FC2ブログ

日々の便り

 

エミリオ・ゴメス

風邪をひいたと自覚したのは先週後半のことですから、もう一週間以上になるのですね。結構早めに対処したつもりだったのですけど、だいぶ長引いてしまいました。とはいえ、毎日少しずつ回復している事は間違いありません。

体調を崩している時は、特にものの味の感じ方が変わってしまうから不思議なものですよね。風邪が一番酷かったときなど、珈琲なんて苦くて飲めたものではありませんでした。恐らく、甘味を感じにくくなるのでしょう。

しかしここへきて、ようやく普通に珈琲もお酒も美味しいと感じられるくらいには回復しましたので、久々に珈琲について少し。
ニカラグア飲み比べセットの最後のひとつ。飲み比べの途中で風邪をひいてしまったため、この豆だけ試すのが遅くなってしまいました。

2013-12-14
2013-12-14 posted by (C)circias

国籍:ニカラグア
農園:エミリオ・ゴメス
煎り:シティロースト

まず淹れ方についてですが、この豆も、いつも通りの淹れ方でいくのが一番美味しいようです。つまり、挽きは中挽き、お湯は84度、蒸らしは35〜40秒、抽出二回で。

何よりもまず、豆のうちから甘い香りが際立つ豆です。挽いているととても良い香りなのですが、淹れた後もそれは変わりません。百合の花のような甘い香りが少しと、ミルクティーのような香りが混じったような、珈琲らしからぬ良い香りです。

味は、熱いうちはまず香ばしさと甘さを強く感じ、酸味はあまり感じません。後味にはまったりとした甘さとコクが残ります。しかし、少し温度が下がると途端に酸味が前に出てきて、代りに、熱いうちに感じていた香ばしさが弱くなります。

香りは、この少し冷めたくらいの温度の時が一番華やかなようです。味と同様に酸味成分の香りが目立つようになるので、香りの華やかなところがより感じ易くなるのでしょう。このくらいの温度になると、後味も基本は甘さ主体ながら、酸味が少し目立つようになります。

味は華やか目ですが、舌触りは割とまったりとしていて、飲んだ後に口にまったり感が残る感じですね。言うなれば「艶消し」という印象。

すっかり冷めてしまうと、甘味も引っ込んで酸味がとても強くなります。こうなると、「酸っぱい珈琲」ですね。ただ、華やかな香りは変わらないので、淡白にはなりません。一方で、温かい時程口当たりがまったりしてはいなくなります。悪い意味ではありませんが、やや水っぽくなる感じですね。

この豆は大雑把に抽出すると冷めてからの味があっさりし過ぎるため、注ぎが急にならないようにかなり慎重に淹れないといけません。最初は熱いうちだけしか味の無いコーヒーになってしまって、冷めてからはまるでコーヒーメーカーで淹れたような味になってしまったものです。

また、温度による味の変化がとても大きいのも特徴です。味の大部分を香りに依存しているような感じですね。そのため淹れ方にはちょっと神経を使いますが、上手く淹れれば冷めても美味しい、華やか目の珈琲でした。

ラ・フローレンシア(ナチュラル)

昨晩はちょっと、頑張り過ぎましたね。御陰で今日はすっかり寝坊して、起きたのは昼過ぎの事でした。しかも寝起きは最悪。というのも、私を叩き起こしたのは長い長い電話のベルだったからです。

もちろん、電話で起こされること自体は特に問題ありません。ただ、散々鳴らして人を起こしておいて、しかも無言電話というのはどういう了見なのでしょう。受話器の向こうで息を潜めているのが聞こえるのですけど、気持ち悪いというより馬鹿馬鹿し過ぎて、思わず叩き切りました。

そんな感じでスタートは最悪である上、そもそも半周遅れだったのですけれど、その後は割とのんびりと、休日らしい一日を送る事が出来ました。した事と言えば、例によって中古B級品レコードを漁りにいったことと、昨日洗ったレコードをひととおり聴いた事、新しい珈琲を試してみたことくらいですね。

レコードについてはおいおい個別にご紹介するとして、今日は珈琲の話でも。

2013-12-02
2013-12-02 posted by (C)circias
国籍:ニカラグア
農園:ラ・フローレンシア
煎り:シティロースト

先日のニカラグア飲み比べセットの二つ目。先日と同じ農園の豆ですが、豆の種類が少し違うのと、精製方法が違っているのが特徴です。今回はナチュラルと言って、豆の果肉を洗い落とさず、確か腐らせて落とす方法だったかと。そのため、ナチュラルはウォッシュトより手間がかかる分、大抵高価です。

しかし、このナチュラルという製法は、豆に独特の匂いがつくのですよねぇ。それは喩えるなら若い味噌のような、あるいはもろみ醤油のような。あの大豆発酵食品に共通する、独特の豆の発酵臭。あれに近い独特の匂いが豆からするのです。最初は品種によるものかと思っていたのですが、最近、この匂いこそナチュラルの特徴なのだという事にようやく気がつきました。

これは人によって気にならない場合も多いようなのですが、私はこれが大いに気になるタイプでして・・・正直、この匂いがするとちょっと口にするのははばかられるものを思い浮かべてしまうので、どちらかというと苦手なのですよね。しかしまぁ、折角の飲み比べセットですから、試してみる事にしました。

この豆もシティローストなので、淹れ方は普通に。挽きは中びき、温度は84度、但し蒸らしは短めの30秒で。色々試してみましたが、このくらいの加減が一番臭みを和らげられると言うかなんというか。

まず味ですが、発酵臭が・・・いえ、なんでもありません。まず苦みですが、先日の豆と同様丸っこい、鋭さのない苦みです。温度を高めにすると酸味が強くなりますが、上の条件だと甘味と酸味が半々くらいになって、味としてはとても飲み易い発酵臭・・・いえ、なんでもありません。

ただ、匂いがキツいのは珈琲が熱いうちだけです。温度が下がって来るにつれ、より珈琲らしい匂いの方が勝ってきます。するとこの発酵臭は口当たりではなく、今度は後味の尻尾の方に現れるようになり・・・すみません、ちょっと匂いの事は忘れましょう。

えぇと、何の話でしたっけ? そうそう、後味です。熱いうちは素直に甘味と酸味が残る感じですが、温くなってくると、甘味と酸味の後でコクが盛り返してくるような、不思議な後味になります。このとき、独特のこんみりとした感じがありまして、これはちょっとチョコに近いでしょうか。

ハニーのときは、冷めると味がとてもシンプルになってしまうのがちょっと勿体ないところでしたけれど、この豆は冷めてもしっかりと複雑な味わいが残ります。むしろ、冷めてからの方が色々な味を感じ易いかもしれませんね、なにしろ熱いうちは以下略。

珈琲通はこのナチュラルの癖の強さと味の複雑さを好むものだと言いますので、この豆もまた所謂通好みなのかも知れません。少なくとも、この独特のナチュラルの匂いが気にならない方にとっては、濃厚な甘味と酸味、そして後味のしっかりとしたコクを楽しめる、とても美味しい珈琲なのではないかと思います。


ラ・フローレンシア(ハニー)

今日もなんだか妙に温かい一日でしたね。朝からだいぶ緩めの気温ではありましたが、夕方は更に温かくなりました。まぁ過ごし易いと言えば過ごし易いのですけれど、どうにも調子が狂って宜しくありません。

調子が狂うと言えば、一時期珈琲が上手く淹れられなくなって困っていたのですけど、最近また調子が戻ったようです。温度などの条件はいつもしっかり測って揃えているので、それ以外の要因による変調なのでしょうけど、まったくもって謎ですね。まぁ、美味しく淹れられるなら文句はないのですけど。

というわけで本日は久々に、珈琲のお話を。

2013-11-26
2013-11-26 posted by (C)circias
国籍:ニカラグア
農園:ラ・フローレンシア
煎り:シティロースト

堀口珈琲では時折、変わった豆の飲み比べセットを販売している事があります。こういうのはお店に行くタイミング次第なので、このところしばらくご無沙汰でしたが、久しぶりにセットを購入できました。こちらはその中の一品。今回はニカラグアの飲み比べなのだそうです。

ちなみに、ハニーというのはナチュラルとウォッシュトの中間のような精製方法なのだそうです。ウォッシュトと同様に果肉を取り除くのですが、そのあとぬめりを取り除くために行っていた洗浄を行わず、ぬめりのついたまま乾燥させます。こうすることで、癖が強すぎず、それでいて複雑な味にできるのだとか。今日はこのハニー製法の豆を試してみました。

シティローストですので、とりあえず普通に淹れてみます。挽きは中びき、お湯は84度、蒸らしは40秒の抽出二回で。

豆の時にはどことなくナッツっぽいまったりとした香りがしているのですが、お湯を注ぐとふわぁっと甘い香りが立ちます。淹れたての熱いうちは、とても複雑な香りですね。まずは豆のときのまったりとしたナッツ系の香りがしますが、カップに顔を近付けると、今度はビターチョコと百合の花の香りを足して二で割ったかのような、甘い香りになります。

熱いうち、口当たりでまず感じるのは苦みです。但し角のない優しい苦みなので、刺激はほとんど感じません。苦みは口当たりだけですっと引いてしまうため、その苦みの中から甘味が前に出て来るような感じになります。少し冷めると今度は酸味が強くなり、苦みは控えめに。香りも酸味が強くなるので、花の香りのような部分がより分かり易くなってきます。

甘味については終始一定で、熱いうちは苦みと、冷めてくると酸味と同時にしっかり感じる事ができますね。この甘味は舌の上に長く留まるため、最後はこの甘味を中心に、酸味を少し感じるような後味になります。苦みはすっと引いてしまうので、ほとんど残る事がありません。

舌触りはサラリとはしていませんが、かといって濃厚という訳でもなく。しっかりと飲んだ感はある一方で、重すぎない丁度良い感じです。甘いものともたいへん良く合いますが、何かを合わせると折角のこの複雑な香りが感じにくくなってしまうため、できればコーヒーのみ、もちろんブラックで飲みたいところですね。

香りも味もとても複雑で豊かな、たいへん美味しい豆でした。これは何かのついでに飲むのではなく、コーヒーそのものをゆっくり味わいたい時に良さそうな、ちょっと特別感のあるコーヒーです。なお、すっかり冷めてしまうと香りが弱まり、味がシンプルになって来るので、温かいうちに飲み切ってしまう方がより楽しめると思います。



プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ ELEKIT 堀口珈琲 JAZZ 小説 17mm 野川 シティロースト TU-8150 アートブレイキー 紅葉 MU-61 次大夫堀公園 修理 青梅 接写リング AriaPro 御岳渓谷 ブレンド 小仏城山 開花情報 PB-400 CD 御岳山 写真 神代植物公園 実写テスト 東京 トンボ 300mm ライトノベル 古民家 景信山 ロック JAZZ/FUSION 開花状況 カートリッジ 神代植物園 クラシック TU-877 シモバシラ マイケル・サンデル 森見登美彦 多摩川 哲学 センテッドゼラニウム ハイレゾ音源 e-onkyo 故障 3結 6号路 深大寺 鳩ノ巣渓谷 バラフェスタ  ラリー・カールトン 骨董市 コロンビア もみじ台 東宝撮影所 エリック・クラプトン JPOP  東日本大震災 岡本公園民家園 江戸東京たてもの園 OPA2134PA 野川公園 TU-H82 小仏峠 奥高尾 上野 フレンチロースト これからの正義の話をしよう ミツバチ ニューイヤーコンサート 東照宮 水生植物園 HDD 東京国立博物館  大蔵住宅 仙川 砧公園 つくる市 調布 ニカラグア ハクセキレイ 2015 布多天神社 レコード洗浄 ハイロースト リー・モーガン 速度比較 Class10 UHS-I 植物多様性センター カワセミ SDカード 一丁平 オジロトウネン 90MB/s 整備工事 BUMP カワウ Apple 縦走路 細田屋 Transcend アオジ FF15XmkII アニメ バド・パウエル ツクツクボウシ アブラゼミ ミンミンゼミ KT88 NF-15X/2 コミスジ GoldLion イチモンジセセリ ZO-3 FUSION 彼岸花 浜離宮 ウェザーリポート ツマグロヒョウモン SHURE M97xE Eagles オーディオテクニカ 回転数不良 調布飛行場 武蔵野公園 ダイミョウセセリ 天地明察 布多天神 冲方丁 アゲハ A'pis コゲラ 根津美術館 大雪 ジョウビタキ iPhone 蘆花恒春園 表参道 ジフィーポット DENON ボリューム 国産 井の頭自然文化園 アボカド 分解 中仕切り ピックガード ペグ 磨き 白丸ダム 低速病 発芽実験 MUSES02 LM4562NA かき氷 スミナガシ WD10EADS 水耕栽培 クロヒカゲ 工事 メッキ テンポドロップ ストームグラス 2017 正月特別開園 クイナ モズ TempoDrop 人道主義 TIMEX モンキアゲハ 電池切れ 通り名報道 世田谷ボロ市 Weekender 幼虫 ジャコ・パストリアス アカスジカメムシ クロマチックハーモニカ 高浜虚子 霜除け ヒメアカタテハ Focusrite オーディオインターフェース CTL1025 ヒグラシ UL接続 NJM4580D 5極管接続 羽化 Solo ニイニイゼミ タフソーラー 鍍金 Scarlett スズメバチ 秦基博 ZIPPO OSX グアテマラ 紙の博物館 ハービー・ハンコック 野草 ラジオメーター パナマ AT-MONO3/LP ハンディウォーマー レーベル ハクキンカイロ 榊一郎 吉祥寺 ドラゴンフルーツ キアゲハ 奥多摩 MCON-P01 平和ボケ アキアカネ コムラサキ マクロコンバータ 茶谷産業 アカボシゴマダラ オリンパス 豆知識 日原鍾乳洞 ヒカゲチョウ 地雷 MUSES8920D コントロール ピックアップ 竜ノ湖太郎 サドル調整 仕上げ OPAMP ヘッドホンアンプ 工作材 ER-4S No.28151 PROXXON プロクソン ミニカッティングソウ 木栓 震災 葦原大介 電子工作 ST-550 GoldenBlack AMCY-104/630 TU-HP03 NAGAOKA NT-500M C203 C103 上海 ケース GT-PRO Spirit Steinberger イケベ楽器 リボレ秋葉原店 芥川龍之介 NHK 防錆 イタリアンロースト 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ 6V6S 台風18号 REGZA 放鷹術 ウラナミアカシジミ シジミチョウ OP275GP JET 村井秀清 鬼灯市 LME49720NA MUSES8820D AWG-100BR-1AJF RD-BZ800 コルディリネ 塗装 指板 組立て ラッカー 和屋東京店 iBooks フルシティロースト 森山良子 ピアノの森 エディ・ヒギンス 皆既月食 小箱とたん ケニヤ 魚道 親族トラブル セセリ バルトーク CASIO iOS8.3 iPhone4s 軍畑 越谷オサム 亀屋樹 不具合 AU-305 階段途中のビッグ・ノイズ 軍畑大橋 オオスズメバチ 天体 アオモンイトトンボ 世田谷 挿し木 花火 ついんくる マンデリン SanDisk 95MB/s シチズン 夕陽 デクスター・ゴードン Q&Q 腕時計 富士山 キアシドクガ 桜の蛾 瀬那和章 コンデンサ 充電中 再起動 TOSHIBA 30MB/s アサギマダラ DL-103 草市 大沢 ヒオドシチョウ バッハ ゴールドベルク変奏曲 グレン・グールド 真空断熱食器 コーヒー フレディ・ハーバード キタテハ 平和フレイズ タシギ 星野源 スズメ 城山茶屋 甘酒 カワラヒワ 幼鳥 J-POP ゴイサギ ペルー ヤマガラ 三月 古橋秀之 自然現象 似鳥鶏 青藍病治療マニュアル 城山 3号路 稲荷山 志田用太朗 レコードプレーヤ 戸部淑 KeG 鷹見一幸 伊佐良紫築 うみまち鉄道運行記 PIONEER セグロセキレイ リキュール カクテル シジュウカラ オジロビタキ Dyson V6 Trigger ハンディクリーナー ダイソン ツグミ シャープペン デジタルテレコンバータ ベルグソン 絶滅危惧種 テングチョウ デルガード 3.11 RAW クルトガ 天災 被害 植物 スナップショットフォーカス フレディ・ハバード 大森藤ノ 白鳥士郎 初詣 フラックス ElectroHarmonix 翻訳 アレニウス・スヴァンテ ペン立て ミニバケツ MERCURY 発泡PPシート インドネシア 橙乃ままれ ログ・ホライズン 文房具 ペンケース 上野公園 ヤマカガシ 栄西 イチモンジチョウ KENKO スジグロチャバネセセリ 電源回路 アカシジミ  不動産屋 取木 土地 電気ブラン 建築基準法 地上げ 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー タンザニア 香日ゆら 東宝 JJ 12AU7 OSX10.9 hiFace 改造 M2Tech WD20EZRZ 蟲師 モーター 注油 先生と僕 回転数 寝落ち 大沢グランド キタキチョウ G-SHOCK 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01