FC2ブログ

日々の便り

 

一丁平は咲き始め

昨日は久々に、高尾山に出掛けて来ました。といっても高尾山はオマケで、どちらかというと高尾山から景信山までの縦走路の往復が主な目的なのですけれど。冬場は専ら体を鍛えるために登っている私ですが、今回はもう一つ目的がありました。それは、桜。あわよくば一丁平辺りで、もう一度花見ができればと、少し期待していたのですよね。

高尾山の麓では、桜はもう半ば散っている状態でした。稲荷山コースも同様で、山腹に生えている桜の木から、風に乗った花弁がハラハラとコースを横切って行きます。そんなどこか幻想的な風景を楽しみつつ山頂に到着すると、そこには足の踏み場もないほどの人、人、人。冬場も充分観光客で賑わっていましたが、ここへきて人数がなんだかおかしなことになっています。

2015-04-13
2015-04-13 posted by (C)circias

山頂の桜の様子は上の写真の通りで、もうピークは過ぎたような感じです。ただ、やはり桜は目をひくらしく、多くの人が桜の前で記念撮影をしていました。それともう一つ、今日の高尾山山頂には、観光客の目をひく新しいものが。それがこちら、新しくなったビジターセンターです。

2015-04-13
2015-04-13 posted by (C)circias

中も少し覗いてみましたが、だいぶ大きな建物のようですね。恐らく、なにがしかのイベントに使ったりもするのでしょう。センターの受付までは土足で入れますが、その先の展示スペースに行くには靴を脱がなければなりません。そういうところはちょっと不便ですが、多くの人が利用するであろうトイレは隣の建物で、こちらは土足のままいけますので、展示スペースに用がなければ問題ないと思います。

さて、高尾山山頂を超えて奥高尾方面に進むと、紅葉台を下りた先の巻き道に、目をひく紫色の花を見付けました。次の写真が、その花。調べてみたところ、どうやらミツバツツジという種類のようです。既に萎れ始めている花もありましたので、ちょうどピークを過ぎたばかりなのかも知れません。

巻き道のミツバツツジ
巻き道のミツバツツジ posted by (C)circias

一丁平方面に進む道は、ここで二手に分かれるのですが、ミツバツツジや桜を見たければ、今週は巻き道を進む方が良いでしょう。メインの道にも桜はありますが、開花している木を見られるのは、一丁平にだいぶ近付いてからです。次の写真は、一丁平へ行く途中で撮影した桜の様子。これは山桜でしょうか。まず葉が出て、その後で花が咲くようです。

一丁平手前(1)
一丁平手前(1) posted by (C)circias

木にはまだ開いていないつぼみも沢山あり、まだ開き始めてそう時間は経っていないようですが、恐らく今週中くらいが見頃でしょう。ちなみにこの手の桜はそもそも花の数が少ないので、満開になってもソメイヨシノのような華やかな風景にはならないものと思われます。ただ、これはこれでなかなか山の風景に馴染んでいるように感じました。

一丁平(1)
一丁平(1) posted by (C)circias

一丁平にはどうやら数種類の桜があるようです。特に展望台の巻き道沿いには沢山の桜がありますが、そのどれもがまばらに花をつけているような状態でした。上の写真は、そんな木々の中でも一番花をつけていた、巻き道入口付近の一本から。往路ではこの木の周辺に観光客のグループが居て、花見を楽しんでいました。

一丁平から先の桜も、やはりまだ咲き始めという感じです。城山山頂でも景信山山頂でも、とりあえず開花している枝があるものの、まだつぼみしか見られない枝もあり。この調子だと、ところによっては来週一杯くらいは桜を見られるかも知れませんね。しかし景信山から見下ろしてみると、より低い山腹では、桜がかなり開いている事が分かります。

景信山から
景信山から posted by (C)circias

上の写真は、景信山から見た付近の山々。画面の白くなっているところは、ほぼ全部桜です。あちこちでだいぶ桜が咲いているのが分かりますね。この距離だとさすがに種類は分かりませんが、恐らく山桜の類でしょう。いわゆる、自生している桜の木なのではないかと思います。

それにしても意外だったのは、一丁平の桜が思いのほか少なかった事ですね。今は桜よりもコブシの方が目立っているくらいで、聞いていたよりずっと地味な印象です。もう少しして桜が満開になったら、景色も少しは華やかになるのでしょうか。

ところで、今回は色々あって三週間ぶりの高尾山でした。普段は体をなまらせないために一週おきにしているのですけど、色々あってだいぶ開いてしまいまして。そのため、危惧していた通り体がだいぶなまったようで、思った以上に疲れ果ててしまいました。よもや、復路の序盤で顎が出ようとは。しかも足やお尻など複数箇所がだいぶ痛くなってしまい、明日はちょっと難儀しそうです。やはりもっと普段から、運動しないと駄目ですね。

高尾山は工事ラッシュ

貯まりに貯まって消滅を待つばかりの有給休暇を少しでも有意義に消費しようと、今日は高尾山へ出掛けて来ました。なぜ今日かと言いますと、木曜日の天気予報では、週末は雨ということになっていたからです。もしも天気予報が当ってしまったら、今週は山へ行けない事になってしまいますからね。

今日の東京は曇りの予報。実際自宅周辺はかなり重い空で、いつ雨が降り出してもおかしくないような天気でした。一方高尾山の方はと言いますと、こちらは晴れ間も覗く薄曇り。登り始めてからは雲が切れ、意外にも温かな日差しの中を歩く事が出来ました。

先々週の時点では泥沼を歩いているような有様だった高尾山でしたが、登山道の状態はかなり改善されています。ところどころにまだぬかるみは残っていますが、ほとんどの箇所はそこそこ硬い地面に戻っていました。稲荷山コースは、いつも泥濘が酷い6号路との合流点の先を除けば、ほぼ乾いた地面に。明らかに人為的に埋め戻されたり盛られたりしている部分も多々見られましたので、補修も行われたのだろうと思います。

ところで稲荷山コースと言えば、稲荷山山頂のトイレがこの冬から閉鎖されていましたね。そのトイレですが、とうとう解体されたようです。撤去なのか建て直しなのかは分かりませんが、どうやら今日はまさに解体工事の日だったようで。お昼前に通りがかったところ、次の写真のような状態になっていました。

稲荷山山頂トイレの取り壊し
稲荷山山頂トイレの取り壊し posted by (C)circias

工事と言えば高尾山山頂でも工事をしていましたね。そちらのほうも、だいぶ進んだようです。今日行ってみたところ、舗装を剥がされていた山頂は再び奇麗に舗装し直してありましたし、ビジターセンターも外装はかなり出来上がっていました。それから、紅葉台の手前の道路脇の斜面でも、何か工事をしていましたね。あれは配管工事か何かでしょうか。

建物以外にも、道路工事がそこかしこで行われていました。まずは次の写真ですが、これは紅葉台と一丁平の間にある、泥濘の特に酷かった区間の階段です。ここではまさに、登山道に木製の板を埋め込む作業をしている最中でした。この板は城山の階段の舗装に使われているのと同じ物ですね。てっきり元からああいう造りなのかと思っていましたが、どうやらこれは、後付けで階段を補修するためのパーツのようです。

一丁平手前の整備
一丁平手前の整備 posted by (C)circias

写真ではえぐられた地面の上に板を置いているだけに見えますが、これは階段と板の高さを合わせるための作業が終わったばかりのところです。このあと板を地面に杭かなにかで固定して、さらに周囲を土で埋めて、木の板と地面の間に段差が無いようにするわけです。で、この工事が完了すると、次の写真のようになります。

一丁平展望台方面の階段
一丁平展望台方面の階段 posted by (C)circias

ちなみにこれは、一丁平のトイレ前から展望台方面へと上がって行く階段の様子。つい先日まではここも泥濘でしたが、木製の階段へと変貌を遂げました。どうやらこの春、城山周辺と同様に整備された区間が、紅葉台付近まで延長されるようですね。次の写真は一丁平に入ったところから写した景色ですが、ご覧の通り、一丁平は既に城山と同じ砂利舗装になっていました。

一丁平は舗装されました
一丁平は舗装されました posted by (C)circias

さらに、一丁平の展望台の巻き道も、同じく砂利舗装になるようです。次の写真は、巻き道の入口から撮影したもの。今日はまさに舗装工事中で、巻き道の入口は封鎖されていました。奥の方には、土留めの角材のみが設置された、舗装前の状態が見えます。この分だと、工事はまだしばらくかかりそうですね。少なくとも今週末は、一丁平の巻き道は使えそうにないのでご注意下さい。

展望台巻き道は工事中
展望台巻き道は工事中 posted by (C)circias

巻き道が使えないため、展望台経由で城山方面に抜けると、そこから先もやはり工事中でした。次の写真は、一丁平から城山方向へと登って行く道。ここも以前は酷い泥沼だったので、私は巻き道で迂回していた区間です。ところが今日行ってみると、見ての通り例の木の板が埋め込まれていて、歩き易い道になっていました。このあたりも、この二週間で整備されたのでしょう。

一丁平~城山区間も舗装工事中
一丁平~城山区間も舗装工事中 posted by (C)circias

この階段を上がり切った先の区間には、道端に沢山の角材が並べられており、作業員の皆さんが登山者を邪魔そうにしながら工事をしていました。あの様子ですと、恐らくこの階段の先も、例の砂利舗装になるのだろうと思います。そして、ここを抜ければすぐに城山手前の、整備された区間。つまり、紅葉台から城山までが、ちょっとした植物園並みに整備された歩道になろうとしているわけですね。

この工事が終われば、今後は城山までの区間で泥沼に悩まされることはなくなるでしょう。ほんの二週間前には、今まさに舗装されんとしているその場所で、何人もの高齢者が転倒していましたし、安全という意味ではとても有難い処置だと思います。ただ一方で、この工法で整備された区間はもはや「公園」という感じしかしないので、山を登っている感を楽しんでいた私としては、些か寂しい気もするのですけれどね。

雪の奥高尾(2)

小仏城山を下る道は、しばしアイスバーンになります。次の写真は、山頂を出てすぐのあたりの様子ですが、ここから先はアイスバーンである上に急傾斜なので、気をつけないと転倒の恐れもあるでしょう。運動靴で進むのはちょっと無謀だと思います。トレッキングシューズの方も、ここではアイゼンなりスパイクなりを使った方が安全でしょうね。

城山から小仏へ
城山から小仏へ posted by (C)circias

城山〜小仏峠の道は気温が低いせいか、雪の残る区間が沢山ありました。特に雪が多かったのは、やはり一番低い位置にある小仏峠です。城山の下りも危険でしたが、小仏峠の下り階段はツルツルに凍り付いていて、もっと危ない感じでしたね。ここはさすがに、私もアイゼンを使おうかと思ったくらいです。使いませんでしたけれど。次の写真は、小仏峠の様子。お馴染みの狸の前に、子供が作った小さな雪だるまが立っています。

雪の小仏峠
雪の小仏峠 posted by (C)circias

小仏峠を過ぎてからは、転じてぬかるみが多くなります。場所にもよりますが、だいぶ酷いぬかるみの区間もありました。次の写真は景信山近くの山林ですが、見ての通り日陰になる側に雪が残っているものの、だいぶまばらになってきています。山道も然りで、特に景信山手前の細い尾根から最後の急坂にかけてはぬかるみが酷く、登りはともかく下りはどうしたものかと考えてしまうほどでした。

雪の残る山林
雪の残る山林 posted by (C)circias

ぐちゃぐちゃの沼のような道をなんとか登り切ると、最後はコンクリートの上を歩く事が出来ます。以前来た時は無粋な足場だなどと思っていましたが、こうなるとコンクリートの有り難みが身にしみますね。次の写真は、景信山山頂から周囲の山林を見下ろして撮影したものです。日向と日陰で雪の有無がはっきりと分かれて、きれいな縞模様が出来ていますね。

景信山山頂から
景信山山頂から posted by (C)circias

景信山山頂では、陣場山方面からやってきたグループが幾つも休憩をしていました。茶屋は二軒とも開いていましたが、三角点側の茶屋はお品書きが見当たらず、しかもなにやら世間話中。メニューが分からなくては注文もできませんので、諦めて下の茶屋へ。次の写真は、前回も立ち寄った茶屋のカウンター前から見下ろした風景です。今回は甘酒を注文したのですが・・・それについてはまた別の機会に書くとしましょう。

茶屋から見下ろす
茶屋から見下ろす posted by (C)circias

この日の景信山は気温が8度もあり、寒さはそれほど感じませんでした。山の上でもこうなら、下界はよほど暖かかったのでしょうね。甘酒を飲み終えた私は、直ぐに高尾山へと引き返しました。普段ならば余裕があると言える時間でしたが、なにしろ悪路です。下りは慎重に行かないと転倒、最悪転落もありそうな勢いでしたので、時間には余裕を持たせておきたかったので。

城山巻き道
城山巻き道 posted by (C)circias

復路では、往路では通らなかった道を積極的に使用してみました。小仏峠からの登りと城山は巻き道でパス、逆に一丁平と紅葉台は頂上経由で行きます。上の写真は、城山の巻き道の様子。日陰になる巻き道はだいたいこんな感じの雪の道になっていましたが、日陰沢林道から先は酷いぬかるみでした。このあたりが荒れているのは、工事車両が往復しているせいもあるかも知れませんね。なにしろ、深い轍が残っていましたし。

高尾山到着は、15時頃の事。約1時間の道のりでした。これも、普段とあまり変わりありませんね。復路は景信山からの下りこそちょっと恐かったですが、それ以外の区間は思った程には苦労せずに済みました。とは言っても普段とは違う歩き方をしましたから、当然体への負担はいつも以上な訳でして。帰りの電車に乗る頃には、いつになくへとへとになっていました。

この時期の奥高尾は基本的にはぬかるみ、そしてアイスバーンとの戦いになるようです。なにしろ登山客が多いので、雪がすぐに踏み固められてしまうのですね。これではアイゼンを使いたくなるのも無理ない、とは思うのですけれど、同時にアイゼンが環境に及ぼす影響を目の当たりにすると、使いたくないという気持ちの方が勝ります。

山に登るのは楽しいことですが、それは同時に山を痛めつけることでもある、ということを、今回はまざまざと見せつけられてしまいました。特にこの時期は、歩き方一つとっても環境に大きく影響するのだという事を、肝に命じて歩かなければならないと思います。まぁ一番良いのは、ぬかるんでいる時期は山に入らないことなのでしょうけれど・・・。そこは甘えさせて頂きたいなぁ、と。

縦走路の修復工事

昨日の奥高尾は酷い泥濘で、人が通る度に道が削られるため、所によっては深い溝が穿たれたような有様でした。なにしろ歩く人の数が多いので、山道の損耗が激しいのです。しかもスパイクやストックを使う登山客がザクザクと固い土までも耕してしまうため、溝はどんどん深くなるのですね。もしもあれをそのまま放置してしまったら、ほどなく登山道は使い物にならなくなってしまうでしょう。

しかしそうならないのは何故かと言いますと、それを修復する人達が居るからです。高尾山は八王子市の持ち物なので、自治体が雇っているのでしょうか、昨日は痛んだ登山道を修復する作業を見る事ができましたので、それをご紹介したいと思います。

まずは、もみじ台。次の写真は、ぬかるみにむしろを敷いて応急処置を施してある部分です。こうすると登山客が歩き易くなるだけでなく、地面を穿たれることもなくなるのですね。しかし、こうしてむしろが無事で居られるのは、通行量の少ない部分だけ。多くの人が通る場所や、とりわけぬかるみ具合の酷いところでは、むしろはズタズタになってしまって、原形をとどめていませんでした。

むしろで応急処置
むしろで応急処置 posted by (C)circias

そうしてすっかり掘り返されてしまった部分は、そこにあった土が運び去られてしまっているため、別の場所から土を持って来て埋めるしかありません。とはいえ、泥で埋めても逆効果ですので、そういう場所には砂利を使います。次の写真は、登山道脇に埋め戻し用の砂利の山を作る作業員の様子。まずはこうして資材を運び込み、充分に砂利を用意してから工事を開始するようです。

作業員と小型クローラー
作業員と小型クローラー posted by (C)circias

ちなみに上の写真の作業員が押しているのは、エンジンとキャタピラがついた、自走式の運搬車で、クローラーと呼ばれるもの。ここは一丁平と城山の間ですが、こういうこう配のきついところでは、クローラーを用いても砂利の運搬は大変です。どうやら砂利の集積所を幾つも作って、集積所から集積所へと砂利を運んでいるようでした。

さらに城山に近付くと、階段脇に土嚢が積まれている箇所が。どうやらここはえぐれているか、ぬかるみが酷過ぎて危険だったのでしょう。土嚢の上にクローラーの轍が出来ているので、重いクローラーを安全に通すための措置であろうと思われます

階段脇の土嚢
階段脇の土嚢 posted by (C)circias

そのまま道を進むと、ついで見えて来たのがこちら。砂利の集積所と、砂利の上には重機が停まっています。ここは城山の麓で、巻き道を抜けた場所。恐らくこれらの資材と機械は、日陰沢林道から巻き道経由でここまで運び込んだのだと思います。ここに来る道すがら見て来た土砂の集積所は、皆ここから運ばれた砂利を積み上げたものなのでしょうね。

土砂と重機
土砂と重機 posted by (C)circias

そして、ここに重機や砂利を運んで来たと思しき車両がこちら。こういった狭い場所で作業するための、小型運搬車です。これを見るのも初めてですね。後ろの荷台に取り付けられている板の状態からして、この車両が砂利を運搬して来た事はまず間違いないと思います。

小型運搬車
小型運搬車 posted by (C)circias

城山の巻き道を進んでみると、ところどころに砂利で埋めた箇所を見る事が出来ました。巻き道も結構ぬかるんでいましたので、まずはそこを直してから重機を運び込んだ訳ですね。次の写真は、その埋め戻し箇所の様子です。新しい砂利は周囲と明らかに色が違うので、分かり易いですね。

埋め戻し跡
埋め戻し跡 posted by (C)circias

最後は、小型運搬車の轍と思しき痕跡を。そういえば初めて景信山に登った時、あのあたりにもこんな轍がずっと続いていましたっけ。あの時は何のためにどんな車両が来たのかといぶかったものですが・・・これでハッキリしました。あれは、登山道の整備のために入って来た、クローラーや運搬車の轍だったに違いありません。比較的新しかったことからして、きっと秋頃に整備でもしたのでしょう。

運搬車の轍
運搬車の轍 posted by (C)circias

一見車両など入って来れそうにない場所ですが、常日頃こうして整備してくれてる御陰で、私達はハイキングを楽しめているという訳です。彼等の苦労を考えると、山道の歩き方にも少し気を使わなければならない気がしますね。少なくとも、無闇にストックやアイゼンで掘り返すような真似だけはするまいと思いました。それでなくとも、高尾山は登山客が多過ぎるのですから。


プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 野川 小説 17mm シティロースト TU-8150 アートブレイキー MU-61 紅葉 次大夫堀公園 修理 青梅 小仏城山 接写リング 御岳渓谷 開花情報 ブレンド PB-400 AriaPro 御岳山 神代植物公園 写真 CD トンボ 300mm 実写テスト 東京 景信山 ライトノベル 古民家 カートリッジ JAZZ/FUSION 開花状況 神代植物園 ロック クラシック センテッドゼラニウム 森見登美彦 TU-877 シモバシラ 多摩川 哲学 マイケル・サンデル コロンビア  深大寺 バラフェスタ 3結 6号路 骨董市 ラリー・カールトン 鳩ノ巣渓谷 ハイレゾ音源 故障 e-onkyo 江戸東京たてもの園 岡本公園民家園 小仏峠 奥高尾 東宝撮影所  エリック・クラプトン もみじ台 上野 TU-H82 野川公園 OPA2134PA JPOP 東日本大震災 ハクセキレイ 2015 東照宮 砧公園 フレンチロースト 水生植物園 東京国立博物館 仙川 布多天神社 調布 ニューイヤーコンサート  ミツバチ ハイロースト つくる市 これからの正義の話をしよう レコード洗浄 ニカラグア 大蔵住宅 リー・モーガン HDD NF-15X/2 FF15XmkII 発芽実験 オジロトウネン アオジ A'pis 速度比較 SDカード 水耕栽培 カワセミ アボカド 細田屋 ダイミョウセセリ 回転数不良 カワウ 整備工事 縦走路 井の頭自然文化園 一丁平 植物多様性センター DENON 中仕切り KT88 コゲラ ペグ 磨き GoldLion 90MB/s ピックガード 根津美術館 iPhone 調布飛行場 メッキ 分解 蘆花恒春園 オーディオテクニカ バド・パウエル LM4562NA 白丸ダム Class10 武蔵野公園 ボリューム UHS-I 国産 ジョウビタキ Apple TempoDrop 布多天神 クロヒカゲ BUMP スミナガシ かき氷 ジフィーポット 彼岸花 アゲハ アブラゼミ 2017 浜離宮 イチモンジセセリ テンポドロップ Transcend Eagles ストームグラス ZO-3 FUSION ミンミンゼミ M97xE 低速病 コミスジ 大雪 アニメ 冲方丁 SHURE ツクツクボウシ クイナ WD10EADS ウェザーリポート モズ ツマグロヒョウモン 表参道 正月特別開園 工事 天地明察 RAW インドネシア アレニウス・スヴァンテ オジロビタキ 被害 初詣 シジュウカラ フラックス 白鳥士郎 大森藤ノ 天災 デジタルテレコンバータ ツグミ 橙乃ままれ ElectroHarmonix フレディ・ハバード 翻訳 ログ・ホライズン 幼虫 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ コルディリネ 小箱とたん ケニヤ エディ・ヒギンス ウラナミアカシジミ シジミチョウ ドラゴンフルーツ ヒグラシ バルトーク 村井秀清 鬼灯市 JET セセリ 森山良子 OPAMP ヘッドホンアンプ 電子工作 ケース NT-500M NAGAOKA 竜ノ湖太郎 ER-4S フルシティロースト 和屋東京店 iBooks イタリアンロースト 震災 葦原大介 羽化 スズメバチ 榊一郎 レーベル 吉祥寺 AT-MONO3/LP グアテマラ パナマ 地雷 ジャコ・パストリアス マクロコンバータ MCON-P01 オリンパス ハービー・ハンコック クロマチックハーモニカ 秦基博 OSX キアゲハ 世田谷ボロ市 モンキアゲハ 通り名報道 ヒメアカタテハ 鍍金 ニイニイゼミ 3.11 高浜虚子 豆知識 アカボシゴマダラ ヒカゲチョウ アキアカネ アカスジカメムシ コムラサキ 霜除け 桜の蛾 ハンディクリーナー MERCURY ミニバケツ ペン立て ダイソン Trigger クルトガ シャープペン Dyson V6 発泡PPシート スナップショットフォーカス タフソーラー 電池切れ TIMEX Weekender CTL1025 AWG-100BR-1AJF 植物 CASIO G-SHOCK デルガード 文房具 土地 建築基準法 地上げ 不動産屋 富士山 夕陽 不具合 再起動 充電中 アサギマダラ  ヤマカガシ 12AU7 JJ 改造 ペンケース WD20EZRZ キタキチョウ イチモンジチョウ アカシジミ スジグロチャバネセセリ 茶谷産業 ラジオメーター ピアノの森 組立て 指板 塗装 親族トラブル 魚道 放鷹術 REGZA RD-BZ800 皆既月食 ラッカー 防錆 工作材 ピックアップ コントロール サドル調整 木栓 ミニカッティングソウ プロクソン PROXXON No.28151 台風18号 6V6S 野草 日原鍾乳洞 奥多摩 Focusrite 紙の博物館 ハクキンカイロ 平和ボケ 人道主義 ZIPPO ハンディウォーマー Scarlett Solo LME49720NA MUSES8920D MUSES8820D MUSES02 OP275GP NJM4580D オーディオインターフェース UL接続 5極管接続 iOS8.3 iPhone4s シチズン デクスター・ゴードン 瀬那和章 DL-103 Q&Q 腕時計 カクテル リキュール キアシドクガ 仕上げ 草市 30MB/s 亀屋樹 越谷オサム 軍畑 軍畑大橋 階段途中のビッグ・ノイズ AU-305 TOSHIBA 95MB/s SanDisk 電気ブラン 取木 蟲師 大沢グランド 寝落ち 回転数 東宝 OSX10.9 絶滅危惧種 テングチョウ M2Tech hiFace モーター 注油 上野公園 栄西 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー KENKO 電源回路 先生と僕 香日ゆら タンザニア ついんくる 花火 ペルー PIONEER レコードプレーヤ 志田用太朗 フレディ・ハーバード キタテハ J-POP 星野源 真空断熱食器 平和フレイズ 三月 似鳥鶏 世田谷 アオモンイトトンボ マンデリン オオスズメバチ 大沢 ヒオドシチョウ 青藍病治療マニュアル 稲荷山 城山 甘酒 城山茶屋 うみまち鉄道運行記 伊佐良紫築 戸部淑 KeG セグロセキレイ 自然現象 挿し木 天体 3号路 古橋秀之 鷹見一幸 ヤマガラ ゴイサギ 幼鳥 カワラヒワ スズメ タシギ グレン・グールド コーヒー バッハ ゴールドベルク変奏曲 ベルグソン 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08