FC2ブログ

日々の便り

 

ダイナミックスタビライザ

昨日に引き続き、今日も新しいカートリッジのテストをしています。というのも、昨日はこのカートリッジの重要な機能をひとつ使用していなかったことに気がつきまして。それというのが下の写真に写っている、カートリッジ先端の青いバンパーの部分。ダイナミックスタビライザーという、SHURE独特の機構なのだそうです。

SHURE M97xE
SHURE M97xE posted by (C)circias

これはどのようなものかといいますと、簡単に言えば、カートリッジとレコードの間に入る、物理的なつっかい棒のようなもの。バンパーから生えているブラシと粘性ダンパーでカートリッジを物理的に支える事で、レコードとカートリッジの距離を一定に保つという、なんとも豪快な・・・。

レコードに接触する黒いブラシ状のパーツは導電性繊維で、つっかい棒になると同時に静電気をアースに逃がしてくれるという優れもの。冬場のレコード再生では特に重宝しそうですね。昨日はこのパーツを目一杯上に引き上げ、機能しない状態にしてレコードを再生していたのです。

いわゆる「ハイコンプライアンス」なアーム、つまり軽量で慣性の少ないアームならばダンパーは不要。従って、昨日の使用方法で正しいのだそうです。しかし、「ローコンプライアンス」な、つまり重いアームの場合、このパーツは下ろして使うのが正解なのだとか。

我が家のアームはかなり旧式でウェイトも重いものがついており、カートリッジが軽いとバランスをとれないという代物です。そもそも、ヘッドが軽いなんていう条件は想定されていない時代のものなのでしょうね。M97xEはハイコンプライアンス前提のカートリッジなので、この場合はスタビライザが必要であるらしいのです。

スタビライザを使用する場合のもうひとつの利点は、針圧をより多くとれること。M97xEの針圧はスタビライザ無しだと1.25gで、どう見ても少々軽過ぎます。そこでスタビライザをつけると1.75gまで増やせるので、まぁFF15XmkIIくらいの圧にはできるわけですね。ちなみに、ナガオカのNT-500Mの場合は3gかけます。

というわけで、針圧を1.75gに設定してスタビライザを使用してみたのですが・・・案外、良い感じですね。ナロー過ぎた空間表現が、気にならない程度にまで広がったように感じます。それに、中高域の音量が増して、音が太くなりました。ということは、スタビライザ無しの針圧1.25gだと、カートリッジがアームの慣性に負けていたのでしょうね。

全体的に端正な音の傾向は変わらないので、やはりJazzに最適とはいい難いのですけど、しかし、明らかに向かないという事はなくなりました。

そこで試しにクラシックを再生してみたところ、こちらは非常に良い感じです。NT-500MやFF15XmkIIではビビリが出るような大音量のアタックが入るレコードでも、全く問題なく奇麗に再生してくれるのには驚きました。いつぞのグリーグのピアノ協奏曲は、このカートリッジが一番奇麗に再生しますね。ピアノが激しく叩き付けるところで、音が全く割れません。

恐らく、NT-500MやFF15XmkIIはダイナミックレンジが狭く、コンプレッサをかけるように小音量部分を底上げして再生しているのでしょうね。そのため小音量の再生では、むしろそれらの方が心地良い再生になるのではないかと。

これに対してM97xEはダイナミックレンジが広いため、ある程度音量を上げてやらないと、小さい音が聞こえなかったりします。その代わり、非常な大音量や極めて急激な音量変化にも破綻なく追従し、音色を壊さずにきれいに再生してくれるのでしょう。まさに一長一短という感じですね。用途によって使い分けるのがよさそうです。

全く駄目だと思っていたM97xEですが、例によって駄目なのは装置ではなくて私の方でした。マニュアルはちゃんと読んだのですけど、表現が分かりにくいのですよ。
トーンアーム重量の不適合などによる困難な再生条件においても

なんて言われたって、私みたいな素人はピンと来ませんってば。あれこれ調べてみて、ようやくその意味が分かりました。やはり、アナログの世界は奥が深いですね。


SHURE M97xEを試す。

ものの善し悪しは比べてみないと分からないものですが、比べようにも基準がないと困るものですよね。そういう意味で、定番とかスタンダードと言われるような機器は役に立ちます。というわけで、とりあえず持っておきたいと思っているカートリッジが幾つかあるのですけど、今日はその中のひとつが届きました。

2013-10-31
2013-10-31 posted by (C)circias
○SHURE M97xE
定格出力電圧:4mV
周波数応答:20Hz〜22kHz

MM方式と言えばSHURE。そのリスニング用カートリッジの最上位機種です。店によっては結構お値段の張るカートリッジですが、サウンドハウスさんなどでは8000円前後で手に入ります。今回、もう少し安いお店があったので、先行投資のつもりで購入してしまいました。

シェルはオーディオテクニカを使う予定だったのですが、オーテクさんのシェルとは寸法が合わず、あえなく断念。オルトフォンの安いシェルを使用しています。今晩はこのカートリッジを、いつものNT-500Mと比較してみましょう。


2013-02-12
2013-02-12 posted by (C)circias
○NAGAOKA NT-500M
定格出力電圧:3mV
周波数応答:20Hz〜20kHz

M97xEの音の傾向は、ハイファイであっさり目。全体的に音のきめが細かい感じがします。ただその反面、どのレコードでも表現が抑制的になり、特にジャズではあまり「楽しさ」がありません。あまり熱量が伝わって来ない音です。

音のバランスは、NT-500Mよりやや低域が強いでしょうか、引き締まったスピード感のある低音を聴かせてくれます。また、中域の音の減衰が早いため、全体的にすっきり整理されたあっさり目の印象に。ユニゾンやコーラスでは、個々の音を聞き分け易いように感じました。

高音はあまり強くありませんが、細かい音をよく拾います。そのため、管楽器のアタックやベースのアタックに含まれる、しわがれたようなあの独特の音が生々しいのが印象的。そのくせ管楽器が音を引っ張るシーンで、音の中盤以降に来るいわゆるコブシの部分の熱量を再現できず、サラっと流してしまいます。

ピアノの音色が滑らかで前に出る一方、管楽器や弦楽器は控えめに。空間の表現もあまり得意では無いようで、少し狭いように感じました。

同じレコードをNAGAOKA NT-500Mで聴いてみると、まずその音量の大きいのに驚かされます。スペック表ではM97xEの方が電圧が出ることになっているのですが、明らかにNT-500Mの方が大音量に感じますね。あるいは、コンプがかかったような音なのかも知れません。

音量だけでなく、管楽器のぐっと力を込める感じや強弱の表情は、NT-500Mのほうが明らかにくっきりと描写してきます。そしてなにより、チャンネルセパレーションではかなり劣る筈のNT-500Mの方が、広々とした音場を再現します。特にライブ盤ではこの傾向が顕著で、臨場感の違いは圧倒的でした。

お値段の比較をすると、NT-500Mが正規品で3500円くらいなのに対して、M97xEは11000円から17000円くらい。三倍から五倍程度の差があるカートリッジなのですけど、どちらが聴いて心地良いかという基準であれば、明らかに軍配はNT-500Mのほうに上がります。しばしば費用対効果の高いカートリッジと言われているのが裏付けられた格好ですね。

まぁこういう結論になったのは、システムの相性も大きいのでしょう。なにしろ修理品ばかりのジャンクの組み合わせで構築されたシステムですから、高級オーディオを揃えておいでの皆さんの参考にはならないかも知れません。念のためにシステムを書いておくと、こんな有様です。

プレーヤ:PIONEER MU-61 修理品(部品自作)
アーム :機種不明、中古。
アンプ :ELEKIT TU-877 修理品(部品交換、回路定数変更)
プリ  :MARANTZ PM6100SA(フォノイコとして利用)
スピーカ:B&W DM601 S3 中古

見事なまでにいい加減というかガレージ感溢れるというか。いっそのこと、そのうちフォノイコも自作してやろうかなどと考えていたりします。

恐らくHiFiにはほど遠い音なのでしょうけれど、結局オーディオなんて聴いて心地良ければそれで良い訳で。そういう意味で、NT-500Mは名機のような気がしますね。M97xEを評価するつもりで、図らずもNT-500Mを見直す結果になってしまいました。

投資が無駄になった感は否めませんが、まぁ、実際に比べてみない事には分からないことですからね、いわば授業料ということで。それに、M97xEにも優れたところはありますので、色々とセッティングを練れば、案外使いどころはあるかも知れません。そういう遊び方ができるのも、レコードの面白さですね。

プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ 堀口珈琲 JAZZ ELEKIT 小説 野川 17mm シティロースト アートブレイキー TU-8150 紅葉 MU-61 青梅 修理 次大夫堀公園 御岳渓谷 小仏城山 接写リング AriaPro ブレンド 開花情報 PB-400 写真 CD 御岳山 神代植物公園 300mm 東京 実写テスト トンボ 景信山 古民家 ライトノベル カートリッジ JAZZ/FUSION 神代植物園 クラシック 開花状況 ロック 森見登美彦 シモバシラ マイケル・サンデル TU-877 哲学 多摩川 センテッドゼラニウム e-onkyo バラフェスタ 鳩ノ巣渓谷 ハイレゾ音源 コロンビア  骨董市 ラリー・カールトン 3結 深大寺 故障 6号路 JPOP TU-H82 江戸東京たてもの園 岡本公園民家園 エリック・クラプトン もみじ台 奥高尾 OPA2134PA 東宝撮影所  野川公園 小仏峠 東日本大震災 上野  リー・モーガン 水生植物園 ミツバチ 東京国立博物館 HDD ハクセキレイ 調布 布多天神社 ニカラグア ハイロースト レコード洗浄 砧公園 仙川 ニューイヤーコンサート 2015 つくる市 フレンチロースト 東照宮 大蔵住宅 これからの正義の話をしよう メッキ ウェザーリポート ツマグロヒョウモン M97xE DENON クイナ SHURE モズ UHS-I 蘆花恒春園 FUSION iPhone 90MB/s バド・パウエル Transcend GoldLion アオジ カワセミ オジロトウネン 一丁平 縦走路 ペグ 磨き カワウ 速度比較 Class10 KT88 整備工事 ピックガード 細田屋 SDカード スミナガシ 正月特別開園 天地明察 2017 テンポドロップ TempoDrop ストームグラス 調布飛行場 ダイミョウセセリ オーディオテクニカ 回転数不良 ジョウビタキ 白丸ダム 表参道 根津美術館 冲方丁 工事 植物多様性センター アニメ FF15XmkII LM4562NA A'pis NF-15X/2 Apple 発芽実験 武蔵野公園 BUMP 井の頭自然文化園 アボカド 水耕栽培 Eagles コゲラ かき氷 クロヒカゲ 大雪 中仕切り アブラゼミ イチモンジセセリ ボリューム 浜離宮 ジフィーポット 彼岸花 アゲハ 分解 布多天神 ツクツクボウシ ZO-3 WD10EADS 低速病 コミスジ ミンミンゼミ 国産 ベルグソン アレニウス・スヴァンテ ツグミ RAW ログ・ホライズン フレディ・ハバード 橙乃ままれ インドネシア 翻訳 大森藤ノ シジュウカラ オジロビタキ 3.11 被害 フラックス 白鳥士郎 初詣 天災 デジタルテレコンバータ ElectroHarmonix 高浜虚子 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ コルディリネ 小箱とたん ケニヤ エディ・ヒギンス ウラナミアカシジミ シジミチョウ ドラゴンフルーツ ヒグラシ バルトーク 村井秀清 鬼灯市 JET セセリ 森山良子 OPAMP ヘッドホンアンプ 電子工作 ケース NT-500M NAGAOKA 竜ノ湖太郎 ER-4S フルシティロースト 和屋東京店 iBooks イタリアンロースト 震災 葦原大介 羽化 スズメバチ 榊一郎 レーベル 吉祥寺 AT-MONO3/LP グアテマラ パナマ 地雷 ジャコ・パストリアス マクロコンバータ MCON-P01 オリンパス ハービー・ハンコック クロマチックハーモニカ 秦基博 OSX キアゲハ 世田谷ボロ市 モンキアゲハ 通り名報道 ヒメアカタテハ 鍍金 ニイニイゼミ 幼虫 絶滅危惧種 豆知識 アカボシゴマダラ ヒカゲチョウ アキアカネ アカスジカメムシ コムラサキ 霜除け シチズン 発泡PPシート スナップショットフォーカス 植物 CASIO ペン立て ミニバケツ Trigger ダイソン ハンディクリーナー MERCURY G-SHOCK AWG-100BR-1AJF ラジオメーター 平和ボケ 人道主義 ZIPPO 茶谷産業 Weekender CTL1025 タフソーラー 電池切れ TIMEX V6 Dyson  ヤマカガシ イチモンジチョウ アカシジミ 不動産屋 地上げ 夕陽 富士山 土地 建築基準法 スジグロチャバネセセリ キタキチョウ 文房具 デルガード クルトガ シャープペン ペンケース 改造 WD20EZRZ 12AU7 JJ ハンディウォーマー ハクキンカイロ 防錆 プロクソン PROXXON No.28151 ラッカー 塗装 親族トラブル ピアノの森 組立て 指板 ミニカッティングソウ 木栓 Steinberger Spirit GT-PRO イケベ楽器 ST-550 仕上げ 工作材 ピックアップ コントロール サドル調整 魚道 皆既月食 Solo オーディオインターフェース UL接続 5極管接続 Scarlett Focusrite 紙の博物館 野草 日原鍾乳洞 奥多摩 NJM4580D OP275GP 台風18号 放鷹術 REGZA RD-BZ800 6V6S MUSES02 LME49720NA MUSES8920D MUSES8820D アサギマダラ 充電中 瀬那和章 DL-103 草市 30MB/s デクスター・ゴードン リボレ秋葉原店 キアシドクガ 桜の蛾 腕時計 Q&Q TOSHIBA 95MB/s 軍畑大橋 ついんくる 花火 挿し木 軍畑 越谷オサム SanDisk AU-305 階段途中のビッグ・ノイズ 亀屋樹 リキュール カクテル 寝落ち 回転数 モーター 注油 大沢グランド 蟲師 M2Tech hiFace OSX10.9 東宝 先生と僕 香日ゆら 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー 取木 電気ブラン 栄西 上野公園 タンザニア 電源回路 KENKO 天体 3号路 志田用太朗 三月 似鳥鶏 青藍病治療マニュアル レコードプレーヤ PIONEER 平和フレイズ キタテハ フレディ・ハーバード ペルー 稲荷山 城山 iPhone4s iOS8.3 不具合 再起動 オオスズメバチ マンデリン ヒオドシチョウ 大沢 世田谷 アオモンイトトンボ 真空断熱食器 星野源 KeG 鷹見一幸 ヤマガラ コーヒー 戸部淑 伊佐良紫築 古橋秀之 自然現象 セグロセキレイ うみまち鉄道運行記 バッハ ゴールドベルク変奏曲 スズメ 城山茶屋 甘酒 J-POP カワラヒワ 幼鳥 グレン・グールド タシギ ゴイサギ テングチョウ 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10