FC2ブログ

日々の便り

 

エル・カルメロ

そういえばここしばらく、コーヒーの話をしていませんでしたね。実は例によって、しばらくケニアとエチオピアばかりで、新しい豆を試していなかったのです。この二種類は我が家の定番なので、特に興味のある豆や新しいブレンドがない場合は、基本的にこの組み合わせに。店員さんに指摘されて初めて気がつきましたが、どうやら私は南米系よりアフリカ系の豆を好むようですね。

とはいえ、別に南米が嫌いという訳ではありません。お勧めされれば試してもみるのですよ、というわけで、勧められるままに新しい豆を購入してしまいました。

2014-02-26
2014-02-26 posted by (C)circias
国籍:コロンビア
農園:エル・カルメロ
煎り:シティロースト

コロンビアはエル・カルメロ農園から。種類はカトゥーラのようですね。この豆は以前、コロンビアの飲み比べセットに含まれていたそうなのですけど、多分日記には書いた事がないと思います。カルメロ農園なんて覚え易い名前、さすがに忘れたりはしないと思いますしね。

淹れ方ですが、シティローストなので、挽きはいつも通り中挽きで。お湯は84.5度、蒸らしは45秒。注ぎは、普段よりちょっと高めの位置から落とすような感じで、抽出二回で淹れてみました。

まず香りは、まったりとしています。どちらかと言えばナッツのコクに近い感じの甘い香りですが、それでいてそんなにこってりとした感じにはなりません。これは恐らく、同時に少し香る酸味が柑橘のような印象だからでしょう。

口に含んだ時の印象もまた、香りとほとんど変わりません。まずはまったりとしたコク、そして柔らかな苦み。この苦みが実に柔らかくて、苦いというよりは香ばしいと言った方が良い程度の軽いものです。次いで感じる酸味もそれほど強い主張はなく、全体的にふわりと軽くて明るい印象の味でした。

温度が下がって温くなってくると、熱いうちは目立っていた口当たりのまったり感が少なくなってきます。代わりに前に出て来るのは酸味ですね。ほぼ口当たりから、オレンジのような華やかな酸味が口の中に広がり、苦みは控えめに主張する程度。甘味も口当たりからしっかりと感じるので、甘酸っぱいコーヒーという印象になります。

後味もまたこの甘酸っぱさが残りますが、あまり舌に絡み付かない味なので、口の中はさっぱり。食後の一杯に丁度良さそうです。ちなみに、甘いものには飛び切りよく合います。特にチョコレート系とは相性が良いようですね、お互いの旨味を引き出してくれるので、ちょっぴりチョコをつまみながら飲むのがお勧めです。

コロンビアは無難な印象の豆が多かったような気がしますが、この豆はかなり個性的と言っても良いでしょう。いわゆる缶コーヒー的な当たり前のコーヒーの味はしません。しかし、当たり前なコーヒーよりずっとこちらの方が美味しいと思います。

個性はありますが、あくまでふわりと軽く明るい味なので、決して嫌みにはならないのが良いですね。割とどなたにでもお勧め出来そうな、飲み易いコーヒーでした。

フレディ・ディアス・インバチ

今日は本当に寒い一日でしたね。私はじっとしているとすぐに低体温になってしまって、一日中ひどい頭痛に悩まされていました。昨日と一昨日がまた暖かかったですから、こう急激に気温が変化すると、体がついていきません。

結局今日は髪を切りにいった以外、特にこれといってしたことはありませんでした。あぁでも、レコードは聴きましたし、コーヒーも淹れましたよ・・・って、先週も確か似たような事を。ともあれ、今晩も新しい豆を試してみましたので、そのお話でも。

2013-11-02
2013-11-02 posted by (C)circias
国籍:コロンビア
農園:フレディ・ディアス・インバチ
煎り:シティロースト

店員さんのお勧めということで購入したシリーズ、その3。相変わらずケニヤは切らさないようにしつつ、もう一種類は毎回行く度に変えています。今回のこの豆は定番の農園ではありません。なんでも新しく仕入れた、比較的小さい農園のものなのだとか。

シティローストですので、とりあえず最も無難な方法で淹れてみます。挽きは中挽き、お湯は83度、蒸らしは35〜40秒程度で、抽出はしっかりと時間をかけて、二回。

香りはコーヒー独特の甘さと、それにナッツのようなまったりとした香りが強く混じります。口当たりはまず、粒子感の細かい苦みがくっきりと。しかしすぐに強い酸味が来るので、不思議と舌に苦みが残りません。上顎の奥の方に残る酸味の余韻は、どことなく柑橘系ですね。

勿論甘味もありまして、酸味や苦みの緩衝剤としてうまく機能しているのですが、前述の通り前に出るのは苦みと酸味であり、甘味はほとんど印象に残りません。それもあってか、飲むと口の中や胃がスッキリするような、重さを感じない味です。

後味は、最初は強い酸味と軽い苦みですが、次第に苦みは薄れて酸味だけが残ります。この酸味が結構舌の上に長く残り、苦みが消えるとほのかに甘味が感じられるようになるので、まるでレモンのよう。といっても強烈な酸味と言う意味ではなく、あくまでバランスが似ているというだけですが。

冷えてくるとだんだん苦みが弱くなり、同時にオレンジのような甘酸っぱさが前面に押し出されてきます。こうなりますと、なんだかコーヒーらしからぬ感じですね。後味もなんだかレモンティーを飲んだ後のような。もちろんコーヒーの香りはあるのですが、それ以上にフルーティーさが目立つようになります。

舌触りは滑らかで、サラっとした印象。とても爽やかなコーヒーでした。甘いものに合わない事もないのですが、どちらかというと喉が渇いた時や、食後にさっぱりしたい時に良さそうです。

酸味の強い豆はとかく「苦酸っぱい」口当たりになって、それがともするとエグさに感じられたりもするのですよね。でもこの豆の場合は全てが同時に主張せず、程よいタイミングで主役を交代してくれるため、熱いうちでもたいへん飲み易いと思います。近頃の店員さんのお勧めの中では、一番美味しいと感じた豆でした。


ミゲル・ボティーナ

今日はだいぶ蒸していましたが、先程から冷たい風が吹き始め、だいぶ過ごし易くなってきました。気温が2度も下がれば、なんだか冷房の中に入ったかのような気分になるものですね。とはいってもまだ28度、立派に熱帯夜です。これを涼しいと感じてしまうのが、そもそも何かおかしいような気もするのですが。

ともあれ、このくらいまで気温が下がってくれれば、ホットコーヒーを美味しく頂けます。というわけで、先日から試している堀口さんのコロンビア南部飲み比べセットの、最後の一つを開封してみました。

2013-07-26
2013-07-26 posted by (C)circias

農園:ミゲル・ボティーナ
地域:ウィラ/ラ・アルゼンティーナ
品種:カトゥーラ/ブルボン

同じくシティローストなので、淹れ方はいつも通り。中挽き、お湯は83度、蒸らしは35秒、抽出は二回です。
まず淹れている時の印象ですが、香りは結構強い方だと思います。コーヒーらしい香ばしさがまずふわっと立ち上がりますが、その後さらに強い甘い香りがきて、それが持続する感じ。かなり甘味が強いのですが、香ばしさもしっかりあるので、香りの存在感もハッキリしています。

味はと言いますと、香りから想像出来る通りの味でした。きめ細やかでそこそこ存在感のある香ばしい苦みと、そして強い甘味。全体的に角の無いまるっこい印象なのは、やはり同じコロンビアだなぁという感じですね。さらりとした舌触りではあるのですが、コクが強くて、しっかりと飲んだ感があります。

後味はカラメルとチョコを足して二で割ったような。面白いのは、後味に酸味が割とハッキリ残るところです。ソニア農園のブルボン種をさらに強くしたような存在感のある甘味から、すっと酸味が強くなって、後に残るのですね。

この傾向は冷めて来るに従って強くなり、次第に口当たりから酸味を感じるようになってきます。そして、さらに冷めるとややきめが粗くなりますが、再び香ばしさが前に出てくるという、ちょっと面白い特性。熱くしてよし、冷やしてよしですね。アイス向きかどうかは分かりませんが。

この豆のパッケージには、種類のところにカトゥーラとブルボンが併記されています。と言う事は恐らく、二種類の豆を混ぜているのでしょう。
考えても見れば、この口当たりはカトゥーラのそれに近く、濃い甘味とボディ感はブルボンのそれ。後味の変化はブルボンとカトゥーラの両方に共通の特徴です。
温度で結構味が変わるのは、どちらかといえばカトゥーラ寄りでしょうか。

ブルボンのみのソニア農園の豆もたいへん上品で美味しかったですが、この豆はさらにその上を行く感じですね。まず香りがとても良いですし、そこそこしっかりとした自己主張と上品さが両立されていて、とても美味しい豆であると感じました。
今回の飲み比べセットの三種類の中でどれを推すかと問われれば、私ならまずこのミゲル・ボティーナを選びます。

ソニア・インバチ

丁度良くサマーブレンドを飲み終えたので、今日は昨日に引き続き、コロンビア南部飲み比べセットの新しい豆を試しています。本日開封したのは、ソニア農園の品。昨日の豆とは、品種が異なっています。

2013-07-26
2013-07-26 posted by (C)circias

農園:ソニア・インバチ
地域:ウィラ/ラ・アルゼンティーナ
品種:ブルボン

恐らく、品種としてはこちらのほうがメジャーなのではないでしょうか。以前「いまいち」と思ったのもこの品種。とはいっても、農園ごとの特徴もあるようですので、この品種だからこうと決めてかかることはできません。
なお、シティローストなので淹れ方はいつも通り。中挽き、お湯は83度、蒸らしは35秒、抽出は二回で。

抽出中に気がつくのは、まず、香りは控えめだということです。香ばしい香りが昨日のカルロス農園のものほど強くなく、少し離れると、すぅっと甘い香りだけが鼻をくすぐります。まろやかで控えめの、甘さ中心の香りですね。この香りは、焼いていない食パンの甘い香りに近いと思います。

味は、温度が高いうちは酸味が少し前に出る感じです。但し、全体的にコクとまろやかさが強いため、酸味もまるっこい印象。舌先にとても柔らかできめ細かな苦みと甘味、舌のサイドと奥の方に行くに連れて酸味を感じる気がします。温度が下がってきてもこのバランスは変わりません。

後味は、まったりした苦みを主体に、うっすら酸味が残ります。飲み込んだ直後は結構しっかりと後味が主張するのですが、割とすぐにすっと味が消えていくので、飲んだ後のしつこさがありません。むしろ舌の上より、上あごの方に飲んだ感が残るようです。

ここまで全体的に上品になると、これはこれで個性的のようにも思えますね。昨日のカルロス農園の豆よりも、さらに優等生な印象です。昨日の豆よりさらに飲み易く、よりバランス良く。
特徴の無いコーヒーはあまり好きではないとか言っていた私ですが、この味はちょっと好きかも知れません。

口当たりから後味に至るまで、とっても上品で柔らかいのですね。コーヒーの刺激的なところを無くしたような。それでいてしっかり存在感があるので、今まで飲んでいたコーヒーとは根本的に傾向が違う感じの豆でした。


カルロス・インバチ

ケニア、エチオピア、マンデリン、イエメン・・・私が好んで飲む豆は、どちらかというと癖の強いものが多いようです。しかし、コーヒーと言えばまず有名なのはコロンビア。そしてブラジルでしょうか。

どちらもいかにもコーヒーという味なのですけど、どうもあの没個性的なのが好きになれませんで。堀口さんのコロンビアも飲んだことがありますが、一度きりでやめてしまいました。なにしろ、よくあるあのコーヒーの味をそのままアップグレードしたような印象で、あまり選ぶ意義を感じなかったからです。

そんな感じであまり印象の良くないコロンビアでしたが、このほど堀口さんで、南部産の豆の飲み比べセットというのを出していまして、面白そうなので久々に買ってみる事にしました。

2013-07-26
2013-07-26 posted by (C)circias

セットは三つの農園から、100gずつ。それぞれ豆の品種が異なっています。その中から、まずは写真中央の以下の豆を試してみる事にしました。

農園:カルロス・インバチ
地域:ウィラ/ラ・アルゼンティーナ
品種:カトゥーラ

シティローストなので、気温も考慮して、中挽き、お湯は83度、蒸らしは35秒、抽出は二回で。先日まで飲んでいたケニアもこの条件で美味しく入りましたし、問題は無いと思います。

毎度思うのですけど、コロンビアって香りは良いのですよね。癖の無い、とても香ばしくてコーヒーらしい香りがふわぁっと立ち上ります。これがとても美味しそうで。街のコーヒー屋さんなどで香る、あの香りです。

しかし、味の方はやや淡白。甘味は弱いし、苦みもほどほどだし、酸味も殊更強くはない。ただマッタリとしたコクと独特の存在感のある口当たりで、サラリとドロリの中間くらいの、バランスの良い舌触りです。
後味も、何かが特に残るというよりは、全てがそのまま残る感じ。実に素直で、いや、素直過ぎて、これといって語るべきところがないというかなんというか(笑

冷めてくると、酸味と甘味が少し前に出てくるようです。苦みは特に変わりなく、角のとれた柔らかい苦みが持続。このまろやかさは、特徴と言えば特徴かも知れませんね。香りを鼻に回すと少しカラメルっぽい印象なのですけど、カラメル系よりはきめが細かくて甘味成分が少ないので、これまた独特です。

以前コロンビアを飲んだ時は、正直あまり美味しいとは思わなかったのですけど、このコロンビアはまろやかさが強いので、結構美味しいかも知れません。まぁ、ケニアやマンデリンのような強い個性が無いので、なんというかこう、あまり飲んだ感は無いのですけど。
ただその分、飲み飽きるという事はなさそうです。沢山飲む方には、お勧めかも知れませんね。


プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 野川 小説 17mm シティロースト TU-8150 アートブレイキー MU-61 紅葉 次大夫堀公園 修理 青梅 小仏城山 接写リング 御岳渓谷 開花情報 ブレンド PB-400 AriaPro 御岳山 神代植物公園 写真 CD トンボ 300mm 実写テスト 東京 景信山 ライトノベル 古民家 カートリッジ JAZZ/FUSION 開花状況 神代植物園 ロック クラシック センテッドゼラニウム 森見登美彦 TU-877 シモバシラ 多摩川 哲学 マイケル・サンデル コロンビア  深大寺 バラフェスタ 3結 6号路 骨董市 ラリー・カールトン 鳩ノ巣渓谷 ハイレゾ音源 故障 e-onkyo 江戸東京たてもの園 岡本公園民家園 小仏峠 奥高尾 東宝撮影所  エリック・クラプトン もみじ台 上野 TU-H82 野川公園 OPA2134PA JPOP 東日本大震災 ハクセキレイ 2015 東照宮 砧公園 フレンチロースト 水生植物園 東京国立博物館 仙川 布多天神社 調布 ニューイヤーコンサート  ミツバチ ハイロースト つくる市 これからの正義の話をしよう レコード洗浄 ニカラグア 大蔵住宅 リー・モーガン HDD NF-15X/2 FF15XmkII 発芽実験 オジロトウネン アオジ A'pis 速度比較 SDカード 水耕栽培 カワセミ アボカド 細田屋 ダイミョウセセリ 回転数不良 カワウ 整備工事 縦走路 井の頭自然文化園 一丁平 植物多様性センター DENON 中仕切り KT88 コゲラ ペグ 磨き GoldLion 90MB/s ピックガード 根津美術館 iPhone 調布飛行場 メッキ 分解 蘆花恒春園 オーディオテクニカ バド・パウエル LM4562NA 白丸ダム Class10 武蔵野公園 ボリューム UHS-I 国産 ジョウビタキ Apple TempoDrop 布多天神 クロヒカゲ BUMP スミナガシ かき氷 ジフィーポット 彼岸花 アゲハ アブラゼミ 2017 浜離宮 イチモンジセセリ テンポドロップ Transcend Eagles ストームグラス ZO-3 FUSION ミンミンゼミ M97xE 低速病 コミスジ 大雪 アニメ 冲方丁 SHURE ツクツクボウシ クイナ WD10EADS ウェザーリポート モズ ツマグロヒョウモン 表参道 正月特別開園 工事 天地明察 RAW インドネシア アレニウス・スヴァンテ オジロビタキ 被害 初詣 シジュウカラ フラックス 白鳥士郎 大森藤ノ 天災 デジタルテレコンバータ ツグミ 橙乃ままれ ElectroHarmonix フレディ・ハバード 翻訳 ログ・ホライズン 幼虫 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ コルディリネ 小箱とたん ケニヤ エディ・ヒギンス ウラナミアカシジミ シジミチョウ ドラゴンフルーツ ヒグラシ バルトーク 村井秀清 鬼灯市 JET セセリ 森山良子 OPAMP ヘッドホンアンプ 電子工作 ケース NT-500M NAGAOKA 竜ノ湖太郎 ER-4S フルシティロースト 和屋東京店 iBooks イタリアンロースト 震災 葦原大介 羽化 スズメバチ 榊一郎 レーベル 吉祥寺 AT-MONO3/LP グアテマラ パナマ 地雷 ジャコ・パストリアス マクロコンバータ MCON-P01 オリンパス ハービー・ハンコック クロマチックハーモニカ 秦基博 OSX キアゲハ 世田谷ボロ市 モンキアゲハ 通り名報道 ヒメアカタテハ 鍍金 ニイニイゼミ 3.11 高浜虚子 豆知識 アカボシゴマダラ ヒカゲチョウ アキアカネ アカスジカメムシ コムラサキ 霜除け 桜の蛾 ハンディクリーナー MERCURY ミニバケツ ペン立て ダイソン Trigger クルトガ シャープペン Dyson V6 発泡PPシート スナップショットフォーカス タフソーラー 電池切れ TIMEX Weekender CTL1025 AWG-100BR-1AJF 植物 CASIO G-SHOCK デルガード 文房具 土地 建築基準法 地上げ 不動産屋 富士山 夕陽 不具合 再起動 充電中 アサギマダラ  ヤマカガシ 12AU7 JJ 改造 ペンケース WD20EZRZ キタキチョウ イチモンジチョウ アカシジミ スジグロチャバネセセリ 茶谷産業 ラジオメーター ピアノの森 組立て 指板 塗装 親族トラブル 魚道 放鷹術 REGZA RD-BZ800 皆既月食 ラッカー 防錆 工作材 ピックアップ コントロール サドル調整 木栓 ミニカッティングソウ プロクソン PROXXON No.28151 台風18号 6V6S 野草 日原鍾乳洞 奥多摩 Focusrite 紙の博物館 ハクキンカイロ 平和ボケ 人道主義 ZIPPO ハンディウォーマー Scarlett Solo LME49720NA MUSES8920D MUSES8820D MUSES02 OP275GP NJM4580D オーディオインターフェース UL接続 5極管接続 iOS8.3 iPhone4s シチズン デクスター・ゴードン 瀬那和章 DL-103 Q&Q 腕時計 カクテル リキュール キアシドクガ 仕上げ 草市 30MB/s 亀屋樹 越谷オサム 軍畑 軍畑大橋 階段途中のビッグ・ノイズ AU-305 TOSHIBA 95MB/s SanDisk 電気ブラン 取木 蟲師 大沢グランド 寝落ち 回転数 東宝 OSX10.9 絶滅危惧種 テングチョウ M2Tech hiFace モーター 注油 上野公園 栄西 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー KENKO 電源回路 先生と僕 香日ゆら タンザニア ついんくる 花火 ペルー PIONEER レコードプレーヤ 志田用太朗 フレディ・ハーバード キタテハ J-POP 星野源 真空断熱食器 平和フレイズ 三月 似鳥鶏 世田谷 アオモンイトトンボ マンデリン オオスズメバチ 大沢 ヒオドシチョウ 青藍病治療マニュアル 稲荷山 城山 甘酒 城山茶屋 うみまち鉄道運行記 伊佐良紫築 戸部淑 KeG セグロセキレイ 自然現象 挿し木 天体 3号路 古橋秀之 鷹見一幸 ヤマガラ ゴイサギ 幼鳥 カワラヒワ スズメ タシギ グレン・グールド コーヒー バッハ ゴールドベルク変奏曲 ベルグソン 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08