FC2ブログ

日々の便り

 

TU-8150でGolden Blackを試す

昨年の今頃は確か熱を出していたかと思いますが、今年は正月を自重して過ごした甲斐もあり、どうやら無事に一年のスタートを切ることができたようです。とはいえ、正月は専ら寝ていたもので、その分の雑用は全部後ろ倒しになっているため、大変忙しくて仕方ないのですが。

後回しになっていたのは用事ばかりではありません。趣味関係も、色々と。その中の一つが、TU-8150のカスタマイズです。実は冬のボーナスでちょっとお高いカップリングコンデンサを購入していまして、正月はそれで遊ぼうと思っていたのですけれど、結局手を出さずに置きっぱなしになっておりまして。MUSES2のように半年放置にならないように、この三連休で装着と慣らしをやってしまうことにしました。

Golden Black 0.1uF
Golden Black 0.1uF posted by (C)circias

というわけで、上の写真がそのお高いコンデンサです。アムトランスのGolden Blackというブランドで、なんでもビンテージオイルコンの代替品になることを目的とした国産の新商品なのだとか。型番は「AMCY-104/630」です。コンデンサは上を見れば万円クラスがあるのですが、これは一本1800円くらいですので、お高いと言っても中堅どころですね。

とはいえ、これまでコンデンサといえばOrange Drop一択でしたので、私としては大冒険です。オレンジドロップは素直に音をアップグレードしてくれるのですが、果たしてこのコンデンサはどんな特性があるのでしょうか。

2020-01-13
2020-01-13 posted by (C)circias

交換するのは、写真中央のMT管ソケットの左右に写っている、緑色のフィルムコンです。C103とC203ですね。これを、オイルコンデンサに置き換えるわけですが・・・。普通のキットですと、素子のサイズが何倍にもなってしまうので、配線で苦労することになります。

しかし、TU-8150は予めここを大型コンデンサに置き換えることを想定してプリント基板が作成されているので、単純に置き換えるだけで良いのですよね。最近のELEKITのアンプはどれもこの配慮があるので、私のような改造好きはとても助かります。というわけで、サクッとフィルムコンを外して置き換えを。

2020-01-13
2020-01-13 posted by (C)circias

作業は60Wのコテと半田吸い取り器で素早く行いました。なぜ60Wかというと、ワット数の低い半田ごてで一度固まったハンダを溶かそうとすると時間がかかりすぎ、かえってプリント基板を痛めるからです。コテでグリグリやるくらいなら、強力なコテで一瞬で溶かす方が、基盤を傷めずに済むんですよね。

新しいコンデンサの半田づけも、もちろん60Wで。私はWBTの無鉛銀半田を使っていますが、60Wなら2秒弱で理想的な半田付けが可能です。コテを当てている時間は実質2秒もないと思いますね。これが30Wとかでやろうとすると、半田は溶けないし基盤につかないしイモハンダになるしで、ろくなことがありません。

さて、ものの10分程度で付け替え自体は完了し、組み上げてさっそく音出しをしてしてみた訳ですが・・・最初の印象は、「音が丸い、音が重い」でした。明らかに低音が大きくなっていて、しかもスピード感が増しています。おかげで低音楽器の表現はずいぶん格好良くなりました。ところがそのトレードオフとして、高音の輝きがなくなって、音が全体的に丸くなってしまったのです。

印象としては、ヤマハのピアノがベーゼンドルファーになったような変化、といえばわかりやすいでしょうか。確かに音は厚くなり、柔らかくなり、重くなり、艶めかしくはなったが、輝かなくなった、という。それが最も顕著に出るのが、アコースティックギターです。このアルバムの一曲目の「Aqua」が、なんかコロコロした印象に(笑

○Be.: Tones


しかし、諦めるのはまだ早い。この種の部品は大抵の場合、慣らし運転で音が変わるのです。というわけで、バッハやらグリーグやらを流しっぱなしにして、外出。24時間、稼働状態を維持してみました。で、本日改めてこのアルバムを聴いてみたのですが・・・戻ってきましたよ、高音の輝きが。

交換したての良い部分はそのままに、高音にも張りが戻ったことで、音がそっくり一段階グレードアップされたような形になりました。とはいえ、やっぱり以前と比べるとやや高音の刺激は弱くなっていると思います。例えば、古楽器のキシりやギターのアタック、ボーカルの擦音の類が大音量でも耳に刺さらなくなったので。

そのため、以前より大音量で音楽を流しても、耳が痛くなるようなことがなくなりました。もしかしたら、デフォルトの状態では高音はやや過剰に尖っていたのかもしれませんね。

一時はどうなることかと思いましたが、このコンデンサはなかなか良さそうです。果たしてお値段分の効果があるのかと言われるとちょっと微妙な気もしますが、この密度感のある音は、間違いなくデフォルトのコンデンサよりはずっと良いと思いますね。ボリュームを上げても煩くないというのは、バランスが良く歪みが少ない証拠ですし。

というわけで、アムトランスのGolden Black、このまま使い続けてみようと思います。ナチュラルな音が好きな方、柔らかめの音が好きな方には、お勧めできるのではないでしょうか。ドンシャリ好きの方には向かないと思いますが。



TU-HP03でMUSES02を試す

お正月三日目の東京は、穏やかな晴れの1日になりました。気温もそれほど低くなく、絶好のお出かけ日和ですね。私も朝からカメラを持って出かけようと思っていたのですけれど、そこへ思わぬ雑用が入りまして・・・結局昼過ぎまでかかってしまい、外出は断念することに。控えめに言って最悪ですが、凹んでいてもしかたありません。ここは気を取り直して、昨年から宿題になっていることを幾つか片付けていくことにしました。

で、宿題になっていることのひとつというのがこちら。ElekitのTU-HP03のOPAMP交換です。物は試しで交換用のOPAMPは買ってあったのですけれど、素の性能が良かったもので、改造の必要を全く感じなかったものですから、ついつい後回しになってしまっていました。

2020-01-03
2020-01-03 posted by (C)circias

デフォルトで積んでいるのは、新日本無線のNJM2114DDです。この状態でのTU-HP03の特性は、一言で言うなら「素直」ですね。まぁElekitのアンプはほとんどの場合、素直で癖がないんですが。特に欠点らしい欠点もなく、入力を素直に増幅してくれるので、そのままでも充分に音楽を楽しめます。増幅ついでに音はやや柔らかくなり、少しだけ中音域が強調されるので、いわゆる「真空管っぽさ」も感じられるでしょう。

というわけで特に不満らしい不満もないTU-HP03ですが、折角改造できるようになっているのですから、何も試さないのは勿体無い・・・というわけで、購入してすぐにMUSES02を仕入れていました。そう、TU-8150でボツになったあのMUSES02に、一個買い足したわけです。

二つ買うとちょっと高価な気がしますが、今浮いている一つに、もう一つ買い足して有効利用するのなら、そんなに無駄遣い感はありませんよね(強弁)

2020-01-03
2020-01-03 posted by (C)circias

交換作業は実に簡単。電池交換と同様に蓋を開けて、見えているOPAMPをサクっと差し替えるだけです。これ自体は時間がかからない作業なのですが、やはり聴き比べはしっかりとやりたいではありませんか。となると、どうしても時間のある時でないといけません。で、お正月になってようやく、使える時間ができた、と。思えば2019年も忙しい一年でしたねぇ。

さて、テスト環境は以下の通りです。

アンプ:ELEKIT TU-HP03
音源 :Focusrite Scarlett Solo (Direct Monitor ON)
ヘッドホン:SENNHEIZER HD580

まずは中高音の感触を聴き比べようということで、こちらのアルバムを聴いてみました。

○James Ehnes: Bartók: Works for Violin and Piano, Vol. 1


バルトークのピアノとバイオリンのためのラプソディ。いつぞにハイレゾ版を購入しまして、以来よく聴いているアルバムです。いやぁ、James Ehnesさんのバイオリンがもう絶品なのですこれが。力強くも艶やかで、同時に歯切れよく、しかも正確無比。現状、私は彼を超えるソリストを知りません。

それはともかく、聴き比べてまず感じるのは、ピアノの残響が随分と立体的になったなという事。NJM2114Dの残響も悪くはないのですが、比べてみると平坦だったのがわかります。MUSES02の残響は、より空間的と言いますか。前後左右に溶けるように拡散していく感じが聞こえるのですね。これは凄い。

バイオリンの音色はそんなに変化しませんでしたが、やや重さが加わったかな? という気もします。弱音の表現は、以前より豊かに聞こえるようになりましたね。おかげで、以前ならちょっと退屈していたバイオリンソナタ第二番(BB85)の最初の方を退屈せずに聞くことができます。ただ、ピアノの音ほどの劇的な変化ではないですね。

次に聞いてみたのがこちら、クラシック好きでなくても大抵の人が知っている、バッハの無伴奏チェロ組曲です。えぇ、某アニメのせいですね。別に悪い事ではないのですけれど、この曲をアレにからめて語られるとイラっと来るのは心が狭いでしょうか。でもバッハ信者であることを自認する私といたしましてはですね(以下自重)

○Martin Zellar: 6 Suites & Violoncello Solo Senza Basso


Zellerさんの重々しく力強い、それでいて柔らかく歌うようなチェロの音色が素晴らしいアルバムですね。恐らく、このアルバムの一曲目の音色は、みなさんがイメージするバッハの無伴奏チェロ組曲のイメージそのものなのではないでしょうか。

まず感じたのは、やはり空間の広さです。なんか広い・・・そんな第一印象。チェロの音色も以前よりこう、重心が下がっているような気がします。あと、目が詰まったといいますか。弱音の掠れるところで、音に芯がありますね。やはり弱音の表現が格段にましたのと、空間表現がより緻密になったのは間違いないようです。

なんだかこのままチェロの音色にずっと浸っていたい気分ですが・・・クラシックばかりではバランスが悪いので、次はロックに行ってみましょうか。聞いてみたのはこちらのアルバム。JETのShakaRockです。今度はCD音源をAppleロスレスで。

○JET: Shaka Rock


まず、ボーカルとバックのバランスが少し変わりました。以前はボーカルが前にあって、それ以外は後ろという感じでしたが、今はボーカルが中央にあって、他が周囲から包んでくる感じ。左右と奥行き方向に明確な広がりを感じます。これはソロではわからない変化ですね。

それと、キックドラムが鋭くなったこと、以前は一種類だと思っていたパーカスにいくつか種類があることが分かったことが挙げられます。一曲目のK.I.A.の印象の変化が凄い。こんなに情報量の多い曲だとは思っていませんでした。She's A Geniusのギターの音色はぶっとく力強くなりました。躍動感マシマシですね、これは。ちょっと疲れるくらい(^^;

最後は女性ボーカルを試してみましょう・・・といっても、ほとんど選択肢がないのですが。昔からすごく苦手なんですよね、女性歌手って。まず脳みそスッカスカな歌詞がムカつくし、コビッコビの発声にサブイボ出るし。あれって結局、男が妄想する可愛い女の子とやらを再現したものなわけで、現実との乖離があまりにもあんまりだと思いませんか。そも、それ書いてるの大抵オッサンですからね?

あれを可愛いとか思う感性は、私にはありません。むしろ、死ねばいいのに。まぁともかくです、というわけでこのアルバムを選択。

○森山良子:Living


バランスがいいですね。森山さんの声は太く生々しく、しかしバッキングとのバランスは崩れることなく。定位が良くなったのでしょうか、空間に対する楽器の配置が以前より意識されるような気がします。いつも音源比較に使っている、最後の一曲「家族写真」。その歌い出しは、熱量が増したせいで儚さがなくなってしまいましたが、バックのピアノも太くなっているので違和感はありません。むしろ、この暖かさが本来の音だったのかな、と。

サビの最初の音も、全体的に太くなったおかげで、以前のようなややヒステリックな感じがなくなりました。張り上げているのではなく、余裕を持って上がっていくような。おかげで、曲全体の重心が下がって落ち着いた感じですね。もともと心地よい曲が、より心地よくなりました。

しかし、良いですね、この曲。いわゆる昭和の幸せなご家庭のイメージ、といったところでしょうか。そこそこ広い、庭の見えるリビングで、家族が団欒しているようなイメージの歌詞。落ち着きのある森山さんの声のおかげで、人生の重みのようなものを感じます。実体験はないのに、なんでこんなに懐かしくなるんでしょう。

さて、一通り聞いてきましたが・・・どうやらMUSES02、相当に良いものであったようです。看板に偽りなしというか、値段に偽りなしというか。むしろ、TU-8150で試したときに、なぜあんなにいまひとつな印象だったのか不思議ですね。まぁ恐らくは、スピーカー等の影響や、TU-8150の真空管アンプ部の特性が、MUSES02のそれと被っていて、特性が強調されすぎた結果なのでしょうけど。

というわけで、これはそのまま採用です。いつも言っている気がしますが、こんな事ならもっと早く試せばよかったですね。



TU-8150を6V6仕様に改造する

レコードの試聴も一通りすみましたので、そろそろ最後のテストを。そう、UNIT7, 8を使用した6V6仕様への改造を試そうと思います。実のところ、さっさとこれを試したかったのですけれど、そもそもオリジナルの音をわかっていない状態で、改造した音をどうこう言う訳にはいきませんからね。

と言うわけでまずはTU-8150を分解し、UNIT2, 3を取り外します。この時活躍するのが、UNIT2, 3の蓋にもなっているUNIT4。次の写真のように、スパナの代わりに使うことができるのです。組み立ての時にもお世話になりましたが、やっぱり便利ですねぇこれ。基盤にちょっと凹みを作っておくだけの気配りが、ここまで扱いやすさに繋がるとは。これを思いついた方は偉いと思います。

UNIT4をスパナ代りに
UNIT4をスパナ代りに posted by (C)circias

そして、取り付けるのはUNIT7, UNIT8の二枚。数字の小さい方が左です。間違ったユニットを取り付けようとしても、スペーサとネジ穴が合わないようになっていますので、間違ったまま気づかないという事はまずないでしょう。こういうところも初心者に優しい設計です。

UNIT8
UNIT8 posted by (C)circias

ユニットの取り付けが終わったら、先にカバーを取り付け、そして6V6を装着します。今回使用するのは、次の写真の6V6S。製造は初段管の12AX7と同様、JJです。やはり大きな真空管は、それだけで雰囲気がありますね。

JJ製 6V6S
JJ製 6V6S posted by (C)circias

GT管を扱うのは今回が初めてですが、キー溝があるので特に向きを間違えるということもなく、トラブルなしで差し込むことができました。写真は、6V6Sを装着したTU-8150の様子。なんだか貫禄が出ましたね。見た目的にはワンランク上になりましが、果たして音の方はどうでしょうか。

6V6装着完了
6V6装着完了 posted by (C)circias

まず試すのはハイレゾ音源、いつも通りエディ・ヒギンズの「Haunted Heart」です。一曲目を再生した瞬間、「むむ?」となりました。間違いなく6005Wと音が違います。それも、良い方向への変化です。しかし、オペアンプを交換した時のような音域がどうとかいうような、バランスを変化させる類のものではないのです。なんとも抽象的かつ主観的な表現になりますが、「余裕が出たような」。

しばしばオーディオでは「ゆったりと鳴る」というひどく曖昧な表現が使われますが、この変化はまさにそれだと思います。さすがに互換性のある管というだけのことはあり、バランスそのものに変化はありませんし、低音の引き締まりやスピード感が変わったりはしません。音が太くなったわけでも大きくなったわけでもありません。なのに、音のしっかり感が増したというか。

よくよく聞いてみると、低音の成分が下方向に増して、より重心が低くなったこと。そして、ベースやチェロといった低音楽器の中音域の成分が微妙に厚くなった事により、ベースパートの存在感が増して、曲全体の圧力が増したように聞こえることがわかりました。ついでに、中音域の残響が少し厚くなったかもしれません。これが一言では言い表しづらい「余裕」となって、聴くものに安心感を与えるようです。

この変化は特にクラシックの再生に良い変化をもたらしました。ドヴォルザークはより迫力を増しながらも、そこにヒステリックな強調感を感じさせない響きになりましたし、バッハの無伴奏チェロ組曲は包容感に溢れ、聴いているとなんだか眠くなってくる心地よさです。

6005Wの音色に何か不足があるのかと言われると、そうではないのです。少なくとも、6005Wを聴いているときは、そこに「余裕のなさ」など微塵も感じていなかったわけで。しかし、6V6Sの音を知ってしまった今となると、確かにあれは一杯一杯の音だったように感じるのですよね。小さなボディで必死に頑張っているような。

オーディオの音の違いの感じ方って、大抵こうなんですよね。何か問題のある機器の場合は、即座にあれが足りないとかこれが多すぎるとか言えるのですが、より良いものへの変化は、変わってみて初めて今までの音に不足があったのだと気付くのです。ですから今回のこの変化は、きっと良い方向への変化であったのでしょう。

少なくとも今のところ、6005Wに戻したいとは全く思いませんし。特に何か必要に迫られない限り、恐らくこのまま6V6Sを使い続けることになるでしょう。それくらい、この音色には一目惚れ…いえ、ひと耳惚れしてしまいました。TU-8150をお持ちの皆さんには、是非とも6V6を試してみてほしいですね。その際には是非とも接続は3結で、オペアンプはLME49720NAをお使いになることをお勧めしたいと思います。

なお、MUSES02をお使いの場合、接続は3結よりULの方がお勧めですよ。MUSES02は歪みが少なく音が厚いので、鋭くてパワフルなUL接続の方が、その特性を活かせるように感じました。蛇足ながら。






TU-8150でレコードを聴く(4)

前回はマイナー路線で攻めてみましたので、今回は逆にメジャー路線のものを何枚か聴いてみようと思います。とは言っても趣味が偏っているので、あまりメジャーどころのレコードは持っていないのですが・・・しかし、この方はさすがに有名でしょう。最初の一枚はこちら、エリック・クラプトンの「Unplugged」です。

UNPLUGGED [12 inch Analog]
Posted with Amakuri at 2017.9.10
ERIC CLAPTON
WARNER


この一枚、冒頭の会場のざわめきをどのくらい自然に表現できるのかで、その製品の性質と性能がはっきりと分かるという、実にベンチマーク向きの作品です。果たしてTU-8150は、この冒頭のざわめきをごく自然に、かつ広々とした空間で再現してくれました。

そして一曲目のアコースティックギターの音色ですが、ここはドンシャリ気味の製品だと、ギャリギャリと耳に刺さる癖にスカスカとした芯のない音になってしまいます。しかしここも、ちゃんとアコースティックギターらしい芯のある音色で再生してくれました。当然、以降各曲のクラプトンの声は立体的で鮮明、コンサートホールの残響も心地よく、私としては100点満点を差し上げて良い音質でした。

いやしかし、拍手が心地よいですねぇ。拍手それぞれの位置関係はもちろんですが、方々で鳴り響く口笛の位置関係がしっかりと立体的に再現されるので、演奏の後の高揚感がしっかりと伝わってくるのです。これはなかなか。


次の一枚は、同じくクラプトンの「August」。シンセを多用して、リバーブもかなり強めにかかっている作品なのですが、果たしてどんな風に再生されるでしょうか。

August [12 inch Analog]
Posted with Amakuri at 2017.9.10
Eric Clapton
Reprise / Wea


一曲目のIT'S IN THE WAY THAT YOU USE ITは、ちょっと残念な感じ。クラプトンの声がコーラスと一緒に後ろに引っ込んでしまって、ストラトの音だけ前に出るような感じになってしまっています。あぁ、オケも前に出ていますね。つまりコーラスとクラプトンが後ろに引っ込んでいると。しかしこれが妙なもので、全く混濁はしていないため、ボーカルをはっきりと聞き取ることはできるのです。

二曲目のRUNはそれが少し改善されています。三曲目のTEARING US APARTはさらに良くなりましたね。ボーカルの位置が下がりすぎているのは、一曲目だけのようです。まぁどのアンプで聞いてもこのアルバムはリバーブ過剰なので、一曲目のあれは多分に音源のせいである部分もあると思います。むしろここは、それでもメインボーカルを聞き分けられることを褒めるべきなのかもしれません。80年代半ばのサウンドって大抵リバーブてんこ盛りなんですよねぇ。


次は気を取り直して、イーグルスに行ってみましょう。これも割と最近のアルバムで、タイトルは「Long Road Out of Eden」です。発売は2007年でしたか。久々に感動した一枚でした。

Long Road Out of Eden [12 inch Analog]
Posted with Amakuri at 2017.9.10
Eagles
Universal Int'l


冒頭から、とても生々しくて鮮明なギターとボーカルが魅せてくれます。うん、こういうサウンドが好みなんです、私は。まぁその好みに合わせてチューニングしたアンプですので、こういうサウンドは本当に得意のようですね。実に心地よい再生です。厳かなNO MORE WALKS IN THE WOODから、往年のスタイルそのままのHOW LONGのカラッとしたギターサウンドへの移行が実に心地よく。

イーグルスの持ち味であるハモりは、きっちりと個々の声を聞き分けられる状態で、全て前へ。オケとの前後の位置関係もちょうどよく、前後左右の空間の広さも良好です。このアルバムも、100点をあげて良い再生でした。改めて、好きですねぇ、イーグルス。

というわけで、90年代、80年代半ば、録音年はわからないけど最近発売の2000年代のアルバムと、三種類を聞いてみました。まぁそういう風にチューニングしたせいもあるのですけれど、このアンプはシンセとリバーブてんこ盛りの80年代中盤に流行ったスタイルにはあまり向いていないようです。逆に、70年代スタイルと、録音技術が向上した90年代以降の作品は得意であるようですね。もっとも、その割には80年代のフュージョンは得意なのですけれど。



TU-8150でレコードを聴く(3)

昨日は、不覚にも半田ごてで指を焼いてしまいまして・・・しかも、よりによって60Wでやらかしたので、またしても半ば徹夜で指を冷やす羽目になってしまいました。弟には「火傷好きだねぇ」なんて笑われてしまいましたが、いえいえ、断じて好きでやっている訳ではなくてですね。疲れて朦朧としていたので、ちょっと手元が狂っただけなのですよ。

そんな訳で一晩空いてしまいましたが、TU-8150の試聴の続きを。今度は主にフュージョンとロックで攻めてみようと思います。今晩のトップバッターはこの一枚、若かりし頃のLarry Carltonのアルバム、「singing/playing」です。私が物心つく前のアルバムで、古いには古いけれど古典というほどでもないという微妙な年代の作品ですから、今となってはこれをご存知の方はかなり少ないでしょう。でも、素敵なアルバムなんですよ。

Playing/Singing
Posted with Amakuri at 2017.9.8
Larry Carlton
Edsel Records UK


なお、上の画像では「Playing/singing」になっていますが、私の手持ちのレコードだとこれが逆なのですよね。版によってロゴが違うのでしょうか。ジャケットアートはこれで間違い無いのですが。

一曲目、Easy Evilでは最初のうち、ギターが入らないので、ベースが一番前に出ています。これがこのアルバムの位置関係なのかなと思いきや、ギターはさらに前に飛び出してきました。それがもうまさに「飛び出す」と表現したくなる生々しさでグイグイ前に出るもので、思わず仰け反ってしまいそうになります。どの曲でも楽器の定位は良好で、空間が広いですね。まるで目の前で演奏しているかのような音質でした。

音量も十分すぎるほどで、音圧もパワフルです。およそ、1.6Wの低出力アンプとは思えない音ですね。低音も実によく出ていて、重さが足りないということもありません。高音から低音に到るまで、躍動感に溢れた再生だったと思います。ちなみにこのアルバム、1980年のものなのだそうですが、とてもそんなに昔の音とは思えませんね。


次の一枚も、ちょっとマニアックなものを。1981年のアルバムで、アーティストはジャコ・パストリアス。アルバムタイトルは「Word of Mouth」です。はい、知らない人の方が多いでしょうね。私もベーシストの先輩に教えて貰わなければ、知る事はなかったであろう一枚です。

Word of Mouth [12 inch Analog]
Posted with Amakuri at 2017.9.8
Jaco Pastorius
Imports


一曲目、CRISISの狂気を感じさせる高速のベースですが、TU-8150はこれを難なく再生してくれました。特にダレることもなく、量感も充分。音が崩れず再生されるので、高速の低音フレーズがダマになってうるさいという事もありません。ただ、全体的に前に飛び出す感の大きかったsinging/playingと比べると、手前への飛び出しは大人しめ。その分奥に空間が広がっていて、空間表現は割と普通です。

二曲目の3 Views of a Secretは、コーラスの雰囲気に年代を感じます。全体的な立体感は一曲目と変わりありませんが、主旋律のハーモニカが生々しく感じました。定位がしっかりとしているので、音に実体感があります。音がしっかりと整理されるからでしょう、TU-877で聴いた時よりもはるかに聴きやすく、楽曲の魅力を感じました。実のところ、このアルバムは普段あまり聴いていなかったのですが、この音ならばもっと積極的に聴きたくなりますね。

ときに、音とは関係のない話ではありますが、このアルバムのジャケットアート、綺麗ですよね。思わず飾っておきたくなります。LPもCDと同様、アーティストの写真が載っているだけのジャケットの方が多いのですが、できればジャケットはこんな風にアートで飾ってほしいなと思うのです。最近、iTunesにもちゃんとアルバムアートワークを取り込むようになって気づいたのですが、やっぱりアートがあった方が聴きたくなるし、楽しいのですよね。


さて、ここまでマニアック路線で来ましたので、締めも大変マニアックな一枚で行きましょう。今度は邦楽、ジャパロックです。もっとも、知っている人は知っている名盤なので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが。1971年の作品で、アーティストは「はっぴいえんど」。アルバムタイトルは「風街ろまん」です。

風街ろまん 完全限定生産 [Analog]
Posted with Amakuri at 2017.9.9
はっぴいえんど
ポニーキャニオン


一曲目の「抱きしめたい」でまず感じるのは、ベースがちょっと効きすぎだという事。TU-877では良い感じに聞こえていたのですが、これはちょっと低音が出過ぎのような。ブーミーという感じではないのですけれど、ベースラインが前に出るのに対してボーカルがやや引っ込み気味なので、相対的にベースが目立ちすぎている感じですね。

しかし三曲目の「風街ろまん」はといいますと、低音のバランスが良くなって、むしろ聴きやすくなっています。ボーカルも程よく前に出てくれるので、なかなか良い感じですね。何より、ギターの音色が素敵です。もともと古さを感じさせないアルバムではありましたが、このクリアなギターの音色のおかげで、さらに古さを感じさせなくなりました。

この曲から「暗闇坂むささび変化」「はいからはくち」と大好きな曲が続くのですが、どうやらこの三曲とTU-8150の相性は良好のようです。特に、「はいからはくち」のイントロのギターがもう生々しくてたまりません。これは、すごくいいですね。弾むベースラインもよく引き締まっていますし、この一曲は特に魅力が引き出されているように感じました。いいです、すごくいいです。思わずリピートで聴きたくなります。LPなので無理ですが。


というわけで、1971年から1981年までのやや古目のロックとフュージョンを聴いてみました。どのアルバムも再生は良好でしたが、若干低音が出すぎる傾向があるようにも感じます。この辺は本当に音源次第ですね、おそらくこの年代の録音は低音をやや強めにしているものが多いのでしょう。で、アンプ自体も結構低音を豊かに再生するので、相乗効果でたまにすごいことになるのではないかと思います。

とはいえ、それで音が割れるとかバランスがダメになるというわけではないので、特に問題視する必要はないと思います。それより何より、「はいからはくち」の生々しさがとにかく素晴らしかったのが一番印象的でした。とりあえず、片付ける前にもう一回聞いておこうと思います(笑



プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 野川 17mm 小説 シティロースト TU-8150 アートブレイキー MU-61 紅葉 青梅 次大夫堀公園 修理 接写リング AriaPro ブレンド 小仏城山 開花情報 御岳渓谷 PB-400 CD 写真 神代植物公園 御岳山 実写テスト 東京 300mm トンボ ライトノベル 景信山 古民家 JAZZ/FUSION ロック 開花状況 神代植物園 クラシック カートリッジ 多摩川 マイケル・サンデル TU-877 センテッドゼラニウム 森見登美彦 哲学 シモバシラ 故障 バラフェスタ e-onkyo コロンビア  ラリー・カールトン 深大寺 骨董市 鳩ノ巣渓谷 ハイレゾ音源 6号路 3結 岡本公園民家園 TU-H82 東宝撮影所 野川公園 OPA2134PA  奥高尾 上野 JPOP エリック・クラプトン 小仏峠 もみじ台 東日本大震災 江戸東京たてもの園 ハイロースト  調布 つくる市 ニューイヤーコンサート 仙川 水生植物園 ハクセキレイ リー・モーガン 布多天神社 レコード洗浄 ニカラグア ミツバチ 砧公園 フレンチロースト HDD 2015 これからの正義の話をしよう 東照宮 大蔵住宅 東京国立博物館 90MB/s SHURE メッキ ツマグロヒョウモン SDカード 速度比較 Class10 M97xE UHS-I アオジ KT88 細田屋 武蔵野公園 カワウ 整備工事 縦走路 オジロトウネン GoldLion 一丁平 ピックガード カワセミ モズ アニメ 磨き iPhone ペグ 調布飛行場 バド・パウエル 蘆花恒春園 クイナ Transcend コゲラ ストームグラス テンポドロップ TempoDrop 根津美術館 表参道 2017 正月特別開園 Eagles FF15XmkII 植物多様性センター オーディオテクニカ 白丸ダム 工事 Apple 天地明察 発芽実験 冲方丁 BUMP LM4562NA 水耕栽培 アボカド MUSES02 ダイミョウセセリ 回転数不良 井の頭自然文化園 布多天神 国産 A'pis 彼岸花 NF-15X/2 アゲハ 分解 かき氷 スミナガシ FUSION DENON 大雪 クロヒカゲ ウェザーリポート 浜離宮 ツクツクボウシ ジフィーポット ミンミンゼミ コミスジ ボリューム アブラゼミ 中仕切り 低速病 WD10EADS ジョウビタキ イチモンジセセリ ZO-3 大森藤ノ 白鳥士郎 被害 デジタルテレコンバータ オジロビタキ シジュウカラ RAW 3.11 絶滅危惧種 ベルグソン テングチョウ ツグミ 天災 翻訳 フレディ・ハバード M2Tech アレニウス・スヴァンテ 橙乃ままれ インドネシア ログ・ホライズン hiFace アキアカネ 書簡集 レコードスタビライザ ウラナミアカシジミ 鈴木三重吉 コルディリネ エディ・ヒギンス 小箱とたん シジミチョウ 鬼灯市 ヒグラシ 羽化 ドラゴンフルーツ バルトーク JET 村井秀清 ケニヤ セセリ OPAMP ヘッドホンアンプ 竜ノ湖太郎 電子工作 ケース NT-500M NAGAOKA ER-4S 震災 和屋東京店 森山良子 フルシティロースト iBooks 葦原大介 イタリアンロースト スズメバチ 鍍金 地雷 ジャコ・パストリアス クロマチックハーモニカ レーベル 榊一郎 AT-MONO3/LP 吉祥寺 秦基博 ハービー・ハンコック 初詣 フラックス 霜除け MCON-P01 オリンパス マクロコンバータ パナマ グアテマラ モンキアゲハ 幼虫 高浜虚子 世田谷ボロ市 通り名報道 ニイニイゼミ ヒメアカタテハ アカスジカメムシ コムラサキ キアゲハ OSX アカボシゴマダラ 豆知識 OSX10.9 ヒカゲチョウ ElectroHarmonix 草市 Weekender TIMEX 茶谷産業 ラジオメーター 平和ボケ 電池切れ タフソーラー CASIO G-SHOCK AWG-100BR-1AJF CTL1025 人道主義 ZIPPO Focusrite Scarlett Solo オーディオインターフェース 奥多摩 日原鍾乳洞 ハンディウォーマー ハクキンカイロ 紙の博物館 野草 植物 スナップショットフォーカス JJ 改造 ペンケース 文房具 12AU7 WD20EZRZ イチモンジチョウ アカシジミ スジグロチャバネセセリ キタキチョウ デルガード クルトガ MERCURY ミニバケツ ペン立て 発泡PPシート ハンディクリーナー ダイソン シャープペン Dyson V6 Trigger UL接続 5極管接続 Spirit Steinberger GT-PRO イケベ楽器 リボレ秋葉原店 ST-550 仕上げ 工作材 ピックアップ コントロール サドル調整 NHK 芥川龍之介 コンデンサ 小池 都知事 コロナ C203 C103 上海 TU-HP03 AMCY-104/630 GoldenBlack 木栓 ミニカッティングソウ 台風18号 放鷹術 REGZA RD-BZ800 6V6S MUSES8820D NJM4580D OP275GP LME49720NA MUSES8920D 皆既月食 魚道 防錆 プロクソン PROXXON No.28151 ラッカー 塗装 親族トラブル ピアノの森 組立て 指板 ヤマカガシ  SanDisk 95MB/s AU-305 階段途中のビッグ・ノイズ 亀屋樹 TOSHIBA 30MB/s デクスター・ゴードン 瀬那和章 DL-103 アベノマスク 越谷オサム 軍畑 古橋秀之 自然現象 セグロセキレイ うみまち鉄道運行記 3号路 天体 軍畑大橋 ついんくる 花火 挿し木 シチズン Q&Q 先生と僕 香日ゆら タンザニア 電源回路 注油 モーター 蟲師 大沢グランド 寝落ち 回転数 KENKO 上野公園 リキュール キアシドクガ 桜の蛾 腕時計 カクテル 電気ブラン 栄西 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー 取木 伊佐良紫築 戸部淑 世田谷 大沢 アオモンイトトンボ マンデリン オオスズメバチ ヒオドシチョウ 城山 三月 似鳥鶏 青藍病治療マニュアル 稲荷山 iPhone4s iOS8.3 土地 建築基準法 地上げ 不動産屋 富士山 夕陽 不具合 再起動 充電中 アサギマダラ 志田用太朗 レコードプレーヤ グレン・グールド タシギ ゴイサギ 幼鳥 ゴールドベルク変奏曲 バッハ KeG 鷹見一幸 ヤマガラ コーヒー カワラヒワ スズメ キタテハ フレディ・ハーバード ペルー PIONEER 平和フレイズ 真空断熱食器 城山茶屋 甘酒 J-POP 星野源 東宝 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07