました。どうせ明日は行くところもないのですし、いっそこのまま徹夜でレコードを聴くのも良いかも知れませんね。

やっぱり、音楽は最高です。

電源回路を読む

今朝は早起きし過ぎたので、早目に電池が切れるかと思っていたのですが、豈図らんや、まだ持ちこたえています。どうやら眠った感じがしなくとも、睡眠時間なりの休息にはなっていたようで。御陰で、今日はいつもより少し有意義な晩の時間を過ごす事ができました。

何をしていたのかと言いますと、先日故障したレコードプレーヤの調査です。まずは、電源回路から。次の二枚は、PIONEER MU-61の電源部の表裏の写真です。

MU-61 電源回路
MU-61 電源回路 posted by (C)circias

MU-61 電源回路裏
MU-61 電源回路裏 posted by (C)circias

割とシンプルな回路ですね。ぱっと見痛んでいそうな部品はありませんし、電圧を測ってみてもふらついているような部分はありません。モーターに負荷をかけても出力電圧に変化はないので、ケミコンの劣化はどうだか知りませんが、それ以外の素子には全く異常がないと考えても良いでしょう。

MU-61の電源回路は、トランスで減圧した交流をブリッジ整流し、簡単なCR型のリプルフィルタを通した後ダーリントンに放り込んで電流を強化するだけの、ごくシンプルな電源回路です。もちろんダーリントンの入口には電圧制御用の回路がついていて、出力は負荷によらず16Vで安定するようになっています。

まずは、ブリッジからダーリントンの部分を回路図にしてみました。ちなみにこれ、ボールペンでコピー用紙に一発殴り書きしただけのものなので、見苦しいのはご容赦下さい。今気がつきましたが、この殴り書き、0V端子が接地していませんねぇ(笑

ダーリントン
ダーリントン posted by (C)circias

ダーリントンの一段目は2SC372Y、二段目が2SD130BLです。使用されているケミコンは、ニッケミの33μFと1000μFでした。この回路の出力電圧は、一段目のVbから一段目と二段のベースーエミッタ間電圧を引いたものになる・・・と思います、多分。

Vout=Vb1-(Vbe1+Vbe2)

しばらく回路は触っていないのでちょっと記憶があやふやになっていますが、合っていますよね。で、ということは、Vb1を上下させてやれば、出力電圧を調整出来るという理屈になるわけですね。その役目を担っているのが、一段目のベースに接続された抵抗と、次の回路です。

電圧制御回路
電圧制御回路 posted by (C)circias

同じく2SC372Yを使った割とシンプルな回路ですね。この回路は、ダーリントンの出力電圧に比例して、一枚目の回路の端子1のところから吸い込む電流を増減するようにできています。

つまり、負荷が減って出力電圧が上がろうとすると、すかさずこの回路が吸い込む電流を増やします。するとダーリントン一段目のベースについている抵抗による電圧降下が増え、結果的にVb1が下がり・・・という仕組み。

逆の場合の動作も同様です。負荷が増えて出力電圧が下がりそうになると、この回路が吸い込む電流を減らすので、Vb1が上昇して出力電圧を一定に保ちます。

かなり久しぶりなので自信はありませんが、割と良くある簡易型定電圧回路だと思います、多分。この程度の仕組みなら別の回路に置き換える事も可能ですし、もし弄くり回して壊してしまったとしても、電源については特に心配する必要はなさそうですね。コンデンサの役割も分かりましたので、サクっと新品に交換してしまっても大丈夫でしょう。

連休に入ったら、まずは電源部から部品を交換してみようと思います。


故障再び

おはようございます。只今午前4時、例によって夕食をとる事もできずに潰れてしまいました。作るところまでしか体力がもたないのですよね。まぁ、家族が全部食べてしまうので無駄にはならないのですけど、起きた時のこのなんともいえない空しさは、ちょっとこたえます。

これで気晴らしのひとつもあれば良いのですが、生憎今は一番の楽しみもお預け中なのです。いえ、むしろお預けで済めば良いのですが、どうなりますやら。というのは、レコードプレーヤが再び故障してしまいまして。

回転数不良に注油で対処したのは先週の事。とりあえず一週間はそれで凌げていたのですけど、そう甘くはありませんでしたね、症状が再発してしまったのです。これはもう、十中八九回路の方に何か問題があると見て間違いないでしょう。

2014-04-22
2014-04-22 posted by (C)circias

上の写真は、とりあえず分解してみたMU-61の制御回路です。蓋を開けたのは日曜日の午後の事。パッと見で分かる異常は無いので、各所の電圧を測ってみたりもしたのですが、即座に分かるような異常は見当たらず。そもそも症状が緩やかで散発的なので、こういう形でのチェックも難しいのですよね。

この回路で痛むところがあるとしたら、ケミコンくらいのものでしょうか。いちいちチェックするのも面倒くさいので、もういっそ消耗品であるケミコンは全交換してしまっても良いかもしれません・・・というところまでは辿り着いたのですけど、日曜日は体力が持たずに、そこまででダウン。

で、昨晩はご覧の有様なものですから、まだ全然作業が進んでいません。何をするにしても、まず起きていられるだけの体力が無い事には話になりませんしね。回転数を長時間維持出来ないのは、持ち主も同じであるようで。

それにしても、レコードを聴けないとこんなに張り合いが無いものとは思ってもみませんでした。たった15分でも好きな音楽を聴くというのが、精神的に結構大きかったのだなと、今更ながら実感させられます。習慣になっているからというのもあるのでしょうけど、なんとも張り合いが無くて、ボンヤリしてしまうのですよね。

連休が来る前に交換する部品は揃えておいて、連休中に一気に作業してしまいたいところなのですけれど、このペースだとどうなりますやら。前途多難です。


回転数不安定

いやはや、昨日は参りました。一昨日を充実させ過ぎた反動か、本当に全くと言って良いほど何も出来ない一日になってしまいまして。以前なら休日を三日続けて有意義に・・・なんてことも出来たのですけど、どうにも年始に寝込んで以来体力がなくていけません。

昼過ぎまで眠っていただけでは飽き足らず、午後も結局うとうと。それなのに晩は9時前に寝落ちて4時前に目が覚めて、自分が日曜をまるまる寝て過ごしたのだということに気付いた時には、さすがにちょっと呆然としましたね。まぁ、休めるだけ休んでおくというのも正しい休日の使い方ではあるのですが。

そんな昨日の唯一の有意義な活動はといえば、レコードプレーヤーのメンテナンスを行ったこと。実は昨日レコードを聴いていたら、突然音が「ぐにょーん」とたるみ出しまして。回転数チェックの縞模様を見て居ると、速くなったり遅くなったりしているのが分かります。

回転数が不安定になったらもう寿命、なんて話を聞く事もありますが、果たして本当にそうでしょうか。どうも、回転数不安定イコール回路の故障と決めつけてしまう人もいるようですけれど、実はそんな事は無いのですよね。では何が原因かといいますと、まず疑わしいのは油切れなのです。

MU-61 モーター注油口
MU-61 モーター注油口 posted by (C)circias

80年代のダイレクトドライブ式テーブルの場合、モーターを整備出来ないものの方が多いようですが、70年代初期のベルト式はそうではありません。上の写真は、MU-61のモーター注油口。テーブルのゴムマットを外してやると見る事が出来ます。モーターの軸の根元に見える銀色の溝に、シリコンオイルを5、6滴垂らしてやったところ、症状が改善しました。

MU-61はDCモータの回転速度をホール素子で監視して、電圧の上げ下げで速度を調整しているようです。その制御回路はモーター側ではなく回路ボックスの方に入っていて、モータそのものは至って単純。これに劣化する要因があるとするなら、専らメカニカルな要素でしょう。

MU-61のようなベルトドライブ式のプレーヤの回転が不安定になった場合は、テーブル軸とモータの注油をまず試してみるのが良いと思います。まぁ最近の安物プレーヤはメンテナンスするようには作られていないかもしれないので、あくまで70年代の品物に限り、ですが。

なまじハイテクなものは長生き出来ないのに対して、こういう古くてある意味原始的なシステムは、修理する事でいつまででも使い続けられるというのが、なんとも。短期的な性能ではハイテク製品の足元にも及びますまいが、しかし道具としての正しい姿はどちらだろうと考えると、私はこちらがそうであるような気がしてなりません。

アナログとかメカニカルとか。デジタルでバーチャルな世代には侮られがちですけれど、そう馬鹿にしたものではありませんよね。私はデジタルな技術者ですけれど、だからこそ、こういう確固とした実体のあるモノが大好きなのです。


プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 野川 小説 17mm シティロースト TU-8150 アートブレイキー MU-61 紅葉 次大夫堀公園 修理 青梅 小仏城山 接写リング 御岳渓谷 開花情報 ブレンド PB-400 AriaPro 御岳山 神代植物公園 写真 CD トンボ 300mm 実写テスト 東京 景信山 ライトノベル 古民家 カートリッジ JAZZ/FUSION 開花状況 神代植物園 ロック クラシック センテッドゼラニウム 森見登美彦 TU-877 シモバシラ 多摩川 哲学 マイケル・サンデル コロンビア  深大寺 バラフェスタ 3結 6号路 骨董市 ラリー・カールトン 鳩ノ巣渓谷 ハイレゾ音源 故障 e-onkyo 江戸東京たてもの園 岡本公園民家園 小仏峠 奥高尾 東宝撮影所  エリック・クラプトン もみじ台 上野 TU-H82 野川公園 OPA2134PA JPOP 東日本大震災 ハクセキレイ 2015 東照宮 砧公園 フレンチロースト 水生植物園 東京国立博物館 仙川 布多天神社 調布 ニューイヤーコンサート  ミツバチ ハイロースト つくる市 これからの正義の話をしよう レコード洗浄 ニカラグア 大蔵住宅 リー・モーガン HDD NF-15X/2 FF15XmkII 発芽実験 オジロトウネン アオジ A'pis 速度比較 SDカード 水耕栽培 カワセミ アボカド 細田屋 ダイミョウセセリ 回転数不良 カワウ 整備工事 縦走路 井の頭自然文化園 一丁平 植物多様性センター DENON 中仕切り KT88 コゲラ ペグ 磨き GoldLion 90MB/s ピックガード 根津美術館 iPhone 調布飛行場 メッキ 分解 蘆花恒春園 オーディオテクニカ バド・パウエル LM4562NA 白丸ダム Class10 武蔵野公園 ボリューム UHS-I 国産 ジョウビタキ Apple TempoDrop 布多天神 クロヒカゲ BUMP スミナガシ かき氷 ジフィーポット 彼岸花 アゲハ アブラゼミ 2017 浜離宮 イチモンジセセリ テンポドロップ Transcend Eagles ストームグラス ZO-3 FUSION ミンミンゼミ M97xE 低速病 コミスジ 大雪 アニメ 冲方丁 SHURE ツクツクボウシ クイナ WD10EADS ウェザーリポート モズ ツマグロヒョウモン 表参道 正月特別開園 工事 天地明察 RAW インドネシア アレニウス・スヴァンテ オジロビタキ 被害 初詣 シジュウカラ フラックス 白鳥士郎 大森藤ノ 天災 デジタルテレコンバータ ツグミ 橙乃ままれ ElectroHarmonix フレディ・ハバード 翻訳 ログ・ホライズン 幼虫 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ コルディリネ 小箱とたん ケニヤ エディ・ヒギンス ウラナミアカシジミ シジミチョウ ドラゴンフルーツ ヒグラシ バルトーク 村井秀清 鬼灯市 JET セセリ 森山良子 OPAMP ヘッドホンアンプ 電子工作 ケース NT-500M NAGAOKA 竜ノ湖太郎 ER-4S フルシティロースト 和屋東京店 iBooks イタリアンロースト 震災 葦原大介 羽化 スズメバチ 榊一郎 レーベル 吉祥寺 AT-MONO3/LP グアテマラ パナマ 地雷 ジャコ・パストリアス マクロコンバータ MCON-P01 オリンパス ハービー・ハンコック クロマチックハーモニカ 秦基博 OSX キアゲハ 世田谷ボロ市 モンキアゲハ 通り名報道 ヒメアカタテハ 鍍金 ニイニイゼミ 3.11 高浜虚子 豆知識 アカボシゴマダラ ヒカゲチョウ アキアカネ アカスジカメムシ コムラサキ 霜除け 桜の蛾 ハンディクリーナー MERCURY ミニバケツ ペン立て ダイソン Trigger クルトガ シャープペン Dyson V6 発泡PPシート スナップショットフォーカス タフソーラー 電池切れ TIMEX Weekender CTL1025 AWG-100BR-1AJF 植物 CASIO G-SHOCK デルガード 文房具 土地 建築基準法 地上げ 不動産屋 富士山 夕陽 不具合 再起動 充電中 アサギマダラ  ヤマカガシ 12AU7 JJ 改造 ペンケース WD20EZRZ キタキチョウ イチモンジチョウ アカシジミ スジグロチャバネセセリ 茶谷産業 ラジオメーター ピアノの森 組立て 指板 塗装 親族トラブル 魚道 放鷹術 REGZA RD-BZ800 皆既月食 ラッカー 防錆 工作材 ピックアップ コントロール サドル調整 木栓 ミニカッティングソウ プロクソン PROXXON No.28151 台風18号 6V6S 野草 日原鍾乳洞 奥多摩 Focusrite 紙の博物館 ハクキンカイロ 平和ボケ 人道主義 ZIPPO ハンディウォーマー Scarlett Solo LME49720NA MUSES8920D MUSES8820D MUSES02 OP275GP NJM4580D オーディオインターフェース UL接続 5極管接続 iOS8.3 iPhone4s シチズン デクスター・ゴードン 瀬那和章 DL-103 Q&Q 腕時計 カクテル リキュール キアシドクガ 仕上げ 草市 30MB/s 亀屋樹 越谷オサム 軍畑 軍畑大橋 階段途中のビッグ・ノイズ AU-305 TOSHIBA 95MB/s SanDisk 電気ブラン 取木 蟲師 大沢グランド 寝落ち 回転数 東宝 OSX10.9 絶滅危惧種 テングチョウ M2Tech hiFace モーター 注油 上野公園 栄西 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー KENKO 電源回路 先生と僕 香日ゆら タンザニア ついんくる 花火 ペルー PIONEER レコードプレーヤ 志田用太朗 フレディ・ハーバード キタテハ J-POP 星野源 真空断熱食器 平和フレイズ 三月 似鳥鶏 世田谷 アオモンイトトンボ マンデリン オオスズメバチ 大沢 ヒオドシチョウ 青藍病治療マニュアル 稲荷山 城山 甘酒 城山茶屋 うみまち鉄道運行記 伊佐良紫築 戸部淑 KeG セグロセキレイ 自然現象 挿し木 天体 3号路 古橋秀之 鷹見一幸 ヤマガラ ゴイサギ 幼鳥 カワラヒワ スズメ タシギ グレン・グールド コーヒー バッハ ゴールドベルク変奏曲 ベルグソン 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08