FC2ブログ

日々の便り

 

BUTTER CORN LADY再び

昨晩から、東京は雨。湿度は80%を超え、これ以上ないくらいにジメジメしています。こんな日は、さすがに私も遠出をしたいとは思えませんね。という訳で、今朝は早くからコーヒーを淹れ、久々に、本当に久々にレコードを引っ張り出して、朝から優雅な休日ごっこをしています。

昨年後半からだいぶ忙しく、レコードを聴くのも恐らく半年ぶり以上になるのではないかと思いますが、しかし、やはりレコードは良いものです。久々にアンプの接続を切り替え、ターンテーブルを起動し、ドキドキしながら恐る恐る針を落として・・・そして飛び出した鮮烈な音に、のっけからすっかり魅了されてしまいました。

「音質」を数値で語るなら、アナログレコードはハイレゾの足下にも及びません。そもそもダイナミックレンジが違うし、分解能が違うし、何より再生の段階での物理的な劣化が一切ない。レコードの音はダイナミックレンジは狭いし、混濁しているし、ターンテーブルの速度は物理的に揺らぐので、音程もテンポも不確かです。でも、なのに。この「ハッキリ」聞こえる音は、ぶわりと伝わるこの熱量のようなものは、一体何なのでしょうね。

気が遠くなる程高価なオーディオセットを理想的なスタジオに置いて、最高の再生装置でデジタル音源を再生すれば、きっとこんなチープな環境で、半ば自作品と化したオーディオで再生したアナログ音源など圧倒出来る音になるのでしょうけれど、そんな比較に意味はありません。レコードの凄いところは、今この環境で圧倒される音を出してくれるということ、その一点に尽きます。

ところで、実は昨年フォノイコライザを導入しまして、アナログ環境がかなり向上しました。その結果、これまで「耳が痛い」と感じていたレコードを聴いても耳が痛くなる事がなくなったのみならず、これまで音が悪いと思っていたレコードが軒並み「高音質」に化けてしまったのです。これは本当に驚きました。そんな訳で、以来頻繁に聴いている盤があるのですが・・・それがこちら、アートブレイキーの「Butter Corn Lady」です。

LINK
タイトル  :BUTTERCORN LADY
アーティスト:Art Blakey & New Jazz Messengers

ペラッペラのいかにも音質に期待出来なそうなビニールで、まぁ音質は良いとはいえないのですが、しかし。何度聴いてもこれが良いのですよね。具体的に何が良いのかと言われると困るのですけれど、何でしょう、聴いているとワクワクするのです。

一曲目の表題曲、「Butter Corn Lady」のキャッチーさは、思わず口ずさんでしまうほどですし、どこか少し調子っぱずれな感じのトランペットがまた良い。キース・ジャレットのピアノは、以前聴いた時はそれほど良いと思わなかったのですけれど、それはフォノイコライザが悪かったせい。少々まともな再生環境に換えてみれば、びっくりするほど表情豊かで、楽しい曲をさらに楽しくしてくれます。

一曲目の冒頭から「あぁ、いいなぁ」と。楽しい気分は三曲目の「THE THEME」で最高潮に。この曲は色々な盤に収められているのですけれど、この盤のは楽しさが際立っていますね。冒頭の賑やかな雰囲気がもう、好きで好きで。

それともう一つ、言わずにはいられない事が。このレコード、聴衆の歓声や拍手の入るタイミングが絶妙なのです。多分「分かっている」聴衆なのでしょう。歌舞伎などでも、観客が屋号を叫んだりするのにはタイミングがあり、良く訓練された(笑)客でないとタイミングを掴むのが難しいと言いますが、それはJAZZも同じ事。

大興奮の熱狂ではなく、いかにも小規模のライブ的なまばらな拍手や歓声が、かえって録音の生々しさを際立たせています。演奏者との距離の近さを感じさせるとでも言いましょうか、これがまた魅力的なのです。

ところでこのレコード、アートブレイキーの人気が低迷して、メンバーもどんどん入れ替わっていた時代のものだそうで。その関係でか、この盤を評価する声はあまり聴きませんし、高音質のリバイバル盤がリリースされたりという事もないようです。専門家的な評価基準からすると、あまり価値のないレコードという事になるのでしょうか。

でも、この若々しくて勢いに溢れていて、思わず肩を揺らしてリズムを取りたくなるような雰囲気は、ただ高度なだけの演奏にはなかなかないものだと思うのですよ。そして、ジャズやロックの一番の魅力は、まさにこれなのではないかなと。だからこそ、ライブ盤に勝るものはないと言われるのではないでしょうか。

願わくはいつかこのレコードが再評価されて、高音質版がリリースされますように。まぁ無理なのでしょうけれど・・・いっそ、無くならないうちにもう一枚確保しておいた方が良いかも知れませんねぇ。


コミスジと戯れる

昨日の東京は気温、湿度共に高く、とても暑い一日になりました。今週もいつも通り高尾山から景信山まで縦走して来た訳ですけれども、あまりに暑いので一歩ごとに汗が滴り落ちる程でして。御陰で、3リットルもの飲み物を消費したにも拘らず、トイレへ行く必要がなかったくらいです。

先週の事もありますので、熱中症にならないように休み休み歩いたのですけれど、全身水を被ったかのようにびしょびしょで。特に、どういうわけかカメラを構えると、一気にぶわっと汗が噴き出すのには閉口します。あれは、中腰などの無理な姿勢で体を硬直させるからなのでしょうねぇ。あとは、蝶を驚かさないよう、慎重にソロリソロリと動くのが、思いのほか筋肉を使うという事なのでしょう。

昨日は嬉しい事に、数種類の蝶を見る事ができました。つまりそれだけダラダと大量の汗をかいた訳ですが、それはともかく。中でも特に多く見掛けたのが、コミスジです。

紅葉台付近にて
紅葉台付近にて posted by (C)circias

写真は、紅葉台を過ぎて一丁平へ登って行く途中で撮影したもの。どの蝶を多く見掛けるかは、場所と時期により変わります。どうやら今週は、この辺りのコミスジが羽化したのでしょう。羽の状態がとても良いコミスジを、立て続けに三匹程見る事ができました。

そして、それは景信山まで行った帰り道の事。一丁平から少し下ったあたりで、僅かに湿った地面を熱心につついているコミスジを発見しました。次の写真が、その個体。一度接近に失敗したのですが、それでも逃げずに付近に留まっています。これはあれですね、手乗り蝶で遊ぶチャンスです。

一丁平にて
一丁平にて posted by (C)circias

というわけで水で誘ってみたところ、すんなりと手に登って来てくれました。次の写真は、指の乗って来たコミスジです。60mmマクロだと全体をファインダーに収めるのがなかなか難しく、撮影には少し苦労しました。こういう時は、30mmマクロが欲しくなりますね。普段は60mmで充分なので、こんな事でもなければ使う機会はないでしょうけれど。

手乗りコミスジ
手乗りコミスジ posted by (C)circias

上の写真は、結構頑張って手とカメラの距離を稼いで撮っています。もうこうなるとファインダーに収めるので精一杯で、構図がどうとか考えている余裕はありません。しかもコミスジは手の上をちょこまかと歩き回るので、ピントを合わせるのもひと苦労。端から見たらきっと私は、山道で珍妙なポーズを極める不審者に見えた事でしょう。

目をアップで
目をアップで posted by (C)circias

折角手乗りに出来たので、普段はなかなか撮影出来ない、顔のアップを一枚。コミスジの目は青みがかった透明感のある銀色で、これがなかなか奇麗なのですよね。花や葉に止まっている時はこちらを警戒しているので、なかなかアップで撮る機会はありませんから、なかなか貴重な一枚です。

ところで、蝶を手に乗せた時の感触というのは、種類によって異なります。先日のクロヒカゲと比べると、コミスジはもっと軽く、足先も細いのでちょっぴりチクチクする感じ。特に口吻でつつき回されるのはこそばゆい感触でした。大きさは一回り小さいかどうかという程度の差なのですけれど、ハッキリ分かるくらいには軽く、あらゆる部分の線が細くて華奢なのですよね。

さて、そうしてしばしコミスジと戯れていたため、この日は下山が30分も遅くなってしまいました。まぁ夏場なので暗くはなりませんでしたけれども、ここまで遅くなったのは初めてかも知れません。麓についた時には、ケーブルカー駅前の土産物屋は皆店じまいをした後でした。帰った後の事も考えると、もう少し早目に下山するべきだったかも知れません。でも、蝶と遊んでいると、つい時間を忘れてしまうのですよねぇ。


クロヒカゲと戯れる

平地ではこのところ暑い日が続いていますが、山の上もまたかなりの暑さになっているようです。昨日の高尾山は、山頂で約32度。城山でも31.5度と、もはや真夏の暑さです。景信山山頂で茶店の方に伺ったところ、山頂がここまで暑くなる事はあまりなかったそうで、7月半ばにこの気温になったのは初めてかもしれないと驚いていました。

暑さのせいでしょうか、いつもより体が重く、足が上がりません。普段より多めに休みを入れながら歩いたため、景信山到着が普段より30分程遅くなり、山頂でへばっていたためにさらに遅れが拡大して、折り返したのが15時頃。城山を通過した時には、既に16時近くなっていました。しかしその御陰か、珍しい体験をすることができたのです。

次の写真は、城山を下ったところで出会ったクロヒカゲです。名前の通り木陰を好む蝶なので、写真を撮る機会はあまりなかったのですが、今回は接近して写真を撮る事が出来ました。

城山のクロヒカゲ
城山のクロヒカゲ posted by (C)circias

普段ならこの一枚を撮影して、それでおしまいなのですが・・・どうしたわけか、この個体は私を全く警戒していません。どんどんカメラに近付いて来たと思ったら、とうとうレンズに飛び乗ってきました。そんなわけでカメラが使えなくなってしまったので、次の写真は、iPhoneで撮影したものです。

レンズに乗って来た
レンズに乗って来た posted by (C)circias

蝶というのはおもしろいもので、警戒スイッチのようなものがありまして。そのスイッチをオフにできれば、近付こうが触ろうが、逃げようとはしないのですよね。意図的にそうするのは難しいのですが、チャンスがあるとすれば、それは丁度こんな暑い日。指先に水を付けて与えてやったりすると、手乗りにすることもできるのです。というわけで、まずは写真を撮り易い日向へ移動してみました。

ストラップに移動
ストラップに移動 posted by (C)circias

上の写真は、少し歩いたところにある、木製のテーブルにカメラを置いて撮影したもの。クロヒカゲは逃げようともせず、今度はストラップに移動してなにやら口吻を伸ばしています。どうやら、ストラップに染み込んだ汗を吸おうとしているようですね。これならばと、手で水を与えてみたところ、上手くいきました。次の写真は右手に蝶を載せつつ、左手でカメラを操作して撮影しています。

手乗りクロヒカゲ
手乗りクロヒカゲ posted by (C)circias

この後しばらくクロヒカゲと戯れていたのですが、16時を過ぎてしまったため、急いで帰路につきました。しかしクロヒカゲは手の上から移動することもなく。結局、一丁平の木陰に入るまで、私の右手にくっついたままでした。蝶の手乗りは毎年やっていますけれど、ここまで長時間くっついていたのは初めてかも知れません。恐らくですが、移動せずに留まっていれば、暗くなるまで遊んでいられたのではないかと思います。

ただ、山の夕暮れの暗さは半端ではありませんからね。調子に乗って長居していると、痛い目を見ることになります。大変名残惜しくはあったのですが、背に腹は代えられず。一丁平でお別れと相成りました。異常な暑さの御陰ですっかりへばってしまいましたけれど、御陰で貴重な体験をすることができましたし、気分は上々。これだから、山歩きはやめられません。
プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  レコード LP 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  DIY マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 野川 小説 17mm シティロースト TU-8150 アートブレイキー MU-61 紅葉 次大夫堀公園 修理 青梅 小仏城山 接写リング 御岳渓谷 開花情報 ブレンド PB-400 AriaPro 御岳山 神代植物公園 写真 CD トンボ 300mm 実写テスト 東京 景信山 ライトノベル 古民家 カートリッジ JAZZ/FUSION 開花状況 神代植物園 ロック クラシック センテッドゼラニウム 森見登美彦 TU-877 シモバシラ 多摩川 哲学 マイケル・サンデル コロンビア  深大寺 バラフェスタ 3結 6号路 骨董市 ラリー・カールトン 鳩ノ巣渓谷 ハイレゾ音源 故障 e-onkyo 江戸東京たてもの園 岡本公園民家園 小仏峠 奥高尾 東宝撮影所  エリック・クラプトン もみじ台 上野 TU-H82 野川公園 OPA2134PA JPOP 東日本大震災 ハクセキレイ 2015 東照宮 砧公園 フレンチロースト 水生植物園 東京国立博物館 仙川 布多天神社 調布 ニューイヤーコンサート  ミツバチ ハイロースト つくる市 これからの正義の話をしよう レコード洗浄 ニカラグア 大蔵住宅 リー・モーガン HDD NF-15X/2 FF15XmkII 発芽実験 オジロトウネン アオジ A'pis 速度比較 SDカード 水耕栽培 カワセミ アボカド 細田屋 ダイミョウセセリ 回転数不良 カワウ 整備工事 縦走路 井の頭自然文化園 一丁平 植物多様性センター DENON 中仕切り KT88 コゲラ ペグ 磨き GoldLion 90MB/s ピックガード 根津美術館 iPhone 調布飛行場 メッキ 分解 蘆花恒春園 オーディオテクニカ バド・パウエル LM4562NA 白丸ダム Class10 武蔵野公園 ボリューム UHS-I 国産 ジョウビタキ Apple TempoDrop 布多天神 クロヒカゲ BUMP スミナガシ かき氷 ジフィーポット 彼岸花 アゲハ アブラゼミ 2017 浜離宮 イチモンジセセリ テンポドロップ Transcend Eagles ストームグラス ZO-3 FUSION ミンミンゼミ M97xE 低速病 コミスジ 大雪 アニメ 冲方丁 SHURE ツクツクボウシ クイナ WD10EADS ウェザーリポート モズ ツマグロヒョウモン 表参道 正月特別開園 工事 天地明察 RAW インドネシア アレニウス・スヴァンテ オジロビタキ 被害 初詣 シジュウカラ フラックス 白鳥士郎 大森藤ノ 天災 デジタルテレコンバータ ツグミ 橙乃ままれ ElectroHarmonix フレディ・ハバード 翻訳 ログ・ホライズン 幼虫 鈴木三重吉 書簡集 レコードスタビライザ コルディリネ 小箱とたん ケニヤ エディ・ヒギンス ウラナミアカシジミ シジミチョウ ドラゴンフルーツ ヒグラシ バルトーク 村井秀清 鬼灯市 JET セセリ 森山良子 OPAMP ヘッドホンアンプ 電子工作 ケース NT-500M NAGAOKA 竜ノ湖太郎 ER-4S フルシティロースト 和屋東京店 iBooks イタリアンロースト 震災 葦原大介 羽化 スズメバチ 榊一郎 レーベル 吉祥寺 AT-MONO3/LP グアテマラ パナマ 地雷 ジャコ・パストリアス マクロコンバータ MCON-P01 オリンパス ハービー・ハンコック クロマチックハーモニカ 秦基博 OSX キアゲハ 世田谷ボロ市 モンキアゲハ 通り名報道 ヒメアカタテハ 鍍金 ニイニイゼミ 3.11 高浜虚子 豆知識 アカボシゴマダラ ヒカゲチョウ アキアカネ アカスジカメムシ コムラサキ 霜除け 桜の蛾 ハンディクリーナー MERCURY ミニバケツ ペン立て ダイソン Trigger クルトガ シャープペン Dyson V6 発泡PPシート スナップショットフォーカス タフソーラー 電池切れ TIMEX Weekender CTL1025 AWG-100BR-1AJF 植物 CASIO G-SHOCK デルガード 文房具 土地 建築基準法 地上げ 不動産屋 富士山 夕陽 不具合 再起動 充電中 アサギマダラ  ヤマカガシ 12AU7 JJ 改造 ペンケース WD20EZRZ キタキチョウ イチモンジチョウ アカシジミ スジグロチャバネセセリ 茶谷産業 ラジオメーター ピアノの森 組立て 指板 塗装 親族トラブル 魚道 放鷹術 REGZA RD-BZ800 皆既月食 ラッカー 防錆 工作材 ピックアップ コントロール サドル調整 木栓 ミニカッティングソウ プロクソン PROXXON No.28151 台風18号 6V6S 野草 日原鍾乳洞 奥多摩 Focusrite 紙の博物館 ハクキンカイロ 平和ボケ 人道主義 ZIPPO ハンディウォーマー Scarlett Solo LME49720NA MUSES8920D MUSES8820D MUSES02 OP275GP NJM4580D オーディオインターフェース UL接続 5極管接続 iOS8.3 iPhone4s シチズン デクスター・ゴードン 瀬那和章 DL-103 Q&Q 腕時計 カクテル リキュール キアシドクガ 仕上げ 草市 30MB/s 亀屋樹 越谷オサム 軍畑 軍畑大橋 階段途中のビッグ・ノイズ AU-305 TOSHIBA 95MB/s SanDisk 電気ブラン 取木 蟲師 大沢グランド 寝落ち 回転数 東宝 OSX10.9 絶滅危惧種 テングチョウ M2Tech hiFace モーター 注油 上野公園 栄西 花園稲荷神社 アントニイ・バークリー KENKO 電源回路 先生と僕 香日ゆら タンザニア ついんくる 花火 ペルー PIONEER レコードプレーヤ 志田用太朗 フレディ・ハーバード キタテハ J-POP 星野源 真空断熱食器 平和フレイズ 三月 似鳥鶏 世田谷 アオモンイトトンボ マンデリン オオスズメバチ 大沢 ヒオドシチョウ 青藍病治療マニュアル 稲荷山 城山 甘酒 城山茶屋 うみまち鉄道運行記 伊佐良紫築 戸部淑 KeG セグロセキレイ 自然現象 挿し木 天体 3号路 古橋秀之 鷹見一幸 ヤマガラ ゴイサギ 幼鳥 カワラヒワ スズメ タシギ グレン・グールド コーヒー バッハ ゴールドベルク変奏曲 ベルグソン 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07