FC2ブログ

日々の便り

 

THE SCENE CHANGES

今日はまた一段と冷えましたね。今朝は通勤途中に、今年初の氷を見掛けました。東京は霜もまだ降りていないようですが、そろそろ鉢植えに冬の備えをした方が良さそうです。それにしてもこう冷えると、部屋がなかなか暖まらないので弱りますね。そして暖まらないと言えば、アンプもなかなか暖まってくれないので困ります。

不思議なもので、冷えきった真空管アンプというのは、なぜかしょぼくれた音を出すのです。この室温ですと、すっかり暖まるのには30分くらいかかるでしょうか。つまりレコードを一枚聴き終えたところで、そろそろ本番かなといったところ。

こういうやたらと悠長なところが、現代人の生活スタイルには合わなかったのでしょう。軽薄短小の時代とも言われたあの頃、こういった装置が世の中から姿を消して行ったのも、世相の変化によるものであったのは間違いありません。人々の重きを置くところが、昔とは違ってきたということなのでしょう。

とはいえ人間とは天の邪鬼なもので、そういう忙しない日常も極まると、何故か急にこういう悠長なものが恋しくなったりするものです。私などその典型ですね。というわけで、本日もスローでアナログな時間を楽しんでいます。

LINK
タイトル  :The Scene Changes - Amazing Bud Powell Vol.5
アーティスト:Bud Powell

一曲目、"CLEOPATRA'S DREAM"はスタンダードですね。ただ、このオリジナル盤の「クレオパトラ」はそれ以外の人々の演奏と比べると、高速でパワフル。ついでにいつも通り快調に唸り・・・もとい、歌っております。ただでさえ細かいフレーズを高速で演奏しているせいでしょうか、この曲はちょっとミスタッチが多いようで、神経質な人はちょっと気になるかも知れません。

二曲目の"DUID DEED"は、ミュージカルなら忍び足でもしているシーンに使われそうな、ちょっとミステリアスな雰囲気の主題が印象的な一曲。基本的にざっくりパワフルな彼の演奏なのですけど、稀に何気なく入る装飾音の妙な滑らかさにぐっときます。

三曲目の"DOWN WITH IT"は、再びハイテンポな一曲。冒頭の雰囲気は二曲目と似ていますが、後半は夜のビル街を思わせるようなお洒落な感じになります。四曲目もパターンは同様で、華やかに転じた後は都市部の夜を思わせる雰囲気に。タイトルは"DANCELAND"だそうです。

A面最後の"BORDERICK"は、牧歌的で明るいテーマが非常に印象的。決してキラキラしている訳ではないのですが、例えばクリスマスイルミネーションを思わず思い浮かべてしまうような、温かさと明るさを感じる親しみ易い一曲です。メロディラインはとてもキャッチーで、思わず口ずさみたくなりますね。いつになく幸せそうで、子供の笑顔が目に浮かぶような作品でした。

B面も、一曲目は高速ナンバー。"CROSSIN' THE CHANNEL"は、タクシー乗り場の景色を早回しで見たような、忙しない雰囲気の作品でした。続く"COMIN' UP"は転じてスローな一曲。シンプルな和音を連打するところといい、このリズムラインといい、そこかしこにエスニックな雰囲気を感じます。

"GETTIN' THERE"はA面の中盤と良く似た、ミステリアスなフレーズから華やかなフレーズへと転じるパターンの、都市的な雰囲気の一曲。そして最後の表題曲"THE SCENE CHANGES"は、再び明るく楽しげな作品です。がやがやと賑やかなバーやレストランの光景とよく合いそうな感じですね。

印象的なのは、ラストの唐突感です。通常、曲はそれなりに「終わるよ」と分かる終止形を作って結ぶものですが、この曲に限っては、まるで演奏を途中でぶった切ったかのように、テーマの繰り返しの最中に突然終わるのです。

それはまるで、脈略も無い日常のワンシーンをおさめた活動写真が、フィルム切れでぱたりと終わるかのようで。突然終わる事で、メロディはその余韻を強く残します。それはフィルムが終わった後も続いたであろう光景を想像させるようで、ちょっと不思議な感覚でした。あるいは逆に、不意に夢から覚めるような感覚なのかも知れません。

A面B面ともラストの一曲がたいへん印象的でしたが、特にA面の"BORDERICK"は好きですね。これを聴きたいがために、何度もA面を再生してしまう程です。牧歌的で力強く明るいメロディラインは、言ってみれば「ハートフルな」印象。但しその明るさは昼間の光景よりも、闇の中に輝く灯火を連想させるのです。

後で調べてみて分かったのですが、実はこの曲、彼の息子さんのために書かれた作品だったらしいのですね。他の曲には見られない温かさや優しさがメロディから滲み出しているのは、どうやらそういう訳であったようです。ちなみにその息子さんというのは、アルバムジャケットの右端に写っている彼。パパ似ですね。

Bud Powellはこのアルバム収録の後ヨーロッパに渡りますが、既に精神病(パラノイア)と闘っていた彼のその後の生き様は、悲惨なものであったといいます。そんな彼の人生を想いながら聞くと、この曲の温かさは殊更沁みますね。

ところでこのアルバム、Bud Powellのアルバムの中でも、かなり人気の高いものなのだそうです。恐らく、印象的なメロディラインを持つ作品が多い事がその理由なのではないでしょうか。A面中盤は似たような雰囲気の曲が続きますが、それでも退屈する事はありません。自然ともう一度かけたくなるような、親しみ易い一枚だと思います。

A Portrait of Thelonious

風邪っぴきもついに五日目。週末は自重して静養に努めたつもりだったのですが、治りは思わしくありません。しかもここへきて、新たな問題が発覚してしまいました。なんと、左の奥歯と糸切り歯の間に大穴が・・・どうやら、詰め物が外れてしまったようなのです。というわけで、今週末は歯医者行きが確定致しました。

先週末も寝込んでいた以外、出来た事と言えばレコード洗浄だけでしたけれど、なんだか今週末も同じパターンになってしまいそうですね。まぁ不景気な顔をしていても良い事はありませんから、せめて洗ったレコードでも聴いて気晴らしを。

つい最近まで、私はArt Blakey専門でレコードを買い漁っていましたが、このところ、ちょっと裾野を広げる事を試みています。といっても、いきなり知らないアーティストのレコードを買うのも博打が過ぎると思いますので、とりあえずJazz Messengersと関わりのあった人々を少しずつ。

というわけで、本日はこちらのレコードを。

LINK
タイトル  :A Portrait of Thelonious
アーティスト:Bud Powell Trio

バド・パウエルは、Art Blakey & Jazz Messengersと共演したこともあるアーティストで、いわゆる「ピアノ・トリオ」形式の創始者でもあります。また、彼はこのアルバムのタイトルになっているセロニアス・モンクと親友だったのだそうで。そんな彼がモンクの作品集を演奏するというのは、ある意味自然な事でしょう。

さて一曲目、"OFF MINOR"ですが、演奏が始まってまずびっくりするのは、曲の間中彼が歌うというか唸るというか、ニャーというかギャーというかワーというか・・・とにかく下品なダミ声でニャーギャーワーとメロディを歌っている、ということです。しかも音痴。

これはどうやら彼の癖のようで、二曲目も同じくニャーギャーやっていますね。思えば、Jazz Messengersのアルバムでも、彼がピアノを担当しているライブものには同じ声が入っていましたっけ。てっきり観客が歌っているのかと思っていましたけれど、実は演奏者の癖であったとは。これは・・・果たしてありなのでしょうか(笑

とはいえ、さすがにスローな曲ではやらないようです。三曲目の"Ruby My Dear"は夜空が似合いそうなスローなナンバーなので、声無しの演奏を堪能出来ました。キラキラとした高音のピアノが星の瞬きのようなイメージで、なかなか素敵な一曲です。

続く"No Name Blues"は再び明るく軽快な作品。天気の良い日に、人通りのまばらな道を弾む足取りで歩くようなイメージ、とでもいいましょうか。軽やかさが際立っていて、それでいて賑やかとは違う爽やかな一曲です。なので、当然のようにバドはパゥパワパゥと。しかし不思議なもので、この曲に限ってはこのパゥパワパゥが曲と良く合うようです。

B面一曲目は"Thelonious"。キャッチーなメロディが覚え易い一曲で、雰囲気としては何かのオープニングテーマのような感じですね。そしてもちろん彼は唸ってます、もとい歌っています。ここまでくると免疫が出来るのか、なんだかこれはこれでOKのような気分になってきました。

続く"Monk's Mood"は灯りを落としたラウンジに似合いそうな雰囲気の、洒落たテンションコードを多用するスローな一曲。曲自体はどこか深遠なイメージなのですが、バドの演奏はザックリなので以下略。しかも今度は歌っていますし。これは繊細に演奏したらきっと、目を閉じて聞き惚れるような一曲になる筈なのですけど・・・。

以降二曲は再び軽快なもので、バド・パウエル・スキャット(笑)も良く合います。彼のピアノは軽快且つパワフルな、しかもざっくり大味でミスタッチも多い演奏なので、こういう勢いのある曲の方が良さが出るようですね。こんな風に調子良く飛ばしている時、彼のスキャットは曲とよくマッチしていて、それほど邪魔になりません。

最初のうちはこのスキャットが気になって仕方ありませんでしたが、慣れてくるとそういうものと思って聴けるから不思議なものですね。レコードに納められている聴衆の反応も頗る良いものですし、これはこれでひとつのスタイルとして認められていたのでしょう。

考えてもみれば、当時のジャズは基本的には生で聴く音楽であって、録音再生は副次的なものでしかありませんでした。つまり通常、聴衆の目の前には、全身で音楽を表現しているバド・パウエルそのものがあった訳です。ならば、その彼が楽しげに何か口ずさんでいたところで、そこに不自然さなど感じる道理はありませんよね。

あまりテクニカルなところを強調し過ぎず、どちらかといえばシンプルに軽快に、パワフルながらもきちんと抑揚を付けて演奏してくれる彼のスタイルは、私の好みです。最初は何事かと思いましたが(笑)聴き終えてみれば、また聴きたくなる素敵な一枚でした。


プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ ELEKIT 堀口珈琲 JAZZ 小説 17mm 野川 シティロースト TU-8150 アートブレイキー 紅葉 MU-61 次大夫堀公園 修理 青梅 接写リング AriaPro 御岳渓谷 ブレンド 小仏城山 開花情報 PB-400 CD 御岳山 写真 神代植物公園 実写テスト 東京 トンボ 300mm ライトノベル 古民家 景信山 ロック JAZZ/FUSION 開花状況 カートリッジ 神代植物園 クラシック TU-877 シモバシラ マイケル・サンデル 森見登美彦 多摩川 哲学 センテッドゼラニウム ハイレゾ音源 e-onkyo 故障 3結 6号路 深大寺 鳩ノ巣渓谷 バラフェスタ  ラリー・カールトン 骨董市 コロンビア もみじ台 東宝撮影所 エリック・クラプトン JPOP  東日本大震災 岡本公園民家園 江戸東京たてもの園 OPA2134PA 野川公園 TU-H82 小仏峠 奥高尾 上野 フレンチロースト これからの正義の話をしよう ミツバチ ニューイヤーコンサート 東照宮 水生植物園 HDD 東京国立博物館  大蔵住宅 仙川 砧公園 つくる市 調布 ニカラグア ハクセキレイ 2015 布多天神社 レコード洗浄 ハイロースト リー・モーガン 速度比較 Class10 UHS-I 植物多様性センター カワセミ SDカード 一丁平 オジロトウネン 90MB/s 整備工事 BUMP カワウ Apple 縦走路 細田屋 Transcend アオジ FF15XmkII アニメ バド・パウエル ツクツクボウシ アブラゼミ ミンミンゼミ KT88 NF-15X/2 コミスジ GoldLion イチモンジセセリ ZO-3 FUSION 彼岸花 浜離宮 ウェザーリポート ツマグロヒョウモン SHURE M97xE Eagles オーディオテクニカ 回転数不良 調布飛行場 武蔵野公園 ダイミョウセセリ 天地明察 布多天神 冲方丁 アゲハ A'pis コゲラ 根津美術館 大雪 ジョウビタキ iPhone 蘆花恒春園 表参道 ジフィーポット DENON ボリューム 国産 井の頭自然文化園 アボカド 分解 中仕切り ピックガード ペグ 磨き 白丸ダム 低速病 発芽実験 MUSES02 LM4562NA かき氷 スミナガシ WD10EADS 水耕栽培 クロヒカゲ 工事 メッキ テンポドロップ ストームグラス 2017 正月特別開園 クイナ モズ TempoDrop 人道主義 TIMEX モンキアゲハ 電池切れ 通り名報道 世田谷ボロ市 Weekender 幼虫 ジャコ・パストリアス アカスジカメムシ クロマチックハーモニカ 高浜虚子 霜除け ヒメアカタテハ Focusrite オーディオインターフェース CTL1025 ヒグラシ UL接続 NJM4580D 5極管接続 羽化 Solo ニイニイゼミ タフソーラー 鍍金 Scarlett スズメバチ 秦基博 ZIPPO OSX グアテマラ 紙の博物館 ハービー・ハンコック 野草 ラジオメーター パナマ AT-MONO3/LP ハンディウォーマー レーベル ハクキンカイロ 榊一郎 吉祥寺 ドラゴンフルーツ キアゲハ 奥多摩 MCON-P01 平和ボケ アキアカネ コムラサキ マクロコンバータ 茶谷産業 アカボシゴマダラ オリンパス 豆知識 日原鍾乳洞 ヒカゲチョウ 地雷 MUSES8920D コントロール ピックアップ 竜ノ湖太郎 サドル調整 仕上げ OPAMP ヘッドホンアンプ 工作材 ER-4S No.28151 PROXXON プロクソン ミニカッティングソウ 木栓 震災 葦原大介 電子工作 ST-550 GoldenBlack AMCY-104/630 TU-HP03 NAGAOKA NT-500M C203 C103 上海 ケース GT-PRO Spirit Steinberger イケベ楽器 リボレ秋葉原店 芥川龍之介 NHK 防錆 イタリアンロースト 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ 6V6S 台風18号 REGZA 放鷹術 ウラナミアカシジミ シジミチョウ OP275GP JET 村井秀清 鬼灯市 LME49720NA MUSES8820D AWG-100BR-1AJF RD-BZ800 コルディリネ 塗装 指板 組立て ラッカー 和屋東京店 iBooks フルシティロースト 森山良子 ピアノの森 エディ・ヒギンス 皆既月食 小箱とたん ケニヤ 魚道 親族トラブル セセリ バルトーク CASIO iOS8.3 iPhone4s 軍畑 越谷オサム 亀屋樹 不具合 AU-305 階段途中のビッグ・ノイズ 軍畑大橋 オオスズメバチ 天体 アオモンイトトンボ 世田谷 挿し木 花火 ついんくる マンデリン SanDisk 95MB/s シチズン 夕陽 デクスター・ゴードン Q&Q 腕時計 富士山 キアシドクガ 桜の蛾 瀬那和章 コンデンサ 充電中 再起動 TOSHIBA 30MB/s アサギマダラ DL-103 草市 大沢 ヒオドシチョウ バッハ ゴールドベルク変奏曲 グレン・グールド 真空断熱食器 コーヒー フレディ・ハーバード キタテハ 平和フレイズ タシギ 星野源 スズメ 城山茶屋 甘酒 カワラヒワ 幼鳥 J-POP ゴイサギ ペルー ヤマガラ 三月 古橋秀之 自然現象 似鳥鶏 青藍病治療マニュアル 城山 3号路 稲荷山 志田用太朗 レコードプレーヤ 戸部淑 KeG 鷹見一幸 伊佐良紫築 うみまち鉄道運行記 PIONEER セグロセキレイ リキュール カクテル シジュウカラ オジロビタキ Dyson V6 Trigger ハンディクリーナー ダイソン ツグミ シャープペン デジタルテレコンバータ ベルグソン 絶滅危惧種 テングチョウ デルガード 3.11 RAW クルトガ 天災 被害 植物 スナップショットフォーカス フレディ・ハバード 大森藤ノ 白鳥士郎 初詣 フラックス ElectroHarmonix 翻訳 アレニウス・スヴァンテ ペン立て ミニバケツ MERCURY 発泡PPシート インドネシア 橙乃ままれ ログ・ホライズン 文房具 ペンケース 上野公園 ヤマカガシ 栄西 イチモンジチョウ KENKO スジグロチャバネセセリ 電源回路 アカシジミ  不動産屋 取木 土地 電気ブラン 建築基準法 地上げ 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー タンザニア 香日ゆら 東宝 JJ 12AU7 OSX10.9 hiFace 改造 M2Tech WD20EZRZ 蟲師 モーター 注油 先生と僕 回転数 寝落ち 大沢グランド キタキチョウ G-SHOCK 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01