FC2ブログ

日々の便り

 

カソード周辺異常なし

いやはや、昨晩は参りました。本当は少し早寝するつもりだったのですけど、真空管のスパーク&発光現象の御陰で、あちこち問い合わせを書いていたら、結局半徹夜。というのも、ただ「壊れました」では先方も埒があきませんので、色々と検証した上でないと問い合わせも書けないからです。御陰で今日の午前中は半ばゾンビ状態でした。

VintageSoundさんからの返信はまだありません。あるいは、Amazon経由である分時間がかかってしまっているのかも知れませんね。明日返事が無いようなら、直接問い合わせてみましょう。

一方、イーケイジャパンさんからは早速解答がありました。何を問い合わせたのかと言いますと、出力管に今回のような故障を引き起こす、回路側の要因はないかどうか、ということです。なにしろ短期間に二回とも左チャンネル出力管の絶縁不良が発生した訳で、偶然にしてはちょっと繰り返し過ぎなのではないかと思ったからです。回答の内容は、要約すると以下の通りでした。

1)発振
発振は、様々な故障の元になります。但し、今回は発振のチェックで異常が確認されなかったため、このケースは無いものと思われます。

2)コントロールグリッドの半田不良による不安定化
グリッドの半田不良は真空管の動作を不安定にし、制御不能に陥った管に過電流が流れる場合もあります。しかし、この場合故障原因は過電流なので、発生した場合はプレートが赤熱します。また、カソード抵抗やパスコンの破損、焼損を伴います。青色の発光やスパークは過電流では発生しないため、このケースはないものと思われます。

3)過大入力によるOPTフライバック電圧が引き起こす過電圧
あまりにも過大な振幅が長時間入力されると、OPTのフライバック電圧が発生して出力管の耐圧を超える事もあります。但し、今回は無入力時の故障であるためこのケースは該当しません。また、この場合はスピーカーが壊れる程の大音量のノイズを伴いますが、当然ノイズはありませんでした。

というわけで、100%真空管がクロということでした。そもそも、青色発光や青白いスパークが発生するのは、真空管に耐圧以上の電圧が印加された場合か、真空管が正常なB電圧に耐えられない不良品である場合のみ、とのこと。調べたところKT88のプレート耐圧は最大800Vだそうですから、電源の出力の二倍以上の耐圧をもっている事になります。

そもそもB電源がそんなに高圧になったら、KT88と直列になっている12AX7のプレートが先に壊れる筈で、12AX7が無事である時点で電圧異常はないと考えて良さそうですね。・・・ということは、です。やっぱり私は、またしても初期不良を引き当ててしまったという事で。家族に話したら、その運の悪さ加減を感心されてしまいました。

しかし、あれだけ派手にスパークした後ですから、回路の方にダメージが出ていないとも限りません。というわけで、ちょっとアンプを分解して、左のカソード周りの確認を。

左chカソード周辺
左chカソード周辺 posted by (C)circias

奇麗なものですね。これといってダメージらしいダメージも見当たりません。念のために真空管ソケットを掃除して、かしめを締め直してから試運転していますが、やはり動作には特に問題無いようです。というわけで、ますます真空管初期不良説が有力になってきました。一応VintageSoundさんからの返答を待って、それから返品か交換を申請してみるとしましょう。


スパーク!

それは偶然か、あるいは必然か。TU-877の左チャンネルが、再び故障しました。しかも原因はまたしても真空管。今回はかなり派手に壊れてくれました。

部屋に戻ってアンプに灯を入れ、その場を離れて椅子に座った途端、「ボッ!」と大音量のノイズが。まさかと思って振り返ったところ、再び「ボッ!」というスパーク音とともに、左のKT-88から青白い閃光が走ったではありませんか。思わず駆け寄ってみると、なんと左の真空管が青白く光を放ち始めています。って、いやいやいやいやいや。これは洒落になってませんよ。

当然即座にスイッチオフ、真空管に触れてみますが、まだ電源入れたてなので熱くはありません。しかし、さすがにちょっと、あれだけ派手に発光した球を再テストする度胸はありませんので、真空管を例の中国球に入れ替えてみたところ、全く問題なく音が鳴ります。どうやらアンプの回路の方は無事のようですね。

しかし、こう立て続けに左ばかり壊れるというのは、ちょっと偶然にしては出来過ぎですよね。念のためVintage Soundさんに問い合わせを入れると同時に、イーケイジャパンさんにも相談してみようと思います。それにしても参りましたねぇ、まさか使い始めて三日で真空管が逝ってしまうとは。

またペア球を買うのもなんだかアレですし、左は生き残りのGOLD LIONでも使いましょうかねぇ。とほほ。

フラックス掃除

いやはや寒いですね。今日は東京でも少しばかり粉雪が舞ったようです。ニュースでは初雪なんて言っていませんでしたから、あるいはこのあたりだけのことなのかも知れませんが。雨こそ降ってはいませんでしたが、空は朝からどんより。冬独特の白っぽい景色を眺めるだけで、なんだか寒くなってきます。こんな日は、やっぱりインドア作業に限りますよね。

というわけで、今日はかねてから準備していた、TU-877のメンテナンスを行う事にしました。メンテナンスと言っても、大した事をする訳ではありません。やるのは、フラックス残滓で真っ黒に汚れた回路表面の清掃です。フラックスには多少導電性があるようですから、端子間がフラックス酸化物で真っ黒に汚れていたりするのは良い事ではありません。聞くところによると、普通に性能低下や故障の原因にもなるそうです。というわけで、先日通販で取り寄せたのがこちら。

2014-01-05
2014-01-05 posted by (C)circias

まずは右のフラックスクリーナーでフラックス残滓を取り除き、その上で、パターン表面の保護皮膜が痛んでいるようなら、左のソルダーレジストで修復しようという訳です。修復剤は必要かどうか分からなかったのですが、とりあえず、念のため。道具を準備したらまずは分解して、回路の状態を確認します。

2014-01-05
2014-01-05 posted by (C)circias

やはり、かなり酷いですね。このアンプは中古の組み立て済みキットで、購入時に半田不良を起こしていたので、一度半田にコテを当て直しているのですが、そのとき周囲に附着していたフラックスを焦がしてしまったのです。ショートは起こしていませんが、これはいかにも端子間で容量になって悪さをしていそうな感じですね。

一番酷いのはソケット周りですが、これ以外にも何カ所かこういったフラックスの焦げがべったりと残っている場所があるので、全てこの機会に清掃しておく事にしました。

手順は簡単、フラックスクリーナーを塗り付けて、少し待ってから綿棒でごしごしと擦り落とすのです。フラックスクリーナーのキャップには刷毛がついているので、クリーナーを塗り付けるついでに汚れを毛先でつつくのも効率的な方法。しつこい汚れにはこれを複数回繰り返し、端子間にフラックスが残っていないようにします。

出来上がりは、次の写真の通り。フラックス残滓が被っている辺りは皮膜も痛んでいるかと思いましたが、幸いにも皮膜は無事でした。再はんだをする時に、ワット数の大きなコテでじゅわっとやってしまったため、焦げたフラックスの下の皮膜も痛んでいるものとばかり思っていましたが、焦げたのはフラックスだけだったようですね。

2014-01-05
2014-01-05 posted by (C)circias

しかし、ということは、です。それだけ多くのフラックスがもともと回路には附着していたわけで・・・あるいは、購入直後に対策した超高域の発振も、フラックス残滓の影響で回路が不安定化していたため、という可能性もありそうですね。

全体的にフラックス残滓を取り除き、組み直して先程から試運転をしているのですが、こころなしか音が少し整理されて鋭くなったような気がします。なんだか、Bud Powell Trioのベースの音が妙に引き締まって感じますし、Art BlakeyのFree For Allは少しあっさりしてしまったような(笑

今はEric ClaptonのUnpluggedを聴いているのですが、やっぱり冒頭のスタジアムの歓声の透明感が、TU-870のそれに近くなったような気がします。あくまで気がする程度ですが・・・この部分は、以前のTU-877だともっともっさりしていて、ちょっとがっかりした記憶があるので、間違いないと思います。それともうひとつ、なぜかゲインが上がりました。なんだかあちこちで、フラックス残滓による変なフィルタやフィードバックが形成されていたようですよ。

慣れ親しんだTU-877の音ではなくなってしまったので、それで音が良くなったのかと言われると、ちょっと返答に窮するところではありますけれど、フラックス残滓がアンプの性能に影響するのは間違いないようです。中古の組み立て済みキットを購入した場合はもちろん、自分で何かを組んだ時にも、念のためにフラックス掃除をしておいた方が良さそうですね。


結局、真空管でした。

今日はつい昼まで寝過ごしてしまいました。というのも朝方の寒さがあまりにもキツかったもので、思わず布団に潜り直したらそのまま二度寝になってしまいまして。しまったと思ったらもう昼、というパターンです。実は近場で大きなフリマがあるというので、午前中はそちらに回ろうと思っていたのですけど、残念です。夕方には歯医者の予約が入っているので、起きたのが昼ではもう出掛けるのは無理ですね。

その代わりと言ってはなんですが、TU-877の不具合の原因究明はしっかりと。昨日組み直したら現象が発生しなくなっていたのですが、今日になったらまた発生しまして・・・しかし、今日は何故かノイズが右のスピーカーから出るのです。そう、昨日は検証のために真空管を入れ替えて、そのままにしていましたっけ。

電源を切り、真空管を入れ替えて再び待つことしばし。充分に機体が暖まったところで、入力スイッチを切り替えます。すると・・・今度は左のスピーカーからノイズが。つまり、結局壊れていたのは左の出力管であった、ということのようです。その真空管というのがこちら。

故障原因
故障原因 posted by (C)circias

見たところゲッターの減りも大きくないですし、焼けこげも無く奇麗なものです。むしろ無事な右の真空管の方が、ちょっとゲッターの減り方が気になるくらいなのですけれどね。でも、故障しているのはこちらの真空管で間違いありません。軽く振ったくらいでは異音もありませんが、この管に物理的な振動が加わると、現象が発生するらしいことが分かりました。

とりあえず応急処置として、アンプにはもともとついてきた中国製のKT-88をセットしておきます。こういういい加減なことができるのは、自己バイアスのシングルならではですね。プッシュプルではこういう訳にはいきません。

応急処置
応急処置 posted by (C)circias

真空管交換後、試しにずっとランニングを続けているのですが、特に問題ないようです。入力を切り替えてもノイズは起きませんし、無入力時にモーターボーティングが発生することもありません。どうやら犯人はあの管で間違いないようです。

この真空管はちょうど二年前の冬のボーナスで買ったもので、ちょっと贅沢にGold Lionをチョイスしたのですけど・・・折角の高級管だというのに二年で故障では困ったものですね。私の引きの悪さは相変わらずといったところでしょうか。次は無難にエレクトロハーモニクスかソブテックあたりにしておくとしましょう。中国管は嫌なので。

中華真空管は確かに安いし、データシート上の特性も申し分ないのですけど、実際聴いてみると全然違うのです。片チャンネルだけならそんなに違いは感じないのですが、両方替えるとやっぱり何か違うなぁという感じになります。なんだか音が荒っぽくて疲れるのですよね。歪んでいるんでしょうか。

というわけで、結局今回はEH社のKT88のマッチドペアを注文することにしました。まぁシングルなのでマッチドペアは必須ではないのですけど、できればプリアンプでバランス調整とかしたくありませんので。Gold Lionを一本だけ買うというのも手なのですけど、なんだかまた壊れそうですしね。高いもので外れを引くのはご容赦願いたいところ。既に一回やらかしてますしね。

なにしろお値段二倍ですよ? 同じ米国企業のライセンスものの筈なのに、何がそんなに違うのか・・・は、実際使ってみれば分かるでしょう。そうそう、同じGoldでも中華製のGolden Dragonっていうのがありましたね(笑)あれはイギリスの会社の設計のKT88らしいのですけど、なんとGold Lion並みに高かったりするから呆れます。中華管にそんなに出したくないですねぇ、私は。

TU-877故障?

今日、我が家の周辺では派手に雹が降ったのだそうです。そのせいでしょうか、この時間、ちょっと今まででは考えられない程に冷え込んできました。そもそも夕方の時点で、吐く息が真っ白になって立ち上っていましたから、どれだけ冷えているのか良く分かります。これはともすると、今夜あたり霜が降りるかも知れませんね。

こう底冷えすると、ストーブはいまひとつなのですよね。ガンガン焚くと上の方ばかり暖まってしまって、一方で足元はしもやけが出来そうな有様なのですから。まんべんなく暖まりたければ風呂か布団かといったところですが、しかし布団に入ってしまったら最後。そもそも今日は酷い寝不足なので、それだけはいけないと、先程から我慢しています。

ではなぜそんなに寝不足なのかと言いますと、実は昨夜、愛用の真空管アンプが壊れてしまったからなのです。ELEKITのTU-877の改造品なのですが、突如ランダムにノイズやら何やらがでるようになってしまって、使い物にならなくなってしまいました。症状は、以下のような感じです。

1)一定時間電源オンしていると、方チャンネルからノイズが出る
2)ボッボッボ・・・というモーターボーディングがランダムに出る
3)入力切り替えスイッチ周辺に触れると「ザー」と言い出す
4)電源断時に酷いポップノイズが出る

これは・・・入力スイッチのアースが浮いたでしょうか。そう思って昨晩はバラシてみたのですけど、パッと見ではどうも問題なさそうなのですよね。仕方なくELEKITの販売元に問い合わせのメールを書いたりしていたら、徹夜になってしまいました。

イーケイジャパンさんからの御返事は、今朝直ぐに届きました。いつもながら、頼りになります。サポート曰く、TU-877の場合はこの症状でスイッチ不良の線はないそうです。なるほど、回路図を見てみたところ、入力のコールドは全部まとめて半田されていて、スイッチにはホットしか入っていないのですね・・・って、酷いな(笑)
では何が考えられるかと言うと、次の通りだそうです。

○症状が片チャンネルの場合
1)出力管(KT-88)の故障
2)プリ管(12AX7)の故障
3)可聴帯域外での発振

まずやって見るべきは、真空管の左右交換。これで症状が移動するならばそちら側の真空管の異常、移動しなければ発生側の回路異常ということになります。
また、発振を確認するには、無入力の状態でスピーカーを繋いだり外したりしてみれば良いとのこと。発振していなければ無音ですが、発振していると電流が流れ続けるので、接続時に「ガサッ」というのだとか。

チェックしてみたところ、どうやらこの線はシロのようです。発振は前科がある個体なのでかなり疑っていたのですけどね。なにしろ素人半田の上にフラックス汚れの多い汚い基盤で、しかも半田不良で暴走、その後も超高域で発振していたものを修理して黙らせたという経緯がありまして・・・。

2013-12-21
2013-12-21 posted by (C)circias

これだからキットものの中古品は博打なのですよね。とはいっても、キットだからこそバラして組み直しやすいという一面もあるため、修理前提で買うならキットの中古もそう捨てたものではありません。
ともあれ、真空管故障も発振もないとなると、では何が問題なのでしょう。問題発生が左右共通の場合は、以下のような可能性が考えられるそうです。

○症状が左右共通の場合
1)電源回路不良(デカップリングコンデンサの可能性が濃厚)
2)入力グランド回路不良
3)NFB回路グランド不良

要するに全部半田不良の類いですが、これも目視でチェックした範囲では、分かるように割れているところなどないようです。駄目元で全部再半田しても良いのですが、それをやるならその前に、このフラックスまみれの基盤をちょっとクリーナで洗いたいですね。というわけでフラックス除去剤をポチリ。

結局分解しても原因が分からなかったため、ひとまず組み直して症状を確認してみたのですが・・・するとどうしたわけか、症状が出なくなってしまいました。なにやら普通に使えるのですけれど、どうにも気味が悪いですね。原因が分からないので、またいつ同じ症状が出てもおかしくはありません。

とはいっても症状が出ないと不具合箇所の発見も困難ですので、しばし様子見でしょうか。とはいえただ手をこまねいて再現を待つというのもなんですから、また次に何時壊れても良いように、予備のTU-870の整備は念入りにやっておこうと思います。


プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  LP レコード 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 17mm 小説 野川 DIY シティロースト TU-8150 アートブレイキー MU-61 紅葉 青梅 次大夫堀公園 開花情報 ブレンド 御岳渓谷 接写リング 小仏城山 神代植物公園 CD 写真 御岳山 実写テスト 東京 300mm トンボ 景信山 ライトノベル 古民家 開花状況 カートリッジ クラシック JAZZ/FUSION 神代植物園 ロック シモバシラ センテッドゼラニウム 森見登美彦 TU-877 マイケル・サンデル 哲学 多摩川 e-onkyo ハイレゾ音源 故障 3結 バラフェスタ コロンビア 6号路 骨董市 ラリー・カールトン 鳩ノ巣渓谷  深大寺  江戸東京たてもの園 上野 もみじ台 奥高尾 小仏峠 岡本公園民家園 OPA2134PA 野川公園 エリック・クラプトン 東宝撮影所 JPOP 東日本大震災 TU-H82 つくる市 ニカラグア 修理 ニューイヤーコンサート 調布 2015 ハクセキレイ リー・モーガン 布多天神社 これからの正義の話をしよう 仙川 大蔵住宅  レコード洗浄 水生植物園 フレンチロースト 東京国立博物館 ミツバチ ハイロースト 東照宮 砧公園 HDD Eagles ジフィーポット オーディオテクニカ SDカード コミスジ 速度比較 布多天神 イチモンジセセリ ZO-3 アブラゼミ ツクツクボウシ ミンミンゼミ Class10 90MB/s かき氷 冲方丁 スミナガシ クロヒカゲ 井の頭自然文化園 天地明察 ダイミョウセセリ Transcend 工事 根津美術館 表参道 UHS-I 浜離宮 コゲラ ストームグラス ジョウビタキ 中仕切り SHURE テンポドロップ 2017 KT88 GoldLion バド・パウエル 正月特別開園 大雪 M97xE ツマグロヒョウモン TempoDrop 武蔵野公園 調布飛行場 アゲハ BUMP WD10EADS アニメ ウェザーリポート 蘆花恒春園 FUSION 彼岸花 低速病 回転数不良 DENON NF-15X/2 A'pis FF15XmkII 植物多様性センター オジロトウネン 白丸ダム 一丁平 iPhone 縦走路 整備工事 モズ 細田屋 カワウ 発芽実験 カワセミ LM4562NA Apple 水耕栽培 クイナ アオジ アボカド 高浜虚子 電子工作 放鷹術 パナマ グアテマラ OSX アカスジカメムシ OPAMP 台風18号 MUSES02 AT-MONO3/LP MUSES8820D MUSES8920D アキアカネ ヒカゲチョウ 6V6S キアゲハ コムラサキ アカボシゴマダラ 豆知識 LME49720NA レーベル MCON-P01 タフソーラー マクロコンバータ 電池切れ NT-500M オリンパス CTL1025 AWG-100BR-1AJF G-SHOCK CASIO 霜除け 親族トラブル 魚道 ハービー・ハンコック 秦基博 RD-BZ800 ヘッドホンアンプ ケース REGZA 榊一郎 地雷 皆既月食 Weekender TIMEX クロマチックハーモニカ ジャコ・パストリアス NAGAOKA 吉祥寺 5極管接続 Focusrite イタリアンロースト ZIPPO ハンディウォーマー コルディリネ 鈴木三重吉 Scarlett ウラナミアカシジミ シジミチョウ レコードスタビライザ 植物 書簡集 小箱とたん ハクキンカイロ 日原鍾乳洞 野草 奥多摩 フルシティロースト 和屋東京店 森山良子 iBooks エディ・ヒギンス ケニヤ 紙の博物館 セセリ 人道主義 平和ボケ 鍍金 竜ノ湖太郎 UL接続 スズメバチ オーディオインターフェース ニイニイゼミ ヒメアカタテハ モンキアゲハ 幼虫 NJM4580D 世田谷ボロ市 通り名報道 羽化 ER-4S 茶谷産業 JET 鬼灯市 ラジオメーター Solo 村井秀清 バルトーク ヒグラシ 震災 葦原大介 ドラゴンフルーツ OP275GP Trigger 天体 夕陽 アサギマダラ 挿し木 花火 土地 ついんくる 富士山 3号路 充電中 自然現象 セグロセキレイ うみまち鉄道運行記 古橋秀之 iOS8.3 再起動 不具合 軍畑大橋 軍畑 草市 30MB/s TOSHIBA DL-103 瀬那和章  デクスター・ゴードン 95MB/s SanDisk 越谷オサム 地上げ 建築基準法 亀屋樹 階段途中のビッグ・ノイズ 不動産屋 AU-305 伊佐良紫築 戸部淑 フレディ・ハーバード ペルー PIONEER キタテハ 平和フレイズ J-POP 星野源 真空断熱食器 レコードプレーヤ 志田用太朗 城山 ヒオドシチョウ 大沢 稲荷山 青藍病治療マニュアル 三月 似鳥鶏 アオモンイトトンボ 甘酒 オオスズメバチ コーヒー バッハ iPhone4s ヤマガラ KeG 鷹見一幸 ゴールドベルク変奏曲 グレン・グールド カワラヒワ スズメ 城山茶屋 幼鳥 ゴイサギ タシギ マンデリン シチズン Q&Q クルトガ ツグミ シジュウカラ シャープペン 天災 V6 Dyson 被害 オジロビタキ デルガード ペンケース ベルグソン 絶滅危惧種 3.11 RAW 文房具 デジタルテレコンバータ 世田谷 インドネシア フラックス ElectroHarmonix MERCURY 初詣 ミニバケツ 発泡PPシート ペン立て 白鳥士郎 大森藤ノ アレニウス・スヴァンテ 橙乃ままれ ログ・ホライズン 翻訳 フレディ・ハバード ハンディクリーナー ダイソン テングチョウ 改造 ピアノの森 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー アカシジミ 栄西 キタキチョウ 上野公園 スジグロチャバネセセリ イチモンジチョウ 取木 キアシドクガ 桜の蛾 腕時計 ヤマカガシ リキュール 電気ブラン カクテル KENKO 電源回路 OSX10.9 東宝 WD20EZRZ hiFace M2Tech JJ 12AU7 蟲師 大沢グランド 先生と僕 香日ゆら タンザニア 注油 モーター 寝落ち 回転数 スナップショットフォーカス 


123456789101112131415161718192021222324252627282930 06