FC2ブログ

日々の便り

 

激落ち君を試す

今日も今日とて風邪っぴき。相変わらずヘロヘロしておりますが、ただ寝ているだけには飽きるくらいには体力が回復してきたようです。とはいえ、この体調では珈琲の味も分からず、音楽を聴いても頭痛がするばかり。退屈しのぎにレコードでも洗うか・・・と思ったのですが、あろうことか、無水アルコールを切らしています。

こんなときこそAmazon先生に相談・・・と思ったら、即日で届くアルコールは無い模様。仕方が無いので、代りにこれを試してみる事にしました。

LINK

一部ではこれでレコードを洗うのが流行っているという、アルカリ電解水です。水酸化ナトリウムが若干入っていますが、まぁこのくらいなら問題ないでしょう。昔は塩ビの容器で水酸化ナトリウムを運搬したといいますしね。

品物は夕方になって届いたので、早速レコードを一枚・・・なんとなく不安なので、新品が入手可能なエリック・クラプトンの中古を一枚だけ、人柱にしてみることにしました。

吹き付けてみてまず分かったのは、全く盤になじまないということ。界面活性剤が入っていないのでまぁ当然ですが、それにしても細かい粒になってしまってまずレコードの溝に留まってくれません。これでレコードを洗おうと思ったら、吹きかけながら洗うか、水平な台の上で洗うかの二択しかないでしょう。

私の場合、水平な洗浄台なんて贅沢なものはありませんので、かけながら洗う方を選択。吹きかけては擦り、吹きかけては擦りを繰り返して盤を一周し、念のためにいつも通り水道水で漱ぎ、最後はウエスで拭って仕上げました。

盤面が水分を弾くので、乾燥はあっというまに終わります。ただ乾いた後には所々に白いものが残っていて、案の定非常に宜しくない塩梅。改めて水道水で漱ぎ、漱ぎつつブラッシングしてようやく残留物を除去する事が出来ました。

再度乾かしたレコードを先程から再生しているのですが・・・チリノイズが残っていますね。全体的にチリノイズが出るのは、もしかして、「激落ち君」の残留物のせいなのではないでしょうか。だとすると、全くの逆効果だったことになります。
もちろん、もっときちんと漱ぐことができる環境ならば別なのかもしれませんが、念入りに水で流したくらいでは、どうやらこの残留物は取り除く事が出来ないようですよ。

しかも、こびりついた指紋跡が少し残っています。アルコールで拭けばさっと落ちるものですが、激落ち君では落ちていません。恐らく、液を一カ所に留めておけないのが洗浄力の低下を招いているのでしょうね。

というわけで、結論。激落ち君はあまり使い易くありません。一部では好評のようですが、精製水+アルコール+界面活性剤の組み合わせの方が、簡単にきちんと汚れを落とせているように見えます。

明日アルコールが届いたら、このレコードを今度は洗浄液で洗い直してみるとしましょう。そうすれば、チリノイズがレコード由来なのか激落ち君由来なのか、ハッキリしますしね。

久々のレコード洗浄

今日の東京は、重い曇り空でした。一日を一言で総括するなら、暗い、寒い、眠い、以上。昨晩より今日の昼の方が寒いのですから、調子が狂います。一応それなりに早起きはしたのですけど、まるでお酒を飲んだ時のような酩酊感に一日中苛まれていました。気温のせいか、あるいは気圧のせいか。どうも体が環境の変化についていかないようなのですよね。

とはいえ日中に寝ると夜型の習慣がついてしまうので、意地でも寝る訳にはいきません。こういう時は、ある程度緊張感を保ちつつ体を動かす事に専念するのが一番。というわけで、ちょうど昨日買って来た中古レコードの洗浄をすることにしました。

2013-09-24
2013-09-24 posted by (C)circias

写真は、一枚目の洗浄が終わったところ。洗浄方法はあれこれ試してみたのですが、結局この自作レーベルカバーを付けてブラシで擦るのが一番確実である、という結論に達しました。原始的な方法ですが、シンプルイズベストです。なお、洗浄に使用するのは自作の洗浄液。成分は水とエタノールと界面活性剤です。

界面活性剤入りにしているのは、表面張力を殺す事で細かいところまで水が入り込むようにするため。台所用の洗剤などにも界面活性剤は含まれますので、洗剤を使うのも手でしょう。ただし、磨き粉入りのものは使ってはいけません。

ブラシは、いわゆる頭皮ブラシを使用します。これは、程よく大きいので磨く手間がかからないというのと、毛先が充分に細いというのが理由です。ちなみに、私が使用しているのはこちらのブラシ。

LINK

できればもうちょっと毛先の細いのが欲しいのですけど、手頃なものが他に見当たらなかったので。この太さだと、レコード溝の一番深いところまでは届かないのですよね。
擦り方はあくまで軽く抑える程度で、力をかけず。ブラシの毛先が溝に入るとレコードの円周方向に手が引っ張られますので、きちんと溝を洗えていることが分かります。

擦る方向は順方向のみと云う人も居ますが、私は普通に左右に動かして洗います。こうしないと、レコード針が溝に押し込んだ埃の塊などは取れないからです。
順方向の圧力で押し込まれた汚れを引っ張り出すには、逆方向の力が必要なのは道理ですよね。順方向では余計に押し込むだけで、逆効果になることもあります。

まんべんなく二周ほど洗ったら水で洗浄液を流し、ウエスで軽く拭って出来上がり。あとは30分も乾燥させれば作業完了です。
今日はこの方法で4枚ほど洗いましたが、傷由来でないノイズはほぼなくなったと思います。なにより、べたつきや変な匂いがスッキリ取れるのが有難いですね。

それにしても、中古のLPって安いのですね。プレミアがつくようなものはともかく、少し汚れがあるような盤ならなんと300円〜700円、高くても1000円というのが相場のようで。再生前に少々手間はかかりますが、こんなに安く買えるのなら手間などまったく苦になりません。しかも皆絶版ものばかりですから、中古を買う事でアーティストの利益を減じる心配もありませんしね。良い事ずくめです。

いつもの植物園から吉祥寺までは、自転車で片道30分程度。どうやら昨日行った以外にも何軒かレコード屋さんがあるようですし、植物園の帰りにレコード屋巡りをしてみるのも楽しそうですね。

成功、そして大失敗。

そういえば、先日作ったレコード掃除用のバキュームクリーナー、まだ試用レポートをしていませんでしたね。というわけで今晩は、あのクリーナーにまつわるしょっぱい話を致しましょう。それはもう、聞くも涙、語るも涙の・・・。

クリーナーのテストを行ったのは、月曜日のことです。他の用事を一通り片付けた後、満を持して運用テストに望んだ・・・つもりでした。対象はいつものノイズが酷いレコードで、手順は以下の通り。

1)洗浄液をスプレー
2)ベルベットクリーナーで盤面を擦り洗い
3)バキュームクリーナーで吸引
4)乾燥

これをレコードの両面に対して行います。で、クリーナーを試用しているところが以下の写真。写真の吸い口は開口面積が広いのですが、これだと吸い込みがいまひとつだったので、その場で接触部のゴム面積を増やし、空洞の容積を減らして吸い込みを改善しました。

バキューム
バキューム posted by (C)circias

単純な装置ですが、これがなかなかどうして、結構調子よく汚水を吸い取ってくれます。レコードの両面の掃除が終わったところで、タンクを確認したら、こんなに汚水が溜まっていました。ぱっと見きれいなレコードでも、こんなに汚れているものなんですね。

汚水
汚水 posted by (C)circias

茶色っぽく濁り、塵もたくさん漂う水が溜まっているのが分かります。果たしてどの程度効果があるのかは分かりませんが、少なくとも、機能としては成功のようです。
気を良くした私は鼻歌まじりに部屋に戻り、レコードを乾かそうとして、自分が取り返しのつかないミスをしたことに気がつきました。

そう、レコードを間違ったのです。洗浄したのはよりによって、大事な「アランフェス」。しかもどうしたわけか、見た目に分かる傷を入れてしまっているではありませんか。
濡れている時には分からなかったのですが、乾かしてみると確かに傷が入っています。その程度の浅い傷なのですが、音への影響は甚大。ばっちりプチノイズが入るようになってしまいました。

よりによって、この盤を傷付けてしまうとは。しかし、クリーナーの接触面にはゴムが張ってあるので、擦っても傷にはなりません。となると、作業台に敷いたゴムが作業中にずれて、レコードと台が直接こすれてしまったのかもしれません。
レコードを間違えた上に、傷を入れる二重のミス。しかも、どこで間違えたのか本人は分かっていないという、最悪の状態。根本原因が分からないのでは対策のしようもありません。
一体なにを寝ぼけていたのでしょうね。

さて、レコードを乾燥させて再生させてみたのですが・・・結果は、微妙でした。やはり、針にゴミがつきます。しかも、この黒い繊維って・・・もしかして、犯人はベルベットクリーナーではないでしょうね?

装置としては成功でも、結果としては微妙。しかも傷まで入れる痛恨のミスで、結果は大失敗と言っても良いでしょう。
レコードの設置の仕方、クリーニングに使用する用具、工程、全てもう一度考え直す必要がありそうです。そしてクリーナーですが、これそのものは悪くないとはいえ、これだけで完璧に汚れを落とせるようなものではないことが分かりました。

うぅむ、どうにも前途多難ですね。しかしまぁ、ここまで来たからには後には退けません。次の一手を考えましょう。最悪、ボンドパックも含めて。


プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ ELEKIT 堀口珈琲 JAZZ 小説 17mm 野川 シティロースト TU-8150 アートブレイキー 紅葉 MU-61 次大夫堀公園 修理 青梅 接写リング AriaPro 御岳渓谷 ブレンド 小仏城山 開花情報 PB-400 CD 御岳山 写真 神代植物公園 実写テスト 東京 トンボ 300mm ライトノベル 古民家 景信山 ロック JAZZ/FUSION 開花状況 カートリッジ 神代植物園 クラシック TU-877 シモバシラ マイケル・サンデル 森見登美彦 多摩川 哲学 センテッドゼラニウム ハイレゾ音源 e-onkyo 故障 3結 6号路 深大寺 鳩ノ巣渓谷 バラフェスタ  ラリー・カールトン 骨董市 コロンビア もみじ台 東宝撮影所 エリック・クラプトン JPOP  東日本大震災 岡本公園民家園 江戸東京たてもの園 OPA2134PA 野川公園 TU-H82 小仏峠 奥高尾 上野 フレンチロースト これからの正義の話をしよう ミツバチ ニューイヤーコンサート 東照宮 水生植物園 HDD 東京国立博物館  大蔵住宅 仙川 砧公園 つくる市 調布 ニカラグア ハクセキレイ 2015 布多天神社 レコード洗浄 ハイロースト リー・モーガン 速度比較 Class10 UHS-I 植物多様性センター カワセミ SDカード 一丁平 オジロトウネン 90MB/s 整備工事 BUMP カワウ Apple 縦走路 細田屋 Transcend アオジ FF15XmkII アニメ バド・パウエル ツクツクボウシ アブラゼミ ミンミンゼミ KT88 NF-15X/2 コミスジ GoldLion イチモンジセセリ ZO-3 FUSION 彼岸花 浜離宮 ウェザーリポート ツマグロヒョウモン SHURE M97xE Eagles オーディオテクニカ 回転数不良 調布飛行場 武蔵野公園 ダイミョウセセリ 天地明察 布多天神 冲方丁 アゲハ A'pis コゲラ 根津美術館 大雪 ジョウビタキ iPhone 蘆花恒春園 表参道 ジフィーポット DENON ボリューム 国産 井の頭自然文化園 アボカド 分解 中仕切り ピックガード ペグ 磨き 白丸ダム 低速病 発芽実験 MUSES02 LM4562NA かき氷 スミナガシ WD10EADS 水耕栽培 クロヒカゲ 工事 メッキ テンポドロップ ストームグラス 2017 正月特別開園 クイナ モズ TempoDrop 人道主義 TIMEX モンキアゲハ 電池切れ 通り名報道 世田谷ボロ市 Weekender 幼虫 ジャコ・パストリアス アカスジカメムシ クロマチックハーモニカ 高浜虚子 霜除け ヒメアカタテハ Focusrite オーディオインターフェース CTL1025 ヒグラシ UL接続 NJM4580D 5極管接続 羽化 Solo ニイニイゼミ タフソーラー 鍍金 Scarlett スズメバチ 秦基博 ZIPPO OSX グアテマラ 紙の博物館 ハービー・ハンコック 野草 ラジオメーター パナマ AT-MONO3/LP ハンディウォーマー レーベル ハクキンカイロ 榊一郎 吉祥寺 ドラゴンフルーツ キアゲハ 奥多摩 MCON-P01 平和ボケ アキアカネ コムラサキ マクロコンバータ 茶谷産業 アカボシゴマダラ オリンパス 豆知識 日原鍾乳洞 ヒカゲチョウ 地雷 MUSES8920D コントロール ピックアップ 竜ノ湖太郎 サドル調整 仕上げ OPAMP ヘッドホンアンプ 工作材 ER-4S No.28151 PROXXON プロクソン ミニカッティングソウ 木栓 震災 葦原大介 電子工作 ST-550 GoldenBlack AMCY-104/630 TU-HP03 NAGAOKA NT-500M C203 C103 上海 ケース GT-PRO Spirit Steinberger イケベ楽器 リボレ秋葉原店 芥川龍之介 NHK 防錆 イタリアンロースト 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ 6V6S 台風18号 REGZA 放鷹術 ウラナミアカシジミ シジミチョウ OP275GP JET 村井秀清 鬼灯市 LME49720NA MUSES8820D AWG-100BR-1AJF RD-BZ800 コルディリネ 塗装 指板 組立て ラッカー 和屋東京店 iBooks フルシティロースト 森山良子 ピアノの森 エディ・ヒギンス 皆既月食 小箱とたん ケニヤ 魚道 親族トラブル セセリ バルトーク CASIO iOS8.3 iPhone4s 軍畑 越谷オサム 亀屋樹 不具合 AU-305 階段途中のビッグ・ノイズ 軍畑大橋 オオスズメバチ 天体 アオモンイトトンボ 世田谷 挿し木 花火 ついんくる マンデリン SanDisk 95MB/s シチズン 夕陽 デクスター・ゴードン Q&Q 腕時計 富士山 キアシドクガ 桜の蛾 瀬那和章 コンデンサ 充電中 再起動 TOSHIBA 30MB/s アサギマダラ DL-103 草市 大沢 ヒオドシチョウ バッハ ゴールドベルク変奏曲 グレン・グールド 真空断熱食器 コーヒー フレディ・ハーバード キタテハ 平和フレイズ タシギ 星野源 スズメ 城山茶屋 甘酒 カワラヒワ 幼鳥 J-POP ゴイサギ ペルー ヤマガラ 三月 古橋秀之 自然現象 似鳥鶏 青藍病治療マニュアル 城山 3号路 稲荷山 志田用太朗 レコードプレーヤ 戸部淑 KeG 鷹見一幸 伊佐良紫築 うみまち鉄道運行記 PIONEER セグロセキレイ リキュール カクテル シジュウカラ オジロビタキ Dyson V6 Trigger ハンディクリーナー ダイソン ツグミ シャープペン デジタルテレコンバータ ベルグソン 絶滅危惧種 テングチョウ デルガード 3.11 RAW クルトガ 天災 被害 植物 スナップショットフォーカス フレディ・ハバード 大森藤ノ 白鳥士郎 初詣 フラックス ElectroHarmonix 翻訳 アレニウス・スヴァンテ ペン立て ミニバケツ MERCURY 発泡PPシート インドネシア 橙乃ままれ ログ・ホライズン 文房具 ペンケース 上野公園 ヤマカガシ 栄西 イチモンジチョウ KENKO スジグロチャバネセセリ 電源回路 アカシジミ  不動産屋 取木 土地 電気ブラン 建築基準法 地上げ 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー タンザニア 香日ゆら 東宝 JJ 12AU7 OSX10.9 hiFace 改造 M2Tech WD20EZRZ 蟲師 モーター 注油 先生と僕 回転数 寝落ち 大沢グランド キタキチョウ G-SHOCK 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 03