FC2ブログ

日々の便り

 

天地明察(下)

気がついたら、読み終えていました。読み始めたのは今日の昼休みのことで、昼休みと帰り道の約二時間、そして夕食後の二時間。読み終えるまで、たった四時間のことです。
しかし、本の内容が薄かったという訳ではありません。その密度たるや、高いところならばページ一杯の文字、文字、文字。きっと、活字が苦手な方なら目眩を覚える事でしょう。

天地明察、下巻。上巻に劣らぬ密度、そして面白さでした。あまりに集中して読んでいたもので、読み終えてからしばらくは目の焦点が手元に固定されたままに。手元より先に視線を移しても、ぼんやりとしか見る事ができなかったほどでして。こんなに集中して一気に本を読み進めたのは久しぶりだと思います。

LINK

下巻の内容は、算哲が改暦を志すところからはじまって、途中降り掛かる絶望的な状況を乗り越えて、それを成し遂げるまで。
「絶望的な状況」の中身を書くと重要な出来事のネタバレになってしまうのでやめておきますが、さすがは史実に基づく小説、そう一筋縄では事が運ばないのですね。

上巻と比較してみると、語り口は変わっていないのに、物語の印象が随分変化しています。若々しさがにじみ出ていた上巻に対して、下巻は随分と枯れた雰囲気に。主人公自身が歳をとったというのもありますが、恐らくそれ以上に政治や権力がらみの話が多くなっていることがあるのではないでしょうか。

真っ直ぐさや純粋さ、無垢で無邪気な好奇心。そういった人間の美しさがとかく際立つのが上巻。これに対し、下巻は改革者の苦悩や天才の孤独、凡俗で愚昧な権力者達の醜さなどといった負の側面が、否応無しに際立つ展開になります。

しかし、そんな中にあっても、真っ直ぐな人々の快さは相変わらず健在で。安藤殿は相変わらず格好良いですし、酒井様も素晴らしいですし、とにかく、格好良い男達の姿に痺れる事は請け合いです。上巻でお世話になった建部殿関連のエピソードもあり、涙腺の緩むような話の多いことといったら。

作者の構成の上手さも光ります。下巻を読み進めて行くと、上巻に登場する含みのなさそうなエピソードが、実は下巻への重要な伏線になっていたのだということに幾度も気付かされるのですね。建部殿の夢の話、伊藤殿の夢の話、そして北極出地の初日に目にした、あの予測合戦。よもや、そんなところまで緻密に計算されていようとは。

ただ、ハッピーエンドの物語にしては、胃の重くなる内容でもあったと思います。やはり国家レベルでの何かを成し遂げようと思ったら、まず必要なのは根回しと宣伝戦、そして金と権力の裏付けなのだという事を思い知らされるのがこの下巻。
最終的に算哲の大和歴を日本の暦足らしめたのは暦の正しさではなく、むしろそういった政治力であった、というのがなんともはや。

もちろん、暦が正しいからこその宣伝効果ではあるのですけれど、正しさそのものには、あまり力がないのです。まぁ、政治の世界っていつもそうですよね。
こういう部分はあえて書かずに英雄譚でまとめたがる作家も多いですけれど、冲方さんはそういう作家ではないようですね。そういう現実にシビアなところ、良いのではないでしょうか。

またこの下巻は冒頭から、ときに素晴らしいものと讃えられる当時の精神主義の、無知さに裏打ちされた闇の側面にも容赦なく斬り込みます。

これは算哲や保科公が改革者側であり、そちらから見た物語であるというのも大いにあるでしょう。けれど、歴史的、物理的証拠に照らして振り返るなら、精神主義に傾倒して現実を無視し続けることの害悪は明白であり、弁護の余地はありません。
その種の奇麗事を好む人には些かシビアな内容であるところも、私の大いに好ましく思うところでした。

それにしても、物語の全体を読み終えてつくづく思うのは、やはりこうして活躍する人というのは、人の縁に恵まれているものなのだなということです。
なにしろ人の世の中の事ですから、結局、最後は人なのですよね。

天地明察(上)

どうも性格がひねくれているもので、流行ものには興味があっても手を出し辛いのです。昨年買った数々の書籍の中で、そんな理由で唯一手を付けていなかったのが、この本。ご存知、天地明察でした。

LINK

これは過去に味わった辛酸の数々がそうさせているのですが、しかし、流行っているから良いものとは限らないのと同じくらい、流行っているからといって悪いものとは限らないのですよね。幸いなことにこの本は、私にその事を再確認させてくれるものでした。

一言率直に申し上げまして、面白い。そして、快い。読む事でまるで目が冴えていくかのようなこの感覚と、読後の静かな高揚感、そして爽やかさ。こんな感覚を味わえる作品は、なかなかないと思います。
書評ではこれをみずみずしい文章と表現していますが、なるほど、そのようにも感じられますね。特段凝った言い回しが多用されているわけでも、情景の描写が殊更細かい訳でもないのに、なぜでしょう、不思議と絵が脳裏に浮かぶのです。

文体は無駄に煽らず、むしろ淡々と。まるで静かに歴史を解説するかのような調子です。実際、史実に基づく部分についてはそれと分かるように書かれており、言い回しでこれは実際にあった事なのだと分かるほど。恐らく、あえてそのように意識して書かれているのでしょう。こういうところは、ドキュメンタリーの再現ドラマのようです。

上巻の内容は、主人公が算術絵馬を知るところから、御家老に測地の旅に出ることを命じられ、その任を果たして江戸に帰ったところまで。アクションは一切なく、かといって知略勝負があるでなく。主人公が算術の問題を作ろうとするところは確かに勝負ではありますが、いわゆる勝負ものの乗りではありません。

ところが、その一見地味で何も起こらないかのような出来事の間に、これでもかと言わんばかりのドラマがあるのです。大事件がなくとも、人の心は揺れ動くもの。ときに高揚し、ときに沈み切り、ときに打ちのめされ、また感激に打ち震え。
そういった心の機微を生き生きと鮮明に、押し付けがましくもならずに自然に描く、その文章の見事さと言ったら。

なるほど、主人公が心躍らせて日々を送っているのですから、文章に引き込む力があるなら、読むものの心もまた躍るのが道理。エンターテイメント的な大事件でなくとも、ある人の人生にとっての大事ならば、読み手もまたそれに驚き、思案し、心を動かされて当然なのです。それは自明の理ではあるのですけれど、それでいて、それができる作家はそう多くはありません。

文章が上手い。それも、小憎らしい技術のひけらかしのような上手さではなく、ただ自然に流れ、そこに読み手を巻き込んで行くかのような上手さなのです。これには舌を巻くと同時に、たいそう感激させられました。そう、私はこういう文章が大好きなのです。

この作品の魅力のもうひとつの面は、綿密な調査に裏打ちされた、当時の日本についての豆知識の数々です。なにげに脱線が多く、色々な場面で背景となる世情や習慣の解説がさらりと入るのですが、それでいてこれらが話のペースを乱す事はありません。
御陰で情報量がたいへん多いため、概要を把握した上で読み返しても飽きないのです。

さらに、登場人物達のまたなんと魅力的なことか。とは言っても、いわゆるテンプレート的な変人キャラで受けを狙うのではありません。あくまで史実に基づいてなので、各々の人物もまた極めて重厚。つまりそこに感じる魅力とは、描かれた人物の人間性に対して感じる魅力なのです。そのため、どの人物にもつい肩入れしてしまうのですね。

とりあえずこの巻で最も魅力を感じた人物は、建部殿。いやもう、全て分かった上で読んでなお、涙なしでは居られません。安藤殿の無骨ながら粋な気配りにも痺れますし、伊藤殿の静かな魅力にも惹かれますし・・・この先の展開を考えると、全てを見越した上でまるで碁のように一手一手を打って行く御家老の酒井様の手腕にも圧倒されます。

もし叶うならば、こんな魅力的な人物とお近づきになりたい。その側で生きてみたい。そんな事を思わずには居られない、素晴らしい人物達が次々に登場するのですね。彼等のひとりひとりについて、できることなら冲方先生に物語を書いて頂きたいくらいです。
きっと読み終えた後のこの不思議な充足感は、そんな心地良い登場人物達の御陰なのでしょうね。

なるほど、それは瑞々しい文章。爽やかで心地良く、それでいて胸を打つ。なんともいえない満足感と静かな高揚感を与えてくれる、若々しくて力にあふれた物語です。
歴史小説がお好きな方にも、そうでない方にも。是非一度、読んでみる事をお勧めしたい作品でした。

プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  LP レコード 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 17mm 小説 野川 DIY シティロースト TU-8150 アートブレイキー MU-61 紅葉 青梅 次大夫堀公園 開花情報 ブレンド 御岳渓谷 接写リング 小仏城山 神代植物公園 CD 写真 御岳山 実写テスト 東京 300mm トンボ 景信山 ライトノベル 古民家 開花状況 カートリッジ クラシック JAZZ/FUSION 神代植物園 ロック シモバシラ センテッドゼラニウム 森見登美彦 TU-877 マイケル・サンデル 哲学 多摩川 e-onkyo ハイレゾ音源 故障 3結 バラフェスタ コロンビア 6号路 骨董市 ラリー・カールトン 鳩ノ巣渓谷  深大寺  江戸東京たてもの園 上野 もみじ台 奥高尾 小仏峠 岡本公園民家園 OPA2134PA 野川公園 エリック・クラプトン 東宝撮影所 JPOP 東日本大震災 TU-H82 つくる市 ニカラグア 修理 ニューイヤーコンサート 調布 2015 ハクセキレイ リー・モーガン 布多天神社 これからの正義の話をしよう 仙川 大蔵住宅  レコード洗浄 水生植物園 フレンチロースト 東京国立博物館 ミツバチ ハイロースト 東照宮 砧公園 HDD Eagles ジフィーポット オーディオテクニカ SDカード コミスジ 速度比較 布多天神 イチモンジセセリ ZO-3 アブラゼミ ツクツクボウシ ミンミンゼミ Class10 90MB/s かき氷 冲方丁 スミナガシ クロヒカゲ 井の頭自然文化園 天地明察 ダイミョウセセリ Transcend 工事 根津美術館 表参道 UHS-I 浜離宮 コゲラ ストームグラス ジョウビタキ 中仕切り SHURE テンポドロップ 2017 KT88 GoldLion バド・パウエル 正月特別開園 大雪 M97xE ツマグロヒョウモン TempoDrop 武蔵野公園 調布飛行場 アゲハ BUMP WD10EADS アニメ ウェザーリポート 蘆花恒春園 FUSION 彼岸花 低速病 回転数不良 DENON NF-15X/2 A'pis FF15XmkII 植物多様性センター オジロトウネン 白丸ダム 一丁平 iPhone 縦走路 整備工事 モズ 細田屋 カワウ 発芽実験 カワセミ LM4562NA Apple 水耕栽培 クイナ アオジ アボカド 高浜虚子 電子工作 放鷹術 パナマ グアテマラ OSX アカスジカメムシ OPAMP 台風18号 MUSES02 AT-MONO3/LP MUSES8820D MUSES8920D アキアカネ ヒカゲチョウ 6V6S キアゲハ コムラサキ アカボシゴマダラ 豆知識 LME49720NA レーベル MCON-P01 タフソーラー マクロコンバータ 電池切れ NT-500M オリンパス CTL1025 AWG-100BR-1AJF G-SHOCK CASIO 霜除け 親族トラブル 魚道 ハービー・ハンコック 秦基博 RD-BZ800 ヘッドホンアンプ ケース REGZA 榊一郎 地雷 皆既月食 Weekender TIMEX クロマチックハーモニカ ジャコ・パストリアス NAGAOKA 吉祥寺 5極管接続 Focusrite イタリアンロースト ZIPPO ハンディウォーマー コルディリネ 鈴木三重吉 Scarlett ウラナミアカシジミ シジミチョウ レコードスタビライザ 植物 書簡集 小箱とたん ハクキンカイロ 日原鍾乳洞 野草 奥多摩 フルシティロースト 和屋東京店 森山良子 iBooks エディ・ヒギンス ケニヤ 紙の博物館 セセリ 人道主義 平和ボケ 鍍金 竜ノ湖太郎 UL接続 スズメバチ オーディオインターフェース ニイニイゼミ ヒメアカタテハ モンキアゲハ 幼虫 NJM4580D 世田谷ボロ市 通り名報道 羽化 ER-4S 茶谷産業 JET 鬼灯市 ラジオメーター Solo 村井秀清 バルトーク ヒグラシ 震災 葦原大介 ドラゴンフルーツ OP275GP Trigger 天体 夕陽 アサギマダラ 挿し木 花火 土地 ついんくる 富士山 3号路 充電中 自然現象 セグロセキレイ うみまち鉄道運行記 古橋秀之 iOS8.3 再起動 不具合 軍畑大橋 軍畑 草市 30MB/s TOSHIBA DL-103 瀬那和章  デクスター・ゴードン 95MB/s SanDisk 越谷オサム 地上げ 建築基準法 亀屋樹 階段途中のビッグ・ノイズ 不動産屋 AU-305 伊佐良紫築 戸部淑 フレディ・ハーバード ペルー PIONEER キタテハ 平和フレイズ J-POP 星野源 真空断熱食器 レコードプレーヤ 志田用太朗 城山 ヒオドシチョウ 大沢 稲荷山 青藍病治療マニュアル 三月 似鳥鶏 アオモンイトトンボ 甘酒 オオスズメバチ コーヒー バッハ iPhone4s ヤマガラ KeG 鷹見一幸 ゴールドベルク変奏曲 グレン・グールド カワラヒワ スズメ 城山茶屋 幼鳥 ゴイサギ タシギ マンデリン シチズン Q&Q クルトガ ツグミ シジュウカラ シャープペン 天災 V6 Dyson 被害 オジロビタキ デルガード ペンケース ベルグソン 絶滅危惧種 3.11 RAW 文房具 デジタルテレコンバータ 世田谷 インドネシア フラックス ElectroHarmonix MERCURY 初詣 ミニバケツ 発泡PPシート ペン立て 白鳥士郎 大森藤ノ アレニウス・スヴァンテ 橙乃ままれ ログ・ホライズン 翻訳 フレディ・ハバード ハンディクリーナー ダイソン テングチョウ 改造 ピアノの森 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー アカシジミ 栄西 キタキチョウ 上野公園 スジグロチャバネセセリ イチモンジチョウ 取木 キアシドクガ 桜の蛾 腕時計 ヤマカガシ リキュール 電気ブラン カクテル KENKO 電源回路 OSX10.9 東宝 WD20EZRZ hiFace M2Tech JJ 12AU7 蟲師 大沢グランド 先生と僕 香日ゆら タンザニア 注油 モーター 寝落ち 回転数 スナップショットフォーカス 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 05