FC2ブログ

日々の便り

 

開花状況2015(1)

今日は雲もありましたが、そこそこ明るい写真日和でした。普段ならば野鳥を撮りに出掛けるところなのですけれど、今日の目的は野鳥でも昆虫でもありません。そう、この時期と言えば桜。もちろん満開にはほど遠いでしょうけれど、満開の時期を見極める意味でも、とりあえず近場のお花見スポットは全て偵察しておきたいところです。というわけで、今日は近場の桜を駆け足で一巡りして来ました。

スタートはもちろん野川なのですが、しかし、野川沿いは普段から気温が低い事もあって、あまり開花が進んではいません。一番咲いている場所でも、まだ五分か六分と言ったところでしょうか。次の写真は、最も開花が進んでいたと思われる、調布警察署横の桜です。

調布警察署横(1)
調布警察署横(1) posted by (C)circias

恐らく日当りが良いからでしょう。ここの桜は毎年ちょっと早いのですよね。桜は警察署側の枝が詰められていていて、河原に向かって枝を伸ばしているのですが、川に面している側よりも、警察署側の枝の方が開花が進んでいるようでした。次の写真は、警察署側の枝の様子です。これだけ見ると、もう八分咲きくらいはいっていそうな感じですね。

調布警察署横(3)
調布警察署横(3) posted by (C)circias

甲州街道を渡って川沿いに進むと、やがて行く手に中央自動車道の高架が見えて来ます。このまま進めばお花見スポットのひとつ、御塔坂橋ですが、とりあえずその前に深大寺へ行っておく事にしました。というわけで、高架手前を右折し、ファミマの先にあるアジア家具店の横を左折して、まずは水生植物園側へ抜けます。

水生植物園前
水生植物園前 posted by (C)circias

水生植物園前はまばらに数本の桜があるのですが、ここの桜は比較的開花が進んでいるようでした。満開はまだですが、この分なら29日か30日くらいには満開になりそうです。これに対して深大寺前交差点方面の桜は、辛うじてまばらに開花している程度でした。次の写真は、深大寺前交差点から深大寺方面に少し進んだあたりで撮影したものです。

深大寺前交差点付近
深大寺前交差点付近 posted by (C)circias

このあたりはかつて、見事な桜のトンネルだったのですが、今年は見ての通り枝が詰められてしまって、非常に残念な絵面です。これは街路樹なのでメンテナンス上仕方ない面もあろうかとは思うのですが、もうちょっとどうにかならないものでしょうかね。そもそも、街路樹にするならソメイヨシノではなく、もっと頑丈な種を使えば良いのにと思います。

深大寺周辺を見て回った後は、隣接する神代植物公園の有料エリアに入ってみました。神代植物公園には、バラ園横と大芝生周辺に見事な桜の大木が並んでいます。ここも、毎年お花見客が大勢やってくるお花見スポットなのですよね。なんでも今年は、3/31(月)を特別開園日にするということなのですが・・・しかし、桜の方はまだサッパリでした。

神代植物公園の桜並木
神代植物公園の桜並木 posted by (C)circias

上の写真は、バラ園横の桜並木の様子です。この分では、来週末に満開になっているかどうかといったところでしょう。大芝生周辺の大木はもっと花が少ない状態で、満開までまだだいぶかかりそうな雰囲気でした。特別開園日は、ちょっとしょっぱいイベントになってしまいそうですね。なお、私は年間パス持ちなので、別に入場料を無駄にしたわけではありません。御心配なく。

桜の方はさっぱりでしたが、折角なので、この時期限定で販売されている桜ソフトクリームなるものを売店で購入してみました。どんなものかと思ったら、これが桜ソフトというか桜餅ソフトとでも言うべきもので、桜餅に巻いてあるあの塩漬けの桜の葉を細かく砕いたものが、ソフトクリームに入っているのです。当然味もどこか桜餅っぽく・・・まぁ悪くはありませんでしたが、とりたてて美味しいとも言い難いものでした。



続・桜便り2014(深大寺)

ふと気がつくと、外が暗くなっていますね。晴天俄にかき曇り・・・とは、昨日と同じパターンです。そして強い風が吹くと同時に、突然本降りの雨になりました。今日の予報は良く当たりますね、いつもその調子で頑張って頂きたいものです。夕方までには止む筈ですが、散り始めの桜にこの雨は、ちょっと厳しいかも知れませんね。できれば外れて欲しかったのですが。

と思ったらまた明るくなってきましたね。どうやらこの忙しい天気の移り変わりも、昨日と同様のようです。春の天気は変わり易いとは言いますが、さすがに5分単位で七変化というのは不安定過ぎやしませんか。まぁ天気の話はともあれ、とりあえず昨日のレポートの続きを。今度は深大寺周辺の様子です。なお、レンズは相変わらず25mm F1.8で。

次の写真は、深大寺入口交差点から深大寺方面へと入って行く通りの入口付近。今年も良い感じの桜のトンネルになりました。ここは開花が遅かったため、まだ散り始めては居ないようです。住宅の谷間になっていて日当りが悪いのが影響しているのでしょう。

深大寺(1)
深大寺(1) posted by (C)circias

写真を撮りつつ、通りをそのまま深大寺方面に進みます。次の写真は、少し通りを進んで、乾物屋を過ぎた辺りからの様子。通り沿いにはずっと桜が植えられていますが、なにぶん住宅地の中の通りなので、電線とも並行する事になります。桜が完全に電線に被ってしまっていますね。

深大寺(2)
深大寺(2) posted by (C)circias

次の写真はさらに通りを進んで、おそば屋さんの「湧水」の辺りから、交差点方向を振り返ったものです。このあたりから交差点側を望む景色が、この並木の中では一番華やかなポイントなのではないかと思います。

ところでこの通り沿いには何軒ものおそば屋さんがあるのですが、客の入りの格差が物凄いのですよね。方や行列、方や無人。無人ってどうなのよと思うのですが、それでも昔から変わらず続いているので、入りの少ないおそば屋さんもやっていけては居るようです。

深大寺(3)
深大寺(3) posted by (C)circias

次の写真は深大寺を通過し、いずみやの辺りから水生植物園方面を写しています。画面奥方向右手に水生植物園、左手側は深大寺の参道です。このあたりの桜は開花が早かったので、もう散り始めていました。昨日の時点ではらはらと散っていましたから、もうそろそろ見頃は御終いといったところでしょう。

深大寺(4)
深大寺(4) posted by (C)circias

最後は、水生植物園を過ぎ、調布市深大寺小学校横を三鷹通り方面へ向けて上って行く坂道の桜です。ちなみに、画面右端にちらりと写っている「多聞」はおそば屋さんの看板。「たもん」と読むのだそうで、ここの地名に因んでいます。このおそば屋さんはいつも行列ができている蕎麦屋のひとつですね。

深大寺(5)
深大寺(5) posted by (C)circias

深大寺周辺の桜は、水生植物園入口付近のエリア以外は、まだ散り始めていないようです。天気次第ですが、今週前半はまだ見られるのではないかと。さすがに、次の週末までは持たないと思いますが。



深大寺の正月

昨日は夕方から来客があったために書きそびれてしまいましたが、例によってカメラのテストを兼ねて、今度は深大寺に行ってきました。例年お正月には初詣客でごったがえす深大寺、今年もたいそうな賑わいのようです。まずは、拝殿付近の様子を一枚。使用レンズは今回もキット標準のM.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ Rです。

P1020097
P1020097 posted by (C)circias

人、人、人って感じですね。写真はだいぶ高めの視点で撮っているのであまり狭苦しい感じはしませんが、実際にはもっとずっと低い私の視点では、ほとんど人の背中しか見えません。この写真は、頭上にカメラを掲げて撮影しています。こういうシーンでは、E-PL5のバリアングル液晶モニタが非常に役に立ちますね。特に必要を感じる機能ではありませんが、使ってみるとこれはなかなか良いものです。

P1020092
P1020092 posted by (C)circias

上の写真は、お寺の前の参道の様子。場所によって混み具合は違いますが、この「あめや」さん正面付近は一番混み合うところで、常にこんな感じ。ちなみにこの一枚も、カメラを頭上に掲げて撮っています。私は背が低いので、こういう場所では埋まってしまうものですから。

P1020101
P1020101 posted by (C)circias

お土産屋さんや売店も大賑わいです。甘酒一杯300円とか、基本的にぼったく・・・もとい御祝儀相場なのですけど、食べ物屋さんはどこも大抵賑わっていました。ボロ市の時もそうでしたが、こういった食べ物のお店に並ぶ人が多いところで人口が過密になるようです。深大寺名物の蕎麦屋さんも、皆さん急がしそうでしたね。「一休庵」さんでは蕎麦打の様子を実演しておりまして、時折周囲に人垣が出来たりもしていました。

P1020102
P1020102 posted by (C)circias

ところで、深大寺と言えばNHKの朝ドラの舞台になったことがありましたね。そう、「ゲゲゲの女房」です。あれ以来深大寺には鬼太郎にちなんだ茶屋やらお土産物やらが売られるようになりまして、今年も「目玉のおやじまんじゅう」やら、目玉おやじのだんごやら・・・という、シュールなものが売られておりました。写真は、目玉おやじの焼き団子と思われるものです。

P1020105
P1020105 posted by (C)circias

あまり美味しそうとは思えないのですが・・・そこそこ売れては居るようですね。しかし、妖怪だの幽霊だのというのは仏教的にはむしろ邪なものではないかと思うのですが、寺の境内でそんなものをもてはやして宜しいものなのかどうか(笑

でもそういえば、一昨日に行ってきた調布の布多天神社の参道にある商店街にも、なぜかゲゲゲの鬼太郎の大きな樹脂製フィギュアが何体も飾られていたのですよね。布多もあのドラマと何か関係があったのでしょうか。それにしたって、神社の参道が妖怪通りってどうなのよと思うのですけれど、こういうところで酷く適当なのが、日本人の日本人らしさなのかも知れませんね。いやいや、平和で結構。

手作りの重み。

昨日に引き続き、今日も出掛けたついでに鬼燈市に顔を出してきました。まぁ小さなお祭りではありますが、夏のお祭りって、良いじゃありませんか。
内容は昨日一通り見てしまった筈なのですけど、いつのまにやら手作り市の第二会場が出来ておりまして、今日はそちらを中心に。

第二会場の出店内容は、ガラス細工、天然酵母パン、手作りジャム、天然木のキーホルダー、手染めのブックカバーに革細工、そして女性向けのアクセサリーや香りものなどなど。まぁ、手作り市というとだいたいこのラインナップになりますね。井の頭公園の露店もこんな感じでしたし。

そう広くはないスペースなので、ゆっくり歩いても10分もあれば回れるでしょう。出展数は十数店舗くらいだったと思います。
その中で、私の目を惹き付けたのはこちらのお店でした。

手作り市
手作り市 posted by (C)circias

ガラス細工の店は他にもあったのですけど、細工の緻密さや柄のセンスが全然違うのですよね。ガラスの器にハートやデフォルメの猫を彫って、数千円と言われましても、ねぇ。
その点このお店は立派なものです。まず何より柄が細かいですし、彫った上からガラスをかけて更に彫るなんて、凝った事をしてある器もあります。

モチーフも主に日本の植物で、適当な似非ファンシー風味でお茶を濁すようなことはありません。きちんとした食卓にだって並べられる、渋い柄です。
伺ったところ、どうやらこのお店はちゃんとしたガラス工房からの出店なのだそうです。なるほど、仕事が細かい訳で。

最初はただ冷やかすだけのつもりだったのですけど、眺めているうちに、何か一つくらい買おうかな、という気分になってきました。まず何より奇麗ですし、それに安いのです。
デパートなんかに出ているこの種の器は、例えばぐい飲みでも3000円は下りません。しかも、こんなに緻密な細工を施されていない、どうだって良いようなものがですよ。

しかしここのは1500円から。機械加工で量産されたものならばともかく、手作業で作られたワンオフの器ですからね。これは、ぐっときます。というわけで悩んだ末、結局買ってしまったのがこちら。

ぐいのみ
ぐいのみ posted by (C)circias

本当は4000円の多重彫りのが一番欲しかったのですけど、サイズが半端で用途がありませんでしたから。置き場に余裕はありませんので、普段使い出来るものという条件に合致した、このぐい飲みにしました。なかなか涼しげでしょう。

なんでもこれは自信作なのだそうで、包む時にちょっと解説がつきました。それによると、手作業で柄を彫るからには、やはり直線や円を奇麗に出すのが一番難しいのだそうです。
腕のいい職人でないと、きっちりとした直線は出せないのだとか。

なるほど、この器の縁の下の直線は、微妙に蛇行はしていますけど、幅はほぼ均等です。そういえば、素人さんのお店のガラス細工には、こういうライン加工はなかったですね。
単純そうに見えるところほど技が要るというのは、モノ作りには共通の特性なのかも知れません。例えば切削加工の平面出しやら直角出しやらもそうですし。

それにしても、ただ手作りというだけで、モノの有り難みが増すというのは不思議なものですね。その魅力を手作りの暖かさと呼ぶ方もありますが、私はむしろ、それを重みと感じています。手作りの重み。軽い酒器にも、しっかりと。

さて、今夜はこれで一杯頂くとしましょう。一風呂浴びて、折角だから甚兵衛に着替えて。晩の楽しみが、一つ増えましたね。

鬼燈祭り

今日は母が実家の祖母を見舞いに行くので、私が一日主婦業をやっていました。とはいっても、炊事以外は特にやらなくても良いので、空き時間は結構あります。
そんなわけで、午後からいつもの植物園に出掛けたのですが、帰り道に偶然お祭りを見付けてしまいました。

深大寺の鬼燈祭り。毎年やっているのは知っていましたけど、そういえば見物した事はなかったような気がしますね。折角の機会なので、ちょっと覗いて行く事にしました。

深大寺鬼灯祭1
深大寺鬼灯祭1 posted by (C)circias

上の写真は、普段は自転車置き場になっているあたりから、そば処の青木屋さんを見たところ。この店は普段から営業していますが、このお祭りの間は提灯で華やかに飾り付けられています。店先には焼き鳥やらなにやらのテイクアウトコーナーが作られていて、写っている人ごみは恐らくその順番待ちの列でしょう。

深大寺の鬼燈祭りとは要するに鬼燈市のことで、夏の始まりを告げるイベントです。専ら地元の人向けのイベントなので、有志による手作り露店が幾つか出る以外は、参道のそば屋が鬼燈市用の華やかな飾り付けを行うくらいで、一般的なお祭りのようなイベントではありません。ちなみに、鬼燈販売所はこんな感じ。

深大寺鬼灯祭2
深大寺鬼灯祭2 posted by (C)circias

ここの他に、二カ所ほど似たような規模の販売所が設けられていました。規模としては浅草のそれとは比ぶべくも無い小ささなのですけど、それでも地元の伝統イベントだからでしょう、この日のために集まったお客さんで、参道はかなり賑わっています。
軒を連ねる蕎麦屋の飾り付けもなかなか気が利いていて、普段見慣れた深大寺の風景より、少し幻想的な感じはありました。

蕎麦屋の他には、普段から土産物専門でやっているお店もあります。その中の一軒がこちらの焼き物屋さん。いつも、陶器の風鈴やぐい飲み、湯飲みなどといった器の類いを販売しており、絵付けの体験もできるお店です。

深大寺鬼灯祭3
深大寺鬼灯祭3 posted by (C)circias

軒に風鈴がぶら下がっているのはいつもの事なのですけど、今日はイベント用に、店先の風鈴を増量中。写真のこれは、恐らくスイカをモチーフにしたものでしょうね。

陶器の風鈴は音がとても柔らかく、それでいて涼やかなのです。とても素敵な音色なので、いつも思わず買いそうになるのですけど、ぶら下げる場所がない事を思い出して、すんでのところで堪えています。

音色はもちろんひとつひとつ大きく異なっていて、できることならこれを5つか6つ、軒に吊るして鳴らしたいものですね。折しも夕方の風に吹かれて、思わず聞き入ってしまいそうな、素晴らしい音色を聞かせてくれていました。
南部鉄器の風鈴も良いのですけど、陶器も良いですよねぇ。

ちょうど日が傾き始めた頃で、オレンジ色の提灯の灯りもなかなか趣があり、そこに響く陶器の風鈴の大合奏は、風流そのもの。いっそお祭りの間だけと言わず、いつもこの演出をしてくれれば良いのにと思います。

やはり、和風のものは良いですよね。特に夏は、和のものが何故か恋しくなるから不思議です。朝顔、鬼燈、風鈴に甚平、下駄に扇子に・・・言葉を並べるだけでもどこか涼しげです。あぁ、それから、金魚も良いですね。そういえば今日と明日、どこかで金魚市が開かれていたような。

ちなみにこの鬼燈市、期間は本日、21日までです。もし近隣にお住まいでしたら、ちょっと足を運んでみてはいかがでしょう。できれば、夕方がお勧めですよ。普段とは違う深大寺の風景をお楽しみ頂けるのではないかと。



プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ ELEKIT 堀口珈琲 JAZZ 小説 17mm 野川 シティロースト TU-8150 アートブレイキー 紅葉 MU-61 次大夫堀公園 修理 青梅 接写リング AriaPro 御岳渓谷 ブレンド 小仏城山 開花情報 PB-400 CD 御岳山 写真 神代植物公園 実写テスト 東京 トンボ 300mm ライトノベル 古民家 景信山 ロック JAZZ/FUSION 開花状況 カートリッジ 神代植物園 クラシック TU-877 シモバシラ マイケル・サンデル 森見登美彦 多摩川 哲学 センテッドゼラニウム ハイレゾ音源 e-onkyo 故障 3結 6号路 深大寺 鳩ノ巣渓谷 バラフェスタ  ラリー・カールトン 骨董市 コロンビア もみじ台 東宝撮影所 エリック・クラプトン JPOP  東日本大震災 岡本公園民家園 江戸東京たてもの園 OPA2134PA 野川公園 TU-H82 小仏峠 奥高尾 上野 フレンチロースト これからの正義の話をしよう ミツバチ ニューイヤーコンサート 東照宮 水生植物園 HDD 東京国立博物館  大蔵住宅 仙川 砧公園 つくる市 調布 ニカラグア ハクセキレイ 2015 布多天神社 レコード洗浄 ハイロースト リー・モーガン 速度比較 Class10 UHS-I 植物多様性センター カワセミ SDカード 一丁平 オジロトウネン 90MB/s 整備工事 BUMP カワウ Apple 縦走路 細田屋 Transcend アオジ FF15XmkII アニメ バド・パウエル ツクツクボウシ アブラゼミ ミンミンゼミ KT88 NF-15X/2 コミスジ GoldLion イチモンジセセリ ZO-3 FUSION 彼岸花 浜離宮 ウェザーリポート ツマグロヒョウモン SHURE M97xE Eagles オーディオテクニカ 回転数不良 調布飛行場 武蔵野公園 ダイミョウセセリ 天地明察 布多天神 冲方丁 アゲハ A'pis コゲラ 根津美術館 大雪 ジョウビタキ iPhone 蘆花恒春園 表参道 ジフィーポット DENON ボリューム 国産 井の頭自然文化園 アボカド 分解 中仕切り ピックガード ペグ 磨き 白丸ダム 低速病 発芽実験 MUSES02 LM4562NA かき氷 スミナガシ WD10EADS 水耕栽培 クロヒカゲ 工事 メッキ テンポドロップ ストームグラス 2017 正月特別開園 クイナ モズ TempoDrop 人道主義 TIMEX モンキアゲハ 電池切れ 通り名報道 世田谷ボロ市 Weekender 幼虫 ジャコ・パストリアス アカスジカメムシ クロマチックハーモニカ 高浜虚子 霜除け ヒメアカタテハ Focusrite オーディオインターフェース CTL1025 ヒグラシ UL接続 NJM4580D 5極管接続 羽化 Solo ニイニイゼミ タフソーラー 鍍金 Scarlett スズメバチ 秦基博 ZIPPO OSX グアテマラ 紙の博物館 ハービー・ハンコック 野草 ラジオメーター パナマ AT-MONO3/LP ハンディウォーマー レーベル ハクキンカイロ 榊一郎 吉祥寺 ドラゴンフルーツ キアゲハ 奥多摩 MCON-P01 平和ボケ アキアカネ コムラサキ マクロコンバータ 茶谷産業 アカボシゴマダラ オリンパス 豆知識 日原鍾乳洞 ヒカゲチョウ 地雷 MUSES8920D コントロール ピックアップ 竜ノ湖太郎 サドル調整 仕上げ OPAMP ヘッドホンアンプ 工作材 ER-4S No.28151 PROXXON プロクソン ミニカッティングソウ 木栓 震災 葦原大介 電子工作 ST-550 GoldenBlack AMCY-104/630 TU-HP03 NAGAOKA NT-500M C203 C103 上海 ケース GT-PRO Spirit Steinberger イケベ楽器 リボレ秋葉原店 芥川龍之介 NHK 防錆 イタリアンロースト 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ 6V6S 台風18号 REGZA 放鷹術 ウラナミアカシジミ シジミチョウ OP275GP JET 村井秀清 鬼灯市 LME49720NA MUSES8820D AWG-100BR-1AJF RD-BZ800 コルディリネ 塗装 指板 組立て ラッカー 和屋東京店 iBooks フルシティロースト 森山良子 ピアノの森 エディ・ヒギンス 皆既月食 小箱とたん ケニヤ 魚道 親族トラブル セセリ バルトーク CASIO iOS8.3 iPhone4s 軍畑 越谷オサム 亀屋樹 不具合 AU-305 階段途中のビッグ・ノイズ 軍畑大橋 オオスズメバチ 天体 アオモンイトトンボ 世田谷 挿し木 花火 ついんくる マンデリン SanDisk 95MB/s シチズン 夕陽 デクスター・ゴードン Q&Q 腕時計 富士山 キアシドクガ 桜の蛾 瀬那和章 コンデンサ 充電中 再起動 TOSHIBA 30MB/s アサギマダラ DL-103 草市 大沢 ヒオドシチョウ バッハ ゴールドベルク変奏曲 グレン・グールド 真空断熱食器 コーヒー フレディ・ハーバード キタテハ 平和フレイズ タシギ 星野源 スズメ 城山茶屋 甘酒 カワラヒワ 幼鳥 J-POP ゴイサギ ペルー ヤマガラ 三月 古橋秀之 自然現象 似鳥鶏 青藍病治療マニュアル 城山 3号路 稲荷山 志田用太朗 レコードプレーヤ 戸部淑 KeG 鷹見一幸 伊佐良紫築 うみまち鉄道運行記 PIONEER セグロセキレイ リキュール カクテル シジュウカラ オジロビタキ Dyson V6 Trigger ハンディクリーナー ダイソン ツグミ シャープペン デジタルテレコンバータ ベルグソン 絶滅危惧種 テングチョウ デルガード 3.11 RAW クルトガ 天災 被害 植物 スナップショットフォーカス フレディ・ハバード 大森藤ノ 白鳥士郎 初詣 フラックス ElectroHarmonix 翻訳 アレニウス・スヴァンテ ペン立て ミニバケツ MERCURY 発泡PPシート インドネシア 橙乃ままれ ログ・ホライズン 文房具 ペンケース 上野公園 ヤマカガシ 栄西 イチモンジチョウ KENKO スジグロチャバネセセリ 電源回路 アカシジミ  不動産屋 取木 土地 電気ブラン 建築基準法 地上げ 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー タンザニア 香日ゆら 東宝 JJ 12AU7 OSX10.9 hiFace 改造 M2Tech WD20EZRZ 蟲師 モーター 注油 先生と僕 回転数 寝落ち 大沢グランド キタキチョウ G-SHOCK 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01