FC2ブログ

日々の便り

 

御岳渓谷の紅葉

最近ブログを全く書いていませんでしたが、実はこれには訳があったのです。原因その1、Sierraの日本語変換が全く使い物にならないどころか邪魔すぎて、文章を打つのがあまりにも苦痛だったこと。原因その2、夏以降、Photo蔵がこれでもかこれでもかと月に何度もトラブルを起こして、全く使い物にならなかったこと、等々。

しかし先日High Sierraにアップデートしたところ、この最悪な日本語変換システムが大幅に改善されまして。まだまだ色々酷いですが、キーボードに触れるのが苦痛になるほどではなくなったので、ぼちぼち更新を再開しようかと思います。FEPって大事ですね。というか、頼んでもないのに余計なことをするプログラムって、道具としてどうかと思うのですよ。迷走してますよねぇ、アpple(Appleと打つとこうなる。しかもF8で戻せない)。

さて、愚痴はこのくらいにして。今晩は、久しぶりに行って来た御岳渓谷のお話を。御岳渓谷の紅葉はよく見に行くのですが、そうホイホイと休暇を取るわけにはいかない関係上、どうしても見頃を逃しがちでした。しかし、今年は幸運にも一番良いタイミングで土曜日が。もうこれは行くしかないだろうと、月の初めからワクワクしていたものです。そしてさらに幸運なことに、この日は晴れ。最高のタイミングで、しかも最高の天気に恵まれました。

PB250095
PB250095 posted by (C)circias

いつも通り、スタートは軍畑から。到着したのは少し遅めの12時過ぎ。軍畑大橋から見下ろした多摩川は、あまり見事な紅葉という感じでは無かったのですが、遊歩道に入ると程なく立派な紅葉が姿を現しました。特に見事だったのが、上の写真のポイントです。これは、ランドマークとなる大木を過ぎて、鉄製の橋を渡ったあたりで撮影したものですね。楓橋まで半分くらいのあたりといえば、分かるでしょうか。

PB250115
PB250115 posted by (C)circias

見事な色合いの紅葉が数本あり、その葉を通して川を見下ろす風景がとても美しく、印象的でした。この辺りはさすが名水百選に選ばれるだけのことはあり、透明度が高いので色が良いのですよね。この日のように天気が良いと、川の深い部分はとても美しいターコイズブルーになります。これを見ることができただけでも、来た甲斐はあったと思える景色でした。

PB250155
PB250155 posted by (C)circias

楓橋のたもとまでの区間に比べると、意外にも楓橋そのものはそれほど綺麗ではありませんでした。むしろ素晴らしかったのは、その先の鵜の瀬橋です。上の写真は、橋の側の紅葉の下から写した鵜の瀬橋。黒い金属製の橋が、赤い紅葉と良く合います。

PB250165
PB250165 posted by (C)circias

鵜の瀬橋の紅葉をもう一枚。ちょっと壁紙風に写してみました。できればもっと一杯写真を撮りたかったのですが、あまりに人が多かったのと時間が押しているのとで、撮った写真はこれだけ。午後三時にもなれば太陽が山陰に入ってしまい、御岳渓谷は完全に日陰になってしまうので、先を急ぎます。時間的にはお昼だったのですが、当然ご飯も後回しです。

PB250171
PB250171 posted by (C)circias

鵜の瀬橋の先、お蕎麦屋さんの「ついんくる」を過ぎたあたりから上流を見渡すと、対岸にきれいなオレンジ色の紅葉が見えて来ます。ここも毎年写真を撮るポイントですね。今年の色合いは上の写真の通り・・・というか、実物はもっと輝くような色合いです。水面の反射のせいでダイナミックレンジが食われてしまって、木の葉の輝きが潰されてしまっていますねぇ。

PB250204
PB250204 posted by (C)circias

さて、鵜の瀬橋の次の紅葉スポットは、御岳小橋から御岳橋までの区間、そして御岳橋の向こう側です。上の写真は、御岳橋を過ぎたあたりから振り返って撮影したもの。橋と紅葉の組み合わせが、なかなか良い感じですね。撮影時は、後ろからの日光で液晶が全く見えなかったので、当てずっぽうで撮ったのですが、まぁ悪くない出来ではないかと。こういう時はEVFが欲しくなります。

PB250221
PB250221 posted by (C)circias

最後は遊歩道の終点、御岳美術館の駐車場からの一枚を。これは60mmで上流を写したものです。ここも紅葉ではありませんが、オレンジと黄色の木の葉に陽が当たって、輝いていました。御岳橋を過ぎたあたりから急に谷が深くなり、日陰と日向のコントラストがひときわ高くなります。そのため、肉眼で見るとこの紅葉のキラキラ感は写真以上で、とても印象的でした。なお、御岳橋の上流は、全体的に日陰の区間が多いようです。

さて、ここまでの所要時間は約二時間。残念ながら時間切れのようで、このあとしばらくして、御岳渓谷上流はすっかり影の中に沈んでしまいました。とはいえ今回は途中で曇ることもありませんでしたし、何より紅葉がちょうど見頃でしたので、成果としては上々、大満足です。一週間の疲れが吹き飛ぶような、素晴らしい休日になりました。




秋の御岳渓谷(5)

書いている途中で力尽きたために一日間が開いてしまいましたが、御岳渓谷のお話の続きを。今度は、鵜の瀬橋上流から御岳橋までの区間についてです。鵜の瀬橋から御岳小橋までの区間はそれほど距離がなく、紅葉の進み具合も似たような感じです。この区間には椛はあまりないようですが、その他の木々の紅葉がだいぶ見頃になっていました。次の写真は、ついんくるを出て少し遡った地点から、上流方向を写したものです。

御岳小橋手前
御岳小橋手前 posted by (C)circias

この区間は、向こう岸の紅葉が奇麗です。紅葉は寒暖の差や日照が影響すると言いますが、なるほど、良く日の当る側の木々の方が奇麗に色付いているように見えますね。恐らくは、日中の温度が高くなる事で、寒い夜間との差がきっちりとつくためでしょう。ただ奇麗とは言っても、椛ほどハッキリとした色の違いにならないので、デジカメにとっては難しい被写体です。見た目の印象を最も良く再現出来たのは、次の一枚でした。

御岳小橋を望む
御岳小橋を望む posted by (C)circias

如何でしょう、なかなか良い色だと思いませんか。もう少し進んでしまうと、光の角度の関係で、この木ごとに違う微妙なオレンジ色が、全部黄色になってしまうのです。というわけで、この一枚は結構気に入っています。

ところで、このあたりはカヌーの練習スポットであると同時に、フリークライミングのスポットでもあるようですね。画面中央の黄色い木とオレンジ色の木の下辺りに人だかりが出来ていますが、これはほとんどがそこにある岩でフリークライミングを楽しむ人々です。御岳渓谷では時折、大きなマットを折り畳んで背負って歩く若者に出会いますが、あの奇妙なヌリカベスタイルは、フリークライミングの装備だったのですね。

夏場は圧倒的にカヌーが目立っていましたが、さすがにこの季節は数が少ないようです。御岳小橋上流に張り巡らされていた練習コースと思しきロープも、この日は見られませんでした。恐らく、夏が終わると撤去されるのでしょう。次の写真は、御岳小橋から上流の御岳橋を写したものです。夏に来た時には、ここに沢山のカヌーが浮かんでいました。

御岳橋
御岳橋 posted by (C)circias

御岳小橋から御岳橋までの短い区間は、カヌースポットであると同時に紅葉スポットでもあります。玉堂美術館とは反対側、つまり御嶽駅側は遊歩道として整備されており、そこに植えられた椛が見事に赤くなっていました。ここは観光ガイドでも紹介されるスポットなので、当然観光客も大勢居りまして、椛の周囲は混み過ぎていて窮屈なほど。

ただ、そんなに大騒ぎするほどの紅葉かと言われますと、どうなのでしょうね。深大寺周辺の環境に慣れている私が単に贅沢なだけなのかも知れませんが、これくらいなら別に自宅周辺でも見られるよなぁ、というのが率直な感想。もっと壮大な紅葉風景を期待していたので、いささか拍子抜けでした。

御岳橋上流
御岳橋上流 posted by (C)circias

紅葉の美しさという意味では、この区間よりもむしろ御岳橋上流の方が良い感じです。上の写真は、御岳橋の袂から写した上流の様子ですが、右手側の木々の色合いが実に奇麗ではないでしょうか。鵜の瀬橋より下流側の紅葉はまだまだでしたが、御岳橋から鵜の瀬橋までの区間は、そこそこ良い感じに色付いているようですね。どうやら御岳渓谷の紅葉は、11月中旬は鵜の瀬橋より上流側、下旬以降は下流側が見頃になるようです。

秋の御岳渓谷(4)

御岳渓谷の中でも、特に紅葉スポットとして有名なのが鵜の瀬橋周辺でしょう。ここには多摩川百景の看板や休憩用の東屋、さらには新しい公衆トイレまでが用意されていますし、少し行けばお山の杉の子の碑や「ついんくる」などの飲食店もあります。紅葉情報で言うところの「御岳渓谷」も、専らここの事なのではないでしょうか。というわけで次の写真は、下流側から見た鵜の瀬橋です。

鵜の瀬橋(1)
鵜の瀬橋(1) posted by (C)circias

画面中央奥に一際鮮やかな赤がありますが、これは東屋近くに植えられた数本の紅葉のもの。周囲はともあれ、ここだけは紅葉スポットらしい色合いですね。ちなみにこの写真、またしても対岸からのような絵になっていますが、今回は25mmでの撮影です。このあたりはちょっと流れが複雑で、岸に半島のような地形が出来ているので、恐らくその先端付近で撮影したのではないかと思います。

この辺りから下流方向を振り返ってみると、楓橋の近辺に至るまで、まだまだ微妙な色合いの木々が連なっているのが分かります。次の写真は、下流方向を写したもの。画面奥に小さく写っているのは楓橋です。黄色系の木々は早々に色付いているようですが、赤色成分がどうにも足りませんね。紅葉と言うか黄葉です。

鵜の瀬橋下流方向
鵜の瀬橋下流方向 posted by (C)circias

そして、鵜の瀬橋上流はどうかと言いますと、次の写真の通り。ここだけは良い感じなのですが、そこから先は下流とさほど変わりありません。同じ椛でも木によって進み具合が違うのは当然なのですが、それにしてもちょっとバラツキが大きいですね。これでは、まだ色付いていない木々が良い色になる頃には、この辺りの椛はすっかり散ってしまいそうです。

鵜の瀬橋上流方向
鵜の瀬橋上流方向 posted by (C)circias

まぁともあれ、ようやく紅葉スポットらしい風景を見る事が出来ましたので、私も気合いを入れて写真を撮って来ました。当然ここは人が多いので、なかなか写真に集中出来ませんでしたが、それなりに雰囲気のある絵を何枚か撮る事が出来たと思います。というわけで、まず最初は東屋周辺の様子を。画面奥右手に見えているのが東屋です。

モミジと東屋
モミジと東屋 posted by (C)circias

続いては、その先にある椛の葉をアップで。色のバラツキも含めて、実にきれいですね。まさに山の錦といった風情です。特にこの場所は観光客に人気で、大勢の人達が熱心に写真を撮っていました。実は、引きで撮った絵がないのはそのためでして。少し広い範囲を撮ろうとすると、カメラを構えた観光客がどうしてもフレームに入ってしまうのです。生首を避けようとすると、構図もかなり厳しい事に。

錦
posted by (C)circias

鵜の瀬橋の椛をもう一枚。今度は別の木です。もうお気づきの事と思いますが、この通り、この場所の椛もまだ赤くなり切っていない枝が多いのですよね。その一方で、赤くなっている枝はこれがまた非常にきれいな赤色になっているので、それだけでも充分観光客を吸い寄せる力があります。

鵜の瀬橋の椛
鵜の瀬橋の椛 posted by (C)circias

最後は、個人的に一番気に入っている一枚を。特にどうということもなく、普通に椛の葉です。道端の岩の上に一枚だけ落ちているのが目に留まったのですが、妙に風情があるような気がしてならなかったので、特に構図も考えずにシャッターを切りました。

ところが不思議なもので、この一枚のあとであれこれ考えて撮った写真より、適当に撮っただけの最初の一枚の方が、なんだか良いのですよ。頭で考えてこねくり回した写真より、こちらの方がずっとしっくり来ます。写真家などがよく言う事ですが、はっとした瞬間を切り取ると良い絵になるというのは、どうやら本当のようですね。

落ち葉
落ち葉 posted by (C)circias

鵜の瀬橋周辺の紅葉に限っては、確かにそろそろ見頃という感じがしましたが、一番良い色になるのは来週以降ではないかと思います。それにしても、この鵜の瀬橋周辺のみを以て「御岳渓谷は見頃」と言うのはどうなのでしょう。軍畑からここまで歩いて来て、紅葉らしさが見え始めたのはようやく楓橋を過ぎてからでした。となると、御岳渓谷遊歩道の道のりの半分は、まだろくに紅葉していないということになるのですが。

秋の御岳渓谷(3)

楓橋が近付いてくると、岸にモミジが目立つようになってきます。次の写真は、楓橋手前の遊歩道の様子です。残念ながら、このあたりの紅葉はまだ赤くなっていません。黄色かったりオレンジだったり、あるいは黄緑だったり。この分では、しっかり色付くのは来週以降になりそうですね。ここがすっかり赤くなっていたら、さぞかし良い景色になったのではないかと思うのですけれど。

楓橋手前
楓橋手前 posted by (C)circias

楓橋のすぐ手前には、再び岸に降りられる場所がありました。次の写真は、そこで河原に下りて写したものです。頭上に見えているのが楓橋ですが、見ての通りこの橋の周囲にはあまり楓がありません。名前から、燃えるような紅葉の中に掛けた橋を期待してしまいそうですが、楓、というかモミジがあるのはこの橋の下流側と、澤乃井ガーデンの中のみだったりします。

楓橋を見上げて
楓橋を見上げて posted by (C)circias

再び遊歩道に戻ると、すぐ向こうに見えて来るのが次の写真の風景。ままごとやの裏手にあるモミジです。この木は植えられている位置が絶妙で、夏の青葉にしても秋の紅葉にしても、このとおりたいへん見栄えがします。色付き具合はまだ半分ほどですが、このくらい赤があれば、他の色とのグラデーションがむしろ美しく感じられますね。

ままごとや裏手(1)
ままごとや裏手(1) posted by (C)circias

楓橋は澤乃井さんの私有地なので、遊歩道をそのまま進もうとすると、橋はスルーする形になってしまいます。それは勿体ないので、ここは一旦澤乃井園に入り、楓橋を渡ってみました。楓橋の上に出ると、すぐ右手にあって目をひくのが次の写真の黄色い葉っぱの大木です。この木は何でしょうね、実に見事な枝ぶりである上に、この通り輝かんばかりの黄色がとても印象的でした。

楓橋の上から
楓橋の上から posted by (C)circias

次の写真は一旦寒山寺に上ったあとで、戻って来て写したものです。見ての通り向かって右岸の澤乃井ガーデン側の紅葉が割と奇麗なので、対岸の遊歩道から写真を撮ろうと思ったのですけれど、駄目だったものですから。夏に見た時と変わりなく、台風による倒木があるので通れない旨の張り紙があって、道は封鎖されていました。そこでふと思ったのですけれど、台風って、今年の台風の事なのでしょうか。あるいは・・・。

楓橋上流を望む
楓橋上流を望む posted by (C)circias

さて、最後はこの楓橋近辺で撮影したと思しき、謎の一枚を。写っているのは鵜の瀬橋なのですが、この写真、どちらの岸から撮影したものだと思われますか。

先程の写真からもお分かり頂ける通り、日が当たっている方が上流に向かって右岸側になります。つまり、この写真は下流から上流に向かって撮影している事になりますね。橋梁の材質や形から、これが鵜の瀬橋であることは間違いありません。普通に考えると、写っているのとは対岸から撮ったものということになるのですが、これが違うのです。

謎の一枚
謎の一枚 posted by (C)circias

なぜならば、この対岸側の遊歩道は、鵜の瀬橋から楓橋までの区間が通行止めになっておりまして。当然私は、そちら側の岸には入っていません。撮影時刻は楓橋を後にした約5分後で、この直後の写真は楓橋のすぐ側の景色でした。テレポートでも使わない限り、対岸に行って来る事は不可能。しかも私自身撮った覚えがないもので、ますます訳が分かりません。なんだか、急にミステリーじみて来ました。

と、思いきや、意外なところに謎解きのヒントが。それは、EXIFと呼ばれる写真の付加情報です。それによるとこの写真は、それまで使っていた25mmではなく、150mmで撮られているというのですね。それならば、橋の角度で大体の撮影位置は分かります。地図を出して検討してみた結果、なるほど、確かにタイムスタンプの示す通り、楓橋の近くから写したものだということが分かりました。

撮った覚えが無いという事は、恐らくレンズを付け替えたときに、なんとなくシャッターを切っただけの一枚なのでしょう。それにしても、よもや楓橋近辺から鵜の瀬橋をこんなに大きく写せるとは思いませんでしたね。蝶や鳥相手に使っていると頼りないくらいに感じられてしまうレンズですが、150mmというのは、案外凄い望遠のようです。

秋の御岳渓谷(2)

観光ガイドに騙されて大いに期待していたため、紅葉が自宅周辺と何等変わりないのにはガッカリさせられましたが、それでも河原の探検は心躍る時間でした。御岳渓谷遊歩道に入ってすぐに河原まで下りてしまった私は、そのまま水際へ。川には時折大岩が張り出していますので、そういった足場を伝って川の中へと進みます。次の写真はそうして岩の上から撮った一枚ですが、まるで水上から撮ったみたいでしょう。

遊歩道入口付近の河原から
遊歩道入口付近の河原から posted by (C)circias

続いて、同じ場所から上流方向を。拡大しなければ分からないくらい小さくですが、画面左奥に楓橋が写っています。すると画面中央奥に見える建物は、沢井市民センタープールの一部でしょうか。この辺りは川の流れがほぼ真っ直ぐである上に河原が広いので、かなり上流まで見通す事が出来るようです。行列から逃げた御陰で、思わぬ発見がありました。

遠方に楓橋
遠方に楓橋 posted by (C)circias

河原には釣り人やカヌー乗りの皆さんが残したと思しき足跡と、獣道のような細く踏み分けた跡が残るのみで、特に道らしい道はありません。ところによっては岩の上を飛んで移動しなければならないような区間もありますが、楓橋の少し手前まで陸続きである事は、前回来た時に遊歩道から確認しています。そこで今回は、そのまま河原を遡ってみる事にしたのでした。

紅葉と呼ぶには色が足りない
紅葉と呼ぶには色が足りない posted by (C)circias

歩き易い歩道も悪くはありませんが、良い景色が見たければ、やはりより自然の中に踏み込んで行くより他ありません。所によっては川に転落しそうな場所もあるので、慣れない人には絶対にお勧め出来ませんが、岩の上を飛び歩きながら眺める川の景色は最高でした。それにこうして川に近付くと、遊歩道からでは絶対に見られないものを見る事が出来ます。たとえば、こちら。

天然の生け簀
天然の生け簀 posted by (C)circias

写真は、川とは浅瀬で繋がっているだけの、大きな水たまりの中を写したもの。ここには、大小さまざまな魚が沢山住んでいました。何かの稚魚ではないかと思うのですが、果たしてなんでしょうね。大きなものは5cmほどもあり、なかなか立派です。

河原を進んで行くと、やがて多摩川が大きく蛇行しているポイントに到達します。砂利と岩の河原はここで途切れ、多摩川がカーブのアウト側を抉り取ったような地形になっていました。ここは遊歩道も金属製の橋になっていて、その下を轟々と流れる多摩川を見下ろしつつ進む事になります。次の写真は、その橋を手前の岩の上から撮影したもの。河原の遡上は、一旦ここで終了です。

河原から歩道を見上げて
河原から歩道を見上げて posted by (C)circias

遊歩道に上がってみると、橋の手前には大きなモミジがありました。しかし、色付き具合はまだ薄い黄色か色褪せたオレンジ程度。半分くらいはまだ黄緑色をしていますので、見頃にはほど遠い感じです。これが真っ赤になっていたら、結構素敵な絵になるだろうと思うのですけれどね。ちょっと惜しい風景でした。

色付き具合はこの程度
色付き具合はこの程度 posted by (C)circias

河原が抉られた箇所を過ぎると、再び砂利や岩で出来た広めの河原が姿を現します。夏に来た時には草に覆われていて気付きませんでしたが、この季節は草が枯れたり倒されていたりして、河原までの道を見つけるのは容易でした。そうして再び降りた河原を上流へと遡って行くと、ほどなく楓橋の袂に到着します。次の写真は、河原から写した楓橋。すっかり秋色というよりは、冬色に近い雰囲気ですね。

ススキと楓橋
ススキと楓橋 posted by (C)circias

このあたりの河原にはススキが沢山生えていて、時期が良ければなかなか良い景色になりそうです。しかし、さすがに11月も半ばとなりますと、ススキもだいぶくたびれた感じになってしまいますね。もう少し穂が瑞々しいうちにこの場所に来る事ができればよかったのですが。

紅葉の方は相変わらずご覧の通りで、確かに夏の色ではないのですが、かといって奇麗かと言われると首を傾げざるを得ない景色です。御岳渓谷は紅葉の名所と言われている筈ですが、その割にほとんど色らしい色が見えません。やはり、まだ早過ぎたということでしょうか。

プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ 堀口珈琲 JAZZ ELEKIT 小説 野川 17mm シティロースト アートブレイキー TU-8150 紅葉 MU-61 青梅 修理 次大夫堀公園 御岳渓谷 小仏城山 接写リング AriaPro ブレンド 開花情報 PB-400 写真 CD 御岳山 神代植物公園 300mm 東京 実写テスト トンボ 景信山 古民家 ライトノベル カートリッジ JAZZ/FUSION 神代植物園 クラシック 開花状況 ロック 森見登美彦 シモバシラ マイケル・サンデル TU-877 哲学 多摩川 センテッドゼラニウム e-onkyo バラフェスタ 鳩ノ巣渓谷 ハイレゾ音源 コロンビア  骨董市 ラリー・カールトン 3結 深大寺 故障 6号路 JPOP TU-H82 江戸東京たてもの園 岡本公園民家園 エリック・クラプトン もみじ台 奥高尾 OPA2134PA 東宝撮影所  野川公園 小仏峠 東日本大震災 上野  リー・モーガン 水生植物園 ミツバチ 東京国立博物館 HDD ハクセキレイ 調布 布多天神社 ニカラグア ハイロースト レコード洗浄 砧公園 仙川 ニューイヤーコンサート 2015 つくる市 フレンチロースト 東照宮 大蔵住宅 これからの正義の話をしよう メッキ ウェザーリポート ツマグロヒョウモン M97xE DENON クイナ SHURE モズ UHS-I 蘆花恒春園 FUSION iPhone 90MB/s バド・パウエル Transcend GoldLion アオジ カワセミ オジロトウネン 一丁平 縦走路 ペグ 磨き カワウ 速度比較 Class10 KT88 整備工事 ピックガード 細田屋 SDカード スミナガシ 正月特別開園 天地明察 2017 テンポドロップ TempoDrop ストームグラス 調布飛行場 ダイミョウセセリ オーディオテクニカ 回転数不良 ジョウビタキ 白丸ダム 表参道 根津美術館 冲方丁 工事 植物多様性センター アニメ FF15XmkII LM4562NA A'pis NF-15X/2 Apple 発芽実験 武蔵野公園 BUMP 井の頭自然文化園 アボカド 水耕栽培 Eagles コゲラ かき氷 クロヒカゲ 大雪 中仕切り アブラゼミ イチモンジセセリ ボリューム 浜離宮 ジフィーポット 彼岸花 アゲハ 分解 布多天神 ツクツクボウシ ZO-3 WD10EADS 低速病 コミスジ ミンミンゼミ 国産 ベルグソン アレニウス・スヴァンテ ツグミ RAW ログ・ホライズン フレディ・ハバード 橙乃ままれ インドネシア 翻訳 大森藤ノ シジュウカラ オジロビタキ 3.11 被害 フラックス 白鳥士郎 初詣 天災 デジタルテレコンバータ ElectroHarmonix 高浜虚子 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ コルディリネ 小箱とたん ケニヤ エディ・ヒギンス ウラナミアカシジミ シジミチョウ ドラゴンフルーツ ヒグラシ バルトーク 村井秀清 鬼灯市 JET セセリ 森山良子 OPAMP ヘッドホンアンプ 電子工作 ケース NT-500M NAGAOKA 竜ノ湖太郎 ER-4S フルシティロースト 和屋東京店 iBooks イタリアンロースト 震災 葦原大介 羽化 スズメバチ 榊一郎 レーベル 吉祥寺 AT-MONO3/LP グアテマラ パナマ 地雷 ジャコ・パストリアス マクロコンバータ MCON-P01 オリンパス ハービー・ハンコック クロマチックハーモニカ 秦基博 OSX キアゲハ 世田谷ボロ市 モンキアゲハ 通り名報道 ヒメアカタテハ 鍍金 ニイニイゼミ 幼虫 絶滅危惧種 豆知識 アカボシゴマダラ ヒカゲチョウ アキアカネ アカスジカメムシ コムラサキ 霜除け シチズン 発泡PPシート スナップショットフォーカス 植物 CASIO ペン立て ミニバケツ Trigger ダイソン ハンディクリーナー MERCURY G-SHOCK AWG-100BR-1AJF ラジオメーター 平和ボケ 人道主義 ZIPPO 茶谷産業 Weekender CTL1025 タフソーラー 電池切れ TIMEX V6 Dyson  ヤマカガシ イチモンジチョウ アカシジミ 不動産屋 地上げ 夕陽 富士山 土地 建築基準法 スジグロチャバネセセリ キタキチョウ 文房具 デルガード クルトガ シャープペン ペンケース 改造 WD20EZRZ 12AU7 JJ ハンディウォーマー ハクキンカイロ 防錆 プロクソン PROXXON No.28151 ラッカー 塗装 親族トラブル ピアノの森 組立て 指板 ミニカッティングソウ 木栓 Steinberger Spirit GT-PRO イケベ楽器 ST-550 仕上げ 工作材 ピックアップ コントロール サドル調整 魚道 皆既月食 Solo オーディオインターフェース UL接続 5極管接続 Scarlett Focusrite 紙の博物館 野草 日原鍾乳洞 奥多摩 NJM4580D OP275GP 台風18号 放鷹術 REGZA RD-BZ800 6V6S MUSES02 LME49720NA MUSES8920D MUSES8820D アサギマダラ 充電中 瀬那和章 DL-103 草市 30MB/s デクスター・ゴードン リボレ秋葉原店 キアシドクガ 桜の蛾 腕時計 Q&Q TOSHIBA 95MB/s 軍畑大橋 ついんくる 花火 挿し木 軍畑 越谷オサム SanDisk AU-305 階段途中のビッグ・ノイズ 亀屋樹 リキュール カクテル 寝落ち 回転数 モーター 注油 大沢グランド 蟲師 M2Tech hiFace OSX10.9 東宝 先生と僕 香日ゆら 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー 取木 電気ブラン 栄西 上野公園 タンザニア 電源回路 KENKO 天体 3号路 志田用太朗 三月 似鳥鶏 青藍病治療マニュアル レコードプレーヤ PIONEER 平和フレイズ キタテハ フレディ・ハーバード ペルー 稲荷山 城山 iPhone4s iOS8.3 不具合 再起動 オオスズメバチ マンデリン ヒオドシチョウ 大沢 世田谷 アオモンイトトンボ 真空断熱食器 星野源 KeG 鷹見一幸 ヤマガラ コーヒー 戸部淑 伊佐良紫築 古橋秀之 自然現象 セグロセキレイ うみまち鉄道運行記 バッハ ゴールドベルク変奏曲 スズメ 城山茶屋 甘酒 J-POP カワラヒワ 幼鳥 グレン・グールド タシギ ゴイサギ テングチョウ 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12