FC2ブログ

日々の便り

 

Focusrite Scarlett Solo G2

ふと気がつけば、もう10年以上使い続けて来たM-AUDIOのFirewire410。発売年は2003年ですから、正確には14年ですか。我ながら、物持ちが良いにも程がありますね。このところドライバのアップデートがされなくなってしまったため、このI/Fを使わんがためにOSのアップデートにも二の足を踏み続けて来ていたのですが、そろそろ乗り換えを検討した方が良い時期に来てしまったようです。

理由の一つは、OSの対応機種。Sierraの最低必要条件に、とうとうMac mini Mid 2010が入りました。恐らく次のアップデートでは、対応機種から外れる事になるでしょう。つまり、この機体に新しいOSを入れるなら、今が最後のチャンスになるという事です。

もうひとつは、最近少しFirewire410の動きが怪しいという事。もともとドライバがあまりよくないので、再起動時に使えなくなったり、突然応答しなくなったりは茶飯事だったのですが、つい先日は上流のHDDを道連れにしてハングアップなさいまして。まぁお歳がお歳ですので、むしろまだ現役である事を褒めるべきなのでしょうけれど。

そんなこんなでボーナスも出たこのほど、とうとう新しいオーディオインターフェースを購入しました。購入したのは次の一品、FocusriteのScarlett Solo G2です。実を言えば先代のSoloが出た時から購入を検討していたのですけれど、まごついているうちに二代目になってしまいまして、いやはや。

Focusrite Scarlett Solo
Focusrite Scarlett Solo posted by (C)circias

お値段はヨドバシで少しお安くなっている時に購入したため、当時は¥8800でした。しかしそのせいで発送は遅れに遅れ、なんと1ヶ月ほど待っての到着。別に急ぎではないので良いのですけれどね、これだけ待たされると、ちょっと有り難みも薄れるかなぁと思うのは私だけでしょうか。まぁそんな愚痴は兎も角。この製品、安いI/Fなので期待していませんでしたが、造りはなかなか良いようです。

ボリューム周り
ボリューム周り posted by (C)circias

上の写真はボリューム周り。一見金属に見える大きなボリュームが良い雰囲気を出していますね。勿論アルミ無垢なんてことはなくて、プラに鍍金ですけれども。しかしまぁ、雰囲気は大事です。それに、機能的に重要な部分には、しっかりとした部品が使われています。特に、裏面の大きなゴムインシュレータは個人的にポイントが高いですね。

裏面
裏面 posted by (C)circias

Focusriteはとにかくプリアンプが良いというので、ギター入力に期待していました。というのも以前、Amplitubeでエレギを弾こうとしていた時期があったのですが、とかく不安定でスクリーンセイバーが動くと何故か処理が止まるFirewire410に絶望して、結局断念したことがありまして。というわけで、早速ギターに繋いでみます。

ギター入力
ギター入力 posted by (C)circias

そして何年かぶりのAmplitube2を立ち上げ、適当にプリセットを選択して、じゃらーんと・・・その音を聴いて、驚きました。まるでギターを換えたかと思うくらいに、ハイが通ります。もちろん低音もしっかり拾ってくれるので迫力がありますし、クリーンにすれば中音域の豊かさもなかなか。なるほどこれは、プリアンプ自慢というのも嘘ではなさそうですね。思わずそのまま弾きまくって遊んでしまいました。

そしてふと気がつけば、画面が暗くなっており・・・しかし、ギターの音は途切れません。どうやら、Firewire410のように不安定ということもなさそうですね。なんだかいつもこればっかり言っている気がしますが、「こんな事なら、もっと早く買っておけば良かった」と、心底思いましたとも。これはあれですねぇ、Amplitubeもアップデートするべきかも知れませんねぇ。

ところで、Scarlettの入力ゲインボリュームは、その根っこが入力レベルを示すランプになっています。入力レベルが+0dbまでは緑色のランプが点ります。しかし、入力が過大になると、このとおり。

過大入力で色が変わる
過大入力で色が変わる posted by (C)circias

ランプが赤くなったからと言って即座にクリップする訳ではありませんが、あまり赤くしない方向でゲインを調整すると良さそうです。もっとも、Amplitubeにも入力レベルメーターがあるので、あえて本体のランプで調整する必然性はないのですが。でも、こういうちょっと気の利いた演出というのは良いですよね。

さて、ギター入力I/FとしてのScarlettは期待以上でしたが、果たして再生装置としてはどうでしょうか。e-onkyoで購入したハイレゾ音源を使って、Firewire410と比較してみましたが、結果は「あまり変わらない」というものでした。まぁ、価格差を考えれば大健闘も良いところなのですけれど、本当に差が僅かだったのは意外でした。Firewire410は確か元値は6万くらいの装置ですから、値段なりに良い回路を積んでいたという事なのでしょうね。

14年分の技術の進歩はあった筈ですが、音質を大きく左右するアナログの技術は既に枯れ切ったもので。つまり、基本をしっかりと押さえた上で、そこそこ良い部品を使いさえすれば、十数年程度のビハインドはどうにかなるという事なのでしょう。我ながら、良い機器を選んでいたのだなぁと、つくづく。安定性はいまいちでしたが・・・。

OSを切り替えるためには色々と準備が必要なので、今直ぐにという訳にはいきませんが、とりあえずこれでOSアップデートの準備が整いました。あとは念のためのバックアップを一通り行って、Sierraへ乗り換えです。次の作業は来週、お盆休みに行う予定ですが、果たして鬼が出るか蛇が出るか。なんとか無事に乗り換えられますように。


クロマチックハーモニカ

このところ寝不足続きなので今日こそは早寝しようと思っていたのですが、結局こんな時間になってしまいました。なんだってそんなに夜更かしをしたのかといいますと、原因はこちらです。

2013-11-13
2013-11-13 posted by (C)circias

クロマチックハーモニカ。以前から欲しかったのですけど、とうとう買ってしまったのです。吹き始めたら面白くてついつい時間を忘れてしまい、結局今晩も睡眠不足確定。我ながら、いい歳をして何をやっているのやら。

この個体はスズキのSCX-48という12穴タイプのもの。クロマチックハーモニカとしては幅の短いタイプですが、もともとブルースハープを吹いていた私には、これでも大きすぎるように感じます。なにしろサイズを比較すると、こんな具合ですから。

2013-11-13
2013-11-13 posted by (C)circias

手前がハモンドのHA-20、私の一番のお気に入りのハモニカです。これはちょっと特別な品で、音も深みがあってとても良い雰囲気なのですよね。

対して今回入手したSCX-48はといいますと、まぁ幼稚園から聞こえてくるハモニカの音色と大差ないと言うかなんというか。悪くはないですけれど、良くもないです。平べったくて軽い、奥行きのない実にハモニカらしい音。まぁ入門用ですから、この程度で充分でしょう。

クロマチックハーモニカはブルースハープと比べると、やはりだいぶ吹き辛いです。時折バルブが固着したような動きをして、「ーっプピー」というような鳴り方をすることがしばしばでして、これがどうにも発生法則をつかめません。

しかしそうなる穴は決まっていて、しかも必ず吸い込み側だけというのがちょっと引っかかるのですよね。単に真っ直ぐ息を吹き込めていないだけなのでしょうか。まぁ当面はその可能性を疑って練習するのが順当でしょう。

それにしてもハモニカというのは、なにげに運動になりますね。1時間も吹き続けていると、さすがに息が上がってきます。普段の生活ではこれほど肺活量を使う機会などありませんからね、続けたら案外健康に良いのでは。三日坊主にならないよう、続けてみたいと思います。


錆びた鍍金の磨き方

今日も凄まじい暑さでしたね。室温が体温より高くなってしまって、少し動くだけでも汗みずくでした。でもそれ以上に凄まじかったのは、午後からの雷雨です。なにが凄いって、ドカドカ落ちるのですから。
近所にも何発か落雷があり、そのうち一発はすぐそこのアパートでした。幸い火災にはなりませんでしたが、電気系統をやられてしまったようです。あとで管理会社の方がやってきて、色々修理していました。

というわけでほぼ一日家に引き蘢っていたのですが、なにしろ半日は暑過ぎて行動不能、残りの半日は落雷祭りで電気が使えないという有様。意味のある仕事を始められたのは夕方、雷雨がおさまってからの事でした。

本日の課題は、ZO-3の再整備。手を入れなければならない部分は多々あるのですけど、とりあえずは錆び切ってザラザラになってしまった金属パーツの手入れからです。

下の写真は、そんなペグのひとつ。すっかり錆びて、つぶつぶの白い酸化物が浮き出てしまっているのが分かりますね。この状態をさらに放置すると、酸化がどんどん内部にまで進行して、次第に鍍金が凸凹になってきます。
それを食い止めるには、表面の吹き出物のような酸化物をこそげ落とし、保護剤を塗り付けなければなりません。

2013-08-12
2013-08-12 posted by (C)circias

ところが、これくらい派手に劣化すると、もう、布で磨いても効果はないのです。ザラザラの方が強いので、布がほつれるだけでほとんど汚れが落ちません。

で、こんな時に役に立つのが割り箸。端をカッターでへら状に削り、そこにクリーナーをつけてゴリゴリガシガシと力一杯磨きます。
割り箸は鍍金より柔らかいので、よほど安い鍍金でもない限り、鍍金側に傷が入る事はありません。遠慮なく力を入れて、ごしごしと酸化物を取り除きます。で、磨き終わった状態が、こちら。

2013-08-12
2013-08-12 posted by (C)circias

いかがでしょう、かなり奇麗になりましたね。ここまで戻すのに、一個あたり約30分かかりました。つまり、全部磨き終えるまでにかかった時間は、なんと3時間。正直こんな日でもなければ、まとめて作業するような仕事ではありません。毎日TVを見るなり音楽を聴くなりしながら、ついででやるべきところです。

2013-08-12
2013-08-12 posted by (C)circias

というわけで、本日の作業はここまで。時間がかかった割に地味な成果ですが、まぁ仕方ないでしょう。ここからは、ピカール等を使って、鍍金されていない金属パーツを地味に磨いていきます。

ちなみに、酸化がもっと酷くて割り箸では落ちない場合、ワイヤブラシを使用して、文字通り搔き落とす事になります。
ただ、金メッキのような柔らかい鍍金には、ワイヤブラシは使用出来ません。真鍮製のワイヤブラシは強力ですが、クローム鍍金以外には使用しない方が良いと思います。

また、安物楽器の鍍金は薄いので、金メッキに磨きをかける場合は特に覚悟が必要。磨いたら銀鍍金になりました、なんてことも珍しくはないのです。
このあたりは、その人の好み次第ですね。きれいな銀鍍金になるよりは、曇っていても金メッキのままの方が良い、ということも大いにあるでしょうし。

そんなわけで、私はできるだけクローム鍍金のパーツを選ぶようにしています。見た目の良さも大事ですが、長持ちしない美しさよりは、手入れのし易さを重視したいので。
安い金メッキパーツは長持ちしませんからね、なにしろこの気温と湿度では。今晩もまた、相変わらずの熱帯夜。鍍金には厳しい季節です。



悪いのは腕でした。

私がその黄色いギターを買ったのは、確かまだギターを始めたばかりの頃です。持ち運びやすい小型のギターなら、休日に出掛けた公園で練習もできるだろうなどと、甘い事を考えたのがきっかけでした。
思えばあれも夏の事。会社帰りの石橋楽器で、初めて購入したギターがこちらです。

2013-08-08
2013-08-08 posted by (C)circias

フェルナンデスのZO-3、旧型、もちろん中古。まずこの黄色にグラっときまして。店員さんのお勧めは並んでいた中国製の二束三文のストラトもどきだったのですけど、しばし迷った結果、こちらを購入したのでした。

ところが、購入して担いでみて初めてわかったことなのですが、これがなかなか重いのですね。見た目がコンパクトな割に、ちっとも軽くありません。しかも、案外大きいのです。
なるほど、普通のギターと比べると15cm前後は小さいのですが、とりわけ持ち運びに有利になるほど小さい訳ではありませんでした。

更に言うと、かなり弾きにくいのです。既に所有していたジャンクギターと比べても弾きにくく、しかも音も良くないように思えました。
そしてとどめは素材。整備のためにバックパネルを開けて、唖然。なんと、このボディはベニヤなのです。ラワンベニヤなのです!!

今でこそ、音が良ければベニヤだろうが段ボールだろうが何でもこい、という考えになりましたが、当時は結構素材に拘るいわゆるニワカでしたので、これはかなりの減点でした。しばらくは持ち歩いたり、写真の通りピックアップを載せ変えたりとあれこれやってみたのですけど、結局気に入らずお蔵入り。今日まで壁飾りになっていました。

ところが今日、どういうわけか妙にこのZO-3が気になって、壁から下ろしてみたのです。弦はすっかり錆びていましたが、まだチューニングはできるようなので、とりあえずそのまま。電池も入れっぱなしでしたが、どうやらこちらもまだ無事のようです。
一通り埃を払って、スイッチオン。じゃらーんと鳴らしてみて、驚きました。

・・・音、悪くないですね。良くもないですけど。

当時の私は、ZO-3なんて粗悪品の玩具だと思っていました。弾きにくいし音も悪いし、何故こんなものがあんなに高値で売られているのかと訝り、勢いフェルナンデスのイメージまで悪化してしまったほどです。
ところがどうでしょう、今弾いてみると、全然弾きにくくもなければ、音だって殊更言うほど悪くはありません。良くもないですけど。

あれからもう3年。その間ずっとアコギを弾いていた御陰で、多少は腕が上がったようですね。というより、楽器に腕がついてきた、という感じでしょうか。
どうやら当時の私は、そもそもまともに扱う腕も無いくせに、ZO-3を全否定していたようなのです。全くもってお恥ずかしい。
音が悪いのも弾きにくいのも、楽器ではなく、単純に腕が悪かったというオチでした。

こうして改めて弾いてみると、ZO-3、いいですね。なによりケーブル無しで弾けるところが良いですし、ボリュームをかなり絞っても、ちゃんとクリーンギターの音を楽しめるのも魅力。夜間にちょっとギターで遊びたいときには、これはもってこいではありませんか。
この音量でなら、窓を開けていたってさほど気兼ねせずに遊べるというものです。

しかし、一度魅力に気付いてしまうと、また欲が出てくるから困ったもの。こうなると、がぜん新型の多機能タイプも気になりますねぇ。非常に魅力的な玩具です。
まぁとりあえずこの個体をもう一度ちゃんと整備して、本格的に弾けるようにするべきでしょう。なにしろフレットから何から錆び付いてしまって、ビブラートでゴリゴリいうような有様ですから。

さしあたっては今週末あたり、きっちり磨き直してやろうと思います。

理想はあるけど、横着したい。

アコースティックギターを弄るようになって、そろそろ3年にはなるかと思うのですが、練習時間が短いこともあって、なかなか様になりません。そう、時間がないのです。何をするにしてもまずこれが問題。

現在、暗譜で弾ける曲数はたったの4曲。最初は10曲くらい弾けるようになって、それからオープンコードも全部覚えて・・・なんて思っていたのですけどね、なかなかどうして。曲を覚えるのも大変だというのに、ましてコードの暗記なんて手が回りません。
そんなおり、ちょっと気になる本を偶然発見してしまいまして・・・。

写真-3.JPG

こちら。いつも本当に御世話になっております、リットーさんのギターマガジン別冊。なんですって、15のフォームを覚えれば180個のコードが弾ける、ですって?
横着の虫が騒ぎます。なんという魅力的な提案。というわけで、早速ポチリ。

もともと、例えばFをはじめとするセーハ系のフォームは、スライドするだけでいろんなコードになるということは経験で知っていたのですけどね。セーハは辛いので却下。
それに、あまりハイポジションになると音が変わるので、ローポジションのコードと続けて使うのはちょっとキツいですしね。それ以外にもっと良い方法があるのなら・・・と思ったのですが。

まずは、パワーコードから。スライドすれば別のコードに・・・って、えぇぇぇ。パワーコードでコードチェンジって、弦変えないならそれしか方法ないじゃないですか。別の方法があるならみてみたいですよ、先生。ちょっとこれはがっかり。

お次はメジャートライアド。あぁ、これも大体知ってます。でも、ただコードを紹介するだけではなくて、このジャンルではこのパターンが良く使われる、みたいなことも解説してくれていますので、そういった部分は思いのほか役に立ちそうですね。

まぁともあれ、理屈だけでギターがうまくなったら、世話はありません。何よりも大事なのは実践すること。というわけで、しばらくはこの本を参考にして、ちまちまとコードを覚えていこうと思います。ただ漠然とコードのリストを眺めて練習するよりは、こちらの方が身が入りそうですしね。

プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  LP レコード 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 17mm 小説 野川 DIY シティロースト TU-8150 アートブレイキー MU-61 紅葉 青梅 次大夫堀公園 開花情報 ブレンド 御岳渓谷 接写リング 小仏城山 神代植物公園 CD 写真 御岳山 実写テスト 東京 300mm トンボ 景信山 ライトノベル 古民家 開花状況 カートリッジ クラシック JAZZ/FUSION 神代植物園 ロック シモバシラ センテッドゼラニウム 森見登美彦 TU-877 マイケル・サンデル 哲学 多摩川 e-onkyo ハイレゾ音源 故障 3結 バラフェスタ コロンビア 6号路 骨董市 ラリー・カールトン 鳩ノ巣渓谷  深大寺  江戸東京たてもの園 上野 もみじ台 奥高尾 小仏峠 岡本公園民家園 OPA2134PA 野川公園 エリック・クラプトン 東宝撮影所 JPOP 東日本大震災 TU-H82 つくる市 ニカラグア 修理 ニューイヤーコンサート 調布 2015 ハクセキレイ リー・モーガン 布多天神社 これからの正義の話をしよう 仙川 大蔵住宅  レコード洗浄 水生植物園 フレンチロースト 東京国立博物館 ミツバチ ハイロースト 東照宮 砧公園 HDD Eagles ジフィーポット オーディオテクニカ SDカード コミスジ 速度比較 布多天神 イチモンジセセリ ZO-3 アブラゼミ ツクツクボウシ ミンミンゼミ Class10 90MB/s かき氷 冲方丁 スミナガシ クロヒカゲ 井の頭自然文化園 天地明察 ダイミョウセセリ Transcend 工事 根津美術館 表参道 UHS-I 浜離宮 コゲラ ストームグラス ジョウビタキ 中仕切り SHURE テンポドロップ 2017 KT88 GoldLion バド・パウエル 正月特別開園 大雪 M97xE ツマグロヒョウモン TempoDrop 武蔵野公園 調布飛行場 アゲハ BUMP WD10EADS アニメ ウェザーリポート 蘆花恒春園 FUSION 彼岸花 低速病 回転数不良 DENON NF-15X/2 A'pis FF15XmkII 植物多様性センター オジロトウネン 白丸ダム 一丁平 iPhone 縦走路 整備工事 モズ 細田屋 カワウ 発芽実験 カワセミ LM4562NA Apple 水耕栽培 クイナ アオジ アボカド 高浜虚子 電子工作 放鷹術 パナマ グアテマラ OSX アカスジカメムシ OPAMP 台風18号 MUSES02 AT-MONO3/LP MUSES8820D MUSES8920D アキアカネ ヒカゲチョウ 6V6S キアゲハ コムラサキ アカボシゴマダラ 豆知識 LME49720NA レーベル MCON-P01 タフソーラー マクロコンバータ 電池切れ NT-500M オリンパス CTL1025 AWG-100BR-1AJF G-SHOCK CASIO 霜除け 親族トラブル 魚道 ハービー・ハンコック 秦基博 RD-BZ800 ヘッドホンアンプ ケース REGZA 榊一郎 地雷 皆既月食 Weekender TIMEX クロマチックハーモニカ ジャコ・パストリアス NAGAOKA 吉祥寺 5極管接続 Focusrite イタリアンロースト ZIPPO ハンディウォーマー コルディリネ 鈴木三重吉 Scarlett ウラナミアカシジミ シジミチョウ レコードスタビライザ 植物 書簡集 小箱とたん ハクキンカイロ 日原鍾乳洞 野草 奥多摩 フルシティロースト 和屋東京店 森山良子 iBooks エディ・ヒギンス ケニヤ 紙の博物館 セセリ 人道主義 平和ボケ 鍍金 竜ノ湖太郎 UL接続 スズメバチ オーディオインターフェース ニイニイゼミ ヒメアカタテハ モンキアゲハ 幼虫 NJM4580D 世田谷ボロ市 通り名報道 羽化 ER-4S 茶谷産業 JET 鬼灯市 ラジオメーター Solo 村井秀清 バルトーク ヒグラシ 震災 葦原大介 ドラゴンフルーツ OP275GP Trigger 天体 夕陽 アサギマダラ 挿し木 花火 土地 ついんくる 富士山 3号路 充電中 自然現象 セグロセキレイ うみまち鉄道運行記 古橋秀之 iOS8.3 再起動 不具合 軍畑大橋 軍畑 草市 30MB/s TOSHIBA DL-103 瀬那和章  デクスター・ゴードン 95MB/s SanDisk 越谷オサム 地上げ 建築基準法 亀屋樹 階段途中のビッグ・ノイズ 不動産屋 AU-305 伊佐良紫築 戸部淑 フレディ・ハーバード ペルー PIONEER キタテハ 平和フレイズ J-POP 星野源 真空断熱食器 レコードプレーヤ 志田用太朗 城山 ヒオドシチョウ 大沢 稲荷山 青藍病治療マニュアル 三月 似鳥鶏 アオモンイトトンボ 甘酒 オオスズメバチ コーヒー バッハ iPhone4s ヤマガラ KeG 鷹見一幸 ゴールドベルク変奏曲 グレン・グールド カワラヒワ スズメ 城山茶屋 幼鳥 ゴイサギ タシギ マンデリン シチズン Q&Q クルトガ ツグミ シジュウカラ シャープペン 天災 V6 Dyson 被害 オジロビタキ デルガード ペンケース ベルグソン 絶滅危惧種 3.11 RAW 文房具 デジタルテレコンバータ 世田谷 インドネシア フラックス ElectroHarmonix MERCURY 初詣 ミニバケツ 発泡PPシート ペン立て 白鳥士郎 大森藤ノ アレニウス・スヴァンテ 橙乃ままれ ログ・ホライズン 翻訳 フレディ・ハバード ハンディクリーナー ダイソン テングチョウ 改造 ピアノの森 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー アカシジミ 栄西 キタキチョウ 上野公園 スジグロチャバネセセリ イチモンジチョウ 取木 キアシドクガ 桜の蛾 腕時計 ヤマカガシ リキュール 電気ブラン カクテル KENKO 電源回路 OSX10.9 東宝 WD20EZRZ hiFace M2Tech JJ 12AU7 蟲師 大沢グランド 先生と僕 香日ゆら タンザニア 注油 モーター 寝落ち 回転数 スナップショットフォーカス 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 05