FC2ブログ

日々の便り

 

5極管接続 VS UL接続

アンプ本体の慣らし運転は48時間でとりあえず終了。足りるか足りないかはわかりませんが、まぁ何もしないよりは安定するでしょうという事で。真空管のエージングについても諸説あるので正直良く分からないところですが、体感的に、作りたてのアンプの動作がちょっとピーキーになるのは間違いないようですし。

というわけで慣らしも終わったところで、早速色々と試していこうと思うわけです。まずは、5極管接続とUL接続の比較ですね。時間も時間ですし、今回は手軽さ優先という事で、ハイレゾ音源とCD音源を使用して比較してみました。なお、使用機器は以下の通りです。

PC: Mac mini Mid 2010
DDC: オーロラサウンド HiFace2 Pro
DAC: RASTEME UDAC192H
アンプ:TU-8150
スピーカ:QUAD 11L


○エディ・ヒギンズ:Haunted Heart (24bit 96KHz FLAC)
魅せられし心
Posted with Amakuri at 2017.8.17
エディ・ヒギンズ・トリオ
ヴィーナスレコード

5極管接続の時には、ポロポロと丸っこく、同時に煌めきのある印象のピアノの高音が心地よかったのですが、UL接続にしたところ、それがなくなってしまいました。キラキラ感が抑えめになった代わり、アタック直後の音が以前よりも前に出るようになって、音の強い時間が長くなったように感じます。高音の丸みが取れて強くスッキリとしたため、ピアノの音色がベーゼンドルファーっぽい音からヤマハっぽくなったと言いますか。ベースラインもアタックの倍音がより明確になって、歯切れは良くなったとおもうのですが、ううむ。好みではないですね。


○ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調「新世界より」第四楽章 (24bit 96KHz FLAC)
ドヴォルザーク:交響曲 第6番&第9番[Blu-ray Audio]
Posted with Amakuri at 2017.8.17
ドヴォルザーク, マリン・オールソップ, ボルティモア交響楽団
Naxos Blu-ray Audio

5極管接続だと音がダマになりがちだったフォルティシモ以上の部分で、音がしっかりと整理されているように感じます。ストリングスの音色も分解が良くなって、個々の楽器を意識できるのですけど、いい加減さがなくなった反面、艶とか勢いとか、そういう部分がなくなってお行儀が良くなってしまったような気がするのですよね。聴き疲れしないのはとても良い事だとは思うのですが。
個人的な印象としては、「スペック重視の人」「大音量が好きな人」には向いている音だと思います。多分、データ的にはこちらの方が高音質なのでしょう。でも、うぅん、面白くない(笑


○Eagles:Unplugged 1994 (16bit 44.1kHz ALAC)
Unplugged 1994
Posted with Amakuri at 2017.8.17
the Eagles
Good Ship Funke

なんだか音がシャリシャリしています。全体的にドライになって整頓されているのは他の音源と同じなのですが、ギターのアタックがシャリシャリシャリシャリと耳についていけません。これはないなーという感じ。やはり高音が強くなっているのでしょうね。5極管接続の時にはこんなことはありませんでしたので、このアルバムについてはULはハズレのようです。


○Be. :Tones (16bit 44.1kHz ALAC)
Tones
Posted with Amakuri at 2017.8.17
Be.
SEHNA&Co.

音がクッキリハッキリとして、主旋律の分離が良くなっています。メロディラインがより浮き立って、聴きやすくなっていますね。残響も濁る事なくスッキリと減衰するので、全体的に見通しが良くなった感じ。アタックの躍動感が増しているようにも感じます。一方で、5極管接続と比べると、やはり音の艶は減っているように感じます。というか、音が硬いんですよねぇ。


○森山良子:Living (16bit 44.1kHz ALAC)
Living
Posted with Amakuri at 2017.8.17
森山良子
DREAMUSIC( C)(M)

最後の一曲、「家族写真」の冒頭が意外に良いです。歯切れ良くなるため、歌詞をより聞き取りやすくなっているようですね。森山さんの声は太く低音寄りなので、印象そのものは変わらずに聞き取りやすくなっているように感じました。このアルバムについては5極管接続よりUL接続の方が好みかもしれません。


○池田綾子:オトムスビ (16bit 44.1kHz ALAC)
オトムスビ
Posted with Amakuri at 2017.8.17
池田綾子
インディーズレーベル

中音域よりの声が特徴である池田さんの場合、5極管接続の場合より主旋律が引っ込んで、逆に伴奏が前に出てくるような印象になりました。発音がくっきりと聞こえますし、各楽器はスッキリと整理されているので聞き辛さは全くないのですが、やや印象が弱くなったように感じます。


○BUMP OF CHICKEN:Butterflies (16bit 44.1kHz ALAC)
Butterflies(通常盤)
Posted with Amakuri at 2017.8.17
BUMP OF CHICKEN
トイズファクトリー

まず5極管接続の場合よりボーカルが前に出て、発音もハッキリとして聴きやすくなりました。5極管接続の時には左右の広がりがやや狭く感じましたが、UL接続ではそう言った問題もなく、音がふわっと部屋に広がる感じがします。一方、やはりギターの高音がかなり強調されるので、5極管接続で聴いた時とは別物のような音色になっています。
ボーカルの聞こえ方や音場はULの方が良いのですが、この耳に刺さるギターとハイハットはちょっと苦手かもしれません。


○THE SUBWAYS:The Subways (16bit 44.1kHz ALAC)

5極管接続では、The Subwaysのアルバムはどれもボーカルが引っ込んでしまってバランスが悪かったのですが、そういった問題がUL接続では完全に解消しています。ギターの音色の印象もほとんど変わっておらず、高音が強くなったことの影響に悪いものはありません。むしろびっくりするほどバランスが良くなって、聴きやすくなったと言えるでしょう。これについてはUL接続の方が良いと思います。



というわけで、全体的な印象としては、高音が強くなり、分離が良くなり、代償としてふくよかさがなくなるという感じ。もともと強い高音を持つ楽器は耳に刺さるような刺激的な音になります。得意ジャンルはJPOPと近年のロック。ボーカルは男女を選ばないようですが、できれば中音から低音寄りの声の方が聴きやすいでしょう。トーンも一段明るくなるので、曲自体の印象が変わる場合もありそうです。

一方で、楽器の音色に艶がなくなるので、クラシックには向いていないように感じました。まぁ、大音量で聴きたいという人にはむしろ分離の良さが重要になるのでしょうけれど、私の場合は小音量メインですし、5極管接続では大音量でダマになる部分も小音量なら問題ないわけで、あまり有り難みは感じません。

ロックは古めのバンドの演奏は全くダメ。これは多分、リマスターで高音を強調しているからではないかと思うのですが、そこのところどうなんでしょう。一方で、サブウェイズやJETのような最近のバンドのサウンドにはULの方が合っているようです。特にSUBWAYSは5極管接続での再生はダメでしたので、ULではびっくりするほど良くなったので驚きました。

ハイレゾでクラシックを聴くなら俄然5極管の方が好みなのですが、最近のロックを聴くならULが俄然有利。これは、どちらにしたものか悩みますね。



関連記事

Comments

Body
プロフィール

circias

Author:circias
FC2ブログへようこそ!

Counter
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
タグクラウド

タグ一覧

E-PL5 OLYMPUS PEN 単焦点レンズ ズームレンズ 25mm 随筆 F1.8 寺田寅彦 高尾山  LP レコード 75-300mm 夏目漱石 60mm 40-150mm 野鳥 オーディオ  マクロレンズ JAZZ 堀口珈琲 ELEKIT 野川 小説 17mm DIY シティロースト アートブレイキー TU-8150 紅葉 MU-61 青梅 次大夫堀公園 小仏城山 御岳渓谷 接写リング 開花情報 ブレンド 神代植物公園 写真 御岳山 実写テスト トンボ CD 300mm 東京 ライトノベル 古民家 景信山 開花状況 カートリッジ 神代植物園 ロック JAZZ/FUSION シモバシラ 多摩川 TU-877 センテッドゼラニウム 森見登美彦 哲学 マイケル・サンデル クラシック ハイレゾ音源 3結 鳩ノ巣渓谷 6号路 e-onkyo 故障 骨董市  ラリー・カールトン 深大寺 コロンビア バラフェスタ 奥高尾 もみじ台 東宝撮影所 JPOP 小仏峠 東日本大震災 岡本公園民家園 江戸東京たてもの園  エリック・クラプトン 野川公園 上野 TU-H82 OPA2134PA 大蔵住宅 修理 東京国立博物館 砧公園 東照宮 仙川 つくる市 ハクセキレイ ニカラグア ミツバチ 調布 これからの正義の話をしよう 布多天神社 リー・モーガン 2015 HDD レコード洗浄 フレンチロースト 水生植物園 ハイロースト  90MB/s GoldLion 正月特別開園 Transcend TempoDrop 中仕切り ストームグラス テンポドロップ 2017 KT88 コゲラ SDカード バド・パウエル DENON 布多天神 ジフィーポット 速度比較 回転数不良 蘆花恒春園 UHS-I Class10 武蔵野公園 調布飛行場 大雪 ツマグロヒョウモン 冲方丁 発芽実験 BUMP 天地明察 ダイミョウセセリ アボカド 水耕栽培 Apple 植物多様性センター ニューイヤーコンサート iPhone 白丸ダム LM4562NA A'pis FF15XmkII NF-15X/2 表参道 根津美術館 彼岸花 アゲハ 浜離宮 FUSION ウェザーリポート SHURE M97xE ZO-3 イチモンジセセリ Eagles オーディオテクニカ 井の頭自然文化園 コミスジ ミンミンゼミ アブラゼミ ツクツクボウシ 工事 ジョウビタキ 一丁平 モズ 整備工事 WD10EADS クイナ 縦走路 かき氷 カワセミ アオジ オジロトウネン クロヒカゲ スミナガシ 低速病 細田屋 カワウ 鍍金 紙の博物館 三月 スズメバチ フレディ・ハーバード 野草 シジミチョウ レコードスタビライザ 似鳥鶏 キタテハ ニイニイゼミ ウラナミアカシジミ ハクキンカイロ 羽化 PIONEER 村井秀清 レコードプレーヤ 志田用太朗 ドラゴンフルーツ ヒメアカタテハ JET ペルー 鬼灯市 ヒグラシ ハンディウォーマー バルトーク 幼虫 パナマ AT-MONO3/LP グアテマラ OSX 甘酒 城山茶屋 吉祥寺 榊一郎 人道主義 平和ボケ 地雷 レーベル スズメ カワラヒワ キアゲハ アカボシゴマダラ ZIPPO 高浜虚子 書簡集 モンキアゲハ 世田谷ボロ市 平和フレイズ アカスジカメムシ 真空断熱食器 ヒカゲチョウ 豆知識 J-POP 星野源 コムラサキ アキアカネ 通り名報道 稲荷山 土地 OP275GP 富士山 ヘッドホンアンプ OPAMP LME49720NA 電子工作 NJM4580D 竜ノ湖太郎 葦原大介 アサギマダラ 震災 ER-4S 5極管接続 夕陽 MUSES8920D MUSES8820D 皆既月食 RD-BZ800 NAGAOKA NT-500M 魚道 不動産屋 REGZA 地上げ 6V6S MUSES02 台風18号 放鷹術 ケース 建築基準法 UL接続 充電中 ケニヤ エディ・ヒギンス 大沢 世田谷 ヤマカガシ セセリ ヒオドシチョウ 小箱とたん 奥多摩 日原鍾乳洞 青藍病治療マニュアル ジャコ・パストリアス コルディリネ 城山 アオモンイトトンボ 森山良子 再起動 フルシティロースト iBooks Solo イタリアンロースト オーディオインターフェース 和屋東京店 Scarlett オオスズメバチ マンデリン iPhone4s iOS8.3 Focusrite 不具合 鈴木三重吉 幼鳥 栄西 親族トラブル 花園稲荷神社 セグロセキレイ 上野公園 KENKO Dyson アントニイ・バークリー シャープペン クルトガ キアシドクガ リキュール カクテル 取木 電気ブラン うみまち鉄道運行記 電源回路 大沢グランド 戸部淑 KeG V6 アニメ 蟲師 寝落ち 回転数 タンザニア 伊佐良紫築 香日ゆら 先生と僕 モーター 注油 桜の蛾 腕時計 越谷オサム 文房具 亀屋樹 階段途中のビッグ・ノイズ 12AU7 AU-305 JJ 軍畑 花火 挿し木 改造 ついんくる 軍畑大橋 ペンケース SanDisk 95MB/s 瀬那和章 自然現象 デクスター・ゴードン デルガード Q&Q シチズン DL-103 草市 WD20EZRZ TOSHIBA 30MB/s 3号路 古橋秀之 キタキチョウ 鷹見一幸 ヤマガラ フラックス ElectroHarmonix 初詣 電池切れ TIMEX コーヒー タフソーラー 白鳥士郎 翻訳 アレニウス・スヴァンテ フレディ・ハバード AWG-100BR-1AJF 大森藤ノ CTL1025 Weekender バッハ 天体 オリンパス ハービー・ハンコック 秦基博 ラジオメーター 茶谷産業 ゴイサギ マクロコンバータ ゴールドベルク変奏曲 霜除け グレン・グールド タシギ MCON-P01 イチモンジチョウ 橙乃ままれ ログ・ホライズン 絶滅危惧種 テングチョウ ベルグソン MERCURY ミニバケツ 3.11 ハンディクリーナー ダイソン OSX10.9 東宝 hiFace M2Tech スジグロチャバネセセリ Trigger RAW デジタルテレコンバータ 被害 天災 植物 CASIO インドネシア G-SHOCK アカシジミ スナップショットフォーカス 発泡PPシート ペン立て オジロビタキ シジュウカラ ツグミ  クロマチックハーモニカ 


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01