FC2ブログ

日々の便り

 

AT-MONO3/LPを試す

今日はまた、随分と冷えていますね。閉め切った室内でも20度を切るくらいですから、戸外では17度くらいでしょうか。空もどんよりと曇っていて、今にも雨が降り出しそうです。

今日は不覚にも昼過ぎまで寝過ごしてしまったのですが、起きた時の暗さに、よもや夕方まで寝てしまったのかと驚いたほどでした。まぁ、今日は出掛ける予定もありませんので、天気が悪くても問題ないのですけどね。

とりあえずまずは朝食、そして取りかかったのが、木曜の晩に届いていた荷物の開封です。中身は何かと言いますと、カートリッジとヘッドシェル、そしてシェルリード。レコードに詳しくない方には何の事やらさっぱりかも知れませんが、要するにこれです。

2013-10-19
2013-10-19 posted by (C)circias

写真の銀色に見えている部分がカートリッジ、その上にある黒っぽい取手付の金属部分がヘッドシェル、カートリッジとシェルの間にある細い導線がシェルリード。これらは通常、別々のパーツとして販売されていて、夫々に購入して自分で組み立てる必要があります。
もちろんNAGAOKAのNT-500Mのように、全部セットになっている親切なパーツもあるのですけど、そういうのはむしろ少数派ですね。

今回購入したのは、以下のパーツ。

1)AT-MONO3/LP(モノラルカートリッジ)
2)AT-LT13a(ヘッドシェル)
3)AT6101(シェルリード)

ところが、開封してみてびっくり。なんと、AT-LT13aにはもともとシェルリードが付属しているのでした。シェルを買うのは初めてなので、付いていないものとばかり思っていたのですけれど、果たしてオーテクさんが太っ腹なのか、あるいはそういうものなのか。

2013-10-19
2013-10-19 posted by (C)circias

しかも、カートリッジの方の端子を見てみますと、なんと、端子基部が色分けされていて、シェルリードのどのラインをどの端子に付けたら良いかが一目瞭然になっています。なんという親切設計、こういう気配りは素晴らしいですね。

2013-10-19
2013-10-19 posted by (C)circias

更に言うと、カートリッジのパッケージには小さなドライバーまで同梱されていました。本当に至れり尽くせりですね、オーディオテクニカさん。私のような初心者には、こういう気配りがたいへん有難いものです。

御陰で難なく組み立ては終わり、只今レコードをテスト再生中。音質は・・・他のモノラルカートリッジとの比較は出来ませんけれど、良い、と思います。確かにステレオカートリッジで無理矢理モノのレコードを再生するよりきれいな音ですね。

モノラル用の高品質なLP盤を再生すると、ノイズは皆無と言って良いほどのクリアな音質です。音も太く滑らかで、モノラルなのに音場の窮屈な感じがありません。不思議なもので、ステレオほどではないにせよ、音が立体的に聞こえるのですよね。

ただレコードによっては、録音はモノラルなのにステレオカートリッジで再生した方がノイズが少ないものもありまして、モノラルだからモノラルカートリッジ専用、ということでもないようです。うぅむ、奥が深い。

ところで、なぜ今更モノラルか・・・というお話ですが、ジャズなどの古い音楽の場合、どうしてもモノラルが多いのです。モノラルはステレオ用カートリッジでも再生出来るのですが、カートリッジの振動系の設計や針の太さの違いがあって、ステレオ用カートリッジでは余計なノイズを拾ってしまい、どうしてもクリアな音にはならないのですね。

そこでモノラルカートリッジなのですが、近頃はこれがなかなか手に入りません。十万円以上するようなクレイジーなマニア向けはともかく、普及価格帯だとDENONのDL-102かこのAT-MONO3/LPの二択になってしまいます。

DL-102も是非試してみたいのですが、さすがに約3万円をポンと投資する訳には・・・というわけで、AT-MONO3/LPを買ってみる事にしたのでした。いえ、これだって1万円くらいはしますので、今月は赤字確定なのですけれど。なにしろ、先日レコードでだいぶ出費してしまいましたしね。

近年、レコードファンは増えてきているという話ではありますが、それでも、必要な部品を普及価格で提供可能なほどの人口ではないそうです。そのため、DENONのカートリッジは今月から40%ほど値上げに。庶民に手が届くのは、オーディオテクニカさんだけになってしまいました。

こういうマイナー市場のために製品を出し続けることは、大きな企業にとっては逆に負担になる場合がほとんどです。にもかかわらず、モノラルカートリッジまでちゃんと出してくれているのは、本当に有難い事ですね。なんだか最近、私の中でオーテクさんの株が急上昇中です。現金な話ではありますけれど(笑

たかが重り、されど重り。

昨日の暑さが嘘のように、今日は涼しい一日でしたね。御陰で私はすっかり体調を崩してしまいまして、一日中低体温で寝込む羽目に。これではまるで爬虫類ですね、恒温動物失格です。
そんなわけで、本日唯一の外出先は、銭湯。夕食を無理矢理流し込んだ後、ふらつきながら行ってきたのですが、ゆっくりと湯船で暖まった御陰で少し元気になりました。やはり良いですね、風呂は。

というわけで、先程から少しレコードを聴いています。相変わらずめぼしい発掘品がないので、以前見付けたアランフェスを。ついでに、昨日購入したばかりの新しいアイテムをテストしてみました。

スタビライザー
スタビライザー posted by (C)circias

写真は、オーディオテクニカのレコードスタビライザー。要するにレコードの上に載せる重りなのですけど、果たして重りなどに効果があるのでしょうか。正直なところ、半信半疑です。まぁ、慣性質量が大きい方が回転が安定するというのは、物理的に間違いないことなのですけどね。

LPが主流でなくなって久しいとはいえ、LP用のアイテムはいまだに沢山売られています。スタビライザも色々とありまして、中には非常に重いものもあるのですけど、とりあえず軽めのオーテクのものにしてみました。
というのは、重いものを載せるという事は、それだけモータや軸に負担をかけるという事です。年代物のベルトドライブに余計な負荷をかけるのは心臓に優しくありません。御歳ですからねぇ、モータも回路も。

スタビライザを載せてモータを起動すると、やはり加速し切るのに普段より少し時間がかかります。ただし、回転が安定してからは特に問題なく。まるで重りなどあってもなくても変わりないかのように、同じ設定でしっかりと回転数を出してくれます。

いいですよねぇ、年代物の機械のこういう動作。見ていると、ちょっと嬉しくなってしまいます。私もこういう装置を作る仕事がしたかったなぁ、と。
モノの市場価値なんて関係ないのですよ。この回転が、答えの全てなんですよね。まぁ、分かる人にしか分からない類いのロマンなのでしょうけれど、私はこういうのに痺れる類いの人間なので。

ぴたりと安定した回転を確認してから針を載せ、一楽章聴いたところで針を除け、今度はスタビライザを外して最初から。聴き比べてみると、若干違いがあるような、ないような。
スタビライザを取り除くと、ギターのアタックが少し丸くなります。音が全体的にソフトになるのですが、それでいて大きな音にすると聴き疲れするような。

もう一度スタビライザを載せてみると、やはり音がカッチリしますね。アタックが鋭くなり、残響は豊かになり、それでいて整理されていて聞き易い音。
気になるかどうかは人によるかも知れませんが、私はスタビライザが載っているときの音の方が好みです。

ここで少し、原理の話をしましょうか。

要は針がレコードを引っ掻く時に生じる抵抗が、どれだけ回転に影響を与えるのかが問題な訳です。回転体の質量に比例して運動エネルギーは大きくなりますね。すると、針の抵抗による回転への影響は少なくなります。
果たしてそれが耳で分かる程度の違いになるのかどうかは計算してみないと断言出来ませんけれど、しかし、影響があるであろうことは分かります。

そもそも「音色」ってほんの十数ミリ秒の間の波形変化が命なのですよ。シンセサイザで音を作った事のある人なら、「アタック」の部分が音色にとってどのくらい重要かはご理解頂けるでしょう。音色の半分以上、いえ、大半はアタックの部分で決まってしまうのです。

ここのところ、波形エディタが大好きな皆さんは勘違いしている方が多いのですよね。波形エディタで長めの「一音」の波形を比較してどや顔されることが多いのですが、見えている部分なんて音色の残りカスなのです。サスティンなんて飾りですよ、お偉いさんにはそれが分からんのです。

例えばBPM=120の曲の場合、一拍は0.5sec,つまり500msecです。では、32分音符の長さはというと、62.5msecですね。この間に、アタックもディケイもサスティンもあるのですよ。では、アタックはこのうちどのくらいの割合でしょうか。どんなに長くても1/3くらいでしょうから、20msecとしましょう。そう、たったそれだけの間の変化が「音色」にとって最も重要な部分なのです。

しかも、BPM120なんてPOPなら遅い方です。もっとずっと速い曲でも、短い音符の「音色」を聞き違える事はありませんね。つまり、msecオーダーの変化が、確かに音色の変化になる。これは、原理的に言っても間違いはありません。
つまり、スタビライザは原理的に言っても効果があるものですし、実際に聴いてみても多少効果があるように感じられる、というのが私の結論。というわけで、このスタビライザは常用が決定致しました。

それにしても、もともと鮮明だと思っていた音がさらに鮮明になるとは。アナログ恐るべし、ですね。これで針を良いものに替えたら、一体どうなってしまうのでしょう。アイテム漁りの泥沼にはまる人の気持ちが、少し分かる気がします。



プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ 堀口珈琲 JAZZ ELEKIT 小説 野川 17mm シティロースト アートブレイキー TU-8150 紅葉 MU-61 青梅 修理 次大夫堀公園 御岳渓谷 小仏城山 接写リング AriaPro ブレンド 開花情報 PB-400 写真 CD 御岳山 神代植物公園 300mm 東京 実写テスト トンボ 景信山 古民家 ライトノベル カートリッジ JAZZ/FUSION 神代植物園 クラシック 開花状況 ロック 森見登美彦 シモバシラ マイケル・サンデル TU-877 哲学 多摩川 センテッドゼラニウム e-onkyo バラフェスタ 鳩ノ巣渓谷 ハイレゾ音源 コロンビア  骨董市 ラリー・カールトン 3結 深大寺 故障 6号路 JPOP TU-H82 江戸東京たてもの園 岡本公園民家園 エリック・クラプトン もみじ台 奥高尾 OPA2134PA 東宝撮影所  野川公園 小仏峠 東日本大震災 上野  リー・モーガン 水生植物園 ミツバチ 東京国立博物館 HDD ハクセキレイ 調布 布多天神社 ニカラグア ハイロースト レコード洗浄 砧公園 仙川 ニューイヤーコンサート 2015 つくる市 フレンチロースト 東照宮 大蔵住宅 これからの正義の話をしよう メッキ ウェザーリポート ツマグロヒョウモン M97xE DENON クイナ SHURE モズ UHS-I 蘆花恒春園 FUSION iPhone 90MB/s バド・パウエル Transcend GoldLion アオジ カワセミ オジロトウネン 一丁平 縦走路 ペグ 磨き カワウ 速度比較 Class10 KT88 整備工事 ピックガード 細田屋 SDカード スミナガシ 正月特別開園 天地明察 2017 テンポドロップ TempoDrop ストームグラス 調布飛行場 ダイミョウセセリ オーディオテクニカ 回転数不良 ジョウビタキ 白丸ダム 表参道 根津美術館 冲方丁 工事 植物多様性センター アニメ FF15XmkII LM4562NA A'pis NF-15X/2 Apple 発芽実験 武蔵野公園 BUMP 井の頭自然文化園 アボカド 水耕栽培 Eagles コゲラ かき氷 クロヒカゲ 大雪 中仕切り アブラゼミ イチモンジセセリ ボリューム 浜離宮 ジフィーポット 彼岸花 アゲハ 分解 布多天神 ツクツクボウシ ZO-3 WD10EADS 低速病 コミスジ ミンミンゼミ 国産 ベルグソン アレニウス・スヴァンテ ツグミ RAW ログ・ホライズン フレディ・ハバード 橙乃ままれ インドネシア 翻訳 大森藤ノ シジュウカラ オジロビタキ 3.11 被害 フラックス 白鳥士郎 初詣 天災 デジタルテレコンバータ ElectroHarmonix 高浜虚子 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ コルディリネ 小箱とたん ケニヤ エディ・ヒギンス ウラナミアカシジミ シジミチョウ ドラゴンフルーツ ヒグラシ バルトーク 村井秀清 鬼灯市 JET セセリ 森山良子 OPAMP ヘッドホンアンプ 電子工作 ケース NT-500M NAGAOKA 竜ノ湖太郎 ER-4S フルシティロースト 和屋東京店 iBooks イタリアンロースト 震災 葦原大介 羽化 スズメバチ 榊一郎 レーベル 吉祥寺 AT-MONO3/LP グアテマラ パナマ 地雷 ジャコ・パストリアス マクロコンバータ MCON-P01 オリンパス ハービー・ハンコック クロマチックハーモニカ 秦基博 OSX キアゲハ 世田谷ボロ市 モンキアゲハ 通り名報道 ヒメアカタテハ 鍍金 ニイニイゼミ 幼虫 絶滅危惧種 豆知識 アカボシゴマダラ ヒカゲチョウ アキアカネ アカスジカメムシ コムラサキ 霜除け シチズン 発泡PPシート スナップショットフォーカス 植物 CASIO ペン立て ミニバケツ Trigger ダイソン ハンディクリーナー MERCURY G-SHOCK AWG-100BR-1AJF ラジオメーター 平和ボケ 人道主義 ZIPPO 茶谷産業 Weekender CTL1025 タフソーラー 電池切れ TIMEX V6 Dyson  ヤマカガシ イチモンジチョウ アカシジミ 不動産屋 地上げ 夕陽 富士山 土地 建築基準法 スジグロチャバネセセリ キタキチョウ 文房具 デルガード クルトガ シャープペン ペンケース 改造 WD20EZRZ 12AU7 JJ ハンディウォーマー ハクキンカイロ 防錆 プロクソン PROXXON No.28151 ラッカー 塗装 親族トラブル ピアノの森 組立て 指板 ミニカッティングソウ 木栓 Steinberger Spirit GT-PRO イケベ楽器 ST-550 仕上げ 工作材 ピックアップ コントロール サドル調整 魚道 皆既月食 Solo オーディオインターフェース UL接続 5極管接続 Scarlett Focusrite 紙の博物館 野草 日原鍾乳洞 奥多摩 NJM4580D OP275GP 台風18号 放鷹術 REGZA RD-BZ800 6V6S MUSES02 LME49720NA MUSES8920D MUSES8820D アサギマダラ 充電中 瀬那和章 DL-103 草市 30MB/s デクスター・ゴードン リボレ秋葉原店 キアシドクガ 桜の蛾 腕時計 Q&Q TOSHIBA 95MB/s 軍畑大橋 ついんくる 花火 挿し木 軍畑 越谷オサム SanDisk AU-305 階段途中のビッグ・ノイズ 亀屋樹 リキュール カクテル 寝落ち 回転数 モーター 注油 大沢グランド 蟲師 M2Tech hiFace OSX10.9 東宝 先生と僕 香日ゆら 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー 取木 電気ブラン 栄西 上野公園 タンザニア 電源回路 KENKO 天体 3号路 志田用太朗 三月 似鳥鶏 青藍病治療マニュアル レコードプレーヤ PIONEER 平和フレイズ キタテハ フレディ・ハーバード ペルー 稲荷山 城山 iPhone4s iOS8.3 不具合 再起動 オオスズメバチ マンデリン ヒオドシチョウ 大沢 世田谷 アオモンイトトンボ 真空断熱食器 星野源 KeG 鷹見一幸 ヤマガラ コーヒー 戸部淑 伊佐良紫築 古橋秀之 自然現象 セグロセキレイ うみまち鉄道運行記 バッハ ゴールドベルク変奏曲 スズメ 城山茶屋 甘酒 J-POP カワラヒワ 幼鳥 グレン・グールド タシギ ゴイサギ テングチョウ 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12