FC2ブログ

日々の便り

 

春がそこまでやって来た

今週も、いつも通り高尾山へ行って来ました。今回は人身事故等もなくズムーズに・・・と言いたいところだったのですが、まずのっけから鉄道遅延。しかも何のアナウンスもないので、いつも通りのつもりでJRのホームに入ったところで、いつもの電車がホームを出て行くところではありませんか。どうやら小田急が、5分以上遅れたのに何も言わずに誤摩化したようです。妙に徐行しているからおかしいとは思ったのですけれど、相変わらず酷いですね、小田急。

そんなこともあって20分ほど遅れて到着した高尾山、今週はお天気の方も生憎でした。空には大分厚い雲がかかり、空気はひんやりとしています。しかし、登っているうちに段々と明るくなり、山頂に着く頃には陽が射すようになってきました。次の写真は、山頂からのいつもの一枚、富士山が大きな雲の影になっています。

山頂から
山頂から posted by (C)circias

この日の気温は約9度と少々肌寒いくらいでしたが、直射日光が当るところはとても暖かく、体感では15度くらいはあったように思います。先週までとは明らかに違う、暖かく力強い日差し。空気の臭いも、どこか春めいているような気がします。周囲の風景はまだ冬景色なのに、冬独特のあの物寂しい雰囲気は、もうどこにもありません。そして城山山頂に到達すると、景色にも春らしさが見られるようになりました。

城山山頂にて
城山山頂にて posted by (C)circias

写真は、小仏方面への降り口に咲く白い花。日当りが良い枝から先に、花を開き始めています。なんだかそこだけ景色が明るいようで、思わず立ち止まって撮影してしまいました。花は小振りで、丸っこくて可愛らしい花弁と球状のつぼみからして恐らく梅ではないかと思うのですが、樹形が街の園芸種とはかなり違うため、ちょっと自信がありません。次の写真は、花をアップで撮ったものです。

城山の梅
城山の梅 posted by (C)circias

さて、城山を下り小仏に到達したところで、景色が変わっている事に気がつきました。次の写真は小仏峠に下りる少し手前、かつて茶店の廃墟が残っていた広場です。最近その廃墟も解体され、残されているのは見窄らしい、風化し切ったベンチだけになっていました。ところがそこに、真新しいベンチが設置されたのです。

小仏峠に新しいベンチが
小仏峠に新しいベンチが posted by (C)circias

かつてここにあったのは、茶店にありがちな、統一性のない適当な造りのベンチでした。しかし、今回のこれはかなり頑丈なコンクリート製。しかも、並びも整然としていて奇麗です。このポイントからは相模湖を眺める事ができるので、恐らく休憩所として整備し直したのでしょう。陣場方面から下って来た人達にとっては、距離的にも丁度良い休憩ポイントになるのではないかと思います。

小仏より相模湖を望む
小仏より相模湖を望む posted by (C)circias

上の写真は、ベンチから眺めた相模湖。城山まで行って茶店で休むのも良いですが、人気の少ないこの場所で、相模湖を見ながらお弁当というのも悪くないですね。特に夏にはホトトギスも鳴いていますし、木陰の空気がひんやりとしていて心地良い場所です。ちょっぴり不気味だった廃墟も片付いたので、ここを利用する登山客は増えるかもしれません。梅が咲いたら、次は桜。混み合う桜のシーズンに向けて、奥高尾の整備が続いています。

城山〜小仏峠は工事中

昨日は予報通りの曇り空でしたが、気温の方はそれほど低くはなかったようです。景信山山頂の気温は約7度で、個人的にはむしろ暖かく感じる程でした。まぁ、冷蔵庫の中より低い気温を「暖かい」と言うのもどうかしているとは思いますが、冬の山の気温に慣れてしまうと、5度以下にならないと寒いとは感じないのですよね。実際、今日は上着も手袋も使わずに歩いていましたし。

生憎の天気のため、写真の方は無理だったので、今日は歩く事だけに集中。幸い人出も少なかったため、いつになく速いペースで歩く事が出来ました。コースはいつも通り、稲荷山からはじめて高尾山山頂を経由し、紅葉台は巻いて一丁平へ。城山山頂で休憩したところまではいつも通りだったのですが、山頂を離れる際に、いつもとは違うものを見つけてしまいました。それが、こちら。

工事の看板
工事の看板 posted by (C)circias

恐らく先週はまだ立っていなかったと思うのですが・・・このあたりにはあまり近寄らないので、少々記憶が曖昧です。それはともかく看板によると、城山から景信山までの道において、歩道整備の工事が行われるとの事でした。そういえば毎年この時期は、どこかしらで少し大掛かりな整備工事をやっていましたね。昨年は確か、紅葉台の階段。一昨年は一丁平から紅葉台までの歩道が整備されたのだったと思います。で、今年はこの区間と。

どんな風に整備されるのだろうと思いつつ、城山を小仏方面に下ってみたところ、早速工事の影響を目にする事になりました。それが、こちら。城山の下りはこれまで、下り易いルートが数本あったのですが、そのうち最も使用されていたルートがロープで塞がれてしまっています。新たにルートとして指定されたのは、つい最近になって手が加えられた、マイナーな方のルートでした。

城山下り
城山下り posted by (C)circias

画面左のルートの方が歩き易いのですが・・・どういうわけで右のルートのみに制限されてしまったのでしょうね。この場所以外にも何箇所か、これまで最もよく使用されていたルートが塞がれ、所によっては次の写真のような看板がぶら下げられていました。

旧コースは通行止め
旧コースは通行止め posted by (C)circias

登山道を外れないでください・・・って、むしろ今コースになっているところは、つい先日まで歩けなかったところなのですけれど。この謎のルート設定は、小仏峠手前、かつては茶店があった広場からの下り斜面でも同様に行われていました。次の写真は、広場から下るところの様子です。

小仏峠手前下り斜面
小仏峠手前下り斜面 posted by (C)circias

新たに階段が作られ、ルートも今まで使われていなかったコースに。恐らく滑ったり転んだりしにくいようにということなのでしょうけれど、このコースが安全なのは晴れの日だけなのですよね。この先の緩い斜面はアイスバーンや泥濘になると、全くグリップしない恐怖の滑り台になるのです。今のままだと、梅雨時あたりには転倒者が続出しそうなのですけれど。

小仏峠
小仏峠 posted by (C)circias

小仏峠周辺での作業は、小型重機も持ち込んでの本格的なものでした。どうやら巻き道の方で色々とやっているようで、新しく作られたルートを下っている間中、重機のエンジン音が聞こえてきます。

今のところ作業区間はここまでのようで、最後にみかけた工事跡は、上の写真の砂利舗装でした。ここはいつも泥濘なので、歩き易くしたのでしょう。ただ、この奥はさらに酷い泥沼になるので、そちらを舗装しないとあまり意味はなさそうですが。局所的に砂利舗装しただけだと、すぐに登山客の靴が運んだ泥が堆積して、効果が無くなってしまうのですよね。

それにしても、こういった整備は高尾山に近い場所のみで行われるものとばかり思っていましたので、整備予定区間に景信山が含まれているのは意外でした。景信山までの道は難所が多いので、歩き易くなるのであれば歓迎です。特に最近は高齢者の登山客が多いので、滑りにくくするのは良いでしょう。一方で「登山らしさ」は失われてしまう訳ですが・・・まぁ、安全には替えられませんね。


城山の新メニュー

このところテレビでは猛暑猛暑と騒いでいますが、むしろ過ごし易い日が続いているように感じます。もっとも、夜間に25度あれば熱帯夜だそうですから、それを「とても涼しい」と感じるのは些か環境に順応し過ぎなのかも知れませんが。しかし、日中とて室温が34度を超える事はあまりなく、連日40度を超えていた一昨年と比べれば、かなりましであるのは確かでしょう。

そういえば、もう立秋を過ぎたのでしたね。するとこれからの暑さは「残暑」ですか。言われてみれば、昨日登った景信山や城山は昼の気温も25度ちょっとで、吹き抜ける爽やかな風には、どことなく初秋の趣きがありました。山の上は下界と比べて季節の巡りがひと月以上早いですから、いわゆる暦の上での季節の巡りと一致しているのでしょう。

とはいえ、山に登れば大汗をかくのは相変わらずな訳でして。そんな夏場の奥高尾で、絶対に外せないのが城山名物のかき氷です。サイズ小で一般の大盛りサイズ、大だとなんとその二倍。誰が食べるんだそんなもの、と思っておりましたが、不思議なもので、気がつけば私も病みつきになっておりました。なにしろ、登山で限界まで熱くなった体を冷やすのに、こんなに有難いものはないのです。

そんな城山のかき氷ですが、実は今年から新フレーバーが追加されまして。ほぼ毎週通っている私としましては、これは是非とも全て試してみるより他あるまい・・・というわけで、週一で試す事一ヶ月。このほど、新フレーバー四種をコンプリートできましたので、一通り感想を書いておこうと思います。

まずは、オレンジ。まぁかき氷のシロップなので果汁感は期待しておりませんでしたが、なんとも懐かしい駄菓子のオレンジ味でしたね。酸味が爽やかで、なかなか美味しかったと思います。本物のオレンジとは全然違うのだけれど、さりとてオレンジ以外の何に似ている訳でもなく。確かに、オレンジ味でした。

オレンジ
オレンジ posted by (C)circias


次に試したのが青リンゴ。一番近いのは、ラクトアイスやハイチュウのリンゴ味でしょうか。これまた爽やかで香りも良く、お気に入りのフレーバーです。食べたのが物凄く暑い日だったというのもあるのでしょうけれど、後味も爽やかで疲れがとれるような味でした。

青リンゴ
青リンゴ posted by (C)circias


御次はラムネ風味なのですが・・・味からして「風味」と自称している控えめさからも察せられる通り、あまりラムネっぽくはありません。確かにどことなくソーダっぽい刺激感はあるのですけれど、甘味や香りはむしろどことなくメロンっぽいような。不味くはないのですが、特に美味しいという事もなく。ラムネっぽさを期待すると、ガッカリするかも知れません。

ラムネ風味
ラムネ風味 posted by (C)circias


最後は、さくらんぼ味。サクランボ風味と言うとどうしてもドクターペッパーを思い浮かべてしまうので、地雷覚悟でネタとして注文してみたのが昨日の事。しかし、これが案外悪くありませんでした。とはいっても、やはり「サクランボ?」という感じの味でして。酸味のせいか、むしろ梅っぽい気がしたのは私だけでしょうか。少なくとも、ドクターペッパー的な臭いは勿論、桜の香りはしませんでした。

さくらんぼ
さくらんぼ posted by (C)circias


新しい四種のうち、一番美味しいと思ったのは青リンゴでした。また食べるのであれば、青リンゴかオレンジが良いですね。他のフレーバーも悪くはないのですけれど、積極的に選ぶ程特色がある訳でも、殊更美味しい訳でもなく。山登りの中休みというタイミングもあって、やはり爽やかさで頭一つ抜けている青リンゴ味が、一番美味しく感じるのです。

山の上でかき氷がおいしく頂けるのは、9月いっぱいくらいまででしょうか。昨年までは抹茶一択だったのですけれど、この秋は青リンゴとの二択になりそうです。


紅葉の高尾山

いつもは全くあてにならない気象庁の天気予報ですが、どうしたわけかこのところ調子が良いようですね。折角の三連休ではありましたが、予報通り天気の方はいまひとつでした。東京は土曜日こそ晴れたものの、それ以降はずっと小雨のぱらつく曇り空。寝坊のせいでスタートが遅くなったものの、それでも諦めずに高尾山に出掛けたのは、今思えば大正解だったと言えるでしょう。というわけで、今晩は土曜日に行って来た、高尾山のお話でも。

高尾山は今が丁度紅葉の見頃です。そこへこの三連休が重なったとあって、その混雑具合は実に驚くべきものでした。昨年からほぼ毎週のように高尾山に出掛けている私ですが、恐らくここまでの混雑を目にしたのは、これが初めてだと思います。というのも、そもそも改札で人が支えてしまって、ホームまで行列ができてしまった程でしたから。

ホーム上で待つ事数分で行列は解消しましたけれど、今度は改札の外が大渋滞。高尾山の登山口までずっと人混み続きで、まるで渋谷か新宿にでも来たかのような気分です。その行列の動きをさらに阻害していたのが、ケーブルカー駅から高橋屋まで伸びた列。そしてその向こうには、一号路の入口に人だかりが出来ています。あまりにあんまりな光景だったもので、思わず一枚写真を撮ってしまいました。

大混雑の一号路登山口
大混雑の一号路登山口 posted by (C)circias

ちなみに使用機材は、最近機種変更したばかりのiPhone6sです。いやなんといいますか、思いのほか奇麗に写るものですね。聞いてはいましたが、実際に使ってみると驚きです。なるほどこれでは、コンデジが売れなくなる訳ですよ。なにしろスマホなら奇麗に写るだけでなく、編集も出来てネットに手軽にアップロード出来るわけですから。まぁ遠景の樽型収差はだいぶ気になるので、画質に凝ったコンデジにはまだまだ及ばないのですけれどね。

人混みがもっとも酷かったのはケーブルカーの駅まででしたが、登山道にも不慣れな観光客が大勢居たため、非常に行動し辛いことになっていました。なにしろ運動向きでない靴でよちよち歩きをしているくらいならまだ可愛い方で、堂々と道の真中でいちゃついて通せんぼしたり、団体でじゃれ合って以下略という有様で。高尾山山頂を過ぎるまではそういった輩が後を絶たず、非常に不快な時間を過ごす事になってしまいました。

しかし、苛々続きだったのは紅葉台まで。そこから先のコースでは、さすがにマナーの悪い勘違い系は僅かになります。ここまで普段の二倍の時間をかけてノロノロと登らざるを得なかったため、景信山到達は絶望的かと半ば諦めていたのですが、ここから一気にペースを上げて、なんとか午後2時過ぎには景信山に到達する事ができました。

景信山山頂2
景信山山頂2 posted by (C)circias

ここまでの道のりもそうでしたが、景信山の山頂も見事に紅葉しています。上の写真は、山頂の茶屋の前にある東屋横の椛。なかなか素敵な色になっていました。しかしこの様子ですと、見頃は今週一杯くらいでしょうか。景信山だけでなく、一丁平や城山、高尾山山頂も同様にきれいに紅葉していましたので、土曜日を逃さなかったのは正解でしたね。足の踏み場もないほどの観光客には辟易しましたが、一番良いタイミングで紅葉を楽しむ事ができたのだと思います。

2015-11-23
2015-11-23 posted by (C)circias

さて、ひとしきり紅葉を眺めたあとで、ふと足下に目を向けると、見慣れない綿毛が目につきました。確か夏場は、このあたりに菊っぽい感じの白い花が咲いていたような気がしたのですが・・・一体何でしょう。気になるのですが、綿毛の図鑑なんてありませんし、それっぽい花を調べても種は資料がないのですよね。こんなことなら、草花にもちゃんと注意を払っておくべきでした。来年は、マクロレンズで小さな草花の観察をしてみるのも面白いかも知れません。

さて、いつものように景信山山頂でオニギリ二つの軽い昼食を済ませた私は、往路では素通りした城山の茶店に立ち寄りました。甘酒を注文して席につき、ふと正面に目をやったところ、正面に見事な富士山が。夕方の日差しで雲がいい具合に染まり、なんとも言えない美しい風景を造り出していたのです。というわけで、思わずiPhoneで一枚撮影したのですが・・・。

城山から富士山を望む
城山から富士山を望む posted by (C)circias

うん、ちょっと広角過ぎですね。主役にしたかった富士山が完全に埋没してしまっています。というわけで折角なので、E-PL5でも一枚。空の色が薄くなっていますが、実はこちらの方がリアルな色に近いです。iPhoneは自動で赤や青を強調して、よりビビッドな感じに写真を仕上げているようですね。どちらが良いかは好みの分かれるところなのでしょうけれど、実はE-PL5もオートモードで撮影すると、やたらビビッドな色調補正をかけてくれます。流行でしょうか。

夕焼けの富士山
夕焼けの富士山 posted by (C)circias

それにしても、やはり夕陽は、雲があった方が表情が豊かで美しいですね。富士山も然りで、青空に浮かぶ富士山よりも、少し雲のかかった富士山の方が、私好みです。できれば日が沈むまでこの景色を眺めていたいところでしたが、さすがに暗闇の中で稲荷山コースを下るのは、ちょっとぞっとしません。というわけで甘酒を飲み終えるや急いで下山を再開したのですが、稲荷山コースを下り終えたのは、もうすぐ5時になろうかという頃になってからでした。

この時期はどんどん日が短くなって行きますので、12月に入ったら、4時30分には下山を終えているようにしないと、ちょっと危なくなって来ます。来週は寝坊しないように気をつけなければならないでしょう。基本は早目の登頂と早目の下山ですが、用心のために、そろそろヘッドライトを買っておいても良いかも知れませんね。


城山のかき氷

この週末も、すさまじい暑さでしたね。日中は最も涼しい環境で34度、路上に至っては36度くらいありましたし、夜になっても気温が30度を下回りません。夏は暑いものであるとはいえ、これはさすがにちょっと堪えますね。部屋に居ると、動かなくとも汗が止まりません。そこで、どうせ大汗をかくならいっそのことと、今週も景信山まで行って来ました。

二週連続になるので体力的に少し不安がありましたが、しかし、案ずるより生むが易しという通り、やってみると案外問題なく登れるものです。それどころか、先週感じた体の重さや筋肉の強張りを感じる事もなく、今週はとてもスムーズに登る事が出来ました。

もちろん先週の教訓を生かして、水分と塩分の補給はぬかりなく。水分については500mlを3本持参、現地で3本購入し、なんと計3リットルも飲んでしまいました。2.5リットルで熱中症気味になった先週の体験を踏まえてのこの量ですが、これでもまだやや少なめだったくらい。しかし、しっかり水分を補給した御陰で、今週は頭痛すら感じる事はありませんでした。

しかしその代わり汗の量は半端なく、バケツで水でも被ったかのような有様になってしまいまして。誇張ではなく、常に水が滴っているような状態だったのです。上半身はもちろん下半身もずぶ濡れですから、電車でシートに座る事もできないほどで。こんなに汗をかいたのは、恐らくこれが初めてでしょう。

そんな猛暑の中での縦走だったこともあり、今回は以前から気になっていたメニューに挑戦してみることにしました。それは何かといいますと、こちら。城山の茶店の名物、かき氷です。

城山のかき氷
城山のかき氷 posted by (C)circias

たかがかき氷の何が挑戦なのか・・・といいますと、そのとんでもないサイズが問題なのです。今回私が注文したのはハーフサイズなのですが、そのサイズたるやご覧の通り。普通のお店なら大盛りでもここまで大きくはならないでしょう。ちなみに、フルサイズだと誇張無しにこの二倍の高さになります。つついているうちに倒れてしまうのではないかと思うくらいに、アンバランスなモンスターサイズのかき氷なのです。

これで300円というのですから実に御買い得なのですが、お値段はともかく食べ切る事ができるのかが問題。これまではそこまで暑さにやられていなかったので、とてもこれに挑む気分ではなかったのですけれど、今回はこれに挑戦しても良いかなと思えるほどの暑さだったので。

お味の方はといいますと、氷は特に癖のない爽やかな味わい。そしてシロップですが、これはよく学園祭や夜店でみかける紙パックのあれでした。さすがにこの分量に最初から味を付けるのは無理だからでしょう、シロップはセルフサービスで使わせてくれますので、時折それを振りかけながら黙々と食します。

一応最初に少しシロップをかけてくれるので、上の方には味がついているのですけれど、なにしろサイズがサイズです。表層を取り除くと、直ぐにまっしろな氷が現れます。そこでお盆に載っているシロップをかけるのが正しい食べ方なのですが、あえてシロップをかけずに氷のままで食べるのもまた乙なもので。熱くなった喉には、甘ったるいシロップよりただの氷の方が有難かったりするのです。

とはいえ、調子良く食べ進めることができたのは、半分まででした。そこから先は、まさに挑戦。やや無謀な挑戦であったかと反省しつつも、15分ほどかけてなんとか完食する事が出来ました。全て食べ終わる頃にはお腹も体もすっかり冷え、汗もすっかり止まってくれたのは良かったのですが、お腹の方はもうチャプチャプで。さすがにこの量は胃にきますので、お食事の後に挑戦するのは止めておいた方がよさそうですね。

しかし、城山山頂でのこのかき氷休憩は、体調を維持する上ではかなり有効だったようです。御陰ですっかり元気を取り戻した私は、特に困難を感じる事もなく景信山まで行って来る事ができました。あれほどアゴを出していた先週が嘘のようです。食べている時は「これは早まったかも」などと考えていましたが、あれは案外良いものかも知れません。お値段も大した事はありませんし、夏の間は毎度お世話になってみるのも良いかも知れませんね。




プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 野川 17mm 小説 シティロースト TU-8150 アートブレイキー MU-61 紅葉 青梅 次大夫堀公園 修理 接写リング AriaPro ブレンド 小仏城山 開花情報 御岳渓谷 PB-400 CD 写真 神代植物公園 御岳山 実写テスト 東京 300mm トンボ ライトノベル 景信山 古民家 JAZZ/FUSION ロック 開花状況 神代植物園 クラシック カートリッジ 多摩川 マイケル・サンデル TU-877 センテッドゼラニウム 森見登美彦 哲学 シモバシラ 故障 バラフェスタ e-onkyo コロンビア  ラリー・カールトン 深大寺 骨董市 鳩ノ巣渓谷 ハイレゾ音源 6号路 3結 岡本公園民家園 TU-H82 東宝撮影所 野川公園 OPA2134PA  奥高尾 上野 JPOP エリック・クラプトン 小仏峠 もみじ台 東日本大震災 江戸東京たてもの園 ハイロースト  調布 つくる市 ニューイヤーコンサート 仙川 水生植物園 ハクセキレイ リー・モーガン 布多天神社 レコード洗浄 ニカラグア ミツバチ 砧公園 フレンチロースト HDD 2015 これからの正義の話をしよう 東照宮 大蔵住宅 東京国立博物館 90MB/s SHURE メッキ ツマグロヒョウモン SDカード 速度比較 Class10 M97xE UHS-I アオジ KT88 細田屋 武蔵野公園 カワウ 整備工事 縦走路 オジロトウネン GoldLion 一丁平 ピックガード カワセミ モズ アニメ 磨き iPhone ペグ 調布飛行場 バド・パウエル 蘆花恒春園 クイナ Transcend コゲラ ストームグラス テンポドロップ TempoDrop 根津美術館 表参道 2017 正月特別開園 Eagles FF15XmkII 植物多様性センター オーディオテクニカ 白丸ダム 工事 Apple 天地明察 発芽実験 冲方丁 BUMP LM4562NA 水耕栽培 アボカド MUSES02 ダイミョウセセリ 回転数不良 井の頭自然文化園 布多天神 国産 A'pis 彼岸花 NF-15X/2 アゲハ 分解 かき氷 スミナガシ FUSION DENON 大雪 クロヒカゲ ウェザーリポート 浜離宮 ツクツクボウシ ジフィーポット ミンミンゼミ コミスジ ボリューム アブラゼミ 中仕切り 低速病 WD10EADS ジョウビタキ イチモンジセセリ ZO-3 大森藤ノ 白鳥士郎 被害 デジタルテレコンバータ オジロビタキ シジュウカラ RAW 3.11 絶滅危惧種 ベルグソン テングチョウ ツグミ 天災 翻訳 フレディ・ハバード M2Tech アレニウス・スヴァンテ 橙乃ままれ インドネシア ログ・ホライズン hiFace アキアカネ 書簡集 レコードスタビライザ ウラナミアカシジミ 鈴木三重吉 コルディリネ エディ・ヒギンス 小箱とたん シジミチョウ 鬼灯市 ヒグラシ 羽化 ドラゴンフルーツ バルトーク JET 村井秀清 ケニヤ セセリ OPAMP ヘッドホンアンプ 竜ノ湖太郎 電子工作 ケース NT-500M NAGAOKA ER-4S 震災 和屋東京店 森山良子 フルシティロースト iBooks 葦原大介 イタリアンロースト スズメバチ 鍍金 地雷 ジャコ・パストリアス クロマチックハーモニカ レーベル 榊一郎 AT-MONO3/LP 吉祥寺 秦基博 ハービー・ハンコック 初詣 フラックス 霜除け MCON-P01 オリンパス マクロコンバータ パナマ グアテマラ モンキアゲハ 幼虫 高浜虚子 世田谷ボロ市 通り名報道 ニイニイゼミ ヒメアカタテハ アカスジカメムシ コムラサキ キアゲハ OSX アカボシゴマダラ 豆知識 OSX10.9 ヒカゲチョウ ElectroHarmonix 草市 Weekender TIMEX 茶谷産業 ラジオメーター 平和ボケ 電池切れ タフソーラー CASIO G-SHOCK AWG-100BR-1AJF CTL1025 人道主義 ZIPPO Focusrite Scarlett Solo オーディオインターフェース 奥多摩 日原鍾乳洞 ハンディウォーマー ハクキンカイロ 紙の博物館 野草 植物 スナップショットフォーカス JJ 改造 ペンケース 文房具 12AU7 WD20EZRZ イチモンジチョウ アカシジミ スジグロチャバネセセリ キタキチョウ デルガード クルトガ MERCURY ミニバケツ ペン立て 発泡PPシート ハンディクリーナー ダイソン シャープペン Dyson V6 Trigger UL接続 5極管接続 Spirit Steinberger GT-PRO イケベ楽器 リボレ秋葉原店 ST-550 仕上げ 工作材 ピックアップ コントロール サドル調整 NHK 芥川龍之介 コンデンサ 小池 都知事 コロナ C203 C103 上海 TU-HP03 AMCY-104/630 GoldenBlack 木栓 ミニカッティングソウ 台風18号 放鷹術 REGZA RD-BZ800 6V6S MUSES8820D NJM4580D OP275GP LME49720NA MUSES8920D 皆既月食 魚道 防錆 プロクソン PROXXON No.28151 ラッカー 塗装 親族トラブル ピアノの森 組立て 指板 ヤマカガシ  SanDisk 95MB/s AU-305 階段途中のビッグ・ノイズ 亀屋樹 TOSHIBA 30MB/s デクスター・ゴードン 瀬那和章 DL-103 アベノマスク 越谷オサム 軍畑 古橋秀之 自然現象 セグロセキレイ うみまち鉄道運行記 3号路 天体 軍畑大橋 ついんくる 花火 挿し木 シチズン Q&Q 先生と僕 香日ゆら タンザニア 電源回路 注油 モーター 蟲師 大沢グランド 寝落ち 回転数 KENKO 上野公園 リキュール キアシドクガ 桜の蛾 腕時計 カクテル 電気ブラン 栄西 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー 取木 伊佐良紫築 戸部淑 世田谷 大沢 アオモンイトトンボ マンデリン オオスズメバチ ヒオドシチョウ 城山 三月 似鳥鶏 青藍病治療マニュアル 稲荷山 iPhone4s iOS8.3 土地 建築基準法 地上げ 不動産屋 富士山 夕陽 不具合 再起動 充電中 アサギマダラ 志田用太朗 レコードプレーヤ グレン・グールド タシギ ゴイサギ 幼鳥 ゴールドベルク変奏曲 バッハ KeG 鷹見一幸 ヤマガラ コーヒー カワラヒワ スズメ キタテハ フレディ・ハーバード ペルー PIONEER 平和フレイズ 真空断熱食器 城山茶屋 甘酒 J-POP 星野源 東宝 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07