FC2ブログ

日々の便り

 

雪の高尾山を行く(2)

もみじ台の巻道はまだ歩きやすい方だったのですが、もみじ台を抜けたあたりから、道の状態が厳しくなりました。次の写真は、一丁平手前あたりの階段の様子です。写真では坂道に見えていますが、本来ここは階段なのですよね。こんな感じで、ほとんどの階段が坂道と化していました。流石にこうなると、アイゼン無しでは歩けそうもありません。

一丁平への道
一丁平への道 posted by (C)circias

一丁平にたどり着くと、そこは見事な雪景色でした。次の写真は、一丁平の窪地側の様子です。こちら側には野鳥や蝶が多いので、春から夏にかけては、私はこちら側を抜けて展望台へと進むようにしています。

一丁平(2)
一丁平(2) posted by (C)circias

お次はトイレ側の様子。画面右側にちょっとだけ写っているのがトイレですね。ちなみに、一丁平のトイレは現在故障中のため、使用できません。というかここ数年、無事でいる時間の方が少ない気がするのですけれど。それはともかく、なんだかスキー場にでも来たかのような風景になっていますね。

一丁平(1)
一丁平(1) posted by (C)circias

ところで、写真が若干白っぽいことにお気づきでしょうか。実はこの時、レンズの保護フィルタが内部で結露を始めていたのです。レンズ本体は問題なかったのですが、フィルタの方が真っ白になってしまって・・・しかしそれに気がついたのは、城山に着いてからだったのでした。というわけで、フィルタを外して一枚。城山もかなり雪が積もっています。なお、城山の茶店は、高尾山山頂のそれと同様、営業していませんでした。

小仏城山
小仏城山 posted by (C)circias

それにしても、フィルタがないとレンズの性能が一段上がったように感じますね。うぅむ、これはフィルタ無しでの運用を検討するべきでしょうか。この鮮明さはちょっと凄いです。結構高いフィルタを使っていたのですが、こんなにもハッキリと差を感じる事になろうとは思いませんでした。

ところで、当初の予定ではここで一休みして、そのまま折り返すつもりだったのですが、アイゼンのおかげでいつもよりペースが速かったため、思ったよりも時間に余裕がありまして。このペースなら最低でも小仏までは到達できそうだという事で、さらに先に行ってみる事にしました。そして城山を下り始めたのですが、そこでの景色がとにかく素晴らしかったのです。

景信山への道
景信山への道 posted by (C)circias

すっかりテンションが上がってしまって、テンションに比例するかのようにペースも上がり、気がつけば予定より早く小仏に到着。時間的にはまだまだ余裕があったため、14時30分をリミットとして、行けるところまで行ってみる事にしました。というわけで歩き続けた結果、結局14時30分より早く、景信山山頂に到達してしまったのです。

景信山山頂
景信山山頂 posted by (C)circias

上の写真は、景信山山頂の様子。驚いた事に、ここの茶店はこの雪の中でも営業していました。というわけで、ありがたくなめこ汁を味わいつつ一休みし、結局いつも通りの時間で下山したのです。

帰りの道中もアイゼンのおかげで実に順調でしたが、稲荷山コースの後半で状況が変わりました。なんと、往路はあの雪景色だったというのに、復路ではもう雪がすっかりなくなって、ただの泥沼と化していたのです。仕方なく途中でアイゼンを外して歩いたのですが、今度は最後の最後、稲荷神社周辺でアイスバーンが復活し・・・泥まみれの靴にアイゼンを装着しなければならず、後でアイゼンの掃除にちょっと苦労しました。

全体的に、雪道を歩いたとは思えないくらい順調な行程だったのですけど、しかしそこはやはり雪道。意識していなくても、体の方には結構負担がかかっていたようです。と言いますのも、今日は昼過ぎあたりから段々と筋肉痛がひどくなって来まして。山に登って、ここまでの筋肉痛になるのは久しぶりです。楽しい体験ではありましたが、それだけに、ちょっとはしゃぎ過ぎてしまったのかも知れませんね。


雪の高尾山を行く(1)

昨日は、いつも通り高尾山へ行ってきました。でも、いつも通りでは無い点が一つ。それは、アイゼンを用意して行ったことです。何しろ前日の金曜日に雪が降り、高尾山は30cmもの積雪があったと言いますから、少なくともアイスバーンはあるだろうと思いまして。

折しも高尾山は薬王院では節分会を開いているとのことで、駅前は例によってごった返しているかと思っていたのですが・・・豈図らんや、駅前は閑散としたものでした。商店も珍しく休業中の店がいくつもあったりで、これは前日の雪の影響と考えて良さそうです。次の写真は、清滝駅前の様子。お祭りのある日の高尾山とは思えない閑散とした様子がご覧頂けるかと思います。

清滝駅前
清滝駅前 posted by (C)circias

駅前は写真の通り、しっかりと雪かきがされていましたが、稲荷山コースには全体的にたくさんの雪が残っていました。とはいえそこは高尾山、10時台にもなれば既にかなりの数の登山者が登った後だったようで、稲荷山コースの雪はすでに概ね踏み固められており、高めの気温も相まって若干溶けかけたシャーベットのような状態に。

序盤の岩地には溶けかけた雪が乗っている程度で、程よくグリップするので、アイゼンは必要ありませんでした。しかし、稲荷山山頂を過ぎたあたりから、次第に雪が深くなっていきます。次の写真は、半ばあたりの急な階段を登った先の様子。だいぶ雪が深くなりましたが、今度は雪が柔らかいお陰でグリップするので、やはりアイゼンいらずです。

稲荷山コース中盤
稲荷山コース中盤 posted by (C)circias

そんなわけで足元の方は思った以上に問題なかったのですけれども、それ以外に思わぬ問題が。それは、落雪です。高い気温で溶かされた雪が、ほとんど雨のように頭上に降り注ぎ、時折雪そのものがどさっと落ちてくることも。おかげで、高尾山山頂に着く頃にはすっかり濡れ鼠になってしまいました。まぁ、落雪を浴びつつ歩くのは、それはそれで楽しい体験だったのですけれども。

結局、高尾山山頂に到着するまでアイゼンを使う機会はなく、ペース的にもさほど遅れる事無しに山頂に到着してしまいました。この辺りは、春頃の泥沼で鍛えられた成果もありそうですね。何しろ同じ道を歩いているのに、アイゼンやらスパイクやらをお使いの皆さんは、ヨチヨチ歩きになってましたし。

それはともかく、たどり着いた高尾山山頂は一面の雪景色でした。次の写真は、展望台の手摺の位置から、山頂方面を見た様子です。左手には蕎麦屋が写っていますが、見ての通り閉店中。流石に人もまばらで、いつになく広々としていました。

高尾山山頂
高尾山山頂 posted by (C)circias

そして次の写真は、山頂から奥高尾方面へと一段降りた場所にある広場を、上から見下ろして撮影したものです。普段はここにも大勢の観光客が居るのですが、流石にこの日ばかりは見ての通りの様子で。むしろ、この状況でもこれだけ人がいるのはさすが高尾山と言うべきかもしれませんが。

高尾山山頂下
高尾山山頂下 posted by (C)circias

さて、ここまでは順調だったのですっかり油断していたのですが、この広場の先にある階段を降りる段になって、問題が発生しました。階段が踏み固められた雪の坂道になってしまっていて、全くグリップしないのです。最初はアイゼンなしで降りようとしたのですが、踊り場から踊り場までスケートした時点で、諦めました。と言うわけで、初めてのアイゼン装着です。

初アイゼン
初アイゼン posted by (C)circias

するとどうでしょう、これがもう圧倒的にグリップするのですね、当たり前ですが。完全に硬い雪の斜面と化した急な階段を、普段通りのスピードでスムーズに降りることができるのです。いえむしろ、普段よりスピードが出ていたかもしれません。あんまりスムーズなので、思わずニヤニヤしてしまったくらいで。

しかし同じ斜面で、もっと本格的な装備の皆さんがヨチヨチ歩きしていたところを見るに、歩き方にもコツがあるのでしょう。要は、アイゼンなしで滑らない歩き方をアイゼン付きでやって初めて、スムーズに動けるということなのだろうと思います。何しろ彼ら、アイゼンなしの私より危なっかしい有様でしたし。

ちなみに、私が使っているのは「軽アイゼン」と呼ばれる簡易装備で、足の真ん中に少しスパイクがつくだけのもの。あくまで緊急回避的な用途のもので、こういうシーンはともかく、本格的な雪山には向きません。本来のアイゼンは、足の裏全体をカバーしていて、爪先やかかとにもスパイクがついているので、軽アイゼンよりもはるかにグリップ力がありますし、雪道以外も歩けます。

これに対して、軽アイゼンは足の真ん中にスパイクが突き出すだけなので、とてもアンバランスでして。雪のない場所やコンクリート、岩地等の硬い地面ではスパイクが邪魔になり、バランスが崩れる上にグリップも激減するため、安全のためには頻繁に着脱をする必要があります。コンクリートの上なんて、油断すると足をくじきそうになりますからね。横着すると、かえって危険が増してしまうのです。

さて、階段を降りた先に待っていたのは、予想通りの雪景色でした。もみじ台裏は先週も雪景色でしたけれど、今週のそれはより本格的なものになっていました。次の写真は、もみじ台の巻道の様子です。

もみじ台巻き道
もみじ台巻き道 posted by (C)circias

しかしそこは高尾山、やはり既にラッセル済みで、人の通る道はしっかりと踏み固められているのですけれど、それ以外の場所の雪の深さはなかなかのもの。ちょっと油断して吹き溜まりに入ると、脛くらいまでは雪に埋もれてしまいます。本格的な雪山ならこの程度ではすまないのでしょうけれども、比較的安全に雪山気分を楽しめるのが、高尾山の良いところですね。もちろん、だからと言って油断は禁物なのですが。

さて、長くなりましたので、続きはまた後ほど。



大雪と民家園(2)

加藤家、城田家と回った後は、旧安藤家を見に行きました。まずは最初の一枚、旧安藤家の門と塀を、旧城田家横から写した一枚です。通りは雪かきされていますが、塀際の雪は程よく残されているので、なかなか雰囲気がありますね。肉眼で見るともう少し視界が広いので、ちょっとした観光地気分を味わえます。

旧安藤家門前
旧安藤家門前 posted by (C)circias

そして門をくぐると、旧安藤家の母屋が見えるのですが・・・実はこの家、今年屋根を葺き替えたそうなのですね。真新しい茅葺は雪の滑りが良かったのか、次の写真のように、ほとんどの雪は前庭に落ちていました。30cm近い積雪がある庭に、さらに屋根からの雪が積み上がっているのが写真からもお分り頂けるかと思います。

旧安藤家
旧安藤家 posted by (C)circias

この庭には、旧秋山家の土蔵も移築されています。次の写真は、旧安藤家の台所付近から門の方向を写したもの。写真の左側に写っている漆喰壁の建物が、旧秋山家土蔵です。普段は影になっているので気づきませんでしたが、屋根が白くなったお陰で、よく目にする蔵とは屋根の造りが異なることが分りますね。

旧秋山家土蔵
旧秋山家土蔵 posted by (C)circias

旧安藤家の中では、職員さんが機織り機を動かしていました。何やら忙しそうな雰囲気でしたし、履物が長靴だったこともあり、今日は台所の土間までで遠慮しておきました。次の写真は、土間から見た庭の様子です。

旧安藤家台所より
旧安藤家台所より posted by (C)circias

土間からの風景をもう一枚。こちらは、裏手の戸から見た井戸の様子。そういえば、加藤家も台所の構造は似たようなものなのですけれど、あちらは裏の戸を開けていませんでしたね。普段は通り抜けができるようにしているのですが、今日は何か事情があったのでしょうか。

旧安藤家台所より裏手
旧安藤家台所より裏手 posted by (C)circias

安藤家の周りも他の建物と同様、雪上にはほとんど足跡がありませんでした。本当は裏口から出て井戸周りの撮影もしておきたかったのですけれど、折角の綺麗な景色を踏み荒らすのも気が引けたので、ここまでで我慢。裏手は諦めて、旧安藤家を後にしました。

その後ややあって、急に正門が騒がしくなったかと思ったら、なんと小学生の団体さんが、先生に引率されてやって来たではありませんか。どうやら社会科見学だったようで、子供達は三つのグループに別れて、加藤家、城田家、安藤家に入って行きました。

なるほど、今日は妙に職員さんが多いなぁとは思っていたのですが、彼らの対応をするためだったのですね。もしかすると、朝からやたらと綺麗に雪かきをしてあったのも、あの子供達のためだったのかもしれません。そうして見ると、雪を踏み荒さないでおいたのは大正解でしたね。

というわけで、これ以上長居するとお邪魔になりそうでしたので、撮影はここまで。自主的に退散することにしました。それにしても、この大雪のタイミングで民家園に社会科見学だなんて、運の良い子供達ですよね。入り口で歓声をあげていましたし、きっと良い思い出になったことでしょう。

大雪と民家園(1)

当初からの予報通り、東京は昨晩から未明にかけて大雪に見舞われました。まぁ大雪といっても雪国のそれと比べたら可愛いものなのですが、普段ほとんど降雪のない東京近辺では、これでも大事件です。道路は渋滞し、電車は遅れ、商店は軒並み早じまい。まだ5cmも積もっていないうちから、関東地方は大混乱でした。

うちの会社は午後になってから15時上がりを決めたようですが、時すでに遅く。既に大渋滞に陥っていた道路のおかげで、吹雪く屋外で1時間もバスを待たなければならなかった上に、乗ったら乗ったで駅までさらに3時間以上かかり・・・15時に上がったのに、家に着いたのは21時過ぎでした。所要時間約6時間30分・・・ありえないでしょう、これ。

雪が降ると、だいたいいつもこのパターンなのですが、当社には学習機能が無いようで。ついでに、翌日の朝も必ず同じパターンを繰り返し、会社に着くのは昼前になるというのがセットイベント化しているのです。というわけで私は、雪が降った時点で欠勤を宣言したのでした。以前は律儀に付き合っていたのですが、毎度必ず体調を崩すので、もういい加減堪忍袋の尾が切れまして。

そんな訳で得た雪の休日、折角なので雪景色の写真でも撮ろうかと、今日は次大夫堀公園へ行ってきました。交通手段は、勿論徒歩。道は20cmを超える積雪に埋もれているので、自転車は使えません。そんな状況ですから、臨時休園の可能性を心配していたのですけれど、民家園は今日もちゃんと開園していました。

裏口側から旧加藤家を望む
裏口側から旧加藤家を望む posted by (C)circias

上の写真は、いつも利用している裏門側から入って、旧加藤家側を見たところです。画面左手の建物が、旧加藤家ですね。手前の雪原になっているところは畑なのですが、分厚い雪に埋もれて、辛うじて畝の形がわかる程度になっていました。一方、歩道はしっかりと雪かきがされています。雪のない歩道を歩いて、まずは旧加藤家へ。

旧加藤家
旧加藤家 posted by (C)circias

見慣れていたはずの旧加藤家も、こうして雪化粧するとまた雰囲気が違いますね。民家園通ひは長いものの、雪景色を見るのは初めてだったので、何やら少し浮かれた気分になってしまいました。もっとも、それは職員さんも同じだったのでしょう。まだ足跡も少ない前庭には、職員さん作と思しき雪だるまが。思わず童心に帰ってしまったのですね。

旧加藤家前庭の雪だるま
旧加藤家前庭の雪だるま posted by (C)circias

ちょっといびつですが、そこがまた味かもしれません。次の写真は、加藤家と雪だるまを写したものです。昭和の初期ごろまでは、こうした景色がどこででも見られたのでしょうねぇ。こうした景色をリアルタイムで見てきた人は、もうほとんどご存命ではないのでしょうけれど。初めて見るこの景色に、ノスタルジーを感じてしまうのですから、不思議なものです。

旧加藤家と雪だるま
旧加藤家と雪だるま posted by (C)circias

さて、旧加藤家の次は、旧城田家の様子をご紹介しましょう。まずは、正門を入ってすぐの広場奥から撮影した、旧城田家の様子を一枚。なんだか雪国っぽい雰囲気があって、良い感じだと思いませんか。時間が早かったお陰で、雪にあまり足跡がないのもポイントですね。今日撮影した写真の中では、これがいちばんのお気に入りです。

旧城田家と広場
旧城田家と広場 posted by (C)circias

次の写真は、城田家入り口の様子。一面の雪景色ではありますが、人の通るところはしっかりと雪かきがされていて、歩きやすくなっています。よく見ると、汚れた雪をその場に積み上げていないのが分かりますね。景観にも配慮して、どかした雪はどこか別の場所にでも運んだのでしょう。素晴らしい心遣いです。職員のみなさんが、朝早くから頑張ってくれたのでしょうね。

旧城田家前
旧城田家前 posted by (C)circias

さて、長くなりましたので、続きはまた後ほど。次は雪の旧安藤家の写真をご紹介したいと思います。

降ってます

おはようございます。気象庁が大騒ぎしているので大した事にはならないだろうとたかをくくっていたら、あにはからんや、本当に降りましたね。起きたら外が妙に明るいのでまさかとは思いましたが、びっくりでした。というわけで、早速一枚。使用レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro、初陣です。

紅葉の枝
紅葉の枝 posted by (C)circias

マクロレンズは思ったよりずっとピント合わせが速いです。近景を撮影している分にはほとんど一瞬でピントが合うと言っても良いでしょう。ただ、当然ながら近景を撮影した後遠景を撮ろうとすると、2秒くらい待たされる事になります。とはいってもそれは最初の一回だけで、そのまま遠景を撮り続ける分には問題ありません。

ローズマリー
ローズマリー posted by (C)circias

さて雪ですが、雪質はだいぶ粉雪に近い感じです。これも珍しい事ですね。東京の雪は大抵水分の多いぼた雪で、こんな風にさらさらとした小粒の雪が長時間降り続けることはあまりありません。まだ降り始めてそれほど長い時間が経った訳ではないので、この調子で降り続ければ、本当にたいへんな大雪になりそうです。

紫陽花の芽
紫陽花の芽 posted by (C)circias

最後は玄関先の紫陽花を一枚。マクロ撮影時の被写界深度は結構浅いようです。このあたりは、ちゃんと絞りを調整して撮らないと駄目ですね。まだまだレンズの使い方が分かっていません。それから、画面が少し暗いのは、雪よけに持っている傘とレンズフードのせいもあると思います。

こんなことなら防塵防滴がついているOM-Dにしておけばよかったと、ちょっぴり後悔。まぁ、年に一度の雪の写真のために、倍額払うのもばかばかしいことですけれど、こういう時には防塵防滴があるとちょっと心強いですね。とはいっても、レンズのほうも防塵防滴でなければ何の意味も無いのですが。

プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 野川 小説 17mm シティロースト TU-8150 アートブレイキー MU-61 紅葉 次大夫堀公園 修理 青梅 小仏城山 接写リング 御岳渓谷 開花情報 ブレンド PB-400 AriaPro 御岳山 神代植物公園 写真 CD トンボ 300mm 実写テスト 東京 景信山 ライトノベル 古民家 カートリッジ JAZZ/FUSION 開花状況 神代植物園 ロック クラシック センテッドゼラニウム 森見登美彦 TU-877 シモバシラ 多摩川 哲学 マイケル・サンデル コロンビア  深大寺 バラフェスタ 3結 6号路 骨董市 ラリー・カールトン 鳩ノ巣渓谷 ハイレゾ音源 故障 e-onkyo 江戸東京たてもの園 岡本公園民家園 小仏峠 奥高尾 東宝撮影所  エリック・クラプトン もみじ台 上野 TU-H82 野川公園 OPA2134PA JPOP 東日本大震災 ハクセキレイ 2015 東照宮 砧公園 フレンチロースト 水生植物園 東京国立博物館 仙川 布多天神社 調布 ニューイヤーコンサート  ミツバチ ハイロースト つくる市 これからの正義の話をしよう レコード洗浄 ニカラグア 大蔵住宅 リー・モーガン HDD NF-15X/2 FF15XmkII 発芽実験 オジロトウネン アオジ A'pis 速度比較 SDカード 水耕栽培 カワセミ アボカド 細田屋 ダイミョウセセリ 回転数不良 カワウ 整備工事 縦走路 井の頭自然文化園 一丁平 植物多様性センター DENON 中仕切り KT88 コゲラ ペグ 磨き GoldLion 90MB/s ピックガード 根津美術館 iPhone 調布飛行場 メッキ 分解 蘆花恒春園 オーディオテクニカ バド・パウエル LM4562NA 白丸ダム Class10 武蔵野公園 ボリューム UHS-I 国産 ジョウビタキ Apple TempoDrop 布多天神 クロヒカゲ BUMP スミナガシ かき氷 ジフィーポット 彼岸花 アゲハ アブラゼミ 2017 浜離宮 イチモンジセセリ テンポドロップ Transcend Eagles ストームグラス ZO-3 FUSION ミンミンゼミ M97xE 低速病 コミスジ 大雪 アニメ 冲方丁 SHURE ツクツクボウシ クイナ WD10EADS ウェザーリポート モズ ツマグロヒョウモン 表参道 正月特別開園 工事 天地明察 RAW インドネシア アレニウス・スヴァンテ オジロビタキ 被害 初詣 シジュウカラ フラックス 白鳥士郎 大森藤ノ 天災 デジタルテレコンバータ ツグミ 橙乃ままれ ElectroHarmonix フレディ・ハバード 翻訳 ログ・ホライズン 幼虫 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ コルディリネ 小箱とたん ケニヤ エディ・ヒギンス ウラナミアカシジミ シジミチョウ ドラゴンフルーツ ヒグラシ バルトーク 村井秀清 鬼灯市 JET セセリ 森山良子 OPAMP ヘッドホンアンプ 電子工作 ケース NT-500M NAGAOKA 竜ノ湖太郎 ER-4S フルシティロースト 和屋東京店 iBooks イタリアンロースト 震災 葦原大介 羽化 スズメバチ 榊一郎 レーベル 吉祥寺 AT-MONO3/LP グアテマラ パナマ 地雷 ジャコ・パストリアス マクロコンバータ MCON-P01 オリンパス ハービー・ハンコック クロマチックハーモニカ 秦基博 OSX キアゲハ 世田谷ボロ市 モンキアゲハ 通り名報道 ヒメアカタテハ 鍍金 ニイニイゼミ 3.11 高浜虚子 豆知識 アカボシゴマダラ ヒカゲチョウ アキアカネ アカスジカメムシ コムラサキ 霜除け 桜の蛾 ハンディクリーナー MERCURY ミニバケツ ペン立て ダイソン Trigger クルトガ シャープペン Dyson V6 発泡PPシート スナップショットフォーカス タフソーラー 電池切れ TIMEX Weekender CTL1025 AWG-100BR-1AJF 植物 CASIO G-SHOCK デルガード 文房具 土地 建築基準法 地上げ 不動産屋 富士山 夕陽 不具合 再起動 充電中 アサギマダラ  ヤマカガシ 12AU7 JJ 改造 ペンケース WD20EZRZ キタキチョウ イチモンジチョウ アカシジミ スジグロチャバネセセリ 茶谷産業 ラジオメーター ピアノの森 組立て 指板 塗装 親族トラブル 魚道 放鷹術 REGZA RD-BZ800 皆既月食 ラッカー 防錆 工作材 ピックアップ コントロール サドル調整 木栓 ミニカッティングソウ プロクソン PROXXON No.28151 台風18号 6V6S 野草 日原鍾乳洞 奥多摩 Focusrite 紙の博物館 ハクキンカイロ 平和ボケ 人道主義 ZIPPO ハンディウォーマー Scarlett Solo LME49720NA MUSES8920D MUSES8820D MUSES02 OP275GP NJM4580D オーディオインターフェース UL接続 5極管接続 iOS8.3 iPhone4s シチズン デクスター・ゴードン 瀬那和章 DL-103 Q&Q 腕時計 カクテル リキュール キアシドクガ 仕上げ 草市 30MB/s 亀屋樹 越谷オサム 軍畑 軍畑大橋 階段途中のビッグ・ノイズ AU-305 TOSHIBA 95MB/s SanDisk 電気ブラン 取木 蟲師 大沢グランド 寝落ち 回転数 東宝 OSX10.9 絶滅危惧種 テングチョウ M2Tech hiFace モーター 注油 上野公園 栄西 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー KENKO 電源回路 先生と僕 香日ゆら タンザニア ついんくる 花火 ペルー PIONEER レコードプレーヤ 志田用太朗 フレディ・ハーバード キタテハ J-POP 星野源 真空断熱食器 平和フレイズ 三月 似鳥鶏 世田谷 アオモンイトトンボ マンデリン オオスズメバチ 大沢 ヒオドシチョウ 青藍病治療マニュアル 稲荷山 城山 甘酒 城山茶屋 うみまち鉄道運行記 伊佐良紫築 戸部淑 KeG セグロセキレイ 自然現象 挿し木 天体 3号路 古橋秀之 鷹見一幸 ヤマガラ ゴイサギ 幼鳥 カワラヒワ スズメ タシギ グレン・グールド コーヒー バッハ ゴールドベルク変奏曲 ベルグソン 


123456789101112131415161718192021222324252627282930 09