FC2ブログ

日々の便り

 

7年目の3.11

記憶は薄れるものだと言いますが、なるほど実際薄くなった記憶を自覚して見ると、その言葉の意味を実感させられるものです。7年前の3月11日、東日本大震災。あれは間違いなく私の人生の中でもトップ3には入るであろう大事件だったはずなのですが、今年はこの日がやってきたことを自覚したのは、夕方になってからでした。

記憶を薄れさせる大きな要因となって居るのは、やはり日々の忙しさです。まず明け方から出勤し、帰れば家事をこなし、へとへとになって眠るという毎日。そこへ数々のアクシデントやイベントが追加されるわけですから、その日をこなすことに必死になってしまっても無理はないでしょう。

実際、昨日だって予定外の負荷がありましたし、それに今週は会社の方でも来客やら出張やら、本来開発者であるはずの私の職分を超えたイベントが目白押しで、さらにはプライベートでの厄介ごとは日程を変更されるわ、もうなんというか、全部投げ出して逃げたい気分になって居るところだったのです。

これだけ多忙で不毛な毎日をなんとか「こなして」居る状態で、どうして過去のことなんてくよくよと考えていられるでしょうか。はっきり言いますが、何年も前の事をあぁだこうだとこねくり回して、想いがどうとか悲しみがどうとか、グダグダ実のない御託を並べて居るTV番組など、番宣だって胸焼けがするというものです。

そういえば今年に入ってから、まともにTVを見たことが何回あったでしょう。多分、片手で収まるのではないかと。なんでしょうね、この余裕のなさ。それは記憶だって薄まりもしましょう。なぜって、それを覚えていたところでいま目の前にある困難を片付けるのには、全然全くこれっぽっちも役に立たないのですから。つくづく、くよくよできるのは暇人の特権だと思いますね。

とはいえ。だからと言って忘れてはならないこともあります。それは、災害に備えるといういこと。今年に入ってから、備蓄用の水を更新しました。そろそろ乾パンの方も入れ替えないといけませんね。入れ替えるのはいいとして、古い乾パンをどう処分したものやら。まぁ普通に美味しいので、お茶菓子として消費すれば、3ヶ月くらいでなくなるでしょうか。

サバイバルシートなるアルミシートは、リュックと会社用のカバンの両方に常備。非常食は袋入りのキャラメルを。これは、カロリーメイトだとすぐ砕けて無駄になってしまうためです。強力なLEDライトもカバンに常備していますし、携帯の予備バッテリーも定期的に再充電して居るので、いつでも使える状態。この辺りは抜かりなく。

あとは避難経路の再確認と、何かあった時の心構えくらいはして置いたほうが良いでしょうか。そう、大事なのは慌てないこと、急がないこと。あの日見た足を痛めた帰宅困難者たちのゾンビウォークは、もう映像として思い出すことはできないほどに風化した記憶になってしまいましたけれど、自らも足を痛めた経験とその反省は、まだちゃんと記憶に残っています。

それにしても、もう7年ですか。本当に、早いものですね。そういえばあの頃はまだ祖母が生きていて、ちょうど介護で色々と大変な時期でしたっけ。そう考えると、今の方が自由も多いし負担も少なくなって居る筈なのですけれど・・・おかしいですね、何故私には全然自由がないのか。相変らず「自由時間」はあっても「休日」はない毎日なのですが。

それはともかく。発生が予測されていながら未だ発生しない大地震がいくつもストックされて居ることですし、今後も油断なく備えていくしかないのでしょう。気象庁も匙を投げたように、地震の予知が困難である以上、常に万全の備えなど机上の空論、できもしない理想論であるわけで。ならば、最悪の結果だけは免れられるように、少しずつできる範囲で備えておくしかないのでしょうね。


さて、今年を締めくくろう。

何だか今年もあっという間でしたね、気がつけば今年も残すところあと数十分となりました。確か年始には、今年こそは惰性で生きないようになんてことを言っていたはずでしたが、気がつけば結局、半ば以上惰性で過ごしてしまったような気がします。何しろ次から次へと面倒ごとを持ち込まれるわけで、それに対処するだけで手一杯なのですよ。正直なところ、「自分の人生」を生きている気がしません。

今年一番感じたのは、特にその事でしたね。恵まれた環境で好き勝手やって生きている連中が、なぜ不自由している人間をこうも振り回し、挙句の果てにどうしてそんな連中からしたり顔で生き方を講釈なんぞされねばならないのか。「邪魔はしないから、勝手に幸せに生きてくれ。私に関わるな、面倒ごとを増やすな。」そんな事を、何度も何度も思った一年でした。

それでも夏頃までは結構計画的にやっていた気がするのですけれど、夏の天候不順で計画が色々と破綻し、ついでに体調も崩した事で、その後がグダグダになってしまいました。まさか夏休みから10月まで、きちんと晴れた週末が一度もないだなんて、一体誰が予想できましょうか。その余波でゼラニウムの植え替えはできなかったし、何やら野菜はバカ高いしで、もう散々です。

天候不順のせいで、蝶の写真がほとんど撮れなかったのは特に痛かったですね。あとは、登山もできなかったのですっかり体がなまってしまいました。この二つは私にとって重要なストレス解消法だったのですが、お陰でイライラも溜まりまくりで、一時はストレス性の腹痛、恐らく以前見つかった十二指腸潰瘍の再発だろうと思いますが・・・に悩まされたものです。

とはいえ何とか体調も持ち直し、11月頃からは再び色々とチャレンジする毎日が戻ってきました。春頃までやっていたクロマチックハーモニカの練習を再開し、ついでにオカリナの練習も始めました。毎日合わせて30分くらいしか練習できませんが、やはり新しいことに挑戦していると、気分が前向きになるので好きです。

そうそう、それからこの年末に、ついついまた新しい楽器を買ってしまいまして・・・もう弾けるようになったのですが、これについては年明けにちょっとご紹介しようかと。やはり楽器は良いですねぇ、特に室内で演奏しても近所迷惑にならない程度の音量の楽器はありがたいものです。

最近は和楽器にとても惹かれておりまして、特に三味線に興味津々。沖縄三味線も魅力的ですよねぇ、価格もそれほどではありませんし、置く場所さえ確保できれば買いたいものです。あとは、ハンドパンも楽しそうですよね。音も好きなので、これもいずれは挑戦してみたいのですが・・・まぁ、新しい楽器を買ったばかりですし、浮気はほどほどに。でも、次のボーナスでまた新しい楽器に手を出してしまうかも知れません。

というわけで、ひどい中だるみはあったものの、最終的には結構有意義に過ごすことができた一年だったのではないかな、と。不自由なのは相変わらずですけれど、環境は自分の力ではどうすることもできませんからね。そういうものだと割り切った上で、残されたわずかばかりの自由を、いかに楽しむかに注力するべきでしょう。

状況が好転する理由などないわけで、来年も恐らくこのままの状況が続くか、あるいはもっと酷くなるかのどちらかなのでしょうけれど。それについては諦めと、その上での覚悟を決めて、それでもただ流されるだけではない毎日を送りたいと思っています。

それでは皆さん、良いお年を。

そして6年目

震災から6年目、今年もこの日がやってきました。そろそろ忘れる頃かと思っていたのですが、案外そうでもないものですね。NHKは相変わらず震災特集が多いですし、鉄道会社も震災の時間にあわせて列車の緊急停止訓練を行ったりと、震災関連の話題やイベントはそこかしこで。今日はいつも通り高尾山から縦走していたのですが、その途中でも老人とお孫さんが、「そろそろ時間だね」なんて話をしているのを目にしたりもしました。

私自身はどうかといいますと、実は先日地図とGoogleのストリートビューをあわせて、あの日の晩の移動経路を分析してみたりしていました。自分としてはあの時の出来事をしっかり覚えていたつもりなのですけれど、確認してみるとこれが案外そうでもなかったという事実に、少々驚かされたものです。

まず、出来事の順番が出鱈目になっています。案外、時系列での記憶って疑わしいものですね。景色はしっかりと記憶していますので、ストリートビューでその場所を確認すると、覚えている順番と実際の景色の順序が一致しないのです。記憶の順番だと、私はあのコースを何往復もしたことに。恐らく、時系列ではなく印象の順番に置き換えられてしまったのでしょう。

そしてもう一つ。どこの景色だか分からない記憶が、幾つかあるのです。景色が変わった可能性もないわけではないですが、どちらかというと、どこかで想定したコースから一時的に外れていた可能性の方が高そうです。そして最後に、スタート付近の道順が、覚えているのと地図とで食い違っている、ということ。覚えている道順だと、あの日使った国道246号線に出ないのです。これは恐らく、あの後一度大型台風で歩かされた日の記憶と混同しているのだと思います。

あれから事あるごとに、毎年一回以上はあの日の出来事を思い出していたはずなのに、この有様。なるほどこれでは、司法において「証言」の重みが軽いのも無理はありません。人間は時間が経てば、記憶を順不同に並べ替え、他の記憶とさえ繋ぎ合わせ、混同し、ときに捏造し、あたかも以前からそう覚えていたかのように錯覚する生き物なのです。ですから、記憶を語るにはまず、なにがしかの証拠と照らし合わせなければならないのですね。

「記憶を語る」ということは、あたかも尊い事であるかのように扱われていますけれど、証拠のない記憶の価値など、そう高いものではないということです。何しろ人間は、誤りを繰り返すうちにそれを正しいと誤認し、嘘を繰り返すうちに虚言と実体験の区別がつかなくなる生き物。冷静に客観的にやっていてこれならば、そこに感情を大いに加えて語られる記憶など、なおさらあてにはなりません。

ですから、必要なのは「記録と分析」であって、「記憶と想い」ではないのです。前者は防災に寄与しますが、後者は何の役にも立ちませんし、時間が経つに連れて、必ずどこかに誤りや嘘が、しかも無自覚に入り込むのですから。なのに相変わらず世間は後者の方がお好きのようですね。あの日以来ずっと、そういうメディアの在り方に歯がゆさを感じています。

ところで、今年は福島関連のいじめの問題が取りざたされていましたね。いつも不思議に思うのですけれど、ああいう事件の被害者って、どうして自分のやった「盗み」について全く追求されないのでしょうね。そもそも親のお金を盗めるというのがまず人間的に破綻していますし、その行為をいじめのせいにしているのがまた救えません。

まぁこういう人は、理由付けさえあればなんだってやるのでしょう、保身のために。それでいて、自分の行いの責任まで相手に押し付けて、自分は哀れな被害者でございます、と。それってあんまりじゃありませんか。なら極端な話、脅されて恐ければ、その恐怖から逃れるためにどんな罪を犯しても、それは脅した奴が悪いということになりますよね。そんな馬鹿な話がありますか。そういえば、昔見たとある作品に、素晴らしい台詞がありました。確か、こんな台詞です。

「善人だろうが、弱者だろうが。悪事に加担する奴は、死んで当然なんだよ!」

さすがに「死んで当然」は如何かとは思いますが、しかし、弱者である事が免罪符にならないという点については、全面的に同意です。お上品ぶって人権を連呼するような連中が見て見ぬ振りをする不都合な真実を、ズバリと言い切ったところが実に痛快でした。こういうのって、真面目ぶった作品にはまず出て来る事がない台詞なんですよね。なお当然、法的にも弱者である事は無罪の理由とはなりません。多少の情状酌量はあるかもしれませんが。

もっともこの場合、問題が親子間なので、実は法律的には「窃盗」は成立しないのです。といってもそれは法制度上の手続きの事であって、盗んだという事実が無くなった訳ではありません。あくまで司法が処罰しないというだけで、行いが正当化された訳ではないのです。誰もそれを指摘せず、まるで何もかも虐めた奴が悪いかのような、そんな報道にはいつも胸が悪くなります。

復興の話にしてもです。避難指示が解除されたのに、戻る人がほとんど居ないのが問題だの、そのために政府が取り組むべきで云々って、何を言っているんでしょう。6年ですよ、6年。それだけの時間別の地域で自活すれば、当然そこに経済基盤を築きますし、人間関係だって再構築されるものです。それは震災云々に全く関係なく、引っ越しすればそうなって当然、そうならない方が異常でしょう。誰がそれを破棄してまで戻りたいなどと思うものですか。

挙げ句の果てに、「周囲が戻らない事を理解してくれず、地元の人から孤立して行く」だとか。凄いですね、日本人の村根性。この場合、戻れない事情を抱えた人が可哀相と言うより、戻らない事を批判する人が気持ち悪いだけですよね。私なら、そんな気色悪い人間など、嬉々として切り捨てて新しい人間関係を構築しますが。そもそもそんなことだから、田舎から若者が居なくなるのではないですか。

報道の頭がおかしいのはいつもの事ですけれど、震災関連の報道のボタンの掛け違いっぷりは、あの日から何も変わっていないどころか、ますます酷くなるばかりです。一方で、そんな愚にもつかないことを取りざたしているまさにそのNHKが、極めて科学的に地震や津波、その時の人々の行動などを分析した特集番組を組んでいたりもする訳で、一概に放送局がおかしいとか、報道は駄目だとか、そういう決めつけをするわけにもいかないからまた複雑なのですが。

考えてみるに、「記録と分析」をやりたがる企画者はまともで、「記憶と想い」をやりたがる企画者は、概ね頭が残念ということなのかも知れません。何より気になるのは、果たして、番組としてはどちらの需要がより大きいのかということなのですが・・・まぁ大体お察しですけれど、前者であって欲しいと願わずには居られないのです。たとえそれが空しい願望に過ぎなかったとしても。

さて、延々と報道についての文句を書き連ねてしまいましたが、最後に少し前向きな事を。実は鞄を新調したついでに、防災用品を二つ程追加しました。ひとつは強力なLEDペンライト、もうひとつは「サバイバルシート」と呼ばれる、保温シートです。これでまたあんな事があっても、明かりがなくて困ったり、寒さに震えたりする必要はないでしょう。ペンライトの電池は定期的に交換する必要があるので、注意しなければなりませんが。

相変わらず難題なのが、携行非常食ですね。カロリーメイトはどうあっても粉になってしまうので、とうとう諦めました。今はキャラメルを持ち歩いていますが、これも夏場はべったべたになってしまって微妙なのですよね。何かもっと携帯し易く、崩れたり溶けたりしない非常食があれば良いのですが・・・。

あれから6年経ったとはいえ、防災意識の方は意外と衰えていないようです。6年目で安心出来る事は、これ一点のみですね。まぁ世間がどうあれ、あるいは報道がどうあれ、少なくとも備えておく事の意義は変わりません。定期的に地震の事を思い出し、備えを点検する事だけは、これからも続けて行きたいものだと思います。


人身事故の現場から

今日の東京は朝から良く晴れて気温も高く、絶好のお出掛け日和でした。そんなわけで意気揚々と高尾山へ出掛けた私でしたが、思いがけず人身事故の現場に遭遇してしまったのです。事故は、私が京王線の改札を通過する直前に発生したようです。それを目撃した方が即座に非常ボタンを押したようで、ホームに入った私が目にしたのは、中途半端な位置で停止した列車でした。

現場確認中
現場確認中 posted by (C)circias

このとき初めて知ったのですが、あの「非常ボタン」というものを押すと、耳をつんざくような、すさまじい警報音が鳴るのですね。まるで空間を埋め尽くし、その圧で体を押すかのような凄まじい音の中、駅員や運転士が線路に下りて行きます。ややあって担架が運び込まれ、すぐに事故にあったらしい人物を乗せて戻ってきました。

事故にあったのは学生と思われるくらいの若い男性で、大きな怪我もなく元気であるようです。どうやら彼は飛び込んだのではなく、ホームから転落したようで。しばし様子を見ていると、やがて電光掲示板にお知らせが表示され、場内アナウンスも流れ始めました。

電光掲示板
電光掲示板 posted by (C)circias

しかし、それでも鳴り止まない警報音。その後消防と警察が到着し、現場検証が行われている間も、サイレンは鳴り響いています。それが解除されたのは、かなりの時間が経ってからの事でした。ホームには音から逃れることのできる場所などなかったので、私はすっかりこの音に打ちのめされてしまい、かなり気分が悪くなった程です。つくづく、大きな音は苦手ですね。

さて、事故にあった人の無事が確認されれば、めでたしめでたしとはいきません。むしろ、ここからが大変だったのです。まずは、警察による事情聴取。どうやら転落の様子を撮影していた人もいたようで、なにやらiPadを取り出して説明している人がいます。聴取は目撃者と運転士、そして事故を起こした本人に対して行われているように見えました。

警察官到着
警察官到着 posted by (C)circias

現場の確認が終わってからも、聴取は続きます。根掘り葉掘り、何度も同じ事を聞いて確実性を高めるため、物凄く時間がかかるようですね。そうした作業と並行して、線路には青い制服を着た作業員が入りました。どうやら、車両や線路の状態確認を行う作業員達のようです。彼等は駅員や運転士と一緒になって安全確認を行い、証拠のためと思しき写真の撮影もしていました。

安全確認作業
安全確認作業 posted by (C)circias

かくして、電車が再び動き始めたのは、42分後の事。軽傷者一名程度の事故でも、そこからの回復作業には、これほどの時間と手間、そして多くの人員が必要なのですね。事故の現場を最初から目にするのはこれが初めてなので、その作業量の多さに驚くと同時に、何故事故後の復旧にあれほどの時間がかかるのかが、良く分かりました。折角の休日を台無しにされてしまったのは業腹ですが、しかし、良い勉強にはなったと思います。

そろそろ今年を振り返ろう

さて、大晦日もそろそろ終わりが近付きました。例年通り大忙しだった私ですが、雑用もいい加減一通り片付きまして、今はお気に入りの日本酒を飲みつつまったりと大晦日の晩を楽しんでおります。ゆっくりできるのは、大晦日の晩から二日にかけてのみですからね。ここは、気合いを入れてまったりしませんと。というわけで時間も出来た事ですし、毎年恒例、今年の総括を。

今年を振り返ってまず思うのは、病気が多かったな、という事です。そもそも元旦から高熱で始まった一年ですから、そうなってしまうのも自然な流れだったのかもしれませんが。御陰で日常生活はグダグダで、12月の頭に二週間程熱を出すまで、ほぼ惰性で駆け抜けてしまいました。

とはいえ、新しい事や変化が色々とあった一年でもあります。何より大きな変化は、よく出掛けるようになった、ということでしょうか。例えば夏場に新宿中央公園に蝉時雨を聞きに行ったり、川越にいってみたり。高尾山はもう習慣化していますし、秋には箱根へ出掛けたりもしました。美術館にも何度も出掛けましたね。一番の体験は、伊藤若冲展です。あれは、本当に素晴らしい展覧会でした。

思えば以前に比べて、かなり活動的になっていますね。昔は人混みを毛嫌いしていたので、観光地や都心は徹底的に避けていたのですけれど、いい加減人混み慣れしてきた御陰で、そういった場所への忌避感がかなり減ったのです。もっとも、都心に出掛けるとへとへとになってしまうのは、相変わらずなのですけれどね。高尾山〜景信山の縦走をしても平気な顔をしているというのに、この差は一体何なのでしょう。

あとは、そうですね。アニメを見なくなりました。ドラマも見なくなりました。というか、テレビを見なくなりました。忙しくて座っていられないというのもあるのですが、それ以上に、見たいと思わないのですよね。あぁでも、「夏目友人帳」だけは特別。あれは見ますよ、見ないわけにはいかないでしょう。

その代わり、読書熱はさらに加速しました。最近は小説ではなく、技術史ネタにはまっておりまして。そもそも新聞の歴史に興味をもったところから始まって、広告史、印刷技術の歴史など、どんどん関連項目に興味が移って行きまして。専ら廃刊になった古書を漁りつつ、無駄知識を貯えている今日この頃です。

親類が高齢になった事で、介護関連で再び振り回された一年でもありました。父方と母方の両方で、老人関連のイベントがあれやこれやと発生する訳で、そういう意味でも実に忙しかったと思います。なんというか、目の前にある問題を片付ける事に必死になっているうちに、気がついたら年が終わっていた、という感じですね。

そんな中あちこち出掛けていたのはきっと、日常のグダグダっぷりを休日で埋め合わせようと、必死になっていたからなのでしょうね。といっても、それは決して悪い事という訳ではなく。有意義な休日というのは、それ以外の日々を支える、大切なエネルギー源ですから。それに、体験は何物にも代えられません。

そう、今年一番の収穫はきっと、その事を心の底から実感出来た事でしょう。旅行にせよ、美術館巡りにせよ、登山にせよ、そして読書にせよ。他人の目や耳を通して得る情報は、所詮伝聞に過ぎません。百聞は一見にしかずと言いますが、まさにその通り。一の体験は、百の情報に勝るのです。だから、「体験」の機会には積極的に参加して行きたい。そう思えるようになった事は間違いなく、自分のためになる変化でした。

そう考えて見ると、ある意味、内面的成長のあった一年と言えるのかも知れませんね。グダグダだったと言う割に、得るものも大きかったようです。つまりは、良い一年だった、という事なのではないかと。

来年は今年同様、あるいは今年以上に、積極的に外に出て行く一年にしたいと思います。読書方面では、より一層技術史を深く攻めてみたいところですね。あとは、この冬から本格的に始めたクロマチックハーモニカも、ちゃんと続けて行けるようにしたいものです。あとは、ギター。来年こそは、新しい曲を覚えてみせますとも。今年は日常のグダグダの煽りを受けて、全くダメでしたけれど。

グダグダと言えば、今年はブログをあまり更新出来ませんでしたね。これは専ら、体力的な問題のせいなのですが。ふがいないとは思いつつ、どうしても眠気には逆らえず。にも拘らず、たまに思い出したように更新するなり、毎度見に来て下さる常連の皆様には、大変励まされておりました。というわけで皆様、本年も大変お世話になりました。来年も変わらぬ御引き立ての程、宜しく御願い申し上げます。

それでは皆様、良いお年を。


プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  LP レコード 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 小説 野川 17mm シティロースト アートブレイキー TU-8150 紅葉 MU-61 次大夫堀公園 青梅 接写リング ブレンド 御岳渓谷 小仏城山 開花情報 修理 写真 CD 神代植物公園 御岳山 300mm 実写テスト 東京 トンボ 古民家 PB-400 ライトノベル AriaPro 景信山 神代植物園 開花状況 クラシック JAZZ/FUSION カートリッジ ロック 多摩川 シモバシラ TU-877 マイケル・サンデル 哲学 センテッドゼラニウム 森見登美彦 深大寺 コロンビア バラフェスタ ハイレゾ音源 鳩ノ巣渓谷 ラリー・カールトン 骨董市  故障 e-onkyo 6号路 3結 もみじ台 東宝撮影所 奥高尾 小仏峠 岡本公園民家園 TU-H82 野川公園 上野 エリック・クラプトン 江戸東京たてもの園 東日本大震災 JPOP  OPA2134PA ハクセキレイ  大蔵住宅 水生植物園 これからの正義の話をしよう フレンチロースト ニカラグア ミツバチ 砧公園 レコード洗浄 東照宮 ハイロースト 東京国立博物館 2015 仙川 リー・モーガン HDD 調布 つくる市 布多天神社 ニューイヤーコンサート DENON 根津美術館 アゲハ 90MB/s UHS-I SDカード Class10 速度比較 表参道 浜離宮 Eagles 彼岸花 LM4562NA アブラゼミ ツクツクボウシ オーディオテクニカ アオジ オジロトウネン ミンミンゼミ カワセミ ZO-3 イチモンジセセリ Transcend M97xE KT88 GoldLion 発芽実験 バド・パウエル ストームグラス TempoDrop 水耕栽培 ジョウビタキ 井の頭自然文化園 大雪 工事 アボカド コゲラ 蘆花恒春園 テンポドロップ 布多天神 一丁平 ジフィーポット ツマグロヒョウモン ピックガード ウェザーリポート SHURE 正月特別開園 2017 アニメ 武蔵野公園 調布飛行場 回転数不良 FUSION コミスジ BUMP メッキ 白丸ダム モズ 磨き クイナ カワウ 天地明察 冲方丁 Apple かき氷 A'pis 分解 ボリューム 国産 NF-15X/2 FF15XmkII スミナガシ クロヒカゲ 植物多様性センター iPhone ペグ 整備工事 WD10EADS 低速病 中仕切り ダイミョウセセリ 細田屋 縦走路 NJM4580D 5極管接続 フラックス OPAMP ジャコ・パストリアス 地雷 初詣 クロマチックハーモニカ ヘッドホンアンプ 白鳥士郎 吉祥寺 大森藤ノ AT-MONO3/LP パナマ 榊一郎 組立て レーベル 日原鍾乳洞 電子工作 指板 ElectroHarmonix 奥多摩 MCON-P01 Scarlett マクロコンバータ Solo オリンパス Focusrite 防錆 霜除け No.28151 ケース プロクソン グアテマラ ミニカッティングソウ 秦基博 オーディオインターフェース 工作材 PROXXON ハービー・ハンコック 木栓 NAGAOKA NT-500M ラッカー 塗装 UL接続 豆知識 JET 村井秀清 セセリ 鬼灯市 MUSES8920D LME49720NA バルトーク ドラゴンフルーツ 羽化 スズメバチ 森山良子 ヒグラシ 野草 MUSES8820D シジミチョウ 6V6S MUSES02 台風18号 放鷹術 コルディリネ 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ ウラナミアカシジミ REGZA ケニヤ エディ・ヒギンス RD-BZ800 鍍金 ピアノの森 ヒカゲチョウ アキアカネ コムラサキ アカスジカメムシ イタリアンロースト 小箱とたん アカボシゴマダラ ER-4S OSX 震災 キアゲハ 葦原大介 高浜虚子 OP275GP 通り名報道 和屋東京店 ヒメアカタテハ 皆既月食 ニイニイゼミ 世田谷ボロ市 フルシティロースト 親族トラブル 幼虫 モンキアゲハ 魚道 iBooks 竜ノ湖太郎 茶谷産業 ゴイサギ 幼鳥 カワラヒワ Dyson タシギ バッハ ゴールドベルク変奏曲 グレン・グールド スズメ 城山茶屋 キタテハ フレディ・ハーバード ペルー 平和フレイズ 真空断熱食器 甘酒 J-POP 星野源 コーヒー V6 MERCURY ハンディクリーナー ダイソン ミニバケツ 3号路 スナップショットフォーカス 発泡PPシート ペン立て 古橋秀之 自然現象 鷹見一幸 ヤマガラ Trigger KeG 戸部淑 セグロセキレイ うみまち鉄道運行記 伊佐良紫築 PIONEER レコードプレーヤ クルトガ  ヤマカガシ 不動産屋 地上げ 富士山 土地 建築基準法 イチモンジチョウ アカシジミ JJ 改造 ペンケース 12AU7 WD20EZRZ スジグロチャバネセセリ デルガード キタキチョウ 夕陽 アサギマダラ 城山 ヒオドシチョウ 大沢 稲荷山 青藍病治療マニュアル 志田用太朗 三月 似鳥鶏 世田谷 シャープペン 不具合 再起動 充電中 iOS8.3 iPhone4s アオモンイトトンボ マンデリン オオスズメバチ 植物 天体 hiFace OSX10.9 東宝 M2Tech テングチョウ 文房具 ベルグソン 絶滅危惧種 蟲師 大沢グランド 香日ゆら タンザニア 電源回路 先生と僕 注油 寝落ち 回転数 モーター 3.11 ラジオメーター インドネシア ハクキンカイロ ハンディウォーマー ログ・ホライズン 橙乃ままれ フレディ・ハバード 翻訳 アレニウス・スヴァンテ ZIPPO 被害 平和ボケ デジタルテレコンバータ RAW 人道主義 オジロビタキ 天災 ツグミ シジュウカラ KENKO Weekender AU-305 階段途中のビッグ・ノイズ 亀屋樹 SanDisk 95MB/s 草市 30MB/s TOSHIBA 越谷オサム CTL1025 CASIO 花火 挿し木 ついんくる G-SHOCK AWG-100BR-1AJF 軍畑 軍畑大橋 DL-103 瀬那和章 電池切れ 取木 電気ブラン アントニイ・バークリー 花園稲荷神社 上野公園 栄西 TIMEX カクテル リキュール シチズン タフソーラー デクスター・ゴードン Q&Q 腕時計 キアシドクガ 桜の蛾 紙の博物館 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07